ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:アンチエイジング( 944 )
あンチエイジングは暖かな住まいで
b0084241_20203791.jpg

「一口に“衣食住”というが、食事と健康はいろいろ論議されるが、住居の重要性はなおざりにされている」と今日対談をさせていただいた近畿大学の建築学部長の岩前敦先生はおっしゃる。
例えば住居の温暖性。
30年ほど前に住宅に新しい「断熱材」が使われるようになり、冬でも家の中が昔のように底冷えすることがなくなった。当たり前かもしれ無いが、風邪引きが減少しただけでなく、全身の健康度もアップしたという。
さらに冬寒い北欧では、夜でも人々は街を散策するという。これは家に戻れば暖かい部屋が待っているからだ。家が暖かければ冬でも人は活動的になる。つまり健康につながるわけだ。
これは一つの例だが、「住まいとアンチエイジング」はこれから我々が取り組むべき重要課題の一つと感じた。
[PR]
by n_shioya | 2016-11-15 20:21 | アンチエイジング | Comments(0)
大阪日帰り
今日は大阪日帰り。
美容師さんの
b0084241_23342977.jpg
グループに、自由が丘クリニックの古山理事長とアンチエイジングの話をさせていただいた。
皆さん大変熱心で、出張のしがいがあった。
[PR]
by n_shioya | 2016-11-14 23:37 | アンチエイジング | Comments(0)
皮膚の再生医療
b0084241_21131583.jpg

神戸大学名誉教授の市橋正光先生は肌の「色素沈着」そして「美白」の大家である。
この度、ある雑誌の取材を兼ねて、とっくりお話を聞くことができた。
まず、肌の老化の8割は紫外線による光老化だそうだ。
紫外線はビタミンD合成に欠かせ無いが、一日に10分ほど浴びれば十分だという。だから日中のほとんどの時間は、紫外線防止のクリームを使ったほうが良いそうだ。先生のお考えでは、紫外線予防は子供の時から考えたほうが良い。若い時は復元力が働くので障害はすぐには現れ無いが、染色体以上や結合組織の劣化は少しずつ蓄積して、大人になってから害が現れるからだという。
神戸にある先生の「再生医療クリニック」は培養細胞による肌の若返りに特化されている。
本人の耳の後ろから少量の皮膚を採取し、線維芽細胞を培養して顔の皮膚に注入する。その医学的検証を先生は進められている。
[PR]
by n_shioya | 2016-11-13 21:14 | アンチエイジング | Comments(0)
第一回レストラベロール研究会

b0084241_21182029.jpg
そして今日は日本橋で「第一回レストラベロール研究会」。
その昔、「フレンチパラドックス」ということが言われた。
なぜ脂っこい料理を食べるフランス人に血管障害がすくないか?という謎である。
それは彼らの愛飲する赤ワインにあるのでは無いか・・・
どうも赤ワインに含まれるフィトケミカルの一つ、レスベラトロールがその秘密のようだ、と10数年前にレストラベロールが脚光を浴びた。
そのレスベラトロールを豊富に含むサンタベリーに着目したのが、「わかさ生活」の角谷社長である。
その10数年の努力の成果が今日の研究会で発表されたレスベラトロールの医学的エビデンスの数々である。
レスベラトロールを一日12mg摂取することで、十分な抗酸化作用が得られ、肌の改善も期待できるという。
ちなみに乾杯のカクテルはレストラベロールで補強された赤ワインにサンタベリーを浮かべている。
[PR]
by n_shioya | 2016-11-12 21:20 | アンチエイジング | Comments(0)
上海蟹とアンチエイジング
b0084241_23542086.jpg

今日は「東京医療センター」の角田先生、落合先生と自由が丘の「状元楼」で会食。
角田先生は耳鼻科部長で、「大声をあげてアンチエイジング」の提唱者。落合先生は「再生医療」に励む形成外科部長。
旬の「上海蟹」を食らいながら、ボイストレーニングや森林浴など、様々な話題に興じた。
[PR]
by n_shioya | 2016-10-31 23:54 | アンチエイジング | Comments(0)
「真打ち」登場
b0084241_19225685.jpg

今日は日本美容外科学会最終日。
ということで「真打ち」登場。
「春雨や落雷」師匠は往年の名形成外科医、安部正之博士。
もともと落語好きで学会の懇親会をわかせていたが、病高じて春雨や雷蔵師匠に入門。4年前には日本初の医師免許を持った真打ちに昇進。
初めの演目は古典落語の「目黒のさんま」。
見事なものでした。
最後のオチで皆が腹を抱えて笑い転げたところで、次なる演目、
笑いの医療「笑いと免疫力」。
皆で「大笑い」の練習を三回して、「招待講演」は終わった。
[PR]
by n_shioya | 2016-10-25 19:23 | アンチエイジング | Comments(0)
老化度測定は可能か?
b0084241_23222596.jpg

SRLといえば、日本だけでなく世界的な臨床検査会社であり、これまでも遺伝子解析を含め、先端的な手法を医療界に提供してきた。
今日はその田澤社長が切手のオフィスにお見えになり、今月スタートした「見た目のアンチエイジング」で取り入れるべき検査方法について、色々とご相談することができた。
[PR]
by n_shioya | 2016-10-20 23:20 | アンチエイジング | Comments(0)
美しく年を重ねる
b0084241_2395251.jpg

無事、「見た目のアンチエイジング」外来スタートしました。
外来時間は毎週金曜日の3〜5時までの2時間で、お一人30分なのでお四方で満員御礼。
目指すのは「美しく年を重ねる」こと。
初めての試みで、まだまだ準備不足でご期待に添えたかどうか、いささか気がかりである。
食事、運動を中心にライフスタイルをお伺いし、特殊な検査機器で全身臓器の老化度を計り、それに肌診断を加えて、見た目年齢の改善を図るという試みである。
ゆっくり時間をかけて、年内には上記の目的にかなった、本当にみなさんのお役に立つ外来にまで育てていきたい。
「美しく年を重ねる」ことに関心のおありの方は是非ご参加ください。
ご連絡は
03−5701−2400
担当:今井
まで
[PR]
by n_shioya | 2016-10-14 23:10 | アンチエイジング | Comments(0)
アンチエイジングは歯科治療から
b0084241_22395815.jpg

106歳で身罷った親父が100歳の誕生日の時、ホテルオークラでお祝いをした。
何になさいます?とウエイターに聞かれ、“ああ、ステーキだ。”
親父は玄米菜食主義だが、本当は肉も甘いものも大好きなのにいつもはやせ我慢している。
“お前らが食えというから食ってやる”、と毒ずく。
“ヒレかサーロインかどちらで?”
“もちろんサーロインだ”
食べ終わってまたウエイターが聞く。
“いかがでした?”
“味はいいが歯ごたえがなかった”
と、親父は答えた。その時親父はまだ全部自前の歯だった。肉も上等すぎたようだ
アンチエイジングの3割は歯科領域というのが僕の持論である。
自分の歯で噛むことは脳の活性化につながる。
また、歯周病は糖尿病やその他全身病の原因にもなる。
80歳で自前の歯を20本という80/20運動が功を奏して、最近では歯周病もコントロールされるようになってきた。
だが歯磨きは難しい。自分でいかに丁寧に磨いても、少しずつ歯石は溜まる。
できれば2ヶ月に一度は、歯科でケアしてもらうことをお勧めする。
最近は大病院志向で家庭医が少なくなったが、歯科には誰でも通う。つまりかかりつけの歯科医は誰でも持っている。
いっそ歯科医の先生方に、アンチエイジングの相談窓口になっていただくのはいかがなものだろう?
[PR]
by n_shioya | 2016-10-11 22:40 | アンチエイジング | Comments(0)
男女のコミューニケーション
b0084241_23124136.jpg

今日はアンチエイジングな講演会「男女のコミューニケーション」に参加。
心理カウンセラーの鹿屋由佳先生の一時間半のご講演と岩本麻奈先生と室孝明先生の対談。
要は「男女は違う生物」と割り切ることが大切なようですな。
もっと早くお聞きしておけば、我が家の波風ももっと穏やかであったろうに・・・
[PR]
by n_shioya | 2016-09-28 23:12 | アンチエイジング | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム