ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
マイケル・ドゥベーキーの訃報
ドゥベーキーが亡くなった。
マイケル・ドゥベーキー。享年99
心臓血管外科の神様だった。

彼が1964年に発表した心臓のバイパス手術はただちに世界中に広まり、其れで救われた人は数知れない。
そのほか、大動脈瘤の置換術、人工心肺等文字どうり心臓血管外科のパイオニアだった。

ベイラー大学心臓外科のセンターを立ち上げると、世界中から患者が殺到し、90歳で手術をやめるまでに手がけた数は60000人といわれている。
97歳のとき、弟子によって大動脈の手術を受けたが、それも彼自身が1954年に発表した方法である。
其の手術からは完全に回復している。

勇猛果敢な運転で知られ、彼の赤のマセラッティがヒューストンの町を駆け抜けるとき、パトカーも邪魔を控えたという伝説すらある。

ちょうど昨日読み終えた「アート オブ エイジング」には彼のために一章が割かれていた。
その著者によれば、彼も食事は質素だったそうだ。やはり、粗食、小食は長生きの秘訣らしい。

また、こうも書かれていた。
著者がドゥベーキー夫人に、“ご主人の超人的な活動の原動力は何か”と聞いたところ、こともなげに,“ラブですよ”といわれたという。それは大勢の患者の愛に包まれていたからだと言う。
“夫は患者を救うことしか頭になかった。其の報いとして患者から与えられた“”が、活動の源泉になった”と婦人は言い切ったそうだ。
(合掌)
[PR]
by n_shioya | 2008-07-13 17:40 | アンチエイジング | Comments(6)
Commented at 2008-07-13 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by icelandia at 2008-07-14 16:49
「愛」や「祈り」が治癒や原動力になるのは、昔からそこはかとなく言われてきたことですね。前のブログのお父様の原動力も「感謝」を受けるということではと解釈して読んでいました。そこで思い出すのがビートルズの「All You Need is Love」です(ミーハーでごめんなさい)。でも、真理だなぁと思うのです。
Commented by とらいあんぐる。 at 2008-07-14 16:50 x
はじめまして。
タイのフリーペーパーに「マゴット・セラピー」のことが書いてあり、検索してここまでたどり着きました。
どんなブログかと興味半分覗きましたが
とても面白くためになる内容が多かったです。
機会あれば、またお邪魔させていただきます。
Commented by n_shioya at 2008-07-14 23:03
山路さん:
コメント有難うございました。
まだまだ立派な医師も居られるのでおいおい取り上げて生きたいと思います。
Commented by n_shioya at 2008-07-14 23:05
icelandiaさん:
ビートルズは不滅ですね。
僕がアメリカで修行中に出現しましたが、其のときのみなの驚愕を今思い出します。
Commented by n_shioya at 2008-07-14 23:07
とらいあんぐるさん:
コメント有難うございます。
取り止めのないブログですが、時たまお役に立つことも載るかと思いますので、ときどきお寄りください。


<< ウィリアムモリス展 アート オブ リビング >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム