ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
メタボリックシンドローム
今朝は6時起きで、眠い眼をこすりながら7時に家を出た。
最近朝の遅い僕にしては珍しいことである。

懇意にしていただいている、千葉商科大学学長の島田晴雄先生が主催される“エッジウォーター クラブ”の例会に出席するためである。場所は竹芝の富士通総研の会議室で、僕は初めての参加である。
エッジウォーター クラブ“がいかなるものかは別の機会に譲るが、今回は元厚労省次官の辻哲夫氏のお話がメインであった。
テーマは「国民の健康増進政策について」である。

辻氏は日本の健康づくり政策、とりわけ“メタボリック症候群”に象徴されるいわゆる生活習慣病予防に全力投球をされていた方である。
氏のお考えでは、まずは運動と食生活、次に禁煙最後に薬という順序での個人の取り組みが必須だという。
これを如何に行政が支えるか、5年10年のスパンで今壮大なスキームが作られつつあるという。
その第一弾が来年4月から発足する「特定健康診査」だそうだ。

生活習慣病克服のための四大項目、運動、食事、禁煙、薬優先順位はまったく賛成である。ただ個々の医師としてどこまで生活習慣に踏み込めるか、また動機付けをどうするか、など常日頃悩みながらアンチエイジングに取り組んでいる身としては、この行政の後押しは力強い限りである。

このお話が聞けただけでも、“早起きは三文の徳”どころか、“値千金”と感銘を受けて、クリニックへ向かうことが出来た。
[PR]
by n_shioya | 2007-10-17 10:03 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 虎の巻 at 2007-10-18 23:20 x
島田晴雄先生が千葉商科大学学長であることをはじめて知りました。
懐かしい名前です。20年ぶりぐらいに聞きました・・・。
Commented by 虎の巻 at 2007-10-18 23:20 x
島田晴雄先生が千葉商科大学学長であることをはじめて知りました。
懐かしい名前です。20年ぶりぐらいに聞きました・・・。


<< 飢餓と飽食 カラマゾフの兄弟 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム