ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
愛すべき変わり者、ジョン・ベリー
ジョン・ベリーも変わった奴の一人だ。
僕がレジデントをしたオルバニー大学の研修施設のひとつである、オルバニー退役軍人病院、通称VAホスピタル泌尿器科部長である。
もう60近い、小柄で白髪の爺さんだった。

ツケツケものを言うが、人はいい。
が、手術は下手くそだった。
彼が前立腺の手術をやると、括約筋を駄目にして、ほとんどが尿失禁になってしまう。
そこで彼はシリコンを細工して弁のようなものを考案し、それを埋め込んで失禁治療に成功を収め、全米に名が知られ、招待講演で各地を飛び回るようになった。
人間、なにがプラスするか分からぬものである。
ちなみに彼は専門医の資格も持っていなかった。

彼の悪い癖は“つまみ食い”だった。
文字通り、患者食を掠めて、昼飯代を節約するのである。
誰かが見張っていたのか、あるとき、病院から一年分のくすねた昼飯代を請求され、“情けのない奴らだ”と憤慨してたことがある。
また、患者の持ち物にも目をつけた。
気に入った毛皮のコートを見ると、“あんた、それは重そうで体に悪い。わしが預かってやる”とか、“其のブレースレットはお前には価値が分からん”など勝手なことを言ってせしめてしまう。

僕が帰国して数年後、彼が観光で日本に来て、僕のいた大学病院の外来に突然現れた。
例の毛皮のコートを纏い、外来の待合室で大勢の患者の前で、“やー、元気か!”と言って抱きついてきた。それもロシヤ風のベア・ハグである。
だが、こちらも懐かしかった。
そして思い出した、彼から言われたことの中で、唯一守ってきたことを。
“お前な、神さんを一日に一度はハグして(抱きしめて)やれ。それが夫婦仲の秘訣だ。結婚なんて理屈じゃあない。”

其のご利益か我々は、結婚以来不思議と一度もけんかもせず、無事去年は金婚式を迎えることもできた。
[PR]
by n_shioya | 2008-08-25 19:48 | コーヒーブレーク | Comments(15)
Commented by icelandia at 2008-08-25 22:22
なーんだ、ノロケですかぁ〜(笑)
Commented by n_shioya at 2008-08-25 23:09
icelandiaさん:
へえ、すみません。
Commented by きのこ組 at 2008-08-26 01:22 x
ついでに先生が”その毛皮のコートをくれ”とおっしゃれば遺言に入れてくれたかも。残念・・・
Commented by アヤメ at 2008-08-26 02:03 x
すごい!1度も喧嘩した事がないなんて!もっと詳しく 秘訣を詳しく教えてください。
Commented by n_shioya at 2008-08-26 10:22
アヤメさん:
秘訣と言われても、けんかの種がなかったのか、お互いにお目出度かったのか・・・
あまり答えになってませんね。
Commented by 芙蓉 at 2008-08-26 10:41 x
いつも楽しい話題、クスクス笑いながら拝見しています。

>結婚なんて理屈じゃあない
まさに、仰る通り!!

奥様の大好きなターシャの展覧会が、
プリンスホテル新高輪で、この日曜日まで開催されていたようですが、
私は、見ること叶わず、残念でした。

「人生は短いのよ。文句を言っている暇などないの。
目の前にある幸せを、精一杯味わうことよ。」

このターシャの声を、教訓にしたいと思っております!(^^)!。
Commented at 2008-08-26 13:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さぼてんの花 at 2008-08-26 20:25 x
カミさんは神さんと書くのですか

それとも先生の神様だから神さん・・・



Commented by n_shioya at 2008-08-26 21:05
aseamoonさん:
是非お会いしたいので日程をお知らせください。
Commented by n_shioya at 2008-08-26 21:10
さぼてんの花:
確かに広辞苑では上様となっていますが、これには別の意味もあり紛らわしいからか、最近、我々“主人”の座を奪われたカヨワイ男性は、“神さん”と書くことが通例になってきたようです。
Commented by n_shioya at 2008-08-26 21:29
さぼてんの花さん:
さん付けをしないで送信ボタンを押してしまい、失礼しました。
このコメントらんは訂正が聞かないので、しばしば後でミスに気がついても手遅れなので困ります。
Commented at 2008-08-26 21:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_shioya at 2008-08-26 21:53
icelandiaさん:
有難うございます。
削除の手順は簡単ですか?
パソコン音痴がブログなどに手を出すのがそもそもの心得違いかもしれませんね。
Commented by n_shioya at 2008-08-26 22:55
きのこ組さん:
その代わり死ぬまで俺の面倒を見ろ、と言われたでしょう。
Commented by n_shioya at 2008-08-26 23:36
芙蓉さん:
ターシャの展覧会は知りませんでした。
我が家のターシャが残念がるでしょう。
さすがターシャ、いいことを言ってますね。それこそアンチエイジングの粋じゃないでしょうか。
ところでベアトリックス・ポッターのいたニア・ソーリーに昔、モリー・グリーンと言うおばあさんが居ました。
以前、我々が訪ねた頃もう90歳でしたが、小さな一軒家に一人で生活しておられ、其の朝焼いたというマッフィンとティーをご馳走になりました。
想像のターシャと似た雰囲気の方でした。
日本の観光客でおもてなしを受けた方が多いと思いますが、もう他界されたでしょうね。
ターシャのバーモントもニューイングランドと言う名前の由来どおり、イギリスの田園を思い出させます。


<< シャガールの想い出? 川柳大賞 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム