ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:美容外科( 88 )
ヘルタースケルター
映画「ヘルタースケルター」が話題を呼んでいる。
このところ、「テティスの逆鱗」やら「クレオパトラな女達」など、美容外科ネタが大流行りだ。
美容外科に関わる者として、見るべきか見ざるベキか迷っている。

とかく医者ものは、医者の目から見ると嘘っぽいか、あざといものが多い。
よく調べ上げていて、専門的な部分ではよく出来ていても、何気ない仕草とか台詞でこんな事は絶対言わないと言ったような事が気になるからだ。
また、美容外科絡みになると、得てして猟奇的になりがちである。

「ヘルタースケルター」にしても筋書きだけ聞くと、超猟奇的だが、ちょっと奥が深いのでは、と思わせるものがある。
「女性セブン」によれば、
蜷川さんが本作で問うのは、”見た目の美”への執着が、時に、女性の人生をも狂わせてしまいかねない現実世界の危うさであろう。

蜷川さんは言う
「・・・美人に生まれるか、そうではないかで生きる人生が全然違ってきますよね?
(中略)
それって圧倒的に不公平ですよね。でも女性はそういう前提の中で、不公平な世の中に生きているんだって言うこと。そういうところから始まって、その中で“女がどういうふうに生きていくのかを描けたら言いなと思っていました」

僕が美容外科に携わっていた時、何時も頭を悩ましていたのは、“女性はなぜメスの力を借りてでも、美を追い求めるか?”と言う素朴な疑問だった。
この当たり前のようで当たり前でないことの問題提起をしたのが、以前に出版した講談社のブルーバックスの「美容外科の真実」のつもりだった。
当時はあまり相手にされなかったが、ここに来て一挙に、しかもいろいろな切り口で、女性の作家達が語り始めてくれている。

やはり見るべきですかな。
[PR]
by n_shioya | 2012-07-15 21:48 | 美容外科 | Comments(2)
形成外科と美容外科
先週の学会の最後のセッションは「形成外科の修練が美容外科にどう役立つか」といったテーマだったとおもう。
“え、形成外科と美容外科は同じじゃないの?”といわれる向きも多いかもしれないが、形成外科には火傷、怪我などの外傷、そして唇裂等の先天奇形の修復などを扱ういわゆる再建外科のほかに、今ひとつの軸として美容外科が含まれるのである。

その区別は、対象とする醜形の原因が病気であれば再建外科、正常ならば美容外科ということになる。
とは行っても、用いられる手法はまったく同一で、また目的も美であるので、美容と再建を無理に分けるのはナンセンスという考えもあるが。

例えば正常の鼻を高くすれば美容外科だが、怪我でつぶれた鼻を修復する際、もとの鼻が形がよくなかった場合、無理して元通りの鼻を作るより、よりその人の顔にあった美しい鼻を造ろうとするだろう。これでも定義上は美容外科でなく再建外科になる。
このような混乱が起こるのは、再建を復元と同義語に捉えるからであろう。

だから、例えば交通事故で顔のキズを修復して、“これ以上は今の形成外科の限界です”、と患者に告げて、“では、この先は美容整形ですか”と言われるとがっくり来てしまう。
つまり、美容か再建かは原因による区別なので、怪我によるキズの修復は、何をどうしようと、定義上、再建と呼ぶことになっているからだ。

再建と美容の線引きはともかくとして、原因が病気にある再建外科の患者に比べ、正常な肌にメスを入れられる美容外科の患者の方が、一般的に結果に対する期待度が高い、つまりより洗練された技術が要求される厳しい分野である。
したがって、美容外科は再建外科に熟知した専門医が行うべきで、素人の医師が安易に手を出すべきでないというのが、今回のセッションの結論のようであった。

わけの分からない議論に聞こえるかもしれないが、要は、マスコミであくどい宣伝をしている、「自称美容外科医」の罠に引っかからないようにということらしい。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-17 22:49 | 美容外科 | Comments(1)
学会を終えて・・・
久しぶりに我が家に戻ると、どっと疲れが出て、ひたすら寝に寝ている。

朦朧とした頭で、形成外科学会をふりかえってみると、
①かつては再建優位の本ホンちゃんの形成外科ではタブー視されていた美容外科の演題が圧倒的に多く、参加者も満員御礼だったこと
②招聘講演に聞き応えがあるものが多かったこと。例えば、
「はやぶさ」を開発した川口教授のお話
バイオエシックスのパイオニア木村教授の「バイオ絵シックはなぜ必要なのか」
僕にとって最も興味深かったのは、スカイツリーの設計者吉野繁さんの「時空を越えたランドスケープの創出」であった。
実はこの設計に関わった、元芸大学長の澄川教授はニュー・ヨークにいる長男の恩師で、去年三越の展示会だったかで、スカイツリーには日本の木造建築、特に五重塔のノウハウが利用されたとお聞きしたからである。
③そして感慨深かったのは、ぼくが医学部卒業したときには日本に存在しなかった形成外科学会が、いまは参加者2千人を超える一大学会に成長したことである。

会長の内沼教授、そして教室員の皆さん、本当にご苦労様でした。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-14 21:54 | 美容外科 | Comments(2)
容貌のメッセージ性
“容貌のメッセージ性“という魅力的なテーマを思いついたのは、一昨年のNHKの大河ドラマ「竜馬伝」がきっかけだった。
製作の段階で主役予定のすらりと長身のイケメンの福山君に、あの竜馬のフテブテさを演ずることができるか、という批判に対し、僕なりの竜馬を描き出します、と答え、立派に役をこなしたたことにある。

当初、あの竜馬の図太さには、それなりの容貌が伴っていなければ、という懸念があったわけだが、それはとりもなおさず、容貌が性格を表しているはず、という前提というか固定観念を我々が抱いていることを示している。

政治家なども、俺は顔で損していると公言してはばからない輩が何人かいる。
実名を挙げるのは失礼かもしれないが、ご自分で発言されているので、例えば亀井静香。
あのカメムシのような御面相は確かにプラスではないが、でもやはりその発言や行動がそれ以上に品がないのが問題だろう。

だが、鳩山の場合はもっと深刻だった。
ETを思わせる風貌から“宇宙人”と揶揄されていたが、首相になって中身もまさに“宇宙人”だったと判明したのは、わが国にとって不幸だった。
こうなると、政治家の場合にも“見た目”が重要な判断基準とすべきかもしれない。

今の首相も例外でない。泥鰌を持って自認しているようだが、風貌はナマズかよくて山椒魚である。その政治的リーダーシップも山椒魚並みに鈍重、愚鈍だと言ったら、山椒魚に失礼だろうか。

これはある意味で、人相学の正当性に通ずる問題である。
だが“容貌のメッセージ性”は今一つ、我々形成外科医にとって、重大な問題をはらんでいる。
容貌が自分の性格、そして自分の発したいメッセージを裏切っている場合だ。
これはフランスの名戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」で鮮やかに描かれている。

自分の心と、その容貌が発するメッセージとの乖離。
容貌に裏切られたギャップに嘆き悲しむ女性が如何に多いことか。
このギャップを安全に、効果的に埋めるのが、美容外科の使命だと僕は考えている。
[PR]
by n_shioya | 2012-02-12 22:39 | 美容外科 | Comments(14)
形成外科の裏街道
この四月の日本形成外科総会で話す予定の特別講演の準備で伸吟している。
会長の内沼教授から、“題名はどうされます?”ときかれ、冗談半分に“「形成外科の裏街道」はどうだい?”と言ったら、“それでお願いします”とあっさり同意されたので、すべてはこちらの責任である。

が、考えてみると、形成外科は発足当初から迫害を受け、いわば医学の裏街道を歩んできた。
まず、16世紀のタリアコッチ。決闘で失われた鼻の再建に成功し、今では形成外科の始祖と崇められているが、当時は法王庁から破門という厳しい処分を受けた。
“神が造りたもうた人の体を、一部とはいえ、人間が真似て造るのは神に対する冒涜である。”というのが其の宣告の理由だった。

そしてほぼ4世紀に亘り、この分野は冬眠を続け、20世紀初頭に復活する。
それには19世紀に無菌法と麻酔の開発で、外科手術そのものが飛躍的進歩を遂げたのが根底にあった
だが、救命や機能回復の為ならともかく、ただ形を整えるためにメスを加えることには批判があった。
それが正当化されたのは、第一次大戦がきっかけである。
その頃発達した破壊的兵器、つまり銃砲で顔面を吹き飛ばされた兵士の顔の修復である。
彼らには家族を養うためには、其の醜形を再建して社会復帰する必要があると言うのが、其の正当化の理由であった。

そこからさらに、正常な容貌にさらに手を加える、いわゆる美容整形が医学界で認知されるには、さらに大きなハードルがあった。
これほど美容外科が一般化し、テレビの人気番組に取り上げられるようになっても、いや却ってその為に、美容外科に対する偏見は根強いものがある。
又、悪徳美容外科医の生み出すトラブルの数々が、正当な美容外科と形成外科の足を引っ張っているのが、いまだに悲しい現状である。

という訳で、冒頭に述べたように、形成外科自体が外科の裏街道を歩んできたが、それとは別の次元で、形成外科学会自体に、政治的と言えば聞こえがいいが、さまざまな裏の動きがあった。つまり何処の世界にもある権力闘争である。
そこに焦点を当てるかどうか、今悩んでいるところである。
勿論、大方の期待はそこにあるのは解っているが、あまりにも生臭い話なのと、まだ御存命の方もおられる。
だが、其の裏話のほとんどを見聞きしているのが、もはや僕だけになってしまったので、記録にとどめておきたいという気がしないでもない。

漱石の作品に「三四郎」というのがある。
三四郎は小説の主人公ではあるが、そこに展開する出来ごとの傍観者にすぎない。
いっそ、「三四郎の観た形成外科学会(の内部抗争)」ということでご勘弁いただくとするか。
[PR]
by n_shioya | 2012-01-28 21:50 | 美容外科 | Comments(3)
国際美容外科新年会
きょうはISAPS日本支部の新年会。
ISAPSとは国際美容外科学会の英語名である。
形成外科の専門医で、美容外科にも通暁していると国際的に認められた医師達の集まりである。
日本人会員は現在77名。
あえて言わせてもらえば、美容外科のエリートたちといえるだろう。
勿論、会員でなくても立派な美容外科医もいるし、又会員すべてが完璧とまでは言いきれないのは、どんな資格でも共通ではあるが。
ただ、現時点で美容外科医の評価の基準としてこれに勝るものは無いと言っていいだろう。
b0084241_2232335.jpg

すでに引退した後期高齢者に与えられた任務は、ほかの場合と同様、乾杯の音頭であるが、会費も免除されている身としてはまことに名誉なことである。
b0084241_224418.jpg

この好青年は日本医大出身の青木君。グリーンウッド・クリニックの院長である。
b0084241_2243684.jpg

彼はこの事務局の美女二人に魅せられて、面倒な事務局長の仕事をこなしてくれている。
[PR]
by n_shioya | 2012-01-21 22:05 | 美容外科 | Comments(2)
タリアコッチ・ソサイエティ
16世紀イタリア。
シェークスピアの戯曲でもお馴染みの決闘が若者の間では盛んだったという。
その為、のちにロスタンが戯曲「シラノ・ド・ベル十ラック」で主人公にからかわさせる「鼻なし亡者共」が、街をうろついていたに違いない。
その失われた鼻を、世界で初めて前腕からの皮弁で再建し、形成外科の道を開いたのが、ボローニア大学の外科教授、タリアコッチであった。
手術は成功した。
麻酔も消毒法も存在しなかった16世紀に、このような手術が行われ、しかも成功したとは驚異的である。

だが、頑迷な法王庁は怒った。
人間の体は造物主、神が造りたもうたものである。その体を被造物である人間が造るとは冒涜もはなはだしい。
タリアコッチは破門され、死んでも教会の墓地には入れて貰えなかった。
ガリレオが“それでも地球は動く、”と呻いたのもそのころだからやむを得なかったかも知れない。

だがその為、形成外科手術が復活するには其の後4世紀の長きを待たねばならなかった。勿論、形成外科のように洗練された技術を要する分野は、其の基礎となる外科学の発達を待たねばならなかったこともある。
この故に、20世紀初頭に形成外科が復活して以来、タリアコッチは形成外科の始祖として仰がれている。
b0084241_223265.jpg

其のタリアコッチにあやかって、形成外科の本道を歩むと自負する者が集い、「タリアコッチソサイエティ」を創設したとは前に書いたとおり。
今日、其の初会合が湘南鎌倉病院で、山下部長の企画で開催された。
その名も「シオヤ・タリアコッチ ワークショップ」
何とも厚かましい名前である。
b0084241_2233127.jpg

北里大学関係で、美容外科に携わる者40名ほどが集合し、白壁、宇津木両先生のレクチャーを受けてフィースリフトの現況について語り合い、又、市田先生の脂肪注入のハンヅオンセミナーでは、市田流の洗練された技術を目の当たりにした。
準備に奔走した山下部長、そして講師、座長の皆皆さま、本当に御苦労さまでした。
[PR]
by n_shioya | 2012-01-08 22:07 | 美容外科 | Comments(2)
跡を絶たぬ悪徳美容外科医
たまたまテレビを見ていたら、“「美容整形」の失敗”を特集していた。
やれ、やれまだこのざまか、とがっくりきた。

まず「美容整形」という呼称である。
30年ほどまでに法律改正で、このジャンルは「美容外科」と標榜すべきと決められた。
が、あまりにもその名が体を表しているので、いまだに「美容整形」がまかり通っている。一番迷惑しているのは、本来、骨、関節詰り運動器の外科として存在してきた「整形外科」である。

そしていまだに跡を絶たない、「悪徳美容外科医」の横行。
言い方は悪いが、保険制度で絞めつけられた日本の医療から逃れようと、唯一自由診療のうまみのある美容外科に猫も杓子も乱入してきている。中にはメスの経験のないのはおろか、臨床の経験皆無のものすら混入している。

今回取り上げられた、豊胸術と二重瞼の手術については言いたいことはいっぱいあるが、別の機会に譲るとして、とりあえずはマスコミとくにテレビの露出度の多い医師には気をつけた方が良い。ペイパブと言って、形を変えた記事広告が多いからである。
美容外科はその性質上、医師の評価として重要な要素たる患者の口コミはあまり期待できない。投入した広告費に比例して患者が集客できる仕組みになっている。したがって、広告費回収のために、無駄な、また危険な手術を強要する医師も絶えない。
また、ネット上では技術の評価は不可能である。唯一数値化出来るのは価格である。そして、 “安かろう、悪かろう”の犠牲になる患者は後を絶たない。

とりあえずの対策としては、美容外科専門医制度を整備し、有資格者に「美容外科」の名称独占を与え、素人医師には「美容整形」を名乗ってもらえば、患者にも区別がつきやすいのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2011-11-01 20:58 | 美容外科 | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム