ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
加齢? いや華麗
アンチエイジングまたは抗加齢という言葉を嫌う人は意外に多い。
其の中には、言葉のニュアンスにこだわる方々と、実態が胡散臭いからという方々が含まれるようである。

前者の言い分は、老化自然現象であり、それに抗うのは“蟷螂の斧”である。老化をもっと自然に受け入れる、そしてできれば加齢の恵みをを積極的に捕らえたい、という考えである。
其の立場にたっては「サクセスフル エイジング」とか、「アート オブ エイジング」とか「老いの泉」のような優れた著書も出版されていることは、これまでしばしば触れたとおり。

また数年前には“加齢”を“華麗”と置き換えた「華麗のためのシンポジューム」というのも催された記憶がある。
だが考えてみるとこれはただの語呂合わせではない。
加齢イコール老衰というネガティブな偏見に対する挑戦といえる。

女性にとってアンチエイジングの目的は何時までも若々しく、つまり“美と健康”であろう。
だが、若々しくと行っても、“けっして20台30台の自分に戻りたいわけではない”と東大の老年看護学の真田弘美教授はおっしゃった。
“では目指すところは?”
“自分がもっとも輝いていたときの輝きを再現すること”というご返事をいただいたことは前にお知らせしたとおり。

なるほどと感心したが、実は異論があった。
東大に立派な老年看護の教室を築き上げ、さらにはエステティックを取り込んだ寄附講座も立ち上げられた。
“今ほど輝いているときはないじゃないですか、”と言い返したかったのである。
そして、“先生ならこれからも加齢と共に益々輝きを増していかれるだろう”とも。

それぞれの年齢にふさわしい輝き、それはまず内面から湧き出るものであるべきだが、それを外から助ける優雅な装いも否定されるべきでない。
こうして女性に限らず男性でも、内面外面から“輝き”を支持するのがアンチエイジングの務めとすると、確かに“抗加齢”という言葉はあまりにも其の使命を矮小化しているとも言える。

皆さん、何かいい言葉はありませんか?
[PR]
by n_shioya | 2008-08-08 22:00 | アンチエイジング | Comments(8)
Commented by きのこ組 at 2008-08-09 09:50 x
日本人は偉そうなカタカナ語彙が好きそうなのでそのまま”アンチエイジング”で良いかなと。。。(シニカルすぎますか?) ”華麗”だとチト負け惜しみ感が漂う感じが。。。。加麗といえば”声”にも年齢が出ると思われませんか?
Commented by ふくだ at 2008-08-09 11:03 x
アンチエイジングを色々かじってみると、やっぱり根底は健康だと。そうなると、あえて”アンチ”でなくても”ウェルエイジング”で、いつも輝く自分を保つことが美にもつながる・・・そう思うことで、加齢も怖くなくなりました
Commented at 2008-08-09 11:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-08-09 11:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-08-09 15:39
きのこ組さん:
有難うございます。
名前より中身という考えと名は体を現すという格言の間をうろうろしているのが実情です。
Commented by n_shioya at 2008-08-09 15:42
ふくだ さん:
そう、ウェルエイジングという言い方もありましたね。
現にウェルエイジングと言う医療法人も在ったような気がします。
Commented by n_shioya at 2008-08-09 15:46
925さん:
おっしゃるとおりです。
要は老化は素直に自然現象と受け止め、年相応の輝きを出していくことだと思います。
Commented by きのこ組 at 2008-08-10 03:26 x
美しい歳の重ね方には”品性”が関わっているのでは?


<< 日本男子に告ぐ 視聴率に一喜一憂 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム