ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
百歳まで生きて
このところ読む本の大半は高齢者やアンチエイジングがらみのものである。

専門書、啓蒙書から作家のエッセイまで、このの一年で何冊ぐらい読んだことだろう。
狭い書斎も、クリニックのデスクも、アンチエイジングであふれている。
それほどこの分野は奥が深い、というか未知の世界で、日々新たなことが言われ、また各人各様の意見があり、この辺で己の意見をまとめねばと思うが、一冊読むとまた五冊ぐらい読まねばならぬ本が増えて、まるでマルチ商法にひっかっかった気がする。

でもしょうがないんですな、だれも本当のところは判っちゃいないんだから。
あまりにも高齢化が急速に進み、かつてはチンケな存在だった百寿者も今では万単位で数えるようになったのに、まだその実態の把握すらおっつかないのが実情だから。

b0084241_950267.jpgそこで、今度読み終わったのは、10年近く前に発表され、百寿者、センテネリアンの研究としては、すでに定評のある「百まで生きて」という啓蒙書である。
パールスシルバーという二人のハーバードの老年学の教授の著作だが、マサチューセッツの八つの地区の、160人ほどの百寿者を詳細に調査し、個人個人の歴史とライフパターンを調べ上げ、百寿者に関してある共通項を引き出すことまでしている。

著者らが結論として挙げている百寿者のライフスタイルは、最近アンチエイジングの世界で常識となってきたこととほぼ等しいというか、多分に彼らの研究を我々が踏襲しているのかもしれない。

正確にお伝えするためには、今一度読み返す必要があるが、印象に残った点を列挙すると、

①百寿者はがんや生活習慣病をうまく切り抜けたラッキーな集団である。
②それには三割ほど遺伝子も関係しているようだ。
③世界的に女性のほうが平均寿命が6,7歳長いのは、それなりの理由がありそうだ。
④遺伝子でハンディがあっても、健康なライフスタイルを送ることで、85歳までの健康寿命は確保できるのではないか。
⑤健康寿命が延びても、そのあとの要介護の時期がだらだらしては困るという考えは間違いのようで、アンチエイジングに励めば、最後はむしろ、自然死というか、ころりと行ける確率が高くなるようだ。
自然の老化老人病はやはり区別さるべきものである。

等々、大変示唆に富み、また、バランスの取れた、納得のいく論旨であった。
[PR]
by n_shioya | 2008-11-18 21:58 | アンチエイジング | Comments(4)
Commented by icelandia at 2008-11-18 22:05
先生のアンチエイジング入門本をぜひお願いします!今までお読みになったアンチエイジング関係本のガイドブックでも。立花隆さんがよくお出しになっている、「こんな本を読みました」というような感じで。我々には貴重な指針になることでしょう。
Commented by vicoprofen at 2008-11-19 05:24
SF映画のように、死ぬとキラキラ透明になって消えるといいのにな。自分はたくさんの動物を実験に使って長生きするより、その動物を長生きさせてあげたいです。
Commented by n_shioya at 2008-11-19 23:45
icelandiaさん:
いつも励ましのお言葉ありがとうございます。
拳拳服よういたします。
Commented by n_shioya at 2008-11-19 23:46
vicoprofenさん:
とても良いお言葉ですね。ありがとうございます。


<< 問答無用 伊集院静 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム