ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:美容外科( 96 )
「メスで心を癒せるか?」
b0084241_2047418.jpg


形成外科の目的は“メスで患者のコンプレックスを解消すること”にある。
その原因が、傷跡であろうと、容貌の悩みであろうと患者にとっては同じ「心の痛み」である。
こう信じて僕は長い間、「心の悩み」を癒すためにメスを握ってきた。
そして北里大学では、時には精神科の助けも借りてきた。

しかし本当に、「癒し」になったのだろうか。
いつも成功したと思うほどうぬぼれてはいないし、いつも失敗だったとも思いたくない。

自分でもうまくいったと思い、患者さんにも満足してもらったという、確かな手応えをつかんだこともある。
その反面、不満な患者にののしられたこともないではない。
だが、ほとんどの場合は、感謝はされても本当に満足してくれたのかしら、と不安なことが多い。

確かによくはなった。しかし完璧と言うことはあり得ない。
よくなった分より、至らぬ分にさいなまれるのが形成外科医ではなかろうか。
そして患者さんの本音は?

しかし、この道を選んだことに悔いはない。又、生まれ変わっても同じ道を選ぶだろう。
そして、今ならこうもできたろう、いやああすれば完ぺきだったのだがと、未練はつきない。
だがそうして生まれ変わって形成外科医をやり直しても、やはり最後には足らざる部分にこだわるのではないだろうか。

それが形成外科医の性(さが)というものだから。 
[PR]
by n_shioya | 2013-02-04 20:47 | 美容外科 | Comments(4)
テレビの医学番組の落とし穴
テレビの医学番組の功罪については何度か論じてきたが、今日は美容医療に焦点を当ててみたい。余りにもひどい番組が多すぎるからである。
これには美容外科の特殊性がからんでいる。

それは
①対象が所謂病気ではなく,正常ではあるが更に美しくなりたいと言う曖昧模糊としたものである。つまり患者のコンプレックスと言う、自己申告に基づくものだ。
②患者としては人に知られたくないので、医師の評価の基準となる、所謂口コミに乏しい。
③ということは、テレビのようなマスコミに露出が多いのがいい医師と勘違いする。
④しかも自由診療の為、無経験の医師が安易に参入する危険な分野である。
⑤そして素人医師が、金に飽かせて媒体を買いまくり、患者をおびき寄せる。
⑥其の為来院した患者には、適応があろうと無かろうと、手術の無理強いをしてトラブルを起こす。
⑦又テレビ局も、視聴率を稼ぐ為に、ワイドショー的なあざとい展開を繰り返す。

もちろん僕はテレビ番組を否定している訳でない。むしろ今の時代、専門の医師は積極的にテレビ等のマスコミで、自分の分野を啓蒙する義務があるとさえ思っている。又、その責めを立派に果たしている医師も多い。
ただ、多くの場合医師は、それも専門家であるほど、話しの内容や其の説明の仕方に一般の人とのギャップが多すぎる。其のギャップを埋めるのがディレクター、プロデューサーの役目であろう。
だからといって、ひたすらエンターテイメント的に仕立てるのは、目的と手段の取り違えである。
だが、其の目的が視聴率一辺倒ならこれ又何を言わんや・・・
[PR]
by n_shioya | 2012-12-12 21:28 | 美容外科 | Comments(3)
今時の若い者
今日は赤坂でとびきり上等な寿司を御馳走になった。
ホストは新進気鋭の形成外科医と其のフィアンセ。
久しぶりに「美容外科」の将来と患者の啓蒙について熱い議論を交わした。
「今時の若い者」も捨てたものではないと思わせられた楽しい一夜だった。
その議論の内容はいずれ又。
[PR]
by n_shioya | 2012-10-16 22:53 | 美容外科 | Comments(2)
アンドロイド「三人姉妹」
今日は珍しい方にお会いできた。
平田オリザ氏。今が旬の演出家である。
最近,ロボットやアンドロイドを使った劇を演出されてると聞き,吉祥寺シアターの練習現場にお伺いした。

僕は今、容貌そして表情の「メッセージ性」と言う課題に取り組んでいる。
人は何故美容手術に踏み込むか?
その答えは“シラノドベルジュラック”にあるとは,何度も触れたところである。
自分の発したいメッセージが容貌に裏切られる。シラノの場合,自分の発したいメッセージをクリスチャンの容貌に託す。その悲喜劇がエドモン・ロスタンの名作と言えよう。
つまり,容貌とメッセージの乖離。その「ギャップ」をメスで安全に埋めるのが美容外科医の使命と僕は捉えた。
その為にはその「ギャップ」を客観的に把握し、出来れば数値化する必要がある。
ならば,アンドロイドの顔にアニメーションを付ける作業は、解剖学的な表情筋の作用を分解し,表情そしてメッセージの次元に結びつける事であり,そのノウハウは「ギャップ」の分析に役立つに違いないと思ったのである。

幸い今日は,そのアンドロイドの登場する新作の稽古場面を見せていただき、予想した以上の示唆を得る事が出来た。
このアンドロイドは大阪大学のロボット工学の石黒教授と,平田オリザ氏のコラボレーションで生まれたそうだ。

この新作アンドロイド「三人姉妹」は来週末に吉祥寺シアターで開演する。
まことに楽しみである。
[PR]
by n_shioya | 2012-10-12 22:33 | 美容外科 | Comments(1)
「次世代への提言」
無事、日本美容外科学会のシンポジュームを終えた。
そのシンポジューム,タイトルは正確には、
『次世代への提言:
日本美容外科学会をひとつに
〜よりよい美容医療を求めて〜』
であった。
疲れました。
さて,その成果は?
参加された方々の忌憚のないご意見を歓迎します。
[PR]
by n_shioya | 2012-10-11 22:42 | 美容外科 | Comments(2)
日本美容外科学会開幕

b0084241_2344962.jpg
いよいよ日本美容外科学会開幕。
会長招宴は日本舞踊で始まった。
市川??が三越劇場の夜の部をキャンセルして,佐藤会長の為に駆けつけた。
b0084241_2351782.jpg

そして僕のテーブルには,美容外科のお歴々が。
はて,左の金髪の男は?
そう,今ひとつの日本美容外科の重鎮、泣く子も黙る高須先生です。
明日の夕方のシンポジューム,「二つの美容外科学会どこへ行く?」にご出演くださる。
その司会を,不肖私めが務めさせていただきます。いやはや。
[PR]
by n_shioya | 2012-10-10 23:06 | 美容外科 | Comments(4)
二つの「日本美容外科学会」
珍しくちょっと頭が痛い。
昼,そごうの上でランチを食べたとき,冷房が強くて寒気がし,途中で配偶者に羽織るものをかってもらったが、それで風邪でもひいたのか・・・
いやどうも来週の美容外科学会が原因のようだ。
去年に引き続き「二つの美容外科学会をどうするか?」というシンポジュームの座長を引き受けさせられているからだ。

ご承知かも知れないが,今この国には「日本美容外科学会」という全く同名の学会が二つあり,仲良く争っている。しかもそれぞれが専門医制度を造っている。
一つは形成外科の素養を必須としているが、今ひとつは何科の先生でもどうぞというおおらかな学会である。
どちらがどうという判断は皆様にお任せするとして、また来週のシンポで御議論いただく訳だが、現状は患者にとっては迷惑しごくで,はなはだ異常な状態と言える。

この辺で小異には目をつぶって,大同団結といって欲しいところだが、なかなかそうもいかない事情があるようだ。
何か,国民不在の永田町の政争と似たところがないでもない。
政治屋どもに良識を期待する事は無理なようだが、医師ならばもっと見識があっても良さそうに思うが。

ま,来週のシンポでは,パネリストの方々,そして会員の諸兄も原点に立ち戻って,患者の為の医療として美容外科はどうあるべきか,真剣に討議してもらいたいのだが・・・
[PR]
by n_shioya | 2012-10-06 22:48 | 美容外科 | Comments(2)
美容医療の潮流
日曜と言うのに、今日は「見た目のアンチエイジング研究会」。
b0084241_16431245.jpg

予定を遥かに上回る参加者を前に、主催者側を代表して、次のような挨拶をした。
『会場のキャパをはるかに超える多数の方が参加を希望者され、一部お断りせざるを得なかったり、また、ご参加の方に窮屈な思いをさせることになり、主催者としてお詫び申し上げます。
一つには、ここ一二年の変化と言いましょうか、「美容医療」の大きなうねり画素の原因とも言えるようです。
今まで潜在的であった関心が顕在化したとも言える・・・
マスコミや著作などにその傾向は明らかです。
例えば唯川恵さんの「テティスの逆鱗」。これは美容外科医と患者の両方の心理を誇張はあるが、鮮やかに描いている。
また日テレ「のクレオパトラな女達」。これは美容外科医の内幕を描いて、同業の我々には面白かったが、一般の方の関心はひかず、途中降板したようです。
注目すべき出来事は、NHKがSSTと言う括りで、「しわ、しみ、たるみ」を朝イチで取り上げたことでした。お固いNHKがやっとと言うことで、これを話題とすることが解禁になったと言うことでしょうか。
そして極め付きは今上映中の「ヘルタースケルター」
まだ見ていませんが、監督がさすが蜷川の娘だけあって、容貌に対する「女性の心理」を余すことなく描いているようです。筋書きはいささか猟奇的、グロテスクとも言えるようですが。
ともかくこれで、やっと「見た目」も市民権を得ました。

我々もうかうかしていられません。
これまでは美容医療では、どちらかと言うと手法が先行してきました。
ここで原点に戻り、美容医療に携わるものは「何故に(女性の深層心理)そして何を目指して(美の基準)」を真摯に追求する必要があります。
まさにこれがこれから開催される「見た目のアンチエイジング研究会」の目的であります。
是非最後まで存分にご討議のほどを』
[PR]
by n_shioya | 2012-07-29 22:53 | 美容外科 | Comments(2)
ヘルタースケルター
映画「ヘルタースケルター」が話題を呼んでいる。
このところ、「テティスの逆鱗」やら「クレオパトラな女達」など、美容外科ネタが大流行りだ。
美容外科に関わる者として、見るべきか見ざるベキか迷っている。

とかく医者ものは、医者の目から見ると嘘っぽいか、あざといものが多い。
よく調べ上げていて、専門的な部分ではよく出来ていても、何気ない仕草とか台詞でこんな事は絶対言わないと言ったような事が気になるからだ。
また、美容外科絡みになると、得てして猟奇的になりがちである。

「ヘルタースケルター」にしても筋書きだけ聞くと、超猟奇的だが、ちょっと奥が深いのでは、と思わせるものがある。
「女性セブン」によれば、
蜷川さんが本作で問うのは、”見た目の美”への執着が、時に、女性の人生をも狂わせてしまいかねない現実世界の危うさであろう。

蜷川さんは言う
「・・・美人に生まれるか、そうではないかで生きる人生が全然違ってきますよね?
(中略)
それって圧倒的に不公平ですよね。でも女性はそういう前提の中で、不公平な世の中に生きているんだって言うこと。そういうところから始まって、その中で“女がどういうふうに生きていくのかを描けたら言いなと思っていました」

僕が美容外科に携わっていた時、何時も頭を悩ましていたのは、“女性はなぜメスの力を借りてでも、美を追い求めるか?”と言う素朴な疑問だった。
この当たり前のようで当たり前でないことの問題提起をしたのが、以前に出版した講談社のブルーバックスの「美容外科の真実」のつもりだった。
当時はあまり相手にされなかったが、ここに来て一挙に、しかもいろいろな切り口で、女性の作家達が語り始めてくれている。

やはり見るべきですかな。
[PR]
by n_shioya | 2012-07-15 21:48 | 美容外科 | Comments(2)
形成外科と美容外科
先週の学会の最後のセッションは「形成外科の修練が美容外科にどう役立つか」といったテーマだったとおもう。
“え、形成外科と美容外科は同じじゃないの?”といわれる向きも多いかもしれないが、形成外科には火傷、怪我などの外傷、そして唇裂等の先天奇形の修復などを扱ういわゆる再建外科のほかに、今ひとつの軸として美容外科が含まれるのである。

その区別は、対象とする醜形の原因が病気であれば再建外科、正常ならば美容外科ということになる。
とは行っても、用いられる手法はまったく同一で、また目的も美であるので、美容と再建を無理に分けるのはナンセンスという考えもあるが。

例えば正常の鼻を高くすれば美容外科だが、怪我でつぶれた鼻を修復する際、もとの鼻が形がよくなかった場合、無理して元通りの鼻を作るより、よりその人の顔にあった美しい鼻を造ろうとするだろう。これでも定義上は美容外科でなく再建外科になる。
このような混乱が起こるのは、再建を復元と同義語に捉えるからであろう。

だから、例えば交通事故で顔のキズを修復して、“これ以上は今の形成外科の限界です”、と患者に告げて、“では、この先は美容整形ですか”と言われるとがっくり来てしまう。
つまり、美容か再建かは原因による区別なので、怪我によるキズの修復は、何をどうしようと、定義上、再建と呼ぶことになっているからだ。

再建と美容の線引きはともかくとして、原因が病気にある再建外科の患者に比べ、正常な肌にメスを入れられる美容外科の患者の方が、一般的に結果に対する期待度が高い、つまりより洗練された技術が要求される厳しい分野である。
したがって、美容外科は再建外科に熟知した専門医が行うべきで、素人の医師が安易に手を出すべきでないというのが、今回のセッションの結論のようであった。

わけの分からない議論に聞こえるかもしれないが、要は、マスコミであくどい宣伝をしている、「自称美容外科医」の罠に引っかからないようにということらしい。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-17 22:49 | 美容外科 | Comments(1)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム