ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
大晦日
遂に今年も大晦日

皆さん忙しく走り回ったことでしょう。大掃除、最後の買い物、それともすべてを先送りして海外逃避?
では僕の一日は?

配偶者と朝早く東京に出て、氷点下ウン十度の山小屋に籠もりに行く三男に何がしかの食料を届け、帝国ホテルのカフェでパンケーキのブランチ。
帰宅して僕は昼寝。配偶者は必死になって大掃除を始める。片付けるほどに散らかっていくのは、いつもながら理解に苦しむ現象だ。もちろん原因は旦那が不精ったれの役立たずということ。

眠気の覚めたところで、“家がキレイになることと、相模湾の落日を嘆賞することと人生でどちらが大事?”と配偶者にをかける。
聞くまでもない。片付けは中断して、海を愛する配偶者と仲良く車を走らせて、稲村ガ崎へ。
b0084241_15581047.gif

相模湾に突き出た稲村ガ崎公園には、同じ思いの若者たちがぎっしり集まって、江ノ島の南に沈み行く夕日を眺めている、何人かは望遠レンズを構えて。
昨日に打って変わって今日は風も強く気温も低めである。
我々は年相応に、道路を隔てた向かいの暖かいレストランに入り、夕食を食べ食べ、相模湾の落日と夕焼けを楽しませてもらった。
b0084241_15582995.gif

そして今、パソコンに向かって今年の最大収穫は?と回想にふけっている。
金婚式で家族全員が集えたこと、クリニックの再出発、美女軍団との交流・・・。
そして最も印象深かったプラハ瞥見

と打っているうちにもう来年が目の前に迫っている。
2時間後には“除夜の鐘”ならぬ汽笛が鳴り始める。
横浜港では“除夜の鐘”の代わりに、大晦日の12時、停泊中の船舶が一斉に“汽笛”を鳴らし始める。ゴーン、ゴーンでなく、ボォー、ボォーっと、10分ばかり入れ替わり立ち代り山手界隈にも響いてくる。
夏の花火大会と共に、横浜情緒に浸る瞬間である。

我が家の子供たちは皆こうして年を越しながら、育っていった。
成人してからも懐かしがって、山手まで除夜の汽笛を聞きに来ることもあった。
だが皆もう結婚して、それぞれが自分の家で、それぞれの「除夜の鐘」に耳を済ましていることだろう、この一年を振り返って。

皆さん今年も一年後愛読有難うございました。また来年も宜しくお願いします。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-31 21:49 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented at 2008-01-01 01:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-01-01 13:36
あけましてオメデトウ。
では彼らとまたお会いしましょう。
家具作りはどうなったのかな?


<< あけましてオメデトウございます! メタボ対策パンツ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム