ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:医療全般( 271 )
キズのケアは形成外科で
b0084241_22391983.jpg

学会の最終日は創傷治癒センター主催の「市民講座」。
学会の専門家たちからキズのケアの最新情報が提供された。
要約すると
寺師教授(神戸大学):糖尿病のための下肢切断が増えているが、これは早期治療で防げるので、なるべく早く専門医に相談してほしい。
市岡教授(埼玉医大):受傷時の処置が適切かどうかで、傷の治りが全く違ってくる
小川教授(日本医大):ケロイドこれまで治療ができないとされていたが、適切な治療で改善可能になった。
安田教授(産業医大):怪我や火傷は受傷した時からできれば形成外科医に。
[PR]
by n_shioya | 2017-10-20 22:39 | 医療全般 | Comments(0)
人体の不思議
b0084241_23402879.jpg

NHKスペシャルの「人体」の紹介番組を見たところ。
タモリと山中教授の司会で、明日から半年間に8回の連続番組という。
これまでは脳が最高司令塔で、各臓器をコントロールすると考えられていたが、最近の考えでは各細胞がメッセージを発して、全身でコミューニケーションをとっているということのようだ。
たまたま今読んでいる本が、まさにこれをテーマにしており、著者の発想と展開に感服していたところである。
この人体コミューニケーションの主役はサイトカインという化学物質。この先駆けとなったのが、創傷治癒の研究であった。
[PR]
by n_shioya | 2017-09-30 23:40 | 医療全般 | Comments(0)
臨床宗教師
b0084241_2147187.png

先日、パシフィコで開催された緩和医療学会に顔を出し、いろいろなことを考えさせられた。
そもそも緩和医療の前提には「癌の告知」がある。
50年前、米国留学から帰国して間もなく、朝日新聞の論壇に「癌の告知」を提言して、コテンパンに叩かれたことを思いだす。
それほど当時は癌の告知はタブーであった。
アメリカでは入院時の書面に、宗教を記すようになっている。カトリックか、プロテスタントかユダヤ教か?
それぞれの宗派の病院付きチャプレンが夜回ってきて、患者を慰めてくれる。
つまり、癌の告知をした後のファローは、専門家が対処してくれるというわけ。
そしてわが国でも、「臨床宗教師」が生まれ、宗派にかかわらず話し相手になってくれるようになったそうだ。
癌患者にとって一番恐れるのは、痛みでも、癌そのものでもなく、医師から見放されるということだとも教えられた。

『今日のはじめて』
として、毎日、何かちょっとでもニューを試みるようにしているが、これが以外と難しい。
そして今日のニューは「自由が丘」の制覇。
なに、大したことではありません。今までは自由が丘の駅ロータリーのあたりは車で入るのを敬遠していた、お分かりでしょう。でも今日は自由が丘クリニックの診療時間までに時間があったので、駅前を車で経巡って「自由が丘駅前」も怖くなくなりました。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-30 21:47 | 医療全般 | Comments(0)
喫煙室は肺がん培養室
b0084241_2149388.jpg

「受動喫煙防止条例」が議論されている。
みなさんどう思われますか?
愛煙者には悪いけど、喫煙者はますます住みにくくなってきますね。
僕が米軍病院でインターンをしてた頃、アメリカではすでにタバコが肺がんの原因というのは常識だった。。僕が受け持った肺がんの患者が、タバコを吸ったことがないというので、珍しいと話題になったくらいである。
でも、当時は医師どもは患者にその害は説いても、自らは喫煙をやめる雰囲気ではなかった。
そして70年。医師も禁煙を実施するようになり、喫煙者は居場所がなくなってきた。
そして日本では、喫煙者は「喫煙室」という部屋に押し込められるようになった。
休み時間には、皆駆け込んで、濛々たる煙の中に喫煙者がひしめく。
いじましいとしか言いようがない。
「喫煙室」というと聞こえはいいが、畢竟「肺がん培養室」だということを自覚されてますか、みなさん。
[PR]
by n_shioya | 2017-06-20 21:49 | 医療全般 | Comments(0)
熱傷治療の進歩
b0084241_21415743.jpg

今日から日本熱傷学会。
会長は日本大学の中沢教授。
会長招宴の乾杯の挨拶で、慶應の相川名誉教授が“この学会の発展で熱傷治療は目覚ましい進歩を遂げたが、予防対策が効果を発揮し、熱傷患者が減少しつつあるのは”困ったものとは言えず、痛し痒しの表情が面白かった。
このテーブルだけでも爆弾テロが発生すれば、日本の熱傷学は壊滅すること必定。
[PR]
by n_shioya | 2017-05-24 21:42 | 医療全般 | Comments(0)
医学と医療はどう違うか?
b0084241_22224062.jpg

今日の豊洲問題のテレビ番組で、コメンテーターの一人がいいことを言っていた。
安全と安心は別問題であると。
「安全」は科学的な検証の問題であり、「安心」はそれに基づいての政治的判断である。
同じようなことが、医学と医療についても言えるのではと思った。
つまり「医学」は科学の世界で、それをどう患者の治療に利用するかは医師と患者との信頼関係で、「安心」の領域になる。
医療行為に関しては絶対安全はあり得ない。客観的な医学的エビデンスに基づいて、それとは違った次元で、個々の医療行為の可否を判断することになる。
[PR]
by n_shioya | 2017-03-20 22:22 | 医療全般 | Comments(0)
専門医制度スタートか?
b0084241_23183384.jpg

今日は横浜西口のベイシェラトンで、「日本の医療を憂うる、ではない、考える会」の第35回会合。
ちょうど今、難航を続けているの専門医制度について、会の幹事でもある「日本専門医機構」の吉村理事長から現状と問題点について話していただいた。
思えば東京オリンピックの年、僕がアメリカ留学から帰国した時は、アメリカでは医療の根幹となっていた専門医制度が日本には存在しなかった。
日本の医学界に無知な僕は、メクラヘビに怖じずで、専門医制度の旗振りを続けて50年。
やっと我が国もここまで来たのか、感無量である。
だがまだまだ抵抗勢力の反対運動も侮れない。
吉村理事長、頑張ってください、日本の患者と医師のために。
「日本の医療を考える会」も応援します。
[PR]
by n_shioya | 2017-01-07 23:18 | 医療全般 | Comments(0)
医者とはどういう職業か?

b0084241_23175015.jpg
医者とはどういう職業か?」
このところ何かにつけ考えさせられるテーマだ。
著者の里見清一は癌の呼吸器内科が専門である。
取り上げられた問題点は例えば、
‡@本人の志望や適性を無視して、成績が良ければ医学部へ進学を強引に勧める偏差値偏重の悪習
‡A入試科目から国語が排除されていることが、若い医師のコミューニケーション能力の欠如の原因の一つではなかろうか?
‡B教養課程の軽視が医師としての資質の劣化に繋がる。
‡C医師はその激務に見合った報酬を得ているか?
‡D現行研修制度による医局の崩壊
‡E超高齢化と医療費の急増による保険制度の崩壊
‡Fそもそも医療とは何か?これからの医者の務めは「死なせること」にあるのでは・・・
著者の表現は過激で誇張もあるが、中身はしごく真っ当である。
どれも一言で説明できない大きな課題であるが、
そもそも医療とは何か、医師の務めはなにか?
改めて考えさせらている。
[PR]
by n_shioya | 2017-01-04 23:18 | 医療全般 | Comments(0)
芸大生という蛮族
b0084241_2201754.jpg

“上野の森にはロマンがある”
当時、芸大の彫刻科に通っていた長男がよく口にしていた。
その芸大生の生態を余すところなく暴露した本が現れた。
『最後の秘境 東京芸大』
いや、めっちゃ面白い。
芸大生は芸術家の卵である。
ダリだの岡本太郎が芸術家とすれば、その卵たちの行動が常軌を逸していようと不思議はない。
その芸大生という蛮族の頂点に立つのが彫刻科の学生だったとは、この蛮族の親は今まで知らなかった。
でもね、一高という旧制高校の寮生活もこの蛮族どもに通ずるものがないわけではなかったですよ。
[PR]
by n_shioya | 2016-12-27 22:02 | 医療全般 | Comments(0)
家族こそ宝石
b0084241_21194542.jpg

昨日「旅は宝石」と書いたら早速、“自分にとっては「子供達が宝石」です”とコメントをいただいた。
素晴らしいことです。
昨今「家族という病」など家族を貶めるような本が人気を呼んでいるが、僕にとって家族はすべてである。
実は「旅は宝石」と書いた後で、じゃ、子供は何なの?宝石以上だとなんといえば良い?と一瞬戸惑ったものである。
そして、50年前のことを思い出した。
8年のアメリカ留学から東大に戻り間もない頃、ボスとちょっと仕事のことで諍いがあった。
その時僕は言った。
“仕事か家庭のどちらが大事かと言われたら、躊躇なく家庭を選びますよ”
ボスはじっと考えてこう言った。
“そうか、そういう考えもあるか”
当時としては思いがけない答えだったようだ。
何も気負っていったわけではない。当時のアメリカの家庭観が身についていただけである。
アメリカ人にもワーカホリックは沢山いる。だが、そのようなやつでも、たとえ彼の生活で1%しか家庭の部分はなくても、仕事の99%とは遥かに価値が違うように振舞っていたからである。
それからボスは、僕を人に紹介する時に“この男は顔は日本人だが、中身はアメリカ人なので”と断るようになった。
そして僕は今、5人の子持ち11人の孫持ちである幸せをかみしめている。

でも親父,そのわりに宝石の扱いがぞんざいじゃなかった?という声が聞こえてこないでもないが・・・
[PR]
by n_shioya | 2016-12-23 21:20 | 医療全般 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム