ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
キレル脳とセロトニン
b0084241_9231731.jpg今日の話題はセロトニンである。

「セロトニン欠乏脳」。著者は有田秀雄という東邦大学の生理学の教授である。
これでダイジェスト氏から課せられた夏休みの宿題は終わった。万歳!

それにしてもアンチエイジングの本を一冊書くのに勉強しなければならないことの膨大さよ。

セロトニンという神経伝達物質のあることぐらいは知っていたが、セロトニン神経というのは初耳だった。
これまではドーパミン神経ノルアドレナリン神経の二つは研究が進んでいた。
これにセロトニン神経を加え、三つの組み合わせで、心の状態を考えるべきというのが著者の主張である。
不安やストレスにはノルアドレナリン神経が関わり、快感、欲望などにはドーパミン神経が働くという。
この二つの神経に抑制をかけるのがセロトニン神経で、これがしっかり働いていると、不安にもならず、舞い上がりもせずに、平常心で生活が出来るという。

うつ病の原因としてセロトニン欠乏が取り上げられ、すでにそれに対処する薬、SSRIと総称されているが、も開発され効果を上げている。
また、良く最近の子供はキレルというが、これもセロトニンが欠乏して起こると考えられている。子供の場合、テレビゲーム、引きこもりがその最たる原因であるという。
これには僕も同感である。

最近ではテレビゲームに浸って起こる脳障害を“ゲーム脳”というそうだが、それ以前から我が家ではテレビをおかず、5人の子供を育ててきた。
幸いテレビ脳にはならなかったが、いささか世間の常識に欠けるところはあるようである。だがこれは親譲りかもしれない。

そこで著者はセロトニン神経を鍛えよという。
方法は二つある。
まずは腹式呼吸。酸素補給によいばかりでなく、腹筋と横隔膜のリズム運動が、セロトニン神経を活性化させるという。
今ひとつはリズム感のある運動を日に30分。出来れば戸外で日光に当たることも含め。
となると僕の朝の一時間ほどの散歩は理にかなったセロトニン増強法ということになる。

大変大雑把な総括で申し訳ないが、これ以上踏み込むと、勉強不足のボロが出てしまうので、今日のところはこれまで。

キレル脳頭がキレルのはまったく別物ですぞ、蛇足だが日本語を知らない今の若いものの為に。
[PR]
by n_shioya | 2007-08-13 23:59 | アンチエイジング | Comments(0)


<< 猛暑 老年について >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム