ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
医療崩壊
医療崩壊が叫ばれ始めてから久しい。

火付け役は虎ノ門病院の小松秀樹氏の「医療崩壊―立ち去り型サボタージュとは何か」であり、これは慈恵医大青戸病院事件に関する検察庁への意見書がもとになっている。
また最近になって朝日新聞の田辺氏の「医療崩壊」が出版されたが、これは氏が朝日に連載した記事の集録である。

その他福島県や産婦人科医の不当逮捕事件、神奈川県の産婦人科病院のこれも不当な強制捜査ならびに偏見に満ちた報道
これと平行して強引に導入された研修医制度による医療現場の混乱。
ここに来てその矛盾が露呈された医療保険制度の崩壊。
医療崩壊に関わる諸問題は、あまりにも多岐にわたり、また相互が複雑に絡み合って、その分析は困難を極め、またその解決にはあまりにも厚い壁が立ちはだかっている。

この日本の医療を憂う有志の会、「第10回医療を考える医学者会議」から帰ってきたところ。
この会についてはすでに1,2度書いているのが、今回の議題は「医師の卒後教育~特に認定医、専門医制度について」であった。

半世紀前にはほとんどわが国には存在しなかった専門医制度が、各学会の努力でここに来てやっと出揃った感がある。
これからは如何にこの制度を守り立てて医療をレベルアップし、また一般に周知徹底し、患者の医者選びの目安にするか、喧々諤々の議論が2時間以上続いた。

専門医というと普通の人は完璧な専門技能を持った、いわば鉄人を想像しがちだが、我々が考えている、また現実の制度の専門医はあくまで必要最低限の保障であることを一般に認識してもらう必要があるという点では、意見の一致を見た。
こう言っただけでは誤解を招きかねないので、また別の機会に説明することにする。

僕もつい引き込まれて暴言の数々を吐き、ブログ用のフォトを撮り忘れたのは不覚の至りであった。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-05 22:28 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented at 2008-01-06 16:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-01-06 19:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-01-06 23:34
久道先生
面白い本だったでしょう。
アメリカで流行ったことは、数年のラグで、いや最近は数ヶ月で、日本にも波及します。
あのような異常ブームにならぬよう、食い止めたいものです。


<< 医者選びのコツ アンチエイジングクリニック宇津木流 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム