ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2006年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
中丸三千絵
中丸三千絵。世界的なオペラ歌手。

お名前だけは十分存じ上げているが、まだお聴きする機会がなかった。
それが、形成外科基礎学術集会というお堅い学会の前夜、素晴らしいソプラノで、アリアの数々を堪能させてくださるとは予想もしてなかった。
会長招宴のメインイベントとして学会長、埼玉医大中塚教授と教室の方の粋なお計らいである。
b0084241_10484651.jpg

そもそも学会に、少なくも形成外科の学会に、リサイタル、コンサートを持ち込んだのは僕が最初ではないかと自負している。
30年以上前に形成外科総会を横浜で開催したとき、僕の幼稚園からの親友で当時芸大のビオラ教授朝妻文樹が、自分で指揮棒を振っていたアカデミカーアンサンブルを引き連れ、会長招宴に友情出演してくれたのである。

実はこのアイデアを彼に相談する際、当時あまり前例がなかったのでチョッと躊躇した。
神聖な音楽を宴会の席では御免こうむる、といわれないかと。

反対に彼は“実はこういう話が来ないか、待っていたんだよ。君ね、元来バロックなんて王侯貴族が晩餐の席の余興として楽しんだものなんだ。
君たちもせいぜい気楽に王侯貴族の気分で楽しんでくれたまえ。”
といってくれた。

幸いフルート独奏を交えたアンサンブルは大好評だった。

中丸三千絵のリサイタルも素晴らしかったが、アンコール前の語りにもすっかり感動した。

“皆様を楽しませる声を何時までも保つために、私は色々と発声のための体力づくりにも励んでいます。このあたりに先生方の医学との接点があるのではないでしょうか。”
これこそまさに我々が今取り組んでいるアンチエイジング・メディシンに対する真摯な期待である。

終了後、非礼を省みず中丸三千絵さんを控え室に尋ね、サインをいただいた。
そして一つだけど素人の質問をさせていただいた。

シュライヤーにしてもシュヴァルツコップにしても、晩年は表現力の工夫によって声の衰えをカバーしたように思えますが?”
“私はそれは逃げだと思います。”
明快な答えが戻ってきた。

そうです、中丸三千絵さん。我々もアンチエイジング・メディシンに真剣に取り組みましょう、ディーバがいつまでもディーバであり続けるためにも。
b0084241_919874.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-10-11 22:35 | アンチエイジング | Comments(1)
ワインと車と
デスクの後ろをワインセラーにしている院長先生のお気に入りのレストランとなれば、其のワインのストックと料理の程は想像に難くないだろう。
現にカウンターの後ろにはぺトリュスがずらっと並んでいる。
b0084241_958426.jpg

きょうはそのレストランアルバスでその城西クリニック院長に銀座クリニックのスタッフとご馳走になった。
話題は今まさに国連でなされている北朝鮮の制裁論議を引き合いに出したら不謹慎になるが、それにも劣らぬ重要議題だった。

つまり2005年のワインの値段に対する疑問と最近のBMWの健闘振りである。
ソンムリエ嬢の愛車はZ4だという。
僕の見るところ、最近の“飛んでる美女”は皆、Z4に惹かれるようだ。
僕は最近でたというBMWのスポーツタイプを話題を持ち出したが、どうしても名前が思い出せなかった。
家に帰って、近着のニューズウィークで確かめると、M6であった。
読む限りではたいした性能のようだ。
だが保守的なこの男ベンツで満足している、念のため。

銀座クリニックの名誉院長が、こんな話題にうつつを抜かすようではクリニックの将来も?など余計な心配はしないで欲しい。
このところ名誉院長、キレーションのお陰でとみに若返っているだけである。
[PR]
by n_shioya | 2006-10-10 23:59 | コーヒーブレーク | Comments(0)
久方のバーベキュー
連休は山で過ごした。
幸い予報がはずれて、二日間天気だった。

もみじにはちょっと早かったが、もう落葉樹は黄ばみ始め、朱色も点在していた。だが今年は天候のせいか、このまま茶褐色で終わるチリチリの紅葉で終わりそうに気配である。

初日の晩、突然三男が立ち寄ってくれたので、予定を変えて久しぶりに暖炉でバーベキューを楽しんだ。
やはり肉は、いや茄子でもトウモロコシでも、火であぶるに限る。
このごろは老夫婦二人だと、何かと億劫になって久しぶりの炭焼きだった。

今朝も雲ひとつない快晴
後ろ髪を惹かれる思いで、渋滞を避けるために昼前に横浜に戻った。

これからは凍結防止のため、毎回水抜きが必要になるので余り頻繁にはいけなくなるだろう。
年内でも零下20度になる海抜1700メートルの高地である。
b0084241_8311468.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-10-09 22:57 | QOL | Comments(0)
美容外科の異変
このところ米国の美容外科の世界に異変が起きている。

今まで美容外科ナンバーワンだった皺伸ばしの手術が、脂肪吸引に首位の座を渡したのである。それに伴って、脂肪吸引だけで生業を立てている美容外科医も増えているようだ。
と、同時に進んでいるのが、患者のそして医師のメス離れである。

肥満体といってもアメリカ人のは数百ポンドといったけた違いの太り様であり、それとくらべれば日本女性が気にする肥満など可愛いもので、むしろ痩身願望のほうが異常といえる。
日本人の場合は減量のための脂肪除去というより、体形を整えるぐらいに考えたほうが無難だろう。
したがって日本では脂肪吸引の患者はアメリカに比べはるかに少なく、専門の医師も数が少なく、我々も吸引希望の患者の紹介先に苦労する。

メス離れ皺伸ばしの分野で著しい。
かつては顔の皮をへっぱがして吊り上げる、いわゆるフェースリフトしかなかったが、最近はケミカルピール、レーザー、ヒアルロン酸、ボトックスなど、メスを使わない方法が続々と現れてきた。
効果はもちろん手術に劣るし、永続性もないものが多いが、患者にとってはやはり切られるより、お化粧感覚でリピートしても、ということになるようだ。
しかし、小じわや筋肉の収縮で出来る皺は別として、本当のたるみはやはり手術で取り除く以外にない。

近着のアメリカ形成外科学会のニュースでは、このメス離れ現象に触れて、二つの対立した意見を掲載している。

まず、これからますますメス離れが進み、形成外科医もメスを捨てて、美容皮膚科に転向せざるを得ないだろうという悲観論
それに対し、手術以外の方法を続けているうちに、患者もやはりこれ以上は手術をしなければ改善されぬと悟り、又外科医に戻ってくるという楽観論

いずれにせよ形成外科医もメスだけにこだわらず、手術以外の方法もすべて自家薬籠中のものとし、まずは患者の要望に柔軟に対応することが、政策上大切ということでは両者の意見は一致していた。

日本の場合はどうだろう?
元来があまりラディカルなことを好まぬ国民性だし、手術を避けたい気持ちは万国共通なので、メス離れはますます加速していくのではないだろうか、メス一丁で渡世してきた形成外科医としてはいささか残念な気もするが。
[PR]
by n_shioya | 2006-10-08 20:59 | 手術 | Comments(0)
自分力の鍛え方
b0084241_2345350.jpg実は昨日、朝倉匠子さんにお会いしたときに,“ハイ、先生”と本を一冊渡された。
自分力の鍛え方”とある。
もちろんご自身の最新作である。

遅筆というより、嫌筆の僕は知り合いの方から自著をいただくと、嬉しいことは嬉しいが、わが身を省みてコンプレックスに陥る。

題名も挑発的だが、中身もなかなか読み応えがある。
医師ではないが、彼女は実は日本でのアンチエイジングのパイオニアの一人である。
ケミカルピール、ホルモン補充療法今人気のアンチエイジングのすべては、彼女が真っ先にご自分で試し、日本に導入している。

又彼女は“男再生プログラム”なる著書も出され、世の萎えた男どもを奮い立たせる名手でもある。
今度の御本も相当部分が世の男性に対する叱咤激励である。

好評発売中ということなので、詳しくはどうぞお買い求めのほどを。
[PR]
by n_shioya | 2006-10-07 20:55 | アンチエイジング | Comments(0)
フレンチディナー
気のあった友とおしゃべりをしながら洒落たフレンチを楽しむくらい贅沢なことはない。
今日は外交評論家の岡本行夫氏のお招きで、エイジングスペシアリストの朝倉匠子さんとご一緒に帝国ホテルでディナーをご馳走になった。

岡本氏が今力を入れておられる新現役ネットワークには、僕も最近参加させていただいたし、また匠子さんは僕にとってアンチエイジングのよきアドバイザーである。

野暮な仕事の話はさておいて、岡本氏は今凝っておられるダイビングと水中写真のお話、匠子さんは上手ではないと言いながら、何時もどういうわけか賞金女王になってしまう不思議なゴルフの話、僕は子供達の芸術活動、つまり楽しいことでは如何に食っていくのが難しいかなど、話題は尽きなかった。

お二人のお話、僕だけで独占するのはもったいないので、近近ロータリーの例会でご披露いただくこととなった。
b0084241_16264837.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-10-06 23:44 | QOL | Comments(0)
パットの練習へ進む
大事なことを書き忘れていた。

一昨日、9回目の練習で始めてパッッティングを教わったのである。
基本的にはすべてのスウィングは同じ動作だと言うが、これだけはちょっと違う。
は全く動かさず、脚の動きだけで調節せよと言う。
確かにここでも、体の中心軸を意識することになる。

そして学んだことが二つある。

まず、何百ヤードのドライバーショットも、数センチのパッティングも同じ一点だということは、高齢初心者は何が何でもパットで勝負をしなければならないと言うこと。
だが、よくテレビで見るが、プロがグリーンの上であの10メートルに近いパットを決めることが如何に神業に近いかと言うことを。
[PR]
by n_shioya | 2006-10-05 22:38 | エクササイズ | Comments(0)
文化の日
b0084241_14395440.jpg予定していた海外出張が変更になり、急に2,3日空きが出来たので、今日は東急文化村に美術展を見に行った。
ピカソとモディリアニと言うくくりだが、フランスのリールの美術館の所蔵品である。
確かリールはパリからブラッセルにドライブした時に傍を通ったが、街は素通りしたようだ。

ピカソは僕が何も付け加えることはないが、モディリアニには思い入れがある。

子供ならたいてい苦手なモノってあるじゃないですか、例えば臭みの強いチーズなど。
それが不思議に大きくなると、そのくさみがなんともいえぬ魅力になることがある。
ちょうどチーズが好きになるのと平行して、モディリアニに取り付かれていった記憶がある。

医学部の頃、東京で開催された大原美術館の展覧会の会場で、モディリアニを前にして現配偶者の女性にそんなことを話していたら、“如何です、チーズの味も悪くないでしょう”と声をかけられた。振り向くと、顔見知りの大原美術館の館長がにこやかに立っておられたのを懐かしく思い出す。

キュービズム初期のブラックの小品もあった。
セザンヌはキュービズムの走りとも言われている。
其のセザンヌが常に口にしたと言う、“自然に即してプーサンを倣え”という言葉の意味が永年分からなかったが、ルーブルだかで始めてプーサンを目にし、ハッとその意味が分かったような気がしたことがる、説明は難しいが何かピンときたのである。

ルーブル、プラドのような体系付けられた美術館を一巡すると、絵画の流れが会得でき、判じ物にしか思えぬ抽象画も、其の成り立ちの必然性というか、出自が明らかになってくるので面白い。

観終えてからドウ・マゴの吹き抜けのカフェに腰を落ち着け、二人でエスプレソを啜った。
幸いあの鼻持ちならぬ実存主義者たちはもううろついてはいない。

ところで定年になれば毎日が日曜のはずだったのに、めったに展覧会にもこないじゃないと配偶者は言う。
銀座になにがあるか知れないけどクリニック、クリニックと夢中になって、といやみを言われたわけではないが、これから水曜日は努めて「文化の日」にしましょうと約束をさせられた。
b0084241_14404446.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-10-04 22:56 | QOL | Comments(0)
キレーションのこれから
今日はキレーションのパイオニア3名が銀座クリニック訪問され、上符院長と今後のキレーションのあり方を話し合われた。
柳沢先生、伊藤先生、沢登先生のお三方である。

キレーションはまだ誕生間もない新分野で、ヨチヨチ歩きの状態だが、関係者が結束して健全な発展を図るべき、と言うことで意見が一致したようである。
b0084241_1312152.jpg

[PR]
by n_shioya | 2006-10-03 23:59 | アンチエイジング | Comments(0)
神の手
そう、僕も脳外科医になるはずだった。

米軍病院でインターンを終え、フルブライト留学生にとして渡米が決まった時、脳外科の清水健太郎教授、通称シミケンに相談に言った。
アメリカに行くような奴は俺は採らん、言下に断られた。
それに反し、心臓外科の木本教授はああいいとも、但し日本に帰ったら又新兵からはじめることになるけれどね。

そういう訳でどうせ日本に帰る気はなかったが、木本外科に籍をおかして貰って渡米した。
そして結果的には形成外科医として帰国し、こうして定年まで日本にもたもた居ついていてしまったのである。

今日は東京クリニックの開設記念パーティが大手町のパレスホテルであった。
日本一の脳外科治療のセンターになるというふれこみである。
なぜなら其の中核として、今“神の手”とマスコミでもてはやされている米国在住の脳外科名手、福島教授をお迎えすることになっているからだ。
b0084241_10282125.jpg

最近では脳外科も進歩したが、僕の頃は外科医の憧れる花形の分野だったが、結果は惨憺たるものだった。
昼夜を分かたぬきつい仕事の連続で、結構死亡率が高く、運悪くではない運良く助かっても体や顔面が麻痺して廃人同然になる、まあこれ一生やれるのは、よほど楽天的な奴だな、と言う受け止め方だった。

しかも脳外科医にはこちらの偏見かも知らないが、特にアメリカでは結構傲慢な奴が多かった。手術のストレスもあるが、脳をいじくっていると、神様と自分の区別が付かなくなるのではなかろうか。
勿論日本では北里の脳外科の教授のようにこれとは正反対の人格者もたくさん居られるが。

それやこれやで僕は形成外科の手造りと言うか、手工芸的な魅力を選んでしまった。
其のことは決して後悔していないが、ふと思うことはある、もし僕が脳外科医になっていたら?
決断力に乏しく、スタミナにもかけているこの男は、患者にとっては神の手どころかせいぜいが悪魔の手先ぐらいで終わっていたかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2006-10-01 18:24 | 手術 | Comments(1)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム