ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
人間家族
津田女子大の学生寮には男便所がない。
この当たり前のことを知らされたのは、医学部の一年生の夏休みである。

何も女装で侵入し、痴漢行為に及んだわけではない。クエーカーの団体主催のれっきとした「平和問題に関する国際学生セミナー」に参加した時の経験である。
戦後5年目。まだ日本は食糧不足で、チョコレートをばら撒く占領軍に後光がさしていた時代であった。

日本在住の、それに加えてこのために来日した世界各国の学生40~50人が、2週間、津田の寮に合宿して、世界のエキスパートの講義を聞き、小グループにわかれ、これから世界平和を如何に築くべきか、激論を戦わしたのである。

参加国は韓国、中国、タイ、フィリッピン、インド、オーストラリアそして勿論アメリカ。
日本側は東大、慶応、早稲田、一ツ橋、同志社など全国の大学から一、二名ずつ選ばれてきた。その他外務省の研修生が数名いたように思う。
2週間、討論は英語だった。

討議の合間には、水泳、野球、テニスなど運動に興じ、夜は夜で余興大会など開催し、2週間にわたって寝食を共にすると、お互い気心の知れた仲間になり、理屈抜きに平和のありがたさを感じることが出来た。
勿論、男女は別棟に分かれて泊まった。

すでに鉄のカーテンはヨーロッパに影を落としていたが、まだベルリンの壁は立ちふさがらず、我々日本の学生は祖国復興の意気に燃え、アジアの若者は植民地政策から開放された独立の喜びに溢れ、アメリカは一段上から指導的な立場を受け持ち、皆平和な未来を信じていた。

なにを議論したか具体的なことは忘れてしまったが、あの精神形成期に体得していまだに恩恵を受けていることがいくつかある。

まず、国際社会で日本の学閥などまったく無意味だということだ。出身校に関わらず出来る奴は出来るし、いい奴はいい。
また、肌の色、言葉の違い、つまり国籍の壁を越えて、大げさに言えば人類は一つ、つまり「人間家族」という意識を植え付けられたことだった。

それを国際性というならば、その頃に比べ今の若者は遥かに国際性を身につけるチャンスに恵まれているはずだ。
もっともっと在日の外国人と交流を深め、海外にも飛び出し、ブランドショップはほどほどにして、もっと現地の若者と交わって、このかけがえのない地球に共生する我ら「人間家族」を肌で感じ取って欲しい。

もし僕の言うことがぴんとこないというなら、まずあの不朽の名著、エドワード・スタイケンの写真集「The Family of Man」を紐解いてみたらどうだろう。
[PR]
by n_shioya | 2008-05-24 22:54 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented at 2008-05-27 12:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-05-29 21:17
山路さん:
能力があれば、多少のエキセントリシティは目をつぶるという風土がわが国にも必要ですね。
Commented at 2008-06-01 16:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by プラダ トート at 2013-07-28 16:11 x
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。


<< ~これからの美容医療~ 老人は若者のお荷物か? >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム