ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
間抜けな一日
なにをやっても駄目な日ってあるものですね。

今日。
カレッタ汐留の最上階のビーチェでランチを済ませ、配偶者と三男を連れて松下電工ビルに移動した。
汐留ミュージアムでは今、建築家村野藤吾の展示会をやっている。三男は一人で建築事務所を開いている一級建築士である。

だが4階の受付は森閑としていた。
“申し訳ありません今日は休館日で”、と留守番の女性がすまなそうに言う。
あれ、11日から18日までしかやってないからと配偶者にせかされてきたのに、と改めて配偶者の手にしたチラシを良くみると、10月まで開催、ただし11日から18日までお盆休みと書かれている。
近年、この手の勘違いは二人とも良くやる。
今回は配偶者の“脳味噌”もお盆休みだったようだ。

“俺、ヨドバシカメラに行くから”、と三男は有楽町に向かった。
“じゃ、我々は横浜に帰るか?”
“でもせっかくここまで出てきたし、そう宮沢りえの「人形の家」を見ようっていってたじゃない。9月からだから、早く切符を買わなきゃ。これからBukamuraに行って切符を買っておきましょう”と配偶者が食い下がる。
そして渋谷の東急文化村のシアター・コクーンに。
ところがその公演の切符は7月発売とともに完売し、キャンセル待ちももう一杯で受付を閉めたという。

“じゃ、映画でも”
確かに6階の二つの映画館では、「画家と庭師とカンパーニュ」と「コレラの時代」をやっているはず。どちらも見たいといっていた作品だ。
だがここでもついていなかった。
火曜日は入場料1000円のサービスデーで、ロビーは人で溢れている。とてもは入れそうもない。
そもそも我々シニアはいつでも1000円のシニアプライスでは入れるのだ。

やむなく一階のザ・ミュージアムで「青春のロシア・アヴァンギャルド」に立ち寄ってみた。
シャガールカンディンスキーの初期の作品は面白かったが、あとは馴染みのない絵がほとんどだった。
そしてシニア料金もなく、入場料は1500円。、

“間抜けな一日になったね”と言うと配偶者は、
“いいの、ビーチェに行けたから。眺めはいいし、本当に美味しかった。”
実はカレッタ汐留ができてまもなく、電通の友人にビーチェを案内され、其の絶景美味に感激し、いつか連れて行くから、と配偶者に言い続けてきたからである。
[PR]
by n_shioya | 2008-08-12 22:23 | コーヒーブレーク | Comments(10)
Commented by icelandia at 2008-08-13 00:36
ほのぼのしているようで、すごく精力的な一日ですね。汐留で食事をして渋谷へ移動してそこで何かを鑑賞しようって・・・見習いたいです。人混みが苦手で最寄り駅へさえ行きたくない私と、家でダラダラしていたい家人とのコンビでは、仕事抜きで都内に出ることは皆無。あれも見たい、これも食べに行きたいとは思うんですけどね。なので、間抜けなんてとんでもない。とっても素敵で活動的な一日に見えます!
Commented by きのこ組 at 2008-08-13 04:14 x
すてきな奥様ですね。
私は40代後半ですが最近美しく歳をとること(外面か内面か又は両面かはたまた何なのか)を探っているところです。
Commented by D at 2008-08-13 16:15 x
この行動力と優しい配慮に敬服します。この日は、電車ですか? 車ですか? 今日の話題は先生の ̀Make an emergency landing at Anchorage’ です。
Commented by Doc.K at 2008-08-13 16:17 x
by Dになってますが、コメント者はDoc.Kです
Commented by n_shioya at 2008-08-13 22:53
icelandiaさん:
けっきょくまた文化村通いをしてしまいました。
お盆だし、後期高齢者の特権もフルに生かして、夫婦で風来坊をやってます。
ところでアイスランドの一カケでも欲しいこの暑さ、どうにかなりませんかね。
たとえば、北国の自然と芸術で心身をリセットするアイスランド アンチエイジングツアーとか。
勿論案内役はicelandiaさんにお願いして。
Commented by n_shioya at 2008-08-13 23:00
きのこ組さん:
口幅たいようですが、大切なのは自分の気持ちを素直に認めることのようですね。
好き嫌いという感情に善悪の価値判断を持ち込まないこと。
まず自分のフィーリングをそのまま味合う、其の先どう行動するかは別問題としても。
Commented by n_shioya at 2008-08-13 23:01
Doc.Kさん:
依然として車椅子での移動です。
都心まで飛行機でと言うわけにも行かないので。
Commented by icelandia at 2008-08-14 01:52
私が魔法の杖を持っていれば、それを一振りしてアイスランドの涼しい空気を全国にお届けしたいものです。ホントに。
アイスランドは日本と並ぶ長寿国、アンチエイジングツアーにはもってこいですね。本当に企画しましょうか?考えるだけでとても楽しいし、みなさまにも喜んでいただけると思います!
Commented by n_shioya at 2008-08-14 21:51
icelandiaさん:
是非何かいい企画をお願いします。
外国旅行は活性化にもってこいですから。
Commented at 2008-08-15 15:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 画家と庭師とカンパーニュ 悩む力 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム