ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
グレーシーという女
イヤー、いい奴だった、あのグレシーという女は。

僕がインターンとレジデントで八年を過ごしたオルバニー・メディカルセンターの名物交換手だった。
年はもう60過ぎだったろうか、白人の女は皺が寄るのが早いので、もっと若かったかもしれない。
それほどの美人ではないが、ちょっとディートリッヒを思わせる、姉御肌の女だった。
ハスキーボイスのてきぱきした応対で、しゃべり方は伝法肌というか、ベランメーの英語のやり取りが小気味良かった。
緊急の電話の時は、病院中、草の根を分けても連絡をつけてくれる。
反対にこちらがちょっと見つかってはやばい時は、そこいら中探す振りをして、絶対に居場所は明かさず、“あん畜生、どこへ雲隠れしたか、わっちにも教えないで!”と相手を撃退してくれる。

そのグレーシーが大腸の手術を受けることになった。
外科医は名うての、藪とは言わないが、許しがたい乱暴な手術で知られた奴である。しかも希代の女たらしで、彼のキャでラックは四つのタイヤがついたラブホテルと呼ばれていた。

何であいつに、と皆いぶかったが、術後は予測されたとおり合併症の連続で、3,4回切り直したが、一命は取り留めた。
そのときグレーシーは一言も外科医に文句は言わず、自分の体に悪態をついた、“なんてだらしない大腸なんだ。とっとと早く治りやがれ!”と。

でもなんで今頃グレーシーなんだろう?
そう、今朝散歩のとき、山下公園に係留中の氷川丸を見て、50年前を思い出したからだ。
僕の前の年まではフルブライト留学生氷川丸でアメリカに渡った。
僕のときからパンアメリカン航空に切り替わって、やった!と喜んだが、今こうして銀杏並木のかなたの埠頭に安らぐ旅客船を眺めると、船旅も悪くはなかったかもなど、しばしフルブライト留学の思い出にふけったのである。

ちなみにその後急速に航空機の時代になり、クルーズなどは金と暇のあるひとでなければ出来なくなったのは残念なことだ。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-10 23:21 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 羊の会 創傷に銀イオンの力を! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム