ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ボトックスまたの名をビューティ・ポイズン
いやはや大変なことが起きてしまった。
若返りの秘薬として喧伝されてきたボトックスで、死亡例や健康被害が発生してFDAが調査中だという。
数日前にFDAの発表があり、日本では今朝、テレビや新聞で報道されたようである。
このことを僕はマスコミの取材を受けて初めて知り、今慌ててインターネットでFDAの報告を調べているところである。

今分かっているところでは、十数名の死亡例はほとんどが小児で、しかもこの薬剤の使用が認められていない小児麻痺の痙攣に対して使われたようである。
一例だけ美容目的の患者が含まれているが、それはボトックスと関係ない肺炎によるものと分かったそうだ。
したがって結論から言えば、今の段階ではボトックスの美容目的の使用は問題がなさそうでほっとした。

ボトックスとは食中毒の原因であるボツリヌス菌の毒素を抽出したものの商品名である。
これはれっきとした神経毒で、筋肉に注射すると、神経末端の伝達機構がブロックされ、筋肉が麻痺する。
そもそもは眼瞼痙攣の治療に使われ、保険も認められているが、いわばその副作用として、目じりの皺が取れたことから、皺とりの手段に使われるようになった。
最も効果的なのはの横じわ、眉間の縦しわ、そして目の周りのいわゆる“カラスの足跡”である。ただし日本ではまだ、美容目的のためには認可されてないので、個人輸入に頼るしかない。

細菌毒素と聞くとぞ、ぞっとなるむきもあるかも知れぬが、使われるのはごく微量で、しかも麻痺する箇所は注射箇所に限るので、全身には影響はないとされている。
アメリカでは美容医療の中で現在最も需要の多い治療法になっており、“ビューティ・ポイズン”と言う愛称?で呼ばれることもあるくらいだ。

ただ効果は一時的で、せいぜい半年なので反復使用が必要になるが、それがリピーターを生み、施術そのものは実に短時間で終わるので、美容外科医にとっては最も費用対効果の多い、ありがたい収入源になっている。
勿論注射の打ち方にコツがあり、下手に打つと顔がアンバランスになるが、これも一時的なものである。
ただ、打ちすぎれば無表情になるので、俳優などは表情が乏しくなるのが難点とされている。
ただまれに、麻痺が注入箇所から離れたところに波及して、呼吸麻痺嚥下障害を起こしたりすることもあるという。

また、片頭痛多汗症にも良いとされている。

いずれにせよ、FDAの広範囲の追跡調査の結果が出るまでは、施術者も患者もボトックスの使用には、細心の注意を払う必要があるだろう。
[PR]
by n_shioya | 2008-02-13 22:50 | アンチエイジング | Comments(4)
Commented at 2008-02-14 03:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-02-14 23:46
山路さん:
今問われているのは、医師の倫理観だと思います。
特に、技術的に可能なことと、やってよいことの峻別でしょうか。
Commented by 答え at 2008-02-15 21:10 x
ライモンダ!
では日本から扇を持参します!
Commented by n_shioya at 2008-02-15 21:17
そうライモンダでした。


<< バレンタイン 国家の品格 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム