ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ピンピンコロリ
厚労省の唱える21世紀の「健康日本」の合言葉は「ピンピンコロリ」であるが、この年になると誰もが、ピンピンよりも、どうやればコロリといけるかが最大の関心事になってくるようだ。

確かにアンチエイジングや予防医学そして老年医学は、ピンピンのほうを後押しはしてくれるが、それがコロリに繋がると言う保障はないからである。
かえってピンピンダラリとなってはやりきれない。

勿論手法としては、ピンピンよりコロリのほうが遥かに簡単であるが、後ろに手が回ることを覚悟しなければならない。
ならば、合法的にコロリに繋がる分子生物学的な解決法はないかと、我々の分子生物学の顧問の川上名誉教授にお伺いしたところ、次の三つの可能性が判明した。

テロメラーゼに出すぎた行動を控えさせることである。
染色体はテロメアと言う尻尾がついているが、これは異種の回数券のようなもので、分裂するたびに切符が減少する。だが、うまくできたもので、テロメラーゼという分子が存在して、テロメアを復活させ、細胞分裂を維持してくれる。
癌細胞ではこれが働きすぎている。
ならばがん予防という大義名分で、テロメラーゼに自粛してもらったら如何か。

②細胞にはアポトーシスという自爆装置があり、不要になった細胞は自滅する。
このアポトーシスを全身的に誘導すればと思うが、これは細胞レベルの自殺幇助になるかもしれないが、廃棄物処理という考えも成り立つ。

③最近、長寿に関わる遺伝子が多数見つかっている。
これらの遺伝子を制御するか、乱暴な話だかノックアウトしてしまうことも考えられる。

どれも厳密には、殺人自殺補助になりかねないが、検察が分子生物学レベルでの追求をするとも思えない。

問題は、体のすべての細胞が同時にぱったり言ってくれないと、やばいことになる。
コロリの保障はまだまだ遠い道のりである。
[PR]
by n_shioya | 2008-04-03 22:50 | アンチエイジング | Comments(1)
Commented at 2008-04-06 18:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 春の移ろい 南條現る >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム