ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:コーヒーブレーク( 1468 )
日本・過去の足かせ
b0084241_22175997.jpg

去年秋から半年がかりで読み続けている本がある。
タガート・マーフィ氏の「日本・過去の足かせ」だ。
マーフィ氏は筑波大学教授。専門は経済学のようだが、政治、文化全てに通暁されている。
外国人の日本紹介本は我々以上に日本を学問的に研究し、我々が当たり前とする日常の生活感情を、興味深い研究対象として分析するので、意外な発見があり面白い。
ちょうどいま読んでる箇所が日本の現代文化。
ギャルだのオタクだのそれぞれの時期の流行語の解説をしながら、なぜ日本の漫画やコスプレなどのサブカルチャーが世界的に人気を呼んでる理由を分析している。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-21 22:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
漢方のご利益?

まだ本調子ではないが明日から仕事復帰。
最近の風邪は昔と違ってパッと熱が出てパッと下がらず、ちょっと喉の痛みで始まって、熱も出ず何となく気分が悪く、治り方も緩慢でだらだらと。
いい加減うんざりします。
でも今回は漢方のおかげでいつもよりは治りが早いような気がする。
ひき始めに葛根湯を二日間。症状が出始めて山場を過ぎてからは補中益気湯。これはまだ飲んでます。
これが良かったかな?
ひとりの患者の言だけではエビデンスに乏しいことは百も承知で、みなさんにもお勧めします。かんb0084241_22462078.jpgb0084241_2246275.jpg
[PR]
by n_shioya | 2017-02-19 22:46 | コーヒーブレーク | Comments(0)
鳩時計の想い出
b0084241_22244618.jpg

ヘッセの故郷カルフの南には、ライン川に沿って「黒い森」の山並みが連なる。そのなかほどにある村がフルトワンゲン。「黒い森の鳩時計」で知られた村である。
10年ほど前、ライン川沿いのフライブルグでの学会参加の際、レンタカーで黒い森をドライブし、鳩時計を求めてフルトワンゲンに立ち寄った。
ところが産地にありがちなことだが、何処にいっても時計店はない。やっと見つけた一軒の店で、手頃な品を一つ買うことにした。
店の親父さんに手渡しながら配偶者が聞いた。
“電池は何処から入れるんですか?”
親父は一瞬絶句した。
ご承知のように鳩時計の良さは、万事デジタルの時代、重りの重力が振り子を振ることで針が進むアナログのところにある。
配偶者が子供達から「究極の天然」と言われる所以である。
その鳩時計は今、八ヶ岳の山小屋を飾り、森の生活を豊かにしてくれる。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-18 22:24 | コーヒーブレーク | Comments(0)
風邪とキグチコヘイ
b0084241_2012115.jpg

ついに風邪でダウン。
2月なかば。もうこれで逃げ切れるかと思ったが、甘かった。
二日前からちょっと喉が痛くなり、怪しいと思ったが、昨夜から鼻水、咳。本格的な風邪の症状である。
僕は一旦引くと長引くので、全てを放擲して療養に専念することにした。
そんなこといって、ブログ、FBをかけるんなら大したことはないんじゃ?
ブログは10年、FBも始めてから1日も欠かさないというのが、僕の誇りである。
いやどんな事態でも、ブログ、FBだけは途絶えさせないというのが僕の信条。
4年前、タクシーの大事故で腰椎骨折し、2ヶ月ベッド上安静を強いられた時も、1日たりともブログ、FBは絶やさなかった、事故当日を含め。
昭和一桁なら知っているでしょう?日清戦争当時の日本軍喇叭兵のキグチコヘイの心意気である。
“キグチコヘイハシンデモラッパヲクチカラハナシマセンデシタ”
だがこの美談もウィキペディアを開くと、
「これは本人の精神力というよりも、死後硬直が原因であると指摘されている」という無粋な記述があった。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-14 20:13 | コーヒーブレーク | Comments(0)
東慶寺詣で
今日は日本晴れの鎌倉日和。
まずは北鎌倉の「縁切り寺」東慶寺へ。配偶者に他意があったわけではない。
梅が咲き始めていた。
西田幾多郎、和辻哲郎、小林秀雄など文人、晢人の墓が多い。
そして墓地の最上段にある「向寮塚」で手をあわせる。旧制一高の有志の墓で、僕も入る資格はあるが、カトリックなのでとりあえずはご遠慮している。


b0084241_17463059.jpg

[PR]
by n_shioya | 2017-02-12 17:46 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ショコラを観て
b0084241_2218883.jpg

今日の土曜日はまた映画。
「ショコラ〜君がいて僕がいる〜」
迂闊なことに、以前上映されたチョコレート造りの映画と混同して、これもショコラティエの話かと思って観にいったが、とんでもない、「ショコラ」という芸名の黒人芸人とその相方の白人芸人との笑いと涙の物語であった。
まだ黒人の人権など無視されていた19世紀の終わり頃の実在の道化のペアで、パリで大人気だったという。
主演の二人の演技が素晴らしく、まことに見ごたえのある映画でした。僕が名誉院長を務めるAACクリニック銀座のそばの「シネスィッチ」で上映中です。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-11 22:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
宅配便詐欺
b0084241_2210058.jpg

おれおれ詐欺を免れた話は一昨日したが、今出回っている詐欺に「着払い詐欺」というのがある。
先日“着払いですが、”と宅配便が届けられた。
憶えがないので、“何処から?”と聞くと、記憶にない差出人である。頼んでないからとお断りしたが、これが詐欺だったようだ。
額が2万いくらというのも微妙である。
おそらく1万以下では商売にならないだろうし、3万以上だと怪しまれる。
もちろん宅配業者に罪はない。
そういえば数年前にも詐欺電話がかかってきたことがあった。
“ご主人が交通事故に遭われて・・・”と配偶者が電話を受けている時に、そのご主人が帰ってきたのである。
“老夫婦の二人暮らしはいい鴨だから気をつけてよ、”と一昨日名前を騙られた三男にきつく言われた。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-10 22:10 | コーヒーブレーク | Comments(0)
これがオレオレ詐欺?
b0084241_22224340.jpg

30分ほど前、奇妙な電話があった。
⚪⚪️だけど、と三男の名前を言う。声が違うので声がおかしいが?と聞くと、ちょっと風邪を引いたのでと言う。
急な用があるので明日11時にいるか、と聞かれる。
ああいるよ。
じゃ行くから。で切れた。
念のため三男に電話すると、俺かけないよ。と元気そうな何時もの声である。
あ、これがオレオレかと納得した。声が?と聞かれ、ばれたと悟り、言い方を切り変えたのだろう。
明日11時に現れるとは思えないが・・・
とりあえず警察には連絡しておきました。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-08 22:23 | コーヒーブレーク | Comments(0)
話題の先端技術で健康がどう変わるのか?
b0084241_2322167.jpg

今日はグッドデザインとエイジングスタイルの共催シンポジューム。
「話題の先端技術で健康がどう変わるのか?」

演者は
山田秀和 近大医学部皮膚科教授 
暦本純一 東大教授

「見た目のアンチエイジング」と「ITテクノロジー」のそれぞれの権威のお二人のトークは多岐にわたり、最後は幸福論まで発展し、誠に有意義なセッションであった。」
[PR]
by n_shioya | 2017-02-02 22:57 | コーヒーブレーク | Comments(0)
エゴンシーレ〜死と乙女〜
b0084241_22283839.jpg

このところ映画づいている。
映画というのはおかしなもので、見ないとこは何ヶ月、場合によっては数年も見ないで過ぎてしまうが、見だすと毎週のように観てしまう。
「アイヒマンを追え〜ナチスが最も恐れた男〜」、「レオナルド・ダ・ビンチ 〜美と知の迷宮〜」、「皆さまごきげんよう」など、など。
だが最近の映画は明るいはずのタイトルなのになにか暗かったり、何を言いたいかいまいちピンとこなかったりで、いまいち物足りないのが多い。
だが今日の「エゴンシーレ〜死と乙女〜」は実に見応えがあった。
28才で夭折したエゴンシーレとそのモデルたちとの複雑な関係、同じように倒錯した美の世界に耽溺したクリムトとの交流。
ほぼ事実に基づいているという。
“久しぶりに映画らしい映画ね”と配偶者もご満足だった。
昨日から文化村で始まったばかりです。
[PR]
by n_shioya | 2017-01-29 22:29 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム