ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ステンドグラス
b0084241_18582162.jpgどうしてステンドグラスには、これほど人の心をひきつけるのだろう。

ノートルダム寺院の薔薇窓は言うまでもなく、シャルトルケルンの大聖堂等、ヨーロッパの聖堂にはステンドグラスはつきものである。
小さいながらも、シテ島のサンシャペルの、細長くそそり立ったドームをぐるりと取り巻くステンドグラスは、夕陽をすかして眺めるときは、まさに天国の雰囲気を醸し出す。

そんな大それたものでなくも、ほんのちょっぴり我が家でも雰囲気を味わいたいものと思っていたが、配偶者が名案を思いついた。
書斎の壁で昔空調機をはめていた、50センチに40センチほどの隙間に、小さなステンドグラスをはめたらというのである。

“誰に頼む?
“あの方に。”

幸い我々の山小屋の近くには、絵を描く方や、家具を作る方などの工房が多い。その一つ、田工房がステンドグラスだったのを思い出したのだ。
そして2年前、田さんの傑作が、薔薇窓ならぬ八ヶ岳窓として書斎を飾ることになったのだ。
東側の壁なので日が昇ると、ちょうど朝日に映える八ヶ岳連峰のように輝き始める。
ステンドグラスの魅力は、波打ったガラスが微妙な色合いのグラデーションを生み出す。そして鉛?の素朴な縁取りが全体を引き締める。
多忙で山小屋に足を運べないとき、また真冬の厳寒時にも、ほの暗い書斎に足を踏み入れると、東側の壁に八ヶ岳がその雄姿を現してくれる。
b0084241_18585861.jpg

その田さんが元町の家具屋さんで個展を開いたので、昨日訪ねて行った。
場所柄飾られていたのは小物が多かったが、配偶者はその中に緑色のガラス細工の時計に目をつけ、早速購入した。ステンドグラスの八ヶ岳の隣に吊るすのだという。
b0084241_18593979.jpg

[PR]
by n_shioya | 2008-11-25 23:38 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by icelandia at 2008-11-26 21:58
ウチも飾りたいけど、場所がない・・・。日本の住宅事情が悲しいです。
Commented by n_shioya at 2008-11-26 23:34
icelandiaさん:
ほんの小窓でいいんですよ、是非御一考を。
心の小窓にも明かりが射し込みます・・・
Commented by 芙蓉 at 2008-11-27 00:35 x
光と色で織り成すステンドグラス、素敵ですね。

中学時代、修学旅行で長崎に行ったのですが、
そこで見た大浦天主堂のステンドグラスも、とっても美しくて、
まるでそこに、神が、舞い降りたようでした..♪。

数年前、友人から手作りガラス工芸のランプを頂いたのですが、
灯りをともすと薔薇の花びらが一枚一枚浮かび上がり、
何とも幻想的。この時期にぴったりですね。
最近は単なる置物になっていましたが、
今宵、灯りをともしてみましょう..。

生活の中に、ちょっとした”光”取り入れたいものです。
Commented by n_shioya at 2008-11-27 22:26
芙蓉さん:
”美しきものは永久の喜び”という、キーツのエンディミオンの冒頭の言葉が、僕の原点と言えます。


<< 定年は必要か? 「グロテスクな教養」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム