ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
学校教育からいかに身を守るか?
僕ぐらい、学校教育に根強い不信感を持っている男はいないだろう。

一つには、高校時代、教育制度の度重なる改変で、4年間に三度も入学試験を受けさせられた恨みがある。

しかもその以前には、敗戦による180度の価値転換で、小、中学教育で受けた理科以外のほとんどの教科書が全面否定され、墨で塗りつぶすという作業を強制された苦い経験もある。
それによって、保身のためには前言をくるりと翻す教師の醜い姿をいやというほど見せつけられた。
もっとも、生徒に合わす顔がないと教壇を去ったわずかの教師もいたが。

だが、そういった状況変化よりも、もっと本質的なのは、学校は教える側の都合によって組み立てられているということである。
そのために子供の伸びる芽は容赦なく摘まれていく。
たとえば脳の働きは、一時間ごとに、国語から数学へそしてまた歴史へと迅速に衣替えするようにはできていないし、それに適応することで、自らの問題発見と解決の能力は失われていく。

時間割など思い切ってなくして、その時その子が興味を持っている対象を、その時点の能力で対処できるまで中断せずに、ぎりぎり追及させるのが望ましい教育だと思う。
しかしこれには、個人教授に近い教師の数と能力が要求され、現実には不可能なことはよくわかる。

たしかに経済的な理由から医療の世界でも、クリニックや病院の運営は、医療従事者側の都合が優先し、患者の都合やアメニティは後回しにされがちなので、あまり大きなことは言えないが。

また、経済的な理由だけでなく、為政者の言いなりになる愚民を養成するために学校は役立っているし、その手先が文科省である。
本当に学生の思考能力を重視した智力を養成したいなら、まず、文科省を廃止し、教師に教科書の選択を含め、もっと自由度を与えることから始めるべきだろう。
村の掟で汲々としている文科省の役人が、嘘八百のの政治家と一緒に、徳育など説くのが噴飯もので、決して子供たちに良い影響は与えない。

僕が改めてこう言いだしたのは、大学を退職して10年たった今、やっと学校教育のくびきから解き放たれ、初めて自分の頭を使い、自由な発想を楽しめるようになったからである。

など偉そうなことを言うと配偶者からは、“要するに貴方、被害妄想から誇大妄想に変わっただけじゃないの”と言われそうな気がしないでもないが。
[PR]
by n_shioya | 2008-10-24 22:36 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by きのこ組 at 2008-10-24 23:35 x
たしかに日本は人権・知的所有権などに関して遅れているとおもいますが、これもアメリカのように行き過ぎも宜しくない。 教育に関してはアメリカのように5%の天才を育てるために、日本のことを中国の首都だと思ってるような95%の無知を作るのもどうか。。なんのかんの言っても日本の教育は”普通の人間”として生きていけるだけの基礎教育を与えているとも思うのです。ユートピアはいずこ?
Commented by icelandia at 2008-10-25 08:16
昨日アイスランドから帰ってきました。アイスランドにいる間、シュタイナー校で先生をやっている人物と会い、いかに現代の教育が他人を思いやることなく没個性の人間を作っているかを話したところでした。日本の教育が良いのか悪いのか、私には判断がつきませんが、教育にしても報道にしても、少し疑いを持ってみるに越したことはないのかもしれませんね。斜に構えろということではなく。
Commented by n_shioya at 2008-10-25 21:17
きのこ組 さん:
自我の確立してない日本人は、ヒドラのように集合体として思考し行動しています。
反対に個人主義のアメリカでは、ノイローゼが増え、シュリンクに通うことはステータス・シンボルでさえあるようです。
“和をもって尊しとなす”、僕の最も嫌いな言葉でしたが、加齢とともにその便利さに負けるようになってきました。
Commented by n_shioya at 2008-10-25 21:20
icelandiaさん:
おかえりなさい。ご苦労様でした。
アイスランドはいま大変なようですね。
ちょうどいま、テレビでロシアの援助を受けるべきかどうか、アイスランドでの議論が報道されていました。
アイスランドを助けるためにも、ツアーを実現しましょう。


<< ヒットラーの贋札 ミレイのオフィーリア >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム