ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
今時の若いものは・・・
ロゼッタストーンっての知ってるでしょう。
あの大英博物館の目玉、エジプト時代の大きな石で、象形文字、ヒエログラフがびっしり刻まれている。
誰かさんが一生懸命そのヒエログラフ解読したところ、なんと “今時の若いものは・・・”というのが書き出しだったというジョークを聞かされたことがある。

つまり世代間のギャップは今に始まったことではなく、古今東西を通じての課題で、むしろ“今時の・・・”というせりふを口にするよになれば、そろそろ己れも老化が始まったという自戒ととるべきであろう。

“そうはいっても今の奴らは、”と、昨夜の自由が丘クリニックの集まりでは、最近入局してくる若い医師たちの行状を、皆一様に慨嘆していた。
ガッツがないし、目先の利益しか考えない、モラルに欠けている等々。
集まったメンバーは皆僕が現役の頃のスタッフたちである。
が、よく話を聞くとあまりあの頃と変わりないような気もしてきたが、失礼に当たるので発言は控えておいた。
そもそも今時の若者が手本としてているのが、永田町や霞ヶ関の住人、そして企業のトップ連中ではないだろうか。

ただ確かに、医療を取り巻く環境の劣化で、医師の質や価値観劣化してきているのは否めないようだ。
最近とみに医療崩壊が話題になるが、これが若い医師のやる気をなくして、安易な道へ走らせていることも間違いない。

その安易な道落とし穴の一つが、今はやりの美容外科である。
がんじがらめの保険制度の中で、唯一自由診療が可能な科として、志望する医師も急増しているし、患者の関心も高まっている。
それをあおるかのように、このジャンルはワイドショウの餌食となり、タレントまがいの医師が続出してきたし、芸能プロダクションのお抱えになった医師もいるようだ。
嘆かわしいことである。
医師がプライドを捨てれば、怖いものはない。極端な言い方をすれば、医師免許という“殺しのライセンス”ともっているようなものだから。
もちろん僕は決してパブリシティを否定するものではない。
今はメディアの時代だ。むしろ正しい啓蒙は積極的に行うべきと思う。

“そのために我々は何をなすべきか、”というのも昨夜の自由が丘クリニックでの討議のテーマの一つであった。

ちなみに昨日のシンポジュームは、僕の期待通り「シンポジオン、饗宴」であって、クリニックの近くのスポーツクラブで、海鮮料理を賞味し、ワインを傾けながら激論が交わされた。
ブログ用のフォトも撮り忘れたくらい、熱心な討議であった。
[PR]
by n_shioya | 2007-11-08 23:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 母親は削り節? 饗宴 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム