ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:コーヒーブレーク( 1494 )
久々のソルト
b0084241_22564346.jpg

今日は久々のソルト。
新丸ビルの6階のオーストラリア料理。
洒落てるが凝り過ぎず、十分食った気になり、お値段は手頃。
お薦めです。
食事のお相手は形成外科の重鎮。
美容医療の健全化について、とっくり話し合った。
彼曰く“この業界は、魑魅魍魎。50年間何も変わりませんよ。かえって悪くなったかな。”
“それを承知で、だからこそ余生をかけて頑張るのでよろしく頼む”と僕。
乞うご期待!
[PR]
by n_shioya | 2017-07-12 22:57 | コーヒーブレーク | Comments(0)
カフェ・ラントマン
b0084241_23174069.jpg

世界中どこへ行ってもカフェだけは通暁してると自負している僕だが、不覚にしてウィーンのラントマンの存在は知らず、まして東京は青山の紀伊国屋跡に立ったAOビルに入っていることも今日初めて知った。
昼時と言うのに混雑しておらず。ゆったりとソファに腰を落ち着け、ウィンナシュニッツェルを喰らい、ザッハトルテを賞味し、新聞を読みながらコーヒーで喉を潤すと、気分はもういっぱしのウィーン子である。

というわけで「今日の初めて」は、
「ウィーンのカフェ」
[PR]
by n_shioya | 2017-07-11 23:17 | コーヒーブレーク | Comments(0)
めでたくダイアモンド婚
b0084241_21581443.jpg

60年前の7月8日、我々はニューヨークで結婚式を挙げた。
ですから今日はダイアモンド婚。
よくもったもんですな。
しかもこの60年間、一度も喧嘩したことがない。
何、コミューニケーションが全くなかっただけでは・・・
完全にすれ違って、ぶつかりようがなかったとか・・・
一つ、国外で結婚して良かったのは、それぞれの義理の親たちがそばにいなかったこと。助けもない代わりに、雑音も入らなかった、失礼。
どういうわけかこれまで7月初めは海外が多く、その時いる街で記念日を祝ってきた。
モントリオール、フィレンツェ、プラハその他諸々。
だが、今日は日本。ではどこにしましようか。
天気は上々。まずは箱根へ。
おめあてはオーベルジュ・オー・ミラどー。
勝俣シェフの特別メニューを堪能しました。
[PR]
by n_shioya | 2017-07-08 21:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)
リストランテ・ヒロの大晩餐会
b0084241_2205170.jpg

今日は僕が関係している毛髪研究グループ「FML」の第100回理事会を記念して、丸ビルのイタリアンレストラン「ヒロ」で祝賀会が開かれた。
その料理の素晴らしかったこと。
キャビア、トリュフ、松茸などの珍品をふんだんに使ったパスタ、リゾットの数々。
まだ、まだ先の話だが、200回記念のディナーがいまから楽しみである。
[PR]
by n_shioya | 2017-07-05 22:01 | コーヒーブレーク | Comments(0)
僕は秘書には恵まれてきた。
b0084241_22185493.jpg
僕は秘書には恵まれてきた。
アメリカ時代の良き習慣で、僕は目の前に美女がすらりと足を組んで、さあ、とメモパッドを手にしてくれないと頭が働かない。
現役50年の間に手伝ってくれた秘書はおよそ10名余。
皆素晴らしい女性だった。
今日はその中の仲良し二人組と夕食を共にした。
教授にもいろいろなタイプがあって、こまごましたこともすべて自分でやらないと気が済まない男もいるが、これではどんな有能な秘書でも手持ち無沙汰だろう。それにひきかえ、年中忘れ物をしたり、ポカをやったりの僕は、秘書にとってさぞやりがいがあったのではと自負している。

今日の初めては「ベンツGLA」の試乗。
冷却水の水漏れで愛車が車庫入りし、回ってきた代車である。
ベンツの良いところはどの車種でも、座り心地やレイアウトが同じ感じで、どれに乗っても違和感がないことである。
[PR]
by n_shioya | 2017-07-03 22:19 | コーヒーブレーク | Comments(0)
エリック・カール展
b0084241_2134155.jpg

“私の体は絵本で出来てるかも”と口にするほど、配偶者は絵本好きだ。
五人の子供に読み聞かせながら買い込んだ我が家の絵本の数は、「絵本の美術館」を開けるほどである。
その配偶者のたっての希望で、世田谷美術館の「エリック・カール展」に駆けつけたが、今日は最終日。長蛇の列で諦めて日本橋三越に足を伸ばした。
幸い知人の染織家の展示会はまだ開催中だった。
ちなみに「絵本の美術館」は日本が生んだ文化のようで、清里のそれはいつも八ヶ岳の山小屋に行くたびにわれわれが立ち寄るところである。
そして日本橋三越地下での僕の楽しみは山の上ホテルの天婦羅。
量を控えた「小天丼」が定番。
本音のところで、お座敷天婦羅より天丼のほうが食った気がするのは育ちの卑しさだろうか・・・
[PR]
by n_shioya | 2017-07-02 21:03 | コーヒーブレーク | Comments(0)
洞爺湖サミット 形成外科版
b0084241_21281534.jpg

実は先週末は洞爺湖のホテル・ウインザーで過ごした。
遊びではない、2泊3日のれっきとした研究会に参加したのである。
だが、午前中はゴルフ、午後が討論会という贅沢な研究会だった。
僕はゴルフとは縁がないので、「森林浴」に参加した。
「森林浴」と言うからいは、森の中でゆっくり昼寝が出来るかと思ったら大間違い。2時間ほど、山道を登ったり下ったり、完全な山岳コースである。
だが素晴らしかった。
北海道の自然は雄大である。
内地とどう違うのか?地形なのか植物相なのか?
いずれにせよこの広大な開放感、内地では味わえない。
また行きたくなりました。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-21 21:28 | コーヒーブレーク | Comments(0)
横浜市大形成外科の同門会
b0084241_21153220.jpg

早いもので、横浜市大に形成外科診療班が開設されて49年。
来年は50周年を祝おうということで、久し振りに横浜市大形成外科の同門会が開かれた。
スタートした時は医師は僕一人、あと看護婦一人。外来一部屋。病棟なしという慎ましさだった。
それが今では立派な講座となり、毎年入局者も5、6名という大所帯になった。
安藤会長、前川教授、佐竹部長そして会員の皆様、おめでとうございます。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-17 21:15 | コーヒーブレーク | Comments(0)
気分が世界を塗り替える
b0084241_22145743.jpg

「気分」は不思議なものである。
同じ景色でも、気分の良い時と滅入った時では全く違って見えることは誰でも経験してきたでしょう。
大げさに言えば、“気分が世界を塗り替える”ということですかね。
そして気分に影響を与える要因の一つが天気だ。晴れた日は晴れ晴れとした気分になるし、雨の日は陰鬱になる。
その天気というものは、変わりやすい。そして「気分屋」のことを「お天気屋」というのも面白い比喩である。
なんでこんなことをぐだぐだ言ってるのだろう。
一つには梅雨入り宣言をした途端に晴天が続き、今日は傘が必要かどうかと毎日天気予報を気にしているからかもしれない。
それよりも大事なのは、“自分が気分に左右されるものだ”という自覚ではなかろうか。
世の中暗く見えても、暗いのは自分の気持ちかもと思い直し、ちょっと気分転換を計る。すると周りも微笑んでくれる・・・
そんな簡単なものではないかもしれないが。
でも短い人生、明るく生きて明るい世の中を作ろうじゃありませんか、皆さん!
[PR]
by n_shioya | 2017-06-15 22:15 | コーヒーブレーク | Comments(0)
たかが風呂、されど風呂
b0084241_2246823.jpg

結婚生活は絶え間ない闘いである。
つかの間の和平は妥協の産物にすぎない。
そもそも異質なDNAが異なる環境因子によるエピジェネティックな修飾で、夫婦は異人種の対決となる。
“何をそう力んでいるの?”子供に言われる。
いや、ことは風呂の温度だ。
僕は40度を超える熱湯好き。配偶者は風邪引きそうなぬる湯でないと入れない。
こんなこと個人の好みでどうでもいいじゃん、と思うが配偶者は譲らない。ぬるめのお湯が健康に良いということを医者のくせに知らないの、と決めつけながらシャワーの温度をぐっと30度台に下げる。
配偶者が風呂場から出るのを待って、僕は温度を42度に上げる。キュッと身の引き締まるこの熱さがたまらない。
と、配偶者が引き返してきた。
“ダメじゃないの!”と一喝。“へい”、と温度設定の権利を譲って、僕は引き下がる。
日々、全てにおいてこの連続である。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-13 22:46 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム