ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
肌の若返り
女性の皆さん、貴方にとってのアンチエイジングとは?
もちろん肌の若返りよ。
そう、聞くだけ野暮ですね。

だから数ある女性誌が、毎月のように美肌特集を組んでいる。
しかもそれぞれの年齢層に対し、スキンケア商品が勢ぞろいし、評判のエステサロンの紹介、美容外科医のコメントなども満載されている。
この氾濫した情報を、一体どう消化して自分の肌の改善に取り込んでいるのだろう。いささか心配になる。

まず、皮膚の悩みの主なものはしわ、シミ、たるみの三つである。
最近ではそれぞれに効果的な手法が開発されているのでそれらを次の三つのジャンルに整理してこれから折に触れてお話しをしよう。

①しわ、たるみ
②シミ
③日々の肌のお手入れ、つまりスキンケア

まず、①のしわ、たるみだが、専門家は三つに分けている
皮膚全体の表面のいわゆる“小じわ”。
頬や顎の辺りの皮膚の“たるみ”。
そして額の横の皺や眉間の縦皺のように、その下の“筋肉の働き”で生ずる線。目じりのいわゆるカラスの足跡もこれに入る。

色々な手法が皺のタイプとある程度は医師の好みで使い分けられているが、大雑把に整理するとこういうことだ。

まず、こじわにはケミカル・ピール、レーザーがむいている。
ケミカル・ピールとは薬剤、今は主としてフルーツ酸だが、で肌をごく浅く焼く。レーザーも同じことだが、最近では本当に焼くというより、熱刺激で古い表皮が剥げ落ちるのを促し、真皮のコラーゲンを引き締める効果を期待している。
レーザーの場合、年々新しい機器が開発され、よほどの専門家でないとなかなか進歩に追いついていけないのが現状だ。
むしろ患者さんのほうがネットでよく調べて、お宅では何を使ってますか?と聞かれることも珍しくない。ただ言えることはどの機器にしても、あまり効果を期待すると失望する。効果を上げようとすれば、それだけダウンタイムも長くなり、後遺症というか傷跡、色素沈着をきたすからである。

たるみに対してはやはり、昔ながらのメスを入れて顔の皮膚をはがし、余った皮膚を切り取る手術法が適している。いわゆるフェースリフトである。

筋肉による皺にはボトックス注射が効果的である。ただ効果は一時的で、半年後とのリピートが必要になる。
ボトックスとは食中毒の原因でもあるボツリヌス菌の出す毒素を精製したものである。、これが神経毒で筋肉を麻痺させるというと恐ろしく聞こえるが、注射した部位だけで全身に影響はないし、効果も、またたとえ副作用があっても、一時的なものである。

そう、その他最近はコラーゲンの注射も行われている。最近は狂牛病以来コラーゲンが敬遠され、それに変わるものとしてヒアルロン酸が人気を呼んでいる。本人の脂肪の注射を得意とする医師もいる。
これらを総称してフィラーと呼ぶ。
フィラーは小じわよりもっと深い皺や凹みの修正に使われる。たとえば頬と鼻の間の法令線とか、口角部のいわゆるマリオネットラインとか。
ボトックスと同様効果は一時的で、半年後とのリピートが必要になる。

ま、こんなことは皆さんのほうがもっと詳しいかもしれませんが。
スキンケアやシミの話は次回に。
そう、それから、誰のところに行けば安心か、本音の医者選びのコツもまた別の機会に。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-13 12:58 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented by 小倉悠加@ICELANDia at 2008-01-14 23:18 x
Exiteにログインしてから書いているのですが、このブログにはなぜ自動的にIDが入らないのかちょっと不思議です。

見た目のアンチエイジングは「顔」に尽きることでしょう。でも、本来は全人的なことかと思います。生活習慣、食生活、心構え等々も含めて。・・・でも、そこまではなかなかやれない。
切り貼りしてまで顔かたちを整えようというのは、うーん、私はそこまでまだ考えられないので、マッサージや基礎化粧品でどこまで出来るか?という感じです。第一、エステも美容整形も先立つものが豊かでないと踏み入れない領域ですから、ごく普通の女性はスキンケア+α程度のところでとどまっているのでは?と思う私が遅れているのかな・・・。

何に関しても女性のネットワークや口コミはすごいので、案外早く情報がササッと流れて、整理されて頭の中に入っているのではないでしょうか。本当に「やる」となったら、徹底的に調べるとは思います。しかし世の中に浮遊している情報の中にはガセも多いかもしれませんので、お医者様から正式な見解を出していただけると助かりますね。
Commented by n_shioya at 2008-01-15 08:09
確かにそうでしょうね。
湘南鎌倉病院の山下先生という女医さんはこの道の第一人者ですが、彼女などは自分の問題として皮膚の老化に真剣に取り組み、すべての治療法を自分で試しているので、皆彼女の意見を尊重し、また言うことに説得力があります。
その男の僕などは、本音として皺の一本や二本という感覚があり、それが顔に出てしまうようで、患者さんゃ取材の方には何時も申し訳なく思っています


<< 杏とアマリリス 30台の女性のためのアンチエイジング >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム