ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
キャロル・パーティ
僕が8年の留学生活をすごしたニューヨークのオルバニーは、11月末から雪が降り始め、年クリスマスごろは一面の銀世界で、文字通りホワイトクリスマスを満喫できる。
12月に入ればもう、街はクリスマス一色となる。
日本と違いパーティはそれぞれの家庭での集まりが主で、お互いに呼んだり呼ばれたりが12月25日まで続く。

僕たち家族が最も楽しんだのは、オルバンーの郊外の高級住宅地、ラウドンビルマッキニー家キャロル・パーティだった。
なだらかな丘陵地には、広い敷地に洒落た豪邸が建ち並んでいて、その庭先の針葉樹にはクリスマスデコレーションが華やかに飾られ、夜のイリューミネーションはメルヘンの世界を演出する。
マッキニー氏は鉄鋼会社を経営する市の名士で、オルバニーシンフォニーのオーナーも兼ねる教養人である。

参加者は4,50人だが、ご招待を受けることは名誉とされている。
集まったゲストはまず、マッキニー家の男の子三人のページ・ボーイの勧めるエッグ・ノッグで喉を潤し、かつ抑制というか羞恥心を取り除いてから、賑やかにクリスマス・キャロルの合唱を始める。
それぞれのキャロルには、マッキニー家伝統の歌い方があるが、それは省くとして、夜半、最後の歌グローリアを歌いながら、皆で地下室に降りて、ミッドナイトスナックにありつく。

今日、「みなとみらいホール」で催された「子供のためのクリスマスの歌の会」に孫のお供で参加し、懐かしいキャロルの数々を聞きながら、あのマッキニー家のキャロル・パーティを思い出すことしきりだった。
懐かしさとともに複雑な気持ちを抱きながら。
b0084241_14264550.jpg

あれから半世紀、世界は大変動した。
ロックフェラーセンターにはツリーが賑々しく飾られ、昔のように中庭で皆がスケートを楽しんでいる様子をテレビで見ても、9・11の後では何か虚構の世界のようにさえ感じられる。
キリスト教を唯一無二の文化と考えて疑いもしなかった、古き良き時代
だが、もはやアメリカに昔日の面影もないし、パックス・アメリカーナには戻れない。
ハッチンソンガ予言した「文明の衝突」が現実のものとなり、イスラム圏との対立が先鋭化してきているせいだろうか。
オバマの叫ぶ“チェンジ!”に僕たちは何を期待したらよいだろうか?

キャロル・パーティとはおよそ異質の想念に僕は耽っていた。
[PR]
by n_shioya | 2008-12-07 21:22 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by valkyries at 2008-12-08 08:39 x
先生、「イスラム教」ではなく「イスラム原理主義者」との対立です。

オバマは世界一のイスラム国家、インドネシアの首都ジャカルタで幼少時代を過ごしています。それもエリートとしてではなく、庶民の家庭で。
そんな彼に衝突の回避を期待しましょうよ。
Commented by n_shioya at 2008-12-08 23:56
valkyries さん:
言われることはよくわかりますが、文明の衝突と一神教の問題については、また別の機会に議論しましょう。


<< 勝てば官軍 忘年会シーズン >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム