ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:コーヒーブレーク( 1494 )
日本抗加齢医学会第一日
b0084241_2250015.jpg


日本抗加齢医学会では今期で理事長が交代することとなった。新理事長は順天堂大学の堀江教授。
坪田理事長、ご苦労様でした!
そして朝9時から演題を聞いてます。
「見た目」関係、つまり「美容医療」がいろいろな形で取り上げられているのは、「見た目のアンチエイジング研究会」の代表世話人としては喜ばしいことである。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-02 22:50 | コーヒーブレーク | Comments(0)
抗加齢医学会スタート
b0084241_2026235.jpg

今朝は故あってニュー・グランドで朝食。
定番のフレンチ・トーストにベーコン。そして山下公園に係留された氷川丸もメニューの一部。
夜は明日から始まる日本抗加齢学会の会長招宴。これは虎ノ門ヒルズノホテルアンダースで。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-01 20:26 | コーヒーブレーク | Comments(0)
本はなぜ捨てられない?

このところ隔週の週末に次男が我が家の片付けを手伝いに来てくれる。
最近話題になっている高齢者の「ゴミ屋敷」の見本のような我が家をなんとかせんと、「店じまい」もままならんだろうという慮りのようだ。
だが断捨離を阻む物のトップは本の山である。
物書きでも、学者でもないのによくこれだけ溜め込んだものと我ながら呆れてしまう。
だが、これが捨てられないんですな。雑誌や書類はあまり悩まずに処分できるが、本となると・・・
愛読書なら話はわかるが、ほとんどはもう読み返すこともなさそうなのがほとんど。さらには読みかけのままの本もあるし、決して読むこともなさそうな本まで、必死に処分に抵抗している。
人の体は細胞でできているというが、まるで僕の体は本で構成されているかのごとく、自分の一部をそぎ落とせと言われるようだ。
己れの処分から始めないと、我が屋の片付けは進まないようだ。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-27 22:51 | コーヒーブレーク | Comments(0)
熱傷学会スタート
b0084241_2048533.jpg

今回の学会の最大収穫はカナダのトレジェット教授の特別講演。
「肥厚性瘢痕」の成因と対処法について最新の成果を発表された。
傷をするともりもりと赤く盛り上がる、いわゆるみみず腫れになることは経験されるでしょう。これを我々は肥厚性瘢痕と呼ぶことにしています。
通常は一、二年で平らに白く消退するが、増え続けるとケロイドと呼ぶことにしています。
これまで治療に難航していたケロイドも、日本医大の小川教授の治療法で解決が望めるようになってきました。
ところで最近和太鼓は懇親会の人気者になってきたが、プロレスの実技はさすがイタバシが本拠の中沢会長らしい企画であった。
b0084241_2046023.jpg

[PR]
by n_shioya | 2017-05-25 20:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
旅の思い出こそ宝石
“ドレスや宝石など興味はないの。私にとっては旅の思い出が宝物”と言ったのは、パリ娘のヴェロニクだった。
昔のように世界を飛び回ることもままならなくなった今、写真集「ヨーロッパの一番美しい街」を眺めながら、彼女の言葉を反芻している。
この本で取り上げられた街は、有名スポットもあるが、意外な穴場も多々ある。
例えば、ベルギーの田舎町デュルビィ、南フランスのサン・ポール・ド・ヴァンスそしてイギリスはコッツウォルドのバイブリー等々。
取り上げられた88の街のうち、いくつ訪れているか数えてみると、32あった。
悪くはないですな。
だが、未踏の街を残り少ない人生で踏破するのは望みが薄い。
ま、地図やガイドブックで「アームチェアの旅」を楽しむことにしましょう。

b0084241_21563863.jpg

[PR]
by n_shioya | 2017-05-22 21:57 | コーヒーブレーク | Comments(0)
平和の祈り
b0084241_238506.jpg

アンチエイジングを説くものとしての僕のライフスタイルは決して褒めたものではないが、カトリックとしての言動もお粗末の一言に尽きる。
ミサの中で「私の平和を貴方に」とキリストから平和を授かる場面がある。
今だから白状するが、その際、僕はしばしばキリストもずいぶん安上がりの贈り物を下さるものだ、でも、定収入がない方ならしょうがないか、など不届きなことを考えたものである。
だが、この歳になってやっと「心の平和」がいかに大事かをひしひしと感じることが多くなった。
たとえどんな苦しい状況でも、また将来の不安にしても、そのこと自体より、またそれを思い煩うことの恐れが心を乱す。つまり我々は、いや僕だけかもしれないが、「取り越し苦労の塊」である。
これさえなくなれば、いかに日々の生活が幸せになることか。
神様、ぜひ「心の平和」をお与ください!
でも、ちょっぴりお金をめぐんで下さると、ちょっぴり平和を取り戻せるのですが・・・
[PR]
by n_shioya | 2017-05-17 23:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)
今日は母の日
b0084241_20223627.jpg

何かにつけては皆で集まるのが我が家の習い。
そして今日は「母の日」
諸般の事情で全員は無理だが、半分がインターコンのビュフェに集結した。
ちょうど孫の一人が前日が誕生日。そして今晩からオーストラリアに出発する。その誕生祝いと壮行会も兼ねて。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-14 20:22 | コーヒーブレーク | Comments(0)
表参道散策
b0084241_21385597.jpg


久しぶりの表参道。
まず、孫の一人がバイトをしているナイキに立ち寄り、配偶者とともに一足づつ購入。運動と縁のなかった僕にとって運動靴を履くのは小学校以来である。
明治通りを横切ると、左側には表参道ヒルズ。その先にある伊藤病院は日本最高の甲状腺の専門病院で院長は北里卒業生。そこを左に入ると美容外科の松倉クリニック。院長はやはり北里の形成外科の同門。いま売れっ子のタレント、西川医師はここの出身だ。
また、表参道にもどり、アニヴェルセルでランチを。コーヒー付きのランチが1000円を切る。特別ランチでも1500円。
味といい、量といいコスパ抜群である。
いまや表参道は若者のアベニューである。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-10 21:39 | コーヒーブレーク | Comments(0)
渡辺勝敏氏来訪
b0084241_2221954.jpg

ヨミドクターの渡辺勝敏氏がキッテに現れた。
新聞の医学担当当時からの長い付き合いである。
ネット情報の氾濫する中での医療情報伝達の難しさについて、2時間ほど話し合った。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-09 22:02 | コーヒーブレーク | Comments(0)
キャスターという仕事
b0084241_2159069.jpg

テレビはあまり見ないが、「クローズアップ現代」だけは見続けていたという人もかなりいるのではなかろうか?
僕もその一人である。
23年、その顔としてこの番組を支えてきた国谷裕子キャスターが「キャスターという仕事」を出版された。
ひたすらエンターテイメント化していくテレビ番組の中で、報道についての一つのあり方を死守し続けた貴重な存在であった。
その基本的スタンスは
“物事を「わかりやすくして」伝えるだけでなく、一見「わかりやすい」ことの裏側にある難しさ、課題の大きさを明らかにして視聴者に提示すること”。
そして映像最優先の世界で、言葉でなければ伝えられないことを伝えるのがキャスターの使命と心得ていたこと。
であったという。
本当にご苦労様でした。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-08 21:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム