ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
芸術にささげた一日
先月はN響の定期演奏を忘れてしまった。
何かと重なったのでなく、ただ忘れたのである。

今日はしっかり覚えていたのはいいが、一旦東京に出かけて途中で切符を忘れたのに気ずき、急遽家にとりに帰る始末。
年は取りたくないものである。

それでも東京には早めに着くことができ、サントリーホールでのN響の前にブリジストン美術館によって、予定していた岡鹿之助展を見ることができた。
僕が学会で忙しくしている間に、色々な展覧会の会期末がせまったので配偶者が焦り、これだけは今日見て置かないとまた逃しちゃう、とせがまれたのだ。

そこで“緊急の事態が発生したので今日はクリニックを休む”と秘書嬢につげて、今日一日を配偶者と芸術にささげることにしたのはいいが、悪いことは出来ないもので、ブリジストンからサントリーに向かう途中、クリニック近くの横断歩道で一旦停止していると、歩行者の中から美女が笑顔でこちらにしきりに手を振っている。
ヤバイ、秘書嬢だった。
明日までになにか言い訳を考えないと。

さて岡鹿之助というとパンジーしか知らなかったが、風景画にもなかなかいいものがあった。
ちなみにブリジストン常設部門も充実している。
我々学生の頃、西洋美術は大原美術館しかなかった。だが、それは倉敷である。大阪までが特急ツバメで一日がかりである。大原詣では泊りがけの大旅行になった。
そのため大学の頃、ブリジストンが開館したときは一大センセーションを巻き起こした。
東京でも本物の西洋絵画が見れるようになったからである、コロー、モネー、ルノアールなどの本物が。

最後に一言:ブリジストンは洒落たカフェもお勧めである。日本一のサンドウィッチのお店、“赤とんぼ”が入っている。人気のサンドウィッチは昼過ぎに売り切れになることが多いが、前日に予約しておけば取っておいてくれるそうだ。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-26 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(9)
Commented at 2008-06-27 02:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こでまり at 2008-06-27 08:20 x
いつも楽しく拝読しています。軽妙洒脱な文章で思わず笑みがこぼれる内容ですね。 お気に入りの中のファーストクラスです。先生を見習って私も美術館に足繁く行くことにします。
Commented by icelandia at 2008-06-27 13:16
ここに書いては言い訳も無用でしょう(笑)
Commented by n_shioya at 2008-06-27 13:54
こでまり さん:
ありがとうございます。
今後ともよろしく。
Commented by n_shioya at 2008-06-27 14:25
icelandiaさん:
“頭隠して尻隠さず”、とは僕のためにあるような言葉で、スンマセン。
Commented by n_shioya at 2008-06-27 18:23
山路さん:
是非伺わせていただきます。
Commented by 芙蓉 at 2008-06-28 08:29 x
倉敷の大原美術館、何度か行った事があります。
倉敷の街並みも、なかなか素敵で、好きでした。
ブリジストン美術館に、洒落たカフェの”赤とんぼ”、
今度是非行って見ますね。
サンドウイッチの予約もして!(^^)!。
Commented by n_shioya at 2008-06-28 23:05
芙蓉さん:
倉敷美術館は隣にあるカフェグレコはご存知ですよね。
Commented at 2008-06-29 04:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 老化の原因 美女軍団とニールサイモンの一日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム