ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カロカカディア
このところアンチエイジング流行りで、僕にまでお座敷がかかることが多い。

決して人前でしゃべることが億劫でない自分を発見していまさら驚いている。
子供の頃は人見知りが強く、こんな事ではまともな大人になれそうもないと、母親をやきもきさせたものだが。

聴衆は多いに越したことは無いが、せっかく来てくださったのだから、例え一人でも全力で“語り”をさせていただくよう、いつも心がけているつもりだ。
それが今日は、この悪天候にもかかわらず、3,40人という予定が50人ほどの満員御礼で感激した。
b0084241_9455129.jpg

主催は東京女子大の後援財団の催しの一つであった。
テーマは例のごとく「アンチエイジングのすすめ」。

この一年ほど、使うスライドはほとんど代わり無いが、しゃべる内容というかニュアンスが微妙に変わってきているのに、あとで気がついた。

初めの頃は若気の至りで、アンチエイジング!と、抗することに力を置いたが、最近ではもっと自然体に“老いと如何に付き合うか”という側面を強調するようになった。
これは一年間に立て続けにお袋や親父の終焉を見届けて、ある種の心境の変化をきたしたのかもしれない。
つまり“人間は老いて死ぬものだ”という自然のことわりを納得したということだろう。

だがそれでは、「未来を予測する最も確実な手段は自分で造り出すことだ」という、自身の唱える威勢のよいアンチエイジング・スローガンからの後退ではないかという囁きも聞こえてこないではないが、反面、畏友立川昭二氏がクリニックのゲストブックに書き記された「カロカカディア、美しく良く生きる」ことこそアンチエイジングの要諦と思う気持ちのほうが今は強くなっている。
[PR]
by n_shioya | 2008-04-18 22:36 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented at 2008-04-19 02:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-04-19 21:50
山路さん:
この一月で本当に勉強させられました。l


<< 汝の名は女 サントリーホールで >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム