ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:美について( 247 )
フジタ礼拝堂
b0084241_22253673.jpg

以前からランスには行ってみたかった。
大聖堂も有名だが、フジタ嗣治が造った「平和の聖母礼拝堂」を観たかった。
その壁を飾るフレスコ画が、複製ではあるが損保ジャパンの美術館で展示されている。デッサンの数々も素晴らしい。
同時にランスの美術館の所蔵品も展示されていたが、その中にダヴィッドの「マラーの死」も含まれているのを初めて知った。
ちなみにランスはシャンパーニュ地方の中心だという。やはり一度は行かなきゃとミシュランのドライブマップを広げても見つからない。パリの東北のはずだがとよくよく見ると数時間の距離にReimsと言う街がある。どうもこれらしいが、ランスと読ますのは無理ですな。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-23 22:26 | 美について | Comments(0)
「心」と「身体」から美を考える
b0084241_2240176.jpg
「心」と「身体」から美を考える

今日は塩谷塾第Ⅴ期の三回目。
慶応大学の川端先生をお招きして、最新の認知心理学の立場から『「心」と「身体」から美を考える』というテーマでお話しいただいた。
川端先生のお話しは、何度聞いても刺激的である。基本的なことだけでなく、必ず最新の情報が盛り込まれているのは素晴らしい。何度お聞きしても新鮮である。
しかもその新しい情報が、そこが知りたかったという疑問に明快に答えてくれる。
でも僕一人で興奮してても始まらないですよね。ぜひ塾生以外の皆さんにもおきかせしたいですなぁ。
そう、いいことがある。川端先生にお願いして、「アンチエイジング塩谷塾特番」を開催し塾生以外の方もお招きしましょう。
実現の暁にはFBでおしらせしますので、請うご期待。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-16 22:40 | 美について | Comments(0)
ダンサーを観て
b0084241_21315653.jpg

映画は不思議なものである。
何年も見ないでいてもそれはそれで済むが、見始めると毎月でも見続けてしまう。
今はちょうどその端境期か、今日は配偶者の希望で文化村で「ダンサー」を観てきた。
ヒロインのロイ・フラーはイサドラ・ダンカンの同時代のダンサーだが、ダンカンに比べてはるかに知名度は劣る。これを見るまでは僕もその名さえ知らなかった。
だがその創り出した踊りは素晴らしい。色とりどりの照明が鮮やかに映し出す純白のドレスの渦巻き。
パリのオペラ座で大成功を収める。
だが、自らが掘り出した若手のダンサーにやがては取って代わられる悲劇。
それがあのサドラ・ダンカン。
彼女はロイに言う。
“ダンスは身体で表現するもの。衣装や照明が主役になるべきではない”
女の闘い、厳しいものがありますな。
予告編を見る限り、文化村のル・シネマや銀座のシネスィッチそしてエビスガーデンシネマでは名作が目白押しのようだ。
そして僕の映画サイクルはこれから繁忙期に入りそうだ。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-12 21:32 | 美について | Comments(0)
スラヴ叙事詩
b0084241_23131534.jpg

ミュシャを観てきた。
以前、プラハのミュシャ美術館を訪れた時、彼がサラ・ベルナールのポスターで売れっ子となったアール・ヌーボーの旗手だけではない片鱗を窺ったが、今回展示された20点の「スラヴ叙事詩」の大作シリーズは、そのミュシャの本領を発揮する圧巻だった。
幾度となく大国に蹂躙されたスラヴ民族の平和への希求がひしひしと伝わってくる。
そして夕食は銀座スイスで「元祖カツカレー」を。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-28 23:13 | 美について | Comments(0)
まだ続くクラス会
b0084241_2312467.jpg

医学部30年卒のクラス会。
その時鉄門から巣立った108人も、60年経った今学士会館に集まったのは17名。
だが、生存者はまだ半数以上というのは悪くない数だそうだ。
昭和一桁は意外にしぶとい、という話にもなった。
育ち盛りに食糧不足がよかったのかもしれない。今はやりの抗加齢のカロリーリストリクションの理論では、カロリー不足で長寿遺伝子が活性化するからである。
クラス会をいつまで続けるかも話題になった。
無理に今決めなくも、とりあえずは幹事は今まで通り持ち回りにし、持ち回る者がいなくなったら自然消滅すればいいじゃん、ということになった。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-26 23:12 | 美について | Comments(0)
今週のギャラリー後藤
b0084241_23363871.jpg

今日は久しぶりにギャラリー後藤へ。
藤崎孝敏新作展だった。
なんというか、ヴラマンクの激しさをレンブラント光が炙り出している感じというか。
迫力満点。
ふだんの後藤真理子さんの可愛い,楽しい路線とはかけ離れた作品の数々で、これもまた楽しめました。
真理子さん、ありがとう。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-23 23:35 | 美について | Comments(0)
「ジノリの魅力」
b0084241_214428100.jpg

配偶者は最近、絵付けに凝っている。
ジノリの絵付け師の実演があるというので、今日は横浜高島屋まで同行した。
ジノリというとあの緑と果物の図柄が印象的だが、最近はモダーンなパターンや色合いを試みている。
この道30年のベテランの作業は、気の遠くなる程精密である。
それにしても焼き物には独特の魅力がある。
それはは日常生活に組み込まれ、手にとって愛でることにあるようだ。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-21 21:44 | 美について | Comments(0)
ハグの効用
b0084241_21125350.png

塩谷塾ではその最終回「幾つになっても男と女」で、「ハグの効用」について考察することにしている。
動物たちでも自然に行うハグという行為は、人間関係でも相手に心を許すというメッセージ性もあり、ハグすることで心が開き、また心を開かないとハグはできないというのが、僕の持論である。
ところでこのスキンシップ、最近の神経生理学でそのメカニズムの一端が解明されたという。
知覚、触覚と伝える神経を感覚神経というが、そのなかのC神経と呼ばれる神経が、ある特別な触覚情報を伝達することがわかり、C触覚神経として最近話題になっている。
その神経は、人と人との触覚に特化した、いわば愛撫のセンサーだそうだ。
他の感覚神経は強い刺激ほど、撫でる速度が速いほど反応も強くなる。
ところが C神経は、特定のタイプの接触、すなわち、一定の範囲の速度で軽く撫でられた場合のみ感知するという。その速度は毎秒3〜10センチの早さだそうだ。
お試しあれ。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-15 21:13 | 美について | Comments(0)
メットガラ  ドレスをまとった美術館
b0084241_2139581.jpg

今日は文化村で「メットガラ」を観てきました。
メトロポリタンといえばルーブルにも匹敵するアートの殿堂だが、そこで毎年開催されるファッションショウーもファッション界の一大イベントとは知らなかった。
2015年のメットガラには「鏡の中の中国」というテーマが選ばれ、ファッション界と美術界が空前のコラボを繰り広げるさまの見事なドキュメンタリーである。
僕も商売柄、ファッション業界には興味があるので、その裏側を垣間見ることができて面白かった。
それにしてもこの東急文化村。今や日本での文化の発信地として渋谷の地に定着している。
五島氏の先見の明とご努力に敬意を表する。
[PR]
by n_shioya | 2017-04-29 21:40 | 美について | Comments(0)
ミヒャエル・クーデンホーフ展
ギャラリー後藤でミヒャエル・クーデンホーフ展を拝見した。
まことに可愛らしいファンタジーの世界である。
作家は今危機に瀕しているEUの提唱者、クーデンホーフ伯だそうだ。
ぜひご覧ください。楽しいですよ。
[PR]
by n_shioya | 2017-04-27 22:19 | 美について | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム