ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
奴隷たちのリユニオン
1950年代はアメリカのもっとも栄えた時代である。
は年々巨大化し、マクドナルドが誕生、画一だが格安の郊外のニュータウン,レビタウンが登場し、マスプロダクションのスケールメリットの上に、アメリカ社会は繁栄を謳歌する。

ノンフィクションライターのハルバースタムが著した、“the Fifties”(50年代)には、その頃の情景が生き生きと描かれている。
そして60年代に入ると、ベトナム戦争の泥沼にはまり、アメリカの威信は地に落ちるのだが。

その50年代、ニューヨークの首都オルバニーの大学病院には多数の日本人留学生が集まった。
多数といってもオルバニーは小さな田舎町である。最盛期でも留学生は10人を超えることはなかった。
ちょうどその頃人気を呼んでいた黒澤映画のの“七人の侍”をもじって、我々は“セブン・サムライ”と呼ばれていた。

そのセブン・サムライが昨夜、丸の内ホテルの料亭、椿寿に集結して、加賀料理を楽しみながら旧交を温めた。
何十年ぶりというメンバーもいた。みな相応に年輪を重ね、“街で突然出っくわしてもわからなかったかも”という発言も出たほどである。
だが、飲むほどに食べるほどに昔の面影が戻り、同じ釜の飯を食ったものたちの思い出話は尽きることがなかった。
b0084241_1150572.jpg

今と違って一ドル360円、持ち出しできるのは20ドルまで。
インターン、レジデントの月給はせいぜい月100ドル前後。当時でも生活保護のレベルが300ドル以下とされていた。

そして一晩置きの当直。今日本で産婦人科医が過労の為職場を去っていくが、その二倍も三倍も忙しかったといったら失礼にあたるかもしれないが。
ただ違いはアメリカの場合、当時残された唯一の奴隷制度といわれたこのレジデントを無事勤め上げて専門医の資格を取得すれば、収入は一桁、二桁も上がるので、アメリカ人はぐっとこらえて、その期間を勤めあげる。

留学生はそのままアメリカで開業しようにも、移民法の高い、高い壁でさえぎられていた。
そして我々が帰国したとき待っているのは、レジデントとさして変わらないさえない待遇である。
ま、外国人留学生はチープレーバーとして歓迎されていたといえないことはないだろう。
それども我々が頑張れたのは、トレーニングが母国に比べはるかに充実していたからである。
しかも敗戦直後の日本の医学は、20年は遅れていた。

学生でも自由に外国旅行を楽しみ、若い研究者が世界的な業績を上げる時代になり、感無量である。
[PR]
by n_shioya | 2007-10-13 23:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 学会報告 学会を終えて >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム