ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
画家と庭師とカンパーニュ
b0084241_15491839.jpg結局また今日も文化村に行って、昨日見損なった「画家と庭師とカンパーニュ」を見てきてしまった。
だが、フランス人はどうしてこうも心の和む洒落た映画を作るのだろう。
そういえば、「クリクリのいた夏」も「ピエロの赤い鼻」も同じ監督、ジャン・ベッケルだった。
画家のダニエル・オートイユ、庭師のジャン=ピエール・ダルッサンの演技も息が合って素晴らしかった。
だがこのエスプリのルーツをたどれば、戦前のモノクロ映画のルネ・クレール、ジャン・ギャバン、ルイ・ジューべ・ジャン・ルイ・バローらの昔懐かしいフランス映画の監督や名優にたどり着くのではないだろうか。

物語は・・・
パリから郷里に帰ってきた画家が、庭師をしている幼馴染と再会する。
夏の庭で二人は語らい会い、かけがえのない時間を過ごす。
そして魅力的なフランスの田園風景が繰り広げられる。

上映後の夕食は勿論、サンジェルマン・デュ・プレならぬ文化村の一階の、カフェ・デュ・マゴで摂り、タップリ余韻を楽しんできた。
b0084241_15504062.jpg

「画家と庭師の絶妙な会話を堪能し、庭師が犬にほえられるのどかな田舎道などに郷愁を覚えつつ、人生をこのように歩みたいと思いました。あなたはどのような感慨をお持ちになりましたか?」と言う解説者の問いかけにどう答えたものか。

ともかく未だでしたら是非ご覧いただきたい。
そして感想を聞かせていただければ幸いです。
[PR]
by n_shioya | 2008-08-13 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(8)
Commented by aseamoon at 2008-08-14 01:53
英語のタイトルが知りたくて 日本のグーグルで検索しましたら
「画家と庭師とカンパーニュ」のオフィシャルサイトを見つけました。
監督へのインタビューもあって いいサイトでした。お訪ねください。
画像が美しくて 流れも適度ゆったりとして 素敵な映画ですね
週末に借りてみてみますね! アヤメ
http://www.wisepolicy.com/dialogue_avec_mon_jardinier/
Commented by きのこ組 at 2008-08-14 04:09 x
やぱりアンチエイジングの一つは先生のように物事に”感動”を得ることでしょうね。
「画家と庭師とカンパーニュ」を観たいのですが、このごろの私は一本の映画・一杯のラーメンのために飛行機にとびのる情熱が沸かなくなっています。
やぱりアンチエイジングの一つは先生のように物事に”感動”を得ることでしょうね。私も手近なものから”感動”を探すことにします。

Commented by n_shioya at 2008-08-14 21:47
aseamoonさん:
有難うございます。早速サイトを覗いて見ます。
Commented by n_shioya at 2008-08-14 21:49
きのこ組さん:
無理せず、気楽に肩の力を抜いていきましょう。
それが一番のアンチエイジングですから。
Commented by 芙蓉 at 2008-08-14 23:16 x
いつも、先生と奥様の粋な語らい、楽しませていただいています。
エントリーを拝見して、
「画家と庭師とカンパーニュ」の映画、是非見たくなりました。
近いうち、東横線で、文化村までひとっ飛び!いたしましょうか。
このところ、心和みたい..と思っていたところですし、
南仏の田園風景は、本当に美しくて、やわらかな日差しの中、
ほのぼのと、穏やかな気持ちになりますね。

映画のあとのカフェ・デュ・マゴ、そのままフランス映画のようです。

Commented by n_shioya at 2008-08-15 21:33
芙蓉さん:
是非、是非ご覧ください。
でも映画は見始めると際限なくみたくなるので困りますね。
Commented by silku928 at 2008-09-05 20:15
先生、昨日、文化村までひとっ飛び!してまいりました。
しばし、カンパーニュの景色に酔いしれて。
秀逸の作品ですね、ほのぼのとして。
Commented by n_shioya at 2008-09-05 22:15
silku928さん:
よかったでしょう。ドウマゴにお寄りになりましたか?
厚姫楽しく読ませていただいてます、テレビは見てませんが。
配偶者は日曜の夜8時は、何を置いてもチャネル1にかじりついています。


<< 老いの泉 間抜けな一日 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム