ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
美容外科医を志すあなたへ
なに、美容外科医になりたいって?それも学問的立場を守った。
素晴らしいじゃないですか。

楽しい世界ですよ、美容医療は。手術が楽しいなど言うと普通の人はぎょっとなるけど。
鼻筋を数ミリ高くして、鼻尖部をちょっと持ち上げただけで、ピット決まった感じになったときの嬉しさ。
本人も嬉しいだろうが、これこそ美容外科の醍醐味

ま鼻に限って言えば聖路加の大竹部長の右に出るものはいないでしょう。鼻だけでない、どんな種々でも手際よくこなす。
アンチエイジングのなればやはり帝国ホテルのクリニック宇津木流。10年前に白金の北里研究所病院に美容医療センターを立ち上げた、元祖アンチエイジング。
最近はやりの脂肪注入なら岐阜の市田院長.
レーザー、フィラーを使っての皮膚のアンチエイジングなら、湘南鎌倉病院の山下部長。日本中から患者だけでなく医師も見学に来る。
エステとのコラボをうまく取り入れ、そして地域密着型といいながら、その地域が日本全国に及ぶ自由が丘クリニックの古山理事長
そして皮膚科の教授と連携を密に、美容外科を大学で育てているのが大滋弥教授。
気がついたら、昨日集まったメンバー全員だ。

だが、その域に達するには、研修を安易に考えてはいけませんぞ。
できればまず形成外科の基礎を固め、それを更に美容外科として洗練させる。
すぐに美容に飛び込むと、そこらにウジャマンと入る魑魅魍魎と同類項になってしまう。
メスも使えぬくせに、美容外科医と称して、タレントまがいの活動をし居る。完全にタレントになれば話は別だが、やはり美容外科の足を引っ張ることは同じだ。

最近のメス離れの傾向は、形成外科医としてはいささか悲しい。
が、患者にとっては効果が少なくて、リピートが必要でも、ダウンタイムが短くて、気軽に受けたいという気持ちがわからぬでもない。
あまり馬鹿にせず、学問的に対応して、その中には皮膚科の基礎知識も入るが、ニーヅに答える必要があるでしょう。
でもどんなに簡単な操作でも、医療は医療。リスクは伴うことをよく説明する必要がある。そのリスクを最小限に抑えるために、形成外科の修練が役に立つ。

今日のお話で2年の研修制度医療崩壊に繋がったことは良くわかりました。
だが、考えると使いようによっては、形成外科医にはありがたい制度かもしれない。
僕だったら形成外科、特に美容外科を志す人は、一年目では、外科、麻酔、救命救急など全身管理を覚え、
2年目で、皮膚科、眼科、耳鼻科、整形外科など関連分野を習得できれば理想的だと思うが如何でしょう。

b0084241_10283615.gif美容外科医になることを前提にして、どこで形成外科を修行したらいいか?
これが意外に難問ですが、よく考えて、秘策を練ることにしましょう。
僕の書いた「美容外科の真実」でも参考にしてください。
[PR]
by n_shioya | 2008-05-28 21:49 | アンチエイジング | Comments(2)
Commented at 2008-05-29 17:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-05-29 21:31
まず一つにはすでに過去のことで、しかもそれ自体、能力やモラルには関係ない事柄といえます。
しいえて言えば法律の不備か、不適切な適用もあったように理解しています。
エステサロンでの医師法違反、電気脱毛、レーザー等が野放しのまま、クリニックで医師の監督のもとに行われた行為のほうが先に問題にされるというのは、医師側にとっては釈然としないものがあるようです。


<< 二つの取材 出版記念会 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム