ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
美は主観的なものか?
美の基準作りも侭ならぬまま、美容外科の患者さんと接して、顔の造作に対する不満や、からだのプロポーションに対する注文などを聞き、行き当たりばったりで手術など試みていると、一体美とは何だろうという疑問にさいなまれるようになった。

まずは、美とはなんぞやという定義の問題である。美の基準はあるのかないのか、あるとすれば々美容外科が対応できるか、形にこだわるのはいいことかどうか、美容外科の立場で検証してみたい。

美の基準をうんぬんするとすぐ頭をもたげる議論は、美とは主観的なもので、客観的にしかも数値化するなど、全くのナンセンスだという議論である。

これを英語では、“Beauty is in the eyes of beholder”.という言い方をしている。
確かにそうには違いない。、今のファッション、アートの世界はもうなんでもありで、秩序も法則性も存在しないかに見える。しかし、これは造形の世界で美を追求すれば、これもある、あれも許されるというだけであって、例えば、ピカソのような顔を現実に造ったら、これはお化けの世界である。

谷崎潤一郎が、文章読本のなかでいいことを言ってくれているので紹介する。
「すべて感覚主観的なものでありますが故に、(中略)結局名文も悪文も、個人の主観を離れては存在しなくなるのではないか、(中略)さような疑いを抱く人に対しては、(中略)お答えしたいのであります。(中略)すなわち覚というものは,一定の練磨を経た後には、各人が同様の対象に対して同様に感ずるように作られている、と云うことであります。」
谷崎の主張顔の美醜にも当てはまるのではないか。それでもという方には、ボードレールの言を聞いて欲しい。
には二つの面がある。普遍的な八割と、主観的、相対的な二割と。この二面性を認めないのは愚か者である」
だとすれば、僕達がやらなくてはならないことは、まず普遍的な基本線を見いだし、出来れば数値化を試みる。主観的、相対的な面に関しては、ばらつきを生み出す要因の分析を試み、柔軟な対応することではないだろうか。
そこで次なる課題は、美の基準値の割り出しである。
[PR]
by n_shioya | 2008-02-08 23:02 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented by 宇山恵子 at 2008-02-08 23:51 x
塩谷先生。本日はお忙しい中、取材にご対応いただき、たいへん感謝しております。
先生はスイーツがお好きだとのこと。知っていれば、私のおすすめの品をぜひお持ちしたかったのですが。それは『ラデュレ』というパリの老舗のマカロンです。シャンゼリゼにもお店があり、地元のマダムたちでいつも満員です。今度のパリでの学会のときに是非お立ち寄りください。http://www.laduree.fr/
特にバラの花のマカロンをいただくと、口の中に官能的でロマンチックな香りが広がり、下手なキスよりも刺激的です(笑)。
今日は先生の取材の後、東京文化会館で『ラ・バヤデール』というバレエを観て参りました。古代インドの寺院崩壊をテーマにしたストーリーですが、ダンスはエレガントで、群舞(コールドバレエ)が美しいロマンチックな作品です。
舞台を見ながら、先生の『美意識』と『ダウト』の話を思い出して、笑が止まりませんでした。
どうやら『バヤデール』の美しいシーンよりも、『ダウトをする塩谷先生のお顔』を想像する方が、私の美意識(美的感受性)にはフィットしたようです。

Commented by n_shioya at 2008-02-09 00:33
宇山さん:

今日はおかげさまで楽しいひと時でした、あらぬことまで口走ってしまいましたが。
マカロンは楽しみです。
でも官能的なのは、本物の××の方でしょうね。
バヤデルカは2年ほど前、レニングラードので見ました、例のルジマトフだったと思います。
パリの学会のとき、オペラ座でバレーは如何ですか?
Commented by n_shioya at 2008-02-09 08:56
宇山さん:
先ほどブログを訪問いたしました、ついでにウーマンヘルス研究所のHPも。
どちらも官能的で刺激的ですね。これからちょいちょいお邪魔しますのでよろしく。


<< アンチエイジング塩谷流 多忙な一日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム