ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
愚者の贈り物
b0084241_1020037.jpg贈り物を選ぶのは楽しいが、何にするかでは何時も頭を悩ませる。

しかも今回相手は男性、今度社長に昇格したので内輪でのお祝いにお招きしたので、何か記念にと思うが、これが意外に難しい。

花でもないし、グラスは割れる心配があるし、何か小さくても残るものがいい。
ネクタイは好みが難しい。そうだ、タイピン、それも自分が好きなジョージジェンセンの奴を、と心に決めてデパートに出かけた。

ところがもうジョージジェンセンタイピンの製作を中止したという。
若い男の店員とあれこれ協議して、ダンヒルのおとなしいがチョッとお洒落で、これなら気に入って使ってくれそうなのを、贈り物用に包装してもらった。

ほっとして下りのエスカレータで一階に織り出口の方向に歩いていくと、先ほどの店員が息せきって追ってくる。
手違いで空箱の方をお渡ししたのでと言いながら、箱を取り替えてくれた。

こういうことも起こりうるのか、と一瞬ぞっとなった。ディナーの席で空けてみたら中身は空っぽ。それならまだいい、家で開けたら空だったとしたら、受け取ったご当人はどう反応しただろう。思わずいろいろな場面を想像してしまった。
b0084241_1019423.jpg

幸い10名ほどの祝賀会は和やかにすすみ、最後に社長にギフトをお渡ししながら、そのいきさつを話し、日本の風習ではないが,その場で開けていただいた。
箱の中には、シンプルなデザインのダンヒルのタイピンが無事収まっていた。

"先生にお会いするときは必ず着けますよ”といわれ、胸元を見ると彼はタイピンをしてない。見回すとタイピンとしているのは、僕と今一人某大学の名誉教授だけである。
最近の若いのは、あまりタイピンをしなくなったもので、と社員の一人が釈明してくれた。
なるほど。ジョージ・ジェンセンタイピンを手放したわけだ。

“でも、これを機会にタイピンにも馴染んでくださいよ”
“ええ”と社長は僕にウィンクしてくれた。
[PR]
by n_shioya | 2007-09-27 23:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 歯磨き事始 イラクの絨毯 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム