ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
回想の慰め
年取ってからの楽しみの一つは、“回想”にある。

それまで無我夢中で走り続け、ちょうど車窓の風景のように、切れ切れに飛び去っていった過去の想念を、丹念に手繰り寄せて反芻する時期でもある。
若いころの愛読書を読み返すのも、その一つといえる。
それが著者の自伝か回想記なら、尚のこと興味は深く、己の回想も深まる。

一冊の本といわれれば躊躇なく中勘助の「銀の匙」をあげてきたが、加賀乙彦氏もこう書いている。
“何度も読んでいる。読むたびに見どころが少し違って、何らかの発見があったと思う・・・
記憶の底にあったものを、そっと取り出してくる回想記なのだが、決して大人の高みから見下ろしている、整理された説明調の文章ではない。子供の心情に入り込み、その身になりきってしまい、今始めて体験するような驚きと臨場感に満ちている。これが、他にいくつもある幼年記や少年記と違う、この本の独創である。“

確かに。

そして加賀氏はこう結んでいる。
"そして思い出すに値する子供の時代を持つ人は、それがどんなに不幸な思い出であろうとも、幸いな人なのだ。子供の時代を生き生きと思い出して、人生の原点を知ることは、人が挫折したとき、病気になったとき、何よりも老いたときに、すばらしい癒しとなる。
銀の匙」を読むと至福の感情を覚えて、慰められるのは、そのせいであろう。

お分かりでしょう、僕のいいたいことは。
加賀先輩にこういわれると、ホルモン療法だ筋トレだと、表面的なことにうつつを抜かすだけでは、味わい深いはずの老年期を、行き過ぎたアンチエイジングが、いかに浅はかなものにしうるか、更に言えば、出世のために人間性をそぎ落としてきた役人共の唱える“ピンピンコロリ”が、なんと戦時中の軍部のスローガン、“撃ちてし止まん!”と同列な空ろな響きになってしまうかを。
[PR]
by n_shioya | 2006-07-31 17:00 | QOL | Comments(3)
内助の功
美女軍団の侮りがたい点は虚をついて難問を投げかけてくることにある。
数日前も結婚して二年目の一人が、“内助の功ってどんなことでしょう?”と問いかけてきた。
“うーん、それは・・・”と野獣は詰まってしまった。
実は結婚して50年。ただの一度も考えたことが無かったのだ。
改めて考えると、配偶者のなすことすべて内助の功といえないことも無い。

そう、かっての留学時代、日本人留学生の妻はアメリカ人仲間の羨望の的であった。

オルバニーにグリーンストリートという、名前にふさわしくない赤線地域があった。
そこへ夜な夜な出没しては、白黒問わず、失礼、現地女性との交流に励んでいた豪傑がいた。日本に残された奥さんは、夫がそのような場で日本男子として恥をかかないよう、内職までして、軍資金を送り続けていた。

別の某君の場合は昼旦那の留守の間、車をせっせと磨いている。夕方旦那は帰宅すると、シャワーを浴び、パリッと着替え、ピカピカになった車に乗り込んで、何処へかドライブに出る、細君のお辞儀に見送られて。

もちろん女権意識の強いヤンキー妻たちは黙っていない。“貴殿らの行動はわれわれの配偶者に対してよろしからぬ影響を及ぼす。”と医師のワイフの連盟から二人とも抗議文を突きつけられたという。

僕にしても、スコブルつきの無精者だ。
朝起きれば、前夜配偶者が枕元に並べてくれた下着からシャツ、ネクタイそしてスーツを身につけ、これも配偶者が磨いておいた靴を履いて出勤する。自分でやれば左右がチンバでもこの男、気づかないだろう。
洗髪は月一度の散髪のときだけ。体も自発的に洗うのは年に一、二回。合間に配偶者が暴力的に垢すりをしてくれなければ、その臭気は山下公園のホームレスといい勝負になるだろう。

こう考えると、僕がこれまで美女軍団の皆様からあまり顰蹙を買わないですんでいる?のは、ひとえに配偶者の内助の功といえる。

これではあまりお答えになってないのは重々承知だが、実は冒頭に述べた美女のご下問以来、内助の功について考え続けるほどに、その有難さに打ちのめされて、それをあからさまにご報告するのに、さすがの僕も恥じらいを感じているからである。
[PR]
by n_shioya | 2006-07-30 22:45 | QOL | Comments(3)
太陽と鉄
かってブログはネット上でストリップショウを演じているような感じだと書いた。

先週19日に、24時間のホルター心電計検査の報告で上半身裸のフォトを上げたところ、遂に脱ぎ始めましたね、と何人かからかわれてしまった。
もうこれ以上は脱ぎませんよ、と笑って答えたが、さすがにもっと脱いでみたらと励ましてくれた人は一人もいなかったのは当然かもしれない。
中年太りの裸体はわれながら見るに耐えない。

b0084241_8161758.jpg三島由紀夫がボディビルに凝って、筋肉もりもりになったところでヌード写真集を出したのを覚えてますか。
彼のは見事なまでのナルシシズムと言えるが、彼はその心境を「太陽と鉄」と言う小片に纏めている。
今手元に原著がないので確認できないが、このようなくだりが頭に残っている。
“作家は精神だけが奇形的に発達するが、筋肉を鍛えることで肉体の論理が精神を支配するようになってきた。この肉体の論理はやがてをめざすようになる・・・”と言ったような論旨の展開だった気がする。

最近ある人から聴いたことだが、三島が元来ボディビルを始めたのは、切腹した際に黄色い皮下脂肪が見苦しくはみ出してこないよう、筋肉を鍛えたのだと言う。そうだとしたらナルシシズムここに極まれりと感服する以外にない。

幸か不幸か僕は三島のようなナルシシズムは持ち合わせていない。
いくらこの醜い上半身を見つめても、ギリシャ彫刻のトルソーに変貌させたいなど夢思わない。
まして割腹など、クワバラ、クワバラ!
[PR]
by n_shioya | 2006-07-29 22:55 | エクササイズ | Comments(0)
チャーリティディナー
医学部教授チャーリティディナーそしてオークション。余り聞いたことないでしょう。
やるとしたら慶応眼科の坪田教授しかないだろうと思ってたら、ヤッパリやってくれました。
昨晩、ヒルズのグランドハイヤットで、6名のカリスマシェフの夢の競演
引き続きチャーリティ・オークション
すべては“アイバンク応援!!”のために。
揚がりはすべて慶大眼球銀行に寄付されると言う。

坪田教授のいうシャンペンを煽りながらのアイバンク応援。大変ゴキゲンだった。
今これを書いているときも、6種類のカリスマ料理が胃袋の中で競っている感じがする。

オークションと言うのも初めての経験で、番号の入った団扇のようなもの、パドルと言うそうだが、それで参加の意思表示をするのだそうだが、余りの熱気に煽られそうなので、しっかとバッグの中にしまって、野次馬として冷静?に楽しませてもらった。
ごめんなさい、坪田教授。そしてご成功おめでとう。
そして見事に裏方を務めた、恵理ちゃん、ご苦労様でした!
今度僕が何かやらかすときには宜しく。
b0084241_1926656.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-07-28 23:59 | アンチエイジング | Comments(0)
ビアパーティ
今日は自称ブログの鬼としては許せぬチョンボをしてしまった

今夕、アンチエイジングを支えてくださっている方々をお招きして、外人記者クラブで開いたビアパーティが余りにも楽しく、おしゃべりに夢中になって、全員のフォトを撮り忘れてしまったのだ。

お開きになって半分ぐらい帰られてから気づき、そこは強力な助っ人恵里ちゃん(日本抗加齢学会事務局長)がとっさに全員集合!と号令をかけ、ともかくもこのような魅力的な記録を残すことが出来た。

ブログのプロになるには、まだまだ修行が必要なようだ。
b0084241_704538.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-07-27 23:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
モイストヒーリング
今福岡の有栖川というお寿司屋さんからホテルにもどって来たところ。

東京の広尾の料亭有栖川の暖簾わけで、福岡では一番のおすし屋さんだそうだ。
あまりおいしくて最初にがつがつ食べ過ぎて、コース料理の残り半分近くは食べきれず、今頃残念がっても手遅れである。

b0084241_9572831.jpg今日は、キズケア推進委員会の最新のキズケア「モイストヒーリング」セミナーで、福岡大学形成外科大滋弥教授の講演の座長をつとめさせてもらった。
いつもながらわかりやすく整理された内容であり、具体例も豊富で、医師で無い方たちには少し刺激が強い怪我の写真もあったが、皆さん非常に熱心に聴講されていたし、僕も大変勉強になった。

大滋弥教授は北里大学のレジデント時代から手術の名手でもあり研究熱心で(これが両立する外科医は意外に少ないですぞ)形成外科のすべての分野をこなし、将来を嘱望されていたが、去年、母校の教授に就任し、今まさに脂の乗り切った50?才である。
頑張れ、大滋弥教授!
[PR]
by n_shioya | 2006-07-26 23:41 | キズのケア | Comments(3)
ゴルフ元年
b0084241_6265140.jpg

このちんけな格好なんだと思います?
革新的なゴルフ練習法,増田プロの中心感覚打法と言う奴だ。

今日は僕のゴルフの初練習と言う記念すべき日であった。
午前中に聖路加で林田副院長から、すべての検査結果から不整脈は心配するほどのものではなく、治療の必要もないでしょうとありがたいお言葉頂いた。
運動はなんでも結構、“ただし美女軍団とのお付き合いだけは気をつけて”など野暮なことは勿論言われなかった。

そこでさっそく午後には、懸案のゴルフレッスンをスタートすることにした。
目から鱗とはこういうことか、かって親父の世代のプロにいじめられ、こんなに体に無理な運動は出来るものかと、2,3回で放棄してしまったスウィングとは正反対のコンセプトである。
これなら僕でも続けられそうだと感じた。

それが如何なるものかは、成果が出てからご報告させていただくこととする。
[PR]
by n_shioya | 2006-07-25 22:39 | エクササイズ | Comments(2)
日本はオリンピックを誘致できるか
本物本音でご自分の経験を語るとき、聴衆はみな深い感銘を受ける。
今日のロータリーの卓話がそうであった。

b0084241_10123825.jpg演者は猪谷千春氏
2016年のオリンピックを日本が誘致できるか”というテーマだった。
まずは開催国の決定方式、非難の的となっている商業主義の是非、現時点での仮想敵国、日本にとって不利になりうる要素、等々。

50年前に自分がが銀メダルを取って以来、何故日本がメダルを取れないかと、聞かれるのが一番辛い質問だが、それに対しては、自分は銀メダルを取るまでどのような努力をしたかとお話しすることでお茶を濁すことにしている、と言われた。

まず彼の場合は、親が日本のスキーの先駆者で、彼をスキーヤーに育てるため、二歳の頃からスキーをはかせ、日本中雪を求めて移動し続けたと言う。
ある年の春、千島で誕生したので千春と言う名をつけられたのだそうだ。
そしてダートマス大学留学時代、勉学とスポーツと言ういわば文武両道を成立させるのに、いかに苦労したか。

彼の考えでは努力を成功に繋げるために、まず独自のやり方を模索することから始めるという。
何かを学ぶ場合人から教わったり、人のマネをすることが普通だが、これでは其の手本以上のものにはなれない。
自分のやり方は、過去にとらわれず自分なりに白紙から構築していく。これをゼロ・ベース思考と呼んでいるという。

これだけ中身の濃い話を、卓話の決めどおり30分シャープで、ゆっくりと解りやすく話されたのだからたいしたものである

夕方は賛助会員の方々にお集まりいただき、NPO法人アンチエイジングネットワークの月例のウェブ会議が開かれた。
元来このNPOはホームページでスタートしたので、ウェブ会議は理事会以上に大切な会議である。
b0084241_10134954.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-07-24 23:59 | QOL | Comments(0)
二つの提案
昨日は時間の都合で中途で退席したが、その後も白熱した討議が展開したようである。

僕がいる間には以下のような議論があった。
まずわれわれの手で具体的に事を起こさねばならぬ。
ひとつは医療機関のミシュランの作成。
今ひとつはセコンドオピニオンの提供手段の検討。

どちらも一筋縄ではいかぬ難物である。
しかも前者は溢れるほど出版物等があるが、どれも本当に役立つものは無い。
これはお分かりのように、判断基準が難しいし、本当に役立つものなら、物議を醸し出すこと、必定だからだ。

とりあえずは僕の意見として、二つとも関連あるのである程度同時進行は必要だろう。ただわれわれでやれることは、人的にも資金面でも限度があるので、まず神奈川地区に限定して、しかも専門分野を一つか二つに絞込み、それをモデルケースとして一般にアピールすることから始めたらいかが、と申し上げてお先に失礼した。
b0084241_4183581.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-07-23 17:56 | コーヒーブレーク | Comments(0)
白い巨塔
白い巨塔のリメークが人気を呼んでいると聞いて、暗澹となったのは前に書いたとおもう。
あれは40年前、医学部紛争に端を発した学園騒動の頃、封建的な日本の医学界に大胆なメスをいれ、話題になった作品である。
それが今、評判になるということは、極端に言えばこの40年間、わが国の医学教育そして医療制度は何も進歩していないということにもなる。

卒後教育を改善してほしい、という医学部卒業生たちの純粋な願望でスタートしたあの青医連、正式には青年医師連合の運動は、全学連の政治運動に巻き込まれて挫折し、医局という封建制度の牙城は更に強化され生き延びたからである。

このような思いを抱いているのは僕だけでは無いようで、今日は現状に危機感を抱く神奈川在住の現役、退役の医学部教授たちが中華料理をほほ張りながら、議論を交わした。
最近大学病院で続発する医療事故は、起こるべくして起こったもので、すでに日本の医療体制は崩壊寸前である、と叫ぶ若手の教授もおられた。

かって紛争の最中、ノンポリだが講義にも顔を出さない学生を呼び出し、お前、いい医者になりたくないのか、とどやしたときの彼の返答が忘れられない。
先生、日本にいい医者が必要ですか?”
皮肉でなくノンシャランに言い返され、僕は返す言葉が無かった。
以来、僕は医療改革などドンキホーテ的な行為からは遠ざかっていた。

だが、今日皆さんの熱っぽい議論を聞きながら、青医連に肩入れした40年前の思いが甦り、これはやはり何とかせにゃと心ならずも思い始めた。

焼けボックリに火がつくというのは、男女の間に限らないようである。
[PR]
by n_shioya | 2006-07-22 23:59 | コーヒーブレーク | Comments(1)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム