ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
“美人”とは何か
美人を正面切って論ずることには、こだわりというか、気恥ずかしさというか、何となくやましい感じがつきまとう。これは“面食い”という言葉の持つ、いささか侮蔑的のニュアンスでもうかがうことができる。。
また、美人、不美人を、実像で示そうとすると、差し障りを生ずる事もある。
しかしここでは勇を鼓して、まともに美人にフォーカスを当ててみよう。

赤ん坊を使った面白い実験がある。
アメリカの心理学者ラングロアは、まず色々な人種、性別、年齢の数百枚の顔写真を集め、魅力的な顔そうでないものに区分けした。次にそれを、三カ月と六カ月の何人かの赤ん坊に見せたところ、赤ん坊たちは、魅力的な顔のほうを見つめる時間が長かったという。
顔の美醜の判断基準は、育つ過程で植え付けられるものではなく、生まれ付いたときから備わっている、生来的、つまり、遺伝子に組み込まれいるものだという主張に、しばしば使われる有名な実験である。
ただしこの実験でいう「魅力的な顔」とは誰が何を魅力的と判断するかも問題である。
これについては次のような調査が基礎になっている。
この数百枚の顔写真を、あらかじめ様々な階層の読者に見せて、魅力的なものを選んでもらった。その結果は意外にばらつきが少なかったという。勿論このような実験は限界がある。たとえば実物を見るのと違い、平面の顔写真であり、表情を含めた立体的なものではない。

それではどんな顔が魅力的とされたか。
まず対称性、バランス、といったことが大切だろう。
沢山の顔写真を重ね合わせ、コンピューターでその平均値の顔を描かせる。これが意外と、整った顔にになるという。しかも、インプットする顔写真が増えるほど、美人に近づくという。
つまり、平均値に近いほど美人であり、平均値を外れたものが不美人を言う結果になっている。
平均的な顔というのは、遺伝的な突然変異が少ないことを意味しているから、これを魅力的だと思うように進化したと説明されている。
しかし現実には、それだけではすまないで、一寸平均値を外したり、バランスを崩したり、叉、ある部分を逆に強調したりすると、魅力が出ることもあるので、顔の美醜一筋縄では行かないものがある。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-31 12:30 | コーヒーブレーク | Comments(6)
リア王
b0084241_1165486.jpgまるで打ちのめされたように、パソコンのキーボードを前にただ呆然としている。
さいたま芸術劇場で蜷川演出の平幹二郎の「リア王」を見て、帰宅したところである。
だが何を書いていいか,思いは千路に乱れ、今の僕はまるで錯乱したリア王そのままである。

筋はよくご存知でしょう、リア王が自分を本当に愛している末娘を一時の勘気から勘当し、姉娘二人の甘言にたぶらかされて、王位と領土を手放し、挙句に捨てられてしまう。
老いた両親を兄弟で盥回しにしたり、それも相続がらみでなど、真に現代的な問題提起といえないこともないが、これでもかこれでもかと邪悪な人間の性(サガ)を抉り出すあたり、鬼気迫るものがある。

リアと三人娘をめぐる主筋と照応して、グロスターと二人の息子をめぐる副筋が展開して行く。
リアもグロスターも、実の子供に裏切られ、自分が勘当した最愛の子に助けられ、どん底の中でその子の愛を知った挙句に絶命する。

「リア王」の中には実にさまざまな筋立てモチーフが含まれ、読む人によっていろいろな解釈が可能だと思うが、今の僕の感じでは、それら個別の問題は小道具に過ぎず、シェークスピアが描こうとしたのは、 “悲劇”そのものではなかったかと思う。

あえて絞り込めば、「神にとって我々人間は、腕白どもに捕まったハエに等しい、面白半分になぶり殺される」というグロスターの台詞になるだろうか。
これはゲーテがウィルヘルム・マイスターの中で琴引きの爺さんに言わせている「神は慰み半分に人間をお造りになって、後は知らん顔だ」という台詞と同根である。

ま、それはともかく今の僕には、子供たちに分け与える財産もないし、したがって裏切られる心配もないのがせめてもの救いである。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-30 22:41 | コーヒーブレーク | Comments(2)
ボンセジュール
山下町の運河沿いに、ボンセジュールという白い洒落たマンションがある。
ちょうど首都高の新山下入り口の手前にあり、毎朝車で通り過ぎながら、どんなところかなと、いささか興味をそそられていた。
b0084241_2285899.gif


それが、今度グッドウィルのバーリントンハウス馬事公苑を引き継いだゼクス・グループの運営する介護付有料老人ホームとわかり、ゼクスの方にご案内を願った。

五階建てで約80戸。
共通のスペースは広々として、内装は明るく清潔感に溢れている。屋上には庭園もあり、見晴らしも良い。
気に入った。
運河沿いにカフェテラスでもあれば申し分ない。

一ブロックはなれたところには、我々がよくお世話になるみなと赤十字病院もある。その院長はかつての北里大学での同僚である。
我が家からは歩いても10分ほど。
b0084241_2294039.gif

何かにつけ、マンション暮らしの気楽さが羨ましくなってきたこのごろである。
そろそろ終の棲家として移り住みたいですね、と半ば本気で施設長に申し上げると、介護認定をお受けになればいつでもどうぞ、とおっしゃる。
つまり残念ながらまだ入居資格はないということらしい。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-29 22:06 | 介護 | Comments(5)
美人も皮一重
美人も皮一重”というが、美人を裏側から見るのは普通には出来ない貴重な体験であろう。
形成外科医として40年間、僕はそれを見続けてきた。
それは皺延ばしの手術である。

先ずこめかみに切開を入れ、更にメスを耳前部で下方に滑らせ、耳垂部でメスを耳后部にUターンさせ、最後に生え際へと水平に切り込む。
ついで顔の皮膚を前方へと皮下の脂肪組織から剥がしていく。
ここのところで、白人と日本人の違いが出る。一言で言えば、白人の皮膚の方が遥かに剥がしやすい。皮膚と皮下組織を繋ぐ結合織が粗なので、ほとんど指でさっとはがれていく。日本人の場合はこれに反し結合織が密で、丹念にメスか鋏みで、離斷して行かねばならぬ。
剥離に際しては、顔面神経を傷つけないよう、細心の注意を払う。
剥離を終えたところで、出血がないかどうか確認し、止血操作を行い、皮膚の吊り上げを行う。
この際、緊張はなるべくこめかみと耳后部で受け止め、耳前部や耳后部には、緊張がかからぬように気を付ける。余った皮膚は切除し、皮膚縫合を終えて、包帯を施す。
このほかにも効果を持続させるための、2,3の工夫があるが、これが手術のあらましである。

それにしても、人は何故、これほどの思いをしてまで、痛みをこらえ、若さを求めるのだろうか、
そのままで十分魅力的な女性の顔にメスを入れ、顔の皮を剥がし、顔面神経に気を遣い、術後の出血が気になって気になって、止血に神経を使い果たした時、僕はしばしば自問したものである。

ある女性患者が答えてくれた。
女がね、先生。こんな決意をするのは、男を引き留めようとしているときか、必死に追いかけているときなのよ。とさらりといわれ、ずしりときたことがある。
それ以来、美人の顔を裏側から透かし見るたびに、その重い言葉を噛みしめたものである。

だが最近は、そんな思い詰めた様子とも思えない、あっけらかんとした患者も増えてきた。一部の心無い医師の宣伝に惑わされてか、化粧感覚で手術を受に来る患者には、こちらが戸惑ってしまうのが現状である。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-28 23:54 | 手術 | Comments(3)
美容クリニック成功の道
ジェイメックはまことに意欲的な会社である。
始まりはレーザーだったとおもう。

創立後まもなく、アレキサンドライトを日本に導入し、今のレーザー脱毛のブームをつくった。
その後、培養細胞、岩盤浴、豊胸のデバイスなど次々に新製品の紹介に務め、形成美容外科の発展に貢献し、今ではわが国のレーザー業界のリーディングカンパニーとしての地位を築き上げた。
今は会長となった創業者森下元社長の先見の明と、それを支える現西村社長以下の優秀なスタッフの努力の賜物といえる。

b0084241_11513610.gif今日はそのジェイメック主催のセミナーが開催された。
題して“ケースに学ぶ美容クリニック成功への道

ジェイメックはこれまでもレーザー、アンチエイジングの分野で色々なセミナーを企画してきたが、今回のようなクリニック経営に焦点を当てたセミナーは始めてである。
美容医療が抱える問題と今後”、“収益が上がる美容クリニックへの道”、“患者様に選ばれるクリニック作り”等々、経営に苦しむクリニックの院長方にとっては、よだれのたれるようなテーマばかりである。
その他、“税務対策”、“訴訟予防”など、建前に終始する学会ではあまり聞けない本音の議論が赤裸々に俎上にのせられ、すでに戦列から離れた僕にも、はなはだ興味もあり、勉強にもなるセミナーだった。
b0084241_11515861.gif

日本の美容形成外科の未来はジェイメックとともにある、といったら褒めすぎだろうか。

何はともあれ、ジェイメックの皆さんご苦労様でした。今後も是非、ユニークな啓蒙活動を続けてください。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-27 21:15 | アンチエイジング | Comments(2)
呼吸する胃袋
特養親父を見舞ってきた。
もうほとんど何時も眠っている。
無理に起こしても、僕だということもわからないようだ。

いつもながら、認知症のヒトから見た世界はどんなものかしら、表現できないだけで、意外に良く見えているのかもしれないなど、想像を逞しゅうする。

目をつぶって、時々腹をぴくぴく動かしているのは、例の塩谷式正心調息法を試みてるのかもしれない。ご存知の方も居られるかもしれないが、それは一種の腹式呼吸である。
介護士の方の話では特に変わりはなく、ほとんど寝たきりだが、昼食だけは時折、車椅子で皆と一緒に食べさせるという。
とても食欲はおありですよ、全部召し上がります。と介護士の方は面白そうにいう。
胃袋が呼吸している”といった感じなのだろうか。
いつものように配偶者がを入れ替えるのを待って、特養を後にした。

それにしても介護の方々の献身的な介護には頭が下がる。しかも皆若い人たちだ。ゆめ、今時の若いものは、などと言わせるべきでない。
家族として、また顧問的な立場で色々な介護施設に関わっていると、現場の方たちの熱意には心を打たれる。

これはあの今悪者扱いにされているコムスンでも同じことだった。たとえ経営者が何をしてこようと、現場の人たち献身的な介護を続けてきた。
また、コムスンにしても、このあまりにも複雑で矛盾だらけの制度の中で、何とか成り立たせようと無理をした結果が、最近起こった諸問題だと思いたい。

医療崩壊”も源は同じといえるが、高騰する物価と医療費、それと反比例して減少する財源
この逆境の中で如何にに高齢者のQOLを維持して行くか、NPO法人アンチエイジングネットワークの理事長の責務は大きい。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-26 22:01 | 介護 | Comments(6)
患者本位の医療とは?
最近クリニックのアナウンスなどで、○○サマと患者名にサマをつけて呼び出すところが増えてきた。
患者本位のつもりだろうが、意外に違和感を持つ患者サマも多いようだ。
サマと呼ばれるより、あまり待たせないで、親切にみてくれるほうがありがたいというのが本音のようである。
また、お忍びで来てるわけでなくても、待合室で自分の名を呼ばれるのに抵抗があるという人もいる。
その点、ジョンス・ホプキンス系のミッドタウンクリニックでは、アナウンスの代わりに、診察室の前の液晶表示板に名前が出るのは、親切な心遣いといえるかもしれない。
要は患者の立場に立って考えることが大事で、二日前に述べたように、まだまだその視点から改善すべきことは多々あるだろう。

これも二日前に述べたように、アメリカでは教授といえども、開業医であるほうが圧倒的に多い。
この辺の仕組みを説明すると長くなるが、彼我の差を理解するにはここからはじめなければならない。
まず、大学病院といっても日本のような付属病院は少なく、ハーバード、コロンビアなど一流大学の医学部も、市中病院と大学が連携して、関連病院群を形成している。
教授はその肩書きと引き換えに、学生を教える義務を持ち、また、関連病院群を使う権利を獲得する。

また、病院は原則としてオープンシステムで、患者は入院料は病院に払い、手術を含め、治療費は教授なりスタッフに直接払う。

教授、助教授、講師といったスタッフいわゆるアテンディング医師は、自分でオフィスを持ち、病状や患者の希望に応じて、複数の病院に患者を振り分け、回診して廻るので、常時大学病院にいるわけでなく,また大学や病院から給与をもらうわけではない。
それぞれの病院に常駐して、泊り込みでスタッフの患者のケアをするのが、レジデントと呼ばれる専門科の修行中の医師である。

レジデントは安月給で病院に雇用される身分だが、レジデントを終え専門医の資格を取得すると、スタッフとして、自分の患者を持ち、治療費も直接患者に請求できるようになる。そして収入はレジデント時代に比べ、一桁も二桁も上になる。

つまりアメリカでは原則として臨床では大学教授でも日本のような勤務医ではなく、患者からの上がりで生計を立てているので、患者を大切にするといったら日本の教授には失礼に当たるだろうか。

またアメリカの場合は日本のような社会保障制度でなく、患者と私立の健康保険会社との契約であり、医師は自分の能力や評価に見合う、応分の診療報酬を請求できる仕組みになっている。
それに引き換え日本の保険制度では、どんなに腕の良い医者でも、診療報酬は医師免許取立ての若ん造と同じである。
このような保険制度の矛盾や、過酷な労働条件がわが国の医療崩壊の原因となっているといえるだろう。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-25 20:36 | 医療崩壊 | Comments(4)
美女あり遠方より来る
有美女遠方来不亦楽乎

文字化けではありません。
「友あり遠方より来る、また楽しからずや(有朋自遠方来不亦楽乎)」という有名な孔子の句を塩谷流に読み替えただけである。
b0084241_11173566.gif

その美女ゼクスからおいでになった。
ゼクスは高級老人ホームに力を入れている企業で、崩壊寸前のコムスンに救いの手を差し伸べてくれた、エンジェルである。
正直言って今回の折口バッシングはいささか常軌を逸している感があるが、いずれにしても気の毒なのは現在の居住者であり、これで一安心されたと思う。

そのエンジェルに今日の昼はフレンチをご馳走になり、バーリントンの今後について見通しを伺った。

僕は個人的には折口君の目指したものは、正しかったと思う。ただ、あまりにも無理と、あえて言えば無駄が多かったのは事実である。
だがその理念はゼクスとしても引き継いでいきたいという。
高齢者の生活環境の問題は、明日はわが身である。
僕はこれからも医師の立場ゼクスのお手伝いをすることとした。

夜はサントリーホールでN響の定期公演。
指揮はブロムシュテット。もう80歳だ。
曲目はシューベルトの交響曲8番グレートとマーラーのさすらう若者の歌である。
正直言って僕はグレートは苦手である。はっきり言って退屈だ。やはりシューベルトはリートの神様だが、大曲の構想は無理なのではなかったろうか。

マーラーを歌ったドイツの若手のバリトン、ゲルハーヘルは素晴らしかった。フィッシャー・ディスカウの立派な跡継ぎといえるが、ハイ・バリの美声で、最近引退した名テノールペーター・シュライヤーの穴も埋めてくれそうだ。

もらったチラシでは、来週の夜「美しき水車小屋の娘」のリサイタルをやるそうで、是非聴きたい!
だがその日の午後は埼玉の劇場で蜷川、平幹二郎のリア王を見る予定だ。
昼間リア王、夜水車小屋では、あまりにも悲しい一日になってしまいそうで、今悩んでいる。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-24 22:54 | 介護 | Comments(5)
患者の気持ち
アメリカでは教授でも原則開業医なので、患者を大事にする。
したがってアメリカでレジデントを経験すると、日本の大学病院ではまず教えてくれない開業の心得を授けられる。

その、2,3をご紹介すると

まず、回診のときは立って患者と話すな、必ず座って話を聞けと教えられる。
それが患者が寝た位置で医師を見上げると、威圧感を感じて聞きたいことも聞けなくなる。
また、医師が座れば、ああ、ちゃんと話を聞いてくれるんだという安心感が沸くが、立ったままだと何時出て行ってしまうかという不安が先にたって、口がうまく動かない。

次に、再診の予約は例え一年先でも、何月何日の何時とはっきり時間まで決めよ。
それじゃ半年後にまた連絡して、ではいけない。具体的な日取りを言われることで、それだけ大切なのだと思い、また忘れることもなくなる。

同じことは薬の飲ませ方にも言える。
ま、日に三回ほどというのでなく、朝・昼・晩、食事のときとか食間とか食後とか、これも具体的に指示せよ、そのほうが効果も上がる。

今ひとつ大切なことは、患者というものは何の病気であれ、もしやこれは癌ではという恐れを抱いているものだ。だから癌と無関係の病気でも、まず癌ではありませんよ、とこちらから言ってあげる必要がある。
ところが癌とあまり無関係な病気だと、こちらは言う必要など思いもしないので、癌の可能性には触れないでしまう。すると患者はああ、俺はやっぱり癌だ、医師が触れないのはもう手遅れだから隠しているのだと思いこんでしまう。

こういった患者の心理の機微は、残念ながら日本の教授の先生方は、偉すぎてあまり教えてくれない。
最近は少しは違ってきたかもしれないが。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-23 21:25 | コーヒーブレーク | Comments(3)
明日出来ることは今日するな
僕の運命を決定付けた一冊の本がある。いや性格には二冊組みであるが。
題名は「アート アンド プリンシプル オブ プラスティックサージャリー
著者はギリエスミラードという二人の20世紀を代表する形成外科の巨人の傑作である。

僕がアメリカで外科を修行中、将来は脳外科をやるか、いや心臓外科にすべきかなど迷っていたとき、“違う、お前は形成外科に進むべきだ”と、決心させたのがこの名著である。
入門書でもない、歴史でもない、テクニックでもない、いやそのすべてであり、しかも“形成外科のエスプリ”を余すことなく伝えてくれた魅力的な著書である。

この中で著者たちは形成外科医の守るべき10か条の心得を挙げている。
その中の一つ“明日できることは今日するな。”というのが僕を魅了した。
早とちりしては困る。決してこれは事なかれ主義の霞ヶ関の村民たちの、“先送り体質”を奨励しているわけではない。

そもそも形成外科手術は熱傷や外傷などを除き、一刻を争うものは少ない。
むしろじっくり時間を掛けて問題を分析し、頭の中で手術法を練りに練って、最適と思われる方法に絞り込めたところでメスを入れるべきで、とりあえずの行きあたりばったりの手術はつつしめという戒めである。

ある意味で形成外科の手術にはルーティンはなく、すべて応用問題といってよい。
しかも他の手術と違って、先へすすめなくなったらいったんメスを収め、間をおいて手術を再開することも可能な分野である。
また、手術の種類によっては、二回、三回とステージを分けて手術を行ったほうが安全な場合がある。

第二の理由としては、これが一番多いケースだが、当初目立つ傷跡でも、日にちが経つに連れ自然に目立たなくなることが多い。外傷などでは、受傷当時は細かい細工がしにくいし、また感染を誘発しやすい。
とりあえずは傷をふさぎ、半年、一年たって再評価して、目立つ部分だけを対象にすれば、修正の範囲も少なくてすむし、また操作もしやすくなる。

また小児の場合は、機能障害や生活に支障がない限り、成人するのを待って手術を行えば、子供のときには入院して全身麻酔が必要だったのが、局部麻酔で通いの手術で済む場合もあり、また術後の管理もしやすいというメリットがある。

つまり、形成外科では、“待つ”ことも治療の重要な一環であることが多い。

これほど大切な一か条だが、実は学生には教えないことにしている。
最初の講義でこれを得々と説いたら、その日から彼らは勉強しなくなったからである。

だから、美女軍団の皆さん!
スキンケアだけは、“今日出来ることを明日に延ばす”と後悔しますぞ、と脅しをかけるのは、目下当方は画期的なアンチエイジング化粧品を懸命に開発中だからである。
[PR]
by n_shioya | 2008-01-22 22:39 | 手術 | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム