ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
大晦日
遂に今年も大晦日

皆さん忙しく走り回ったことでしょう。大掃除、最後の買い物、それともすべてを先送りして海外逃避?
では僕の一日は?

配偶者と朝早く東京に出て、氷点下ウン十度の山小屋に籠もりに行く三男に何がしかの食料を届け、帝国ホテルのカフェでパンケーキのブランチ。
帰宅して僕は昼寝。配偶者は必死になって大掃除を始める。片付けるほどに散らかっていくのは、いつもながら理解に苦しむ現象だ。もちろん原因は旦那が不精ったれの役立たずということ。

眠気の覚めたところで、“家がキレイになることと、相模湾の落日を嘆賞することと人生でどちらが大事?”と配偶者にをかける。
聞くまでもない。片付けは中断して、海を愛する配偶者と仲良く車を走らせて、稲村ガ崎へ。
b0084241_15581047.gif

相模湾に突き出た稲村ガ崎公園には、同じ思いの若者たちがぎっしり集まって、江ノ島の南に沈み行く夕日を眺めている、何人かは望遠レンズを構えて。
昨日に打って変わって今日は風も強く気温も低めである。
我々は年相応に、道路を隔てた向かいの暖かいレストランに入り、夕食を食べ食べ、相模湾の落日と夕焼けを楽しませてもらった。
b0084241_15582995.gif

そして今、パソコンに向かって今年の最大収穫は?と回想にふけっている。
金婚式で家族全員が集えたこと、クリニックの再出発、美女軍団との交流・・・。
そして最も印象深かったプラハ瞥見

と打っているうちにもう来年が目の前に迫っている。
2時間後には“除夜の鐘”ならぬ汽笛が鳴り始める。
横浜港では“除夜の鐘”の代わりに、大晦日の12時、停泊中の船舶が一斉に“汽笛”を鳴らし始める。ゴーン、ゴーンでなく、ボォー、ボォーっと、10分ばかり入れ替わり立ち代り山手界隈にも響いてくる。
夏の花火大会と共に、横浜情緒に浸る瞬間である。

我が家の子供たちは皆こうして年を越しながら、育っていった。
成人してからも懐かしがって、山手まで除夜の汽笛を聞きに来ることもあった。
だが皆もう結婚して、それぞれが自分の家で、それぞれの「除夜の鐘」に耳を済ましていることだろう、この一年を振り返って。

皆さん今年も一年後愛読有難うございました。また来年も宜しくお願いします。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-31 21:49 | コーヒーブレーク | Comments(2)
メタボ対策パンツ
“先生は大またで歩きますか、小幅ですか?”と尋ねたのは、ワコールの研究所長篠崎氏である
“いや、自分じゃあまり意識してないですが、最近神さんからは歩き方が小幅でせかせか爺むさくなったといわれますね。”
それじゃあこれを是非お試しください、といってカタログを見せられたのが、エクサウォーカーである。

なんと言うことない腿の部分が長い黒いパンツだが、独特の「クロス構造」が編みこまれていて、筋肉を適当に刺激して、歩幅が大きくなり、肥満解消に役立つ、魔法のパンツであるという。
早速サンプルをお送りしますから是非お試しください、三ヶ月で効果が出ますよといわれて、本題の乳房の話に移った。

実は来年、見た目のアンチエイジングという学会をスタートするに当たり、三つの柱を考えた。
皮膚容貌そして体型である。
それぞれの加齢による変化をまず追及し、それに基づいて治療法を検討して行こうというのである。
今はどちらかというと手段のほうが先行して、学問的な診断に基づいた治療が後回しになっているからである。
そして日本人の加齢による体系の変化は、乳房を中心にワコールの研究所が素晴らしいデータを集積されているとお聞きし、篠崎所長が東京にお出ましのところを捕まえて、帝国ホテルのコーヒーショップでランチをご一緒しながら、お話をお伺いすることになったのである。

ワコールの研究所は40年ほど前に設立され、東京芸大の美術解剖の名物教授中尾先生の指導でここま発展したといわれる。今は正式にはワコール人間科学研究所という名称だそうだ。
今は亡き中尾教授は、僕の恩師でもあった。ちょうど医学部の学生の頃、中尾先生は芸大から東大の解剖学教室に出向され、生体観察の実技を指導された。
筋肉マンとよばれるモデルを使い、また、内外の美術作品を美術解剖学の立場から自由自在に取り入れた名講義で、あまり授業と縁のなかった僕が、一度も欠かさず聞いた唯一の講義である。

研究所には膨大な数の女性の計測データが蓄積されているが、最近ちょうど、この25年の追跡調査のまとめしたところなので、参考までにと小冊子を手渡され、早速勉強に取り掛かることとした。
えてして計測値など無味乾燥なものであるが、こと女体の、しかも乳房中心となると、取り組むほうも熱の入れ方が違ってくるのは我ながら現金なものだ。

ところで篠崎氏にお会いしたのは一昨昨日で、昨日もうそのパンツが届き、今日から試している。
結果は三ヵ月後のお楽しみ。
b0084241_15564118.gif

[PR]
by n_shioya | 2007-12-30 23:36 | エクササイズ | Comments(4)
闇社会の守護人
かねてから、ヤメ検の心の中でははどう価値のすり替えが行われているのか不思議だった。
ヤメ検とはご承知のように、検事を辞めた男が弁護士になり、攻守立場を反転した第二の人生を送る男の言いである。

ちょうど麻薬取締官が、麻薬の密売を始めるようなもので、取締り側の手の内を知り尽くしているので、手ごわい相手となるのは想像に難くない。
だがら政治家が汚職であげられたときに最も頼りにするのは、ヤメ検であることは言うまでもない。

そこへ最近、大物ヤメ倹の一人、田中森一の手記が刊行された。
題して“闇社会の守護人と呼ばれて”。

伝説の辣腕特捜検事として名を挙げ、87年、弁護士に転身。2000年、石橋産業事件をめぐる詐欺容疑で東京地検に逮捕、起訴され、現在上告中である。
出版は幻冬社。さすが見城社長、目の付け所がうまい。

究極のミーハー”と学生からおだてられてきた僕としては、これは必読と思い、先回の出張の際、新幹線の往復で半分ほど読んだところだった。
これが実に面白い。
ちょうど恥部といっても人体の必要不可欠な部分であるように、闇社会もそれなりに日本社会を支えており、またそれがあるので、表社会奇麗事ですますことが出来るという事実が、克明に描き出されている。

同様に被告人の立場の男、佐藤優が書いた“国家の罠、外務省のラスプーチンと呼ばれて”とあわせ読むと、検察がいかに事件をでっち上げていくかのプロセスが明快になって興味深い。
盗人にも三分の理”というが、“ヤメ検にも三分の理”といったところか。

ところがその“闇の守護人”を半分読みかけのまま、新幹線の中に置き忘れてしまった。
また買うのも業腹なのでそのままにしておいたが、今日オアゾの丸善でまた平積みになっているのを見つけ、癪だが再度購入し、今読み終えたところである。
b0084241_7544861.jpg

[PR]
by n_shioya | 2007-12-29 23:06 | コーヒーブレーク | Comments(2)
眼底出血
眼底出血というと、まるで目の奥が血の海になるようなイメージが浮かぶが、必ずしもそうではない。

よくあるのは点状の出血斑で、中心部を離れていれば、多くの場合やがて吸収されれるので問題はないそうだ。
唯、黄斑という網膜の中心部、つまり視力の中枢に近かったり、出血による浮腫が広がると失明の恐れがあり、レーザーなりの治療が必要になるという。

多くの場合は高血圧動脈硬化により静脈が圧迫され、鬱血が原因で起こるそうだ。
長引いてとその部分に血液が行かなくなり、いわゆる虚血状態が続くと、新生血管といって新しく毛細管が発生し、これが脆いので、これが出血をすれば大事に至るという。

結論から言うと今の僕の左目はこのぎりぎりに近い状態で、年を越してから精密検査をし、場合によってはまた、レーザーで焼く必要があるかもしれないというのが、主治医の説明である。

またというのは、4,5年前にも一度同じようなことが左目の眼底の下の部分に起こり、レーザーの治療を受けているのだ。
今回は同じ左目の上部である。

フォトをお目にかけよう。
右下の白い円形の部分が視神経や血管が入り込むいわゆる盲点である。
その左のほうにある凹みのようなくらい部分が黄斑である。
網膜の上半分に転々と赤くなっているのが出血斑だ。この周りには浮腫が生じているが、これが下がって黄斑に達するとやばいので、とりあえず薬によって進行を食い止めようと試みている。
b0084241_75534.jpg

“ところで血圧はどうですか。ふむ、120に80コレステロールが少し高いが、血糖値も正常だ。
つまりは動脈硬化が年相応に進んでいて、それに加えしばしば血圧が上昇して、その度に静脈が圧迫されるのでしょうね。何か思い当たることはありますか?”
“いや、しいて言えば便秘がちなので力むことが多いからかも・・・”
“いや違う。やはり美女軍団ですよ、先生の血圧上昇の原因は。”
主治医はニヤリとされた。

やばい、彼も僕のブログの愛読者だった。

美女軍団の皆さん、そういうわけでしばらくはお手柔らかにお願いします。
両眼視ができず、皆さんの立体像を失うと寂ししいので。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-28 22:54 | アンチエイジング | Comments(0)
仕事納め
b0084241_75426100.jpg夕べは納会

それに便乗した形で、僕を含め12月生まれの4人がバースデイケーキとプレゼントで祝ってもらった。
それぞれにふさわしい贈り物を選んだそうだが、僕がもらったのは、グラマラスなガラスの女体に詰め込まれた色とりどりのチョコボール

甘いショコラにとろりとし、ガラス容器を撫で撫でして楽しんでくださいという美女軍団の粋な計らいらしい。

〆は賑やかに全員で三本締め

皆さん一年間本当にご苦労様でした。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-27 23:21 | コーヒーブレーク | Comments(0)
腰痛、またの名は“魔女の一突き”
今日は銀座クリニックの仕事じまい。
年の経つのは早いものだ。去年も感じたが,年を経るほどに光陰の矢は加速度を増す。

みんな忙しそうにばたばた走り回っている。
名誉院長はなすこともなく、いや仕残したことがありすぎて、唯呆然とソファーに寝そべっている。
行儀が悪いといわれればそれまでだが、実は数日前、生まれてはじめて腰痛を起こし、2,3日立ち居振る舞いもママならず、今日になってやっと回復してきたところである。
これが続けば、椎間板ヘルニアの検査も必要かと覚悟していたが、改善の兆候が見られるので、しばらくは様子を見ることとした。

素人診断だが、椎間板ヘルニアとはいささか症状は違っていた。
何もひねったり無理をしたわけでないのに、腰の左側が妙に攣れた感じで、その晩、寝返りを打つと局所に痛みを感じたのである。
ちょうど首を寝違えたときの感じだ。

昔整形外科の講義で、腰痛は“伏魔殿”であると教えられた。要するに原因も掴みにくいし、治療にも難渋するということで、当時の医療の限界のいいわけに過ぎない。
いわゆる“ぎっくり腰”は、ドイツ語で“ヘキセン・シュス”というとも教えられた。直訳すれば“魔女の一突き”となる。
言いえて妙だ。

その頃初めて椎間板ヘルニアという病名が普及し始めた。腰椎の間のクッションが、長年のストレスと急な無理な動作で、重さにた耐えかねた座布団のハラワタのように飛び出し、足に行く神経を圧迫するということが分かったのである。
その他、仙骨と腰骨の接合部に緩みが生じ、腰痛の原因になることもあるとわかった。

何故これほど誰にでも腰痛が起こりやすいか。
人体には胸郭骨盤という二つの籠がある。その両者を骨格としてつないでいるのが腰椎という柱であり、上半身と下半身のねじれひずみがすべてここに集中する。
また、上半身の負荷、特にかがんで重いものを持ち上げるときのストレスはすべて腰椎が受け止める。

これだけのいじめに何十年も耐えてきたのだから、やはり悲鳴を上げたくなるのも分からないわけではない。
そして持ち主もそれに負けぬ悲鳴を上げてしまう。

僕の場合、魔女の一突きをこうむったのは、四日前、このブログで自分を100ドルのポンコツ車になぞらえた直後である。
自分では卑下して言ったつもりだが、まだ読みが甘かった。
もう100ドルの値打ちもない廃車寸前の体というべきだった。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-26 18:36 | アンチエイジング | Comments(0)
七面鳥ディナー
クリスマスディナーといえばターキー。そしてまたサンクスギビング(感謝祭)ではターキーこそ主役である。

だがそれはアメリカでの話。
40年前日本に帰ってからは、手軽さから我が家ではチキンがその代役を務めてきたが、昨日は次男の家で久しぶりにターキーディナーでイヴを祝った。
b0084241_940220.jpg

そしてまた、塩谷家のアメリカで初めてのターキーディナーの失敗談が蒸し返された。
クリスマス前に友人が冷凍のターキーを一羽プレゼントしてくれたのである。
早速大勢の友人をクリスマス・イブのディナーに招待した。
皆がカクテルを楽しんでいるとき、ではこれから焼きますといって、配偶者が冷凍庫からターキーのパッケージをおもむろに取り出したのである。

まだ、ガチガチに凍った丸ごとの七面鳥を見て、お客は皆唖然となった。
これだけのものを解凍するのには数時間ははかかるというのを、我々は知らなかったのである。すっかり青くなった。
だが、そこはお客はヤンキーだけある。皆面白がって大騒ぎ。
公園に出かけたり、飛行場で時間をつぶしたり、数時間後また集まって、無事オーヴンででローストされたターキーを切り分け、デザートも食べ終える頃には、もう日付はクリスマスに変わっていた。

この思い出話でしばらく盛り上がったが、配偶者の記憶では解凍が間に合わず、結局はターキーを解体して、オヴンに入れてなんとか間に合わせたような気がするという。

それはともかく、久しぶりにターキーを味わいながら、でも七面鳥は必ずしも美味しいものではない、唯、開拓民は味よりも量ということで、重宝がったのではないかという話も出た。
だが僕は、この如何にも野鳥といった味わいの、パサパサの肉を噛みしめながら、古きよき時代のアメリカを懐かしんだのである。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-25 23:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
蛆虫療法
蛆虫を飼ってキズを治すというと皆、オェーと顔をしかめる。
バッチイ処ににバッチイ物をくっつけてと言いたげである。
だがこれが今話題の蛆虫療法、マゴットテラピー、である。

アメリカで形成外科の修行中、重症の熱傷患者の治療を受け持ったたときのこと、ある日教授の総回診で毛布を剥ぐと、全身ぐるぐる巻きの包帯の下から蛆虫がにょろりと這い出てきた。

ヤケドの範囲が広いときは、日にちをかけて少しずつ植皮をしていくのが当時のやり方で、後回しになった部分は当然包帯の下でヤケドした皮膚はどろどろに解けている。
それを一生懸命洗浄してキレイに保つのがレジデントの勤めであり、這い回る蛆虫を前に、僕は教授の雷を覚悟した。

すると意外なことに教授は“慌てるな”と言う。
昔は蛆虫腐った皮膚を食べさせて傷の上がりをよくしたものだ。
第二次大戦で軍医として戦傷者を多数治療した経験のある教授の説明だった。
“なら、無菌培養した蛆虫を治療に使ったらどうです?”と図に乗って提案したら“馬鹿なこと言わんで、しっかり包帯交換しなさい”と今度はたしなめられた。
50年前のことである。

それが今、蛆虫療法、マゴットテラピーとして復活し、無菌的?蛆虫が海外で販売されるようになった。
何も高い輸入物に頼らなくてもと、日本医大の再生医療チームマゴットテラピーベンチャービジネスに仕立て、国内に供給する体制を作ったということが報道されていた。
面白い試みといえる。

今考えられている蛆虫を使うメリットは三つほどある。
①死んだ組織、壊死組織というが、をメスでとると健常な部分も傷つけ、出血も覚悟しなければならない。だが、蛆虫は利巧で、腐ったものしか食べないので、健常な部分を損傷しない。
②蛆虫の分泌物には殺菌作用があるようだ
③分泌物には更に傷の直りを促進する物質が含まれているらしい。
というわけで、これまで治療に難航した下腿潰瘍に効果を発揮し、切断をまぬかれるようになった例も多々あるという。

下腿潰瘍とは、足に出来る治りの悪い皮膚の崩れで、原因としては糖尿病、動脈閉塞、静脈瘤などが主なもので、今までは日本人には少なかったが、ライフスタイルの変化でこのところ急増している。
詳しくは、創傷治癒センターのhomepageをご覧ください。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-24 14:50 | キズのケア | Comments(4)
昔陸軍、今霞ヶ関
真珠湾攻撃だまし討ちとなったのは、現地の日本大使館の怠慢といわれてきたが、実はそれは大嘘で、陸軍の圧力とそれに屈した外務省本省の責任であることは、もと駐ニュージーランド大使井口氏の最近の研究で明らかになった。
このところ氏の論文や新聞評を読みいささか興奮している。

実は当時の陸軍の体質と行動がそのまま現在の霞ヶ関に連綿と受け継がれているからだ。
陸軍の犯した罪は多々あるが、一つは開戦前日に送電された、日米の友好回復を訴えたルーズベルト大統領の天皇宛親電を、陸軍が握りつぶしたことと、対米最後通牒をこれも陸軍が外務省をサーベルで脅し、故意に遅らせたことである。

まるでヤクザまがいの行動だが、その元凶が例の瀬島龍三氏であろうということである。ちなみにヤクザの世界のほうがもっとルールもけじめもあり、ヤクザに失礼なたとえかもしれない。
瀬島氏に関しては、ソ連との密約で日本捕虜を売り渡したのでは、など黒い霧をかぶったまま世を去ったが、かって彼の“幾山河”を読み、あまりにも時代錯誤の自己弁護に終始しているので、反吐の出る思いがしたことを思い出す。

かつての日本陸軍というか帝国陸海軍の主な特質を列挙すると、
下克上:2・26事件を見よ
夜郎自大:“桜と碇”という戯言は、桜が陸軍、碇は海軍で、“無理が通れば道理引っ込む”ことを意味していた
③絶対に責任を取らない:ノモンハンの失態をした辻少佐はその後も失態を続けながら出世階段を上り、日本の破滅に加担した。
隠蔽主義:まだまだ隠された悪行は数あるだろう
保身と出世:国民はそのまえには襤褸切れにすぎない。沖縄そして満州で日本軍に裏切られその犠牲になった多数の日本人のことを思え。
面従背反:サボタージュの巧妙なこと。

こう列挙するとあまりにも今の官僚と酷似しているので、ただただあきれ果てるだけだ。
たとえば
下克上:大臣の人事命令に従わず居座った防衛庁次官。結局もっと手痛い目にあったが。
夜郎自大:国民の税金を私物化して、自己権力の肥大化のためにえさとしてばら撒く。
③絶対に責任を取らない:いまのC型肝炎、年金問題。責任を取らされた官僚が一人でもいますか?
隠蔽主義:重要書類に限ってその保管場所が思い出せない。アホじゃないか!
保身と出世:これだけがレーゾンデートルなのでいまさら何も言うことはない。
面従背反:人並み優れた知能指数でサボタージュに専念されたら、大臣もお手上げだ。枡添ピエロを見よ。

冒頭の井口氏の今は亡きご尊父は、当時日本大使館の一等書記官だったはず。
これで亡父の恨みも少しは晴らすことが出来たと思い、そのご努力には敬服するが、同様のことがまだ、わが国の中枢で堂々と行われているのを毎日見聞きすると、なんともやりきれない気がする。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-23 16:49 | コーヒーブレーク | Comments(3)
100ドルのプリムス
歯科治療に加え、眼の治療が始まったため、このところ毎日病院通いが続く。
今日などは、眼科と歯科の掛け持ちでその合間に動脈のエコーが入り、丸一日を病院で過ごすこととなった。
そろそろ僕も、100ドルのプリムスと同じポンコツに近づいたのかもしれない。

アメリカ留学の頃、というのは50年前の話だが、取引可能な中古車は、100ドルが最低価格で、僕が最初に買ったのも、30年経った戦前のプリムスで、やはり100ドルだった。
つまりそれ以下の車は本当のポンコツで、公道を走らせることは無理であり、そのの廃棄処分にはそれなりの金がかかるので、100ドル以下では処分のほうが高くついてしまうからであった。

当然だが年中修理が必要になる。
エンストはするし、そもそもエンジンがかかるかどうかは何時も神頼み。走り始めてもハンドルの遊びは大きく、クラッチもギクシャクする。

そんな中古車に悩まされていた我々の救いの神がアッカートさんだった。
年のころは60ぐらいだろうか、背は低いががっちりした体躯で、たたき上げのメカニックだった。
街じゃら少し離れた田舎にガレージを持ち、我々留学生が持ち込むトラブルに格安の費用で気持ちよく対応してくれた。
今考えると、部品代や工賃などで、決して儲けにならぬどころか、持ち出しでやってくれていたと思う。
しかも修理を待つ間、奥さんがお茶だのケーキだのをご馳走してくれる。
赤ひげ自動車メカニック版といった所だった。

車と違って破損しても老朽化しても、ある程度までは自分でリペアしてくれるのが人間の体のありがたさである。
だが、加齢と共にその修復能力も衰え、限界に達すると医療の助けが必要となる。
こうして僕の体も、白内障でレンズは入れ替わり、歯周病が悪化して抜歯や義歯が必要となり、更には動脈の硬化も起こっている。前立腺も気にならないこともない。もちろん記憶力の減退は以前から著しい。
ちょうどあの100ドルのプリムスと同様に、アッカートさんではないが、頻繁な医者詣でが必要になってきたようである。

そのプリムスは3年ほどで修理費もかさみ走りにも限界が来て、これもアッカート氏に頼んで安く廃棄処分してもらった。
はたして今の僕の体の耐用年数はまだどのくらいあるのだろう、また平均余命を全うするためにはどれほどのメインテナンスが必要になるだろうか、手間や経費を含めて。

一日をクリニックで過ごしたせいか、急に先行きが不安になってきた。
ならばこれからはアンチエイジングに励んでなど殊勝なことを考え始めたのも、往生際の悪い昭和一桁の悪足掻きかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2007-12-22 23:57 | アンチエイジング | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム