ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
体内時計説
老化の原因”に戻って、今日は「体内時計説」。

人間の体の中に時計があって、老化という時を刻むのだという言う考えだ。
というと、ピーターパンのワニのように体内に飲み込まれた時計が、胃袋でチクタクをイメージされる方がいるかもしれないが、其れとはちょっと違う。
むしろ細胞時計説というべきで、人間の体は細胞からできているが。その細胞に寿命があるという考えだ。

事実,培養条件下で細胞は分裂を繰り返すが,ある時点で分裂は止み,やがて死滅する。
細胞が分裂するとき,核の中のDNAがまず分裂するが,そのたびにテロメアという末端部が少しずつ失われ、テロメアがある短さになると細胞分裂をしなくなる。
その状態がしばらく続くと,細胞は自壊してしまう。これがアポトーシスと呼ばれる現象である。
その意味でテロメアは細胞分裂の回数券のようなものと言える。

しかしうまくできたもので、失われたテロメアを再生するテロメラーゼと言う酵素が存在する。
ならテロメラーゼを増産させれば?と言うのは当然の発想だが、細胞が無制限に増殖するのは癌化につながるので、事はそう簡単でない。

また、実際の人間の体にはいろいろなフェーズの細胞があり,必ずしも全身の老化のプロセスと平行してはいない。

しかも個体が死んでも、表皮の基底細胞のように培養条件下で生存して、分裂を続けることも可能な物もあり、これらは幹細胞と呼ばれている。
このあたりから生命とはなんぞやと言うややこしい議論になって行く。

そのほか老化や長寿に直接、間接関係ある遺伝子の存在も分かってきているが、これは単一でなく、数百の遺伝子の発現が絡み合う複雑な現象で、その全貌の解明には程遠い。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-30 22:23 | アンチエイジング | Comments(2)
東大のミスパリ
それはとてもよい集まりだった。

正式に「アドバンストスキンケア(ミスパリ)寄附講座 設立記念パーティ」と言うよりも、“真田一家の暖簾わけのパーティ”と言ったら失礼かもしれないが、そのほうがピッタリなかんじの、和やかで心温まる祝賀会だった。
学士会館という場所もよかった。

東大にエステティックの講座ができることは、僕の夢でもあった。だが、それが僕が生きているうちに実現するとは正直思っていなかった。

真田先生、おめでとうございます。須釜先生お役目ご苦労様です。そしてミスパリの下村ご夫妻、ご支援有難うございました。そして影の仕掛け人、井上さん、また関係者の皆さん、よかったですね。

魑魅魍魎の跋扈するエスティックの世界で、正統なエステティックを確立すべく健闘して来たミスパリが、あの頑迷固陋分からんちんの砦の東大にエステティックの講座を寄付したと言うことはまことに快挙というべきであろう。
その受け皿となった中心人物が、老年看護学の真田教授。
そしてこれから講座を担当するのが真田教授の愛弟子の須釜客員教授。
是非東大とエステ業界に風穴を開けて欲しい。

中心テーマは名づけて、「アドバンストスキンケア」。
ただ皮膚を正常にと言う段階では飽き足らず、秀、優、良と皮膚の評価法を確立し、すべての肌を秀へと磨き上げる方法論を確立せんと言う、野心的なプロジェクトである。
今後五年間の活躍が期待される。

と言った趣旨の言葉を祝賀会の席で祝辞として述べたつもりだったが、“僕が生きてるうちに“というべきところを“僕の目の黒いうちは”と言ってしまったような気がして、もしそうなら言い間違えにもほどがあると悩んでいるところである。
b0084241_123209.jpg

b0084241_12322020.jpg

[PR]
by n_shioya | 2008-06-29 20:04 | スキンケア | Comments(3)
二つのセミナー
今日はセミナー二つを掛け持ち。

始めは九段会館でケープ主催の褥瘡セミナー「褥瘡ケア最新情報」。
ケープは介護用ベッドの専門メーカーである。司会は数日前もブログにご登場いただいた真田教授。
b0084241_12271810.jpg

杉本はるみ先生の「癌専門病院における褥瘡対策」を聞いたところで、次のセミナー会場のニューオータニに移動。
終末期のがん患者の褥瘡対策と言う、最も判断と治療に難渋する難問に実に意欲的に取り組んでおられるのに感心させられた。
本当は最後の特別講演、真田先生ご自身の「褥瘡管理最前線2008」まで居たかったのだが。

ニュー・オータニではがらりと変わって若手実業家のグループのご夫人たちのセミナー。
主題はアンチエイジング
モデルの田中カール氏と前田典子さんの軽妙なトーク、そしてAACクリニックの浜中先生のホルモンのお話。
何時までも若々しく”という世のご夫人方の願望を満たす、内容の濃いセミナーだった。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-28 23:11 | アンチエイジング | Comments(3)
老化の原因
そこで老化の原因である。

老化は何故起こると考え始めたとき,何故という問いは二つの違った次元の問題を抱えていることに気づかされる。
一つはいかにしてというプロセスの解明である。たとえば老化の原因には過酸化物の害があるとか,免疫機能の衰えがあるとかいった説明である。

今一つは,何故老化しなければならないかと言った老化の意味付けである。これは多少形而上学的な問題でもあり,生物学者が進化論的な立場から解明を試みているのでここでは深入りを避ける。

前者のほうが最近,抗加齢医学として急速に進歩しているアプローチであり,直接治療にも関わる問題なので,ここに焦点を絞ることにする。
およそ次の五つに大別できるので、順次解説を試みることにしよう。

①細胞時計説
②内分泌説
③免疫能低下説。
④DNA損傷説
⑤活性酸素説
[PR]
by n_shioya | 2008-06-27 22:51 | アンチエイジング | Comments(3)
芸術にささげた一日
先月はN響の定期演奏を忘れてしまった。
何かと重なったのでなく、ただ忘れたのである。

今日はしっかり覚えていたのはいいが、一旦東京に出かけて途中で切符を忘れたのに気ずき、急遽家にとりに帰る始末。
年は取りたくないものである。

それでも東京には早めに着くことができ、サントリーホールでのN響の前にブリジストン美術館によって、予定していた岡鹿之助展を見ることができた。
僕が学会で忙しくしている間に、色々な展覧会の会期末がせまったので配偶者が焦り、これだけは今日見て置かないとまた逃しちゃう、とせがまれたのだ。

そこで“緊急の事態が発生したので今日はクリニックを休む”と秘書嬢につげて、今日一日を配偶者と芸術にささげることにしたのはいいが、悪いことは出来ないもので、ブリジストンからサントリーに向かう途中、クリニック近くの横断歩道で一旦停止していると、歩行者の中から美女が笑顔でこちらにしきりに手を振っている。
ヤバイ、秘書嬢だった。
明日までになにか言い訳を考えないと。

さて岡鹿之助というとパンジーしか知らなかったが、風景画にもなかなかいいものがあった。
ちなみにブリジストン常設部門も充実している。
我々学生の頃、西洋美術は大原美術館しかなかった。だが、それは倉敷である。大阪までが特急ツバメで一日がかりである。大原詣では泊りがけの大旅行になった。
そのため大学の頃、ブリジストンが開館したときは一大センセーションを巻き起こした。
東京でも本物の西洋絵画が見れるようになったからである、コロー、モネー、ルノアールなどの本物が。

最後に一言:ブリジストンは洒落たカフェもお勧めである。日本一のサンドウィッチのお店、“赤とんぼ”が入っている。人気のサンドウィッチは昼過ぎに売り切れになることが多いが、前日に予約しておけば取っておいてくれるそうだ。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-26 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(9)
美女軍団とニールサイモンの一日
美女軍団は健在である。

今日の昼は大挙して、今度銀座に新たな店舗を開店したリストランテ・ヒロに押しかけた。
ヒロはご承知の通り、青山随一のイタリアレストランで、数年前には新丸ビルにもオープンし、四月からは銀座へと快進撃を続けている。
b0084241_9253773.jpg

b0084241_9342149.jpg

夜は久々にパルコで、福田陽一郎演出のニールサイモンの「サンシャインボーイズ」を楽しんだ。
舞台では息のあった、しかし現実には憎みあった人気ボードビリアンのコンビの、晩年の悲喜劇を描いた名作である。
主役は江守徹と西岡徳馬
なかなかの名演技で、また、それほどの年でもなかったはずのニールサイモンが、良くこれだけ老人の意地の張り合いを、面白おかしく仕立てられたものだと、我々後期高齢の夫婦は感心させられてパルコを後にした。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-25 23:19 | コーヒーブレーク | Comments(6)
創傷治癒の国際会議
昨日は創傷治癒センターの理事会と懇親会があり、東大の真田教授から以下のように、トロントの国際学会のご報告をいただいた。
b0084241_9374124.jpg

新しい話題としては
①抗菌剤として銀の使用はもう一般化し、これからの課題はバイオフィルム対策に移っている。
バイオフィルムと言うのは、細菌が自分で産生する保護膜であるが、これを如何に除去するかがこれからの課題と言うことだった。
細菌のコロニーを保護するバイオフィルムの問題は、歯周病の原因としてすでに早くから歯科領域では研究が進んでいる。
②創傷管理の補助手段として蛆虫、蜂蜜などが注目を浴びてきた。
傷の痛みに対する対処が重要なテーマになってきた。

次回は4年先で、日本で開催されることが決まったという。
南アフリカと競り合って、僅差で勝ち取ったそうである。
日本の代表の方々,ご苦労様でした。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-24 19:04 | キズのケア | Comments(2)
創傷治癒センター理事会
今日は創傷治癒センターの理事会と懇親会があり、今帰宅したところ。
詳細は明日に。
b0084241_9393190.jpg

[PR]
by n_shioya | 2008-06-23 23:28 | キズのケア | Comments(3)
老年の良識
b0084241_1034786.jpg“また、あの渋ちんを読んでるの?”
中野孝次の「老年の良識」を読んでいるところを配偶者に見られてしまった。

配偶者の意味するところは、別に同じ著者の「清貧の思想」がケチの勧めだからというわけではない。
これまでの著書を読む限り、彼の老年の生き方がいかにも“辛気臭い”と感ずるようである。
確かに極論めいたところもあるが、今の物質と若さの至上主義の時代には苦いが良薬の感もあり、また、旧制高校の教養学派の端くれには、ぴんと来るものがないでもない。

暦の年齢のほかに、誰でも生物学的年齢、人によってはリアルエイジと呼ぶが、と言えるものがある。
しかもこれは人によって幅があり、その幅は加齢とともに広がりを見せる。

それ以上に個人差が広がるのが、人生観というかそれぞれの価値観である。
つまり価値観の多様性を認めることからアンチエイジングは始まらねばならぬ。
だから昨日のテーマの「若々しく生きる」のも価値観の一つに過ぎず、その価値観の所有者にはこういう手法もありますよ、と提示するのがアンチエイジングの役目と思っている。

その点で対極にあると思われる中野孝次の思想を再検討してみたくなったのだ。
今読み返すと、意外に“違和感”がない。これも年のせいだろうか。

要は社会の規範から解き放たれた老年期を“自由”に楽しめ。
だが、老化は誰にも来るもので、無理して抗おうこともない、素直に受け止めよ。
そして自分の体力相応に振舞え。
と言うことのようだ。

そして、各所で徒然草西行の生き方に触れ、また正法眼蔵の著者なりの解説を試みている。
そのエスプリは僕流のアンチエイジングの思想とあまり乖離してないのに驚かされた。
加齢とともに人々の価値観に開きができるが、それ以上に同一人物でも、“考えが変わってくる”ものである。
渋ちん”の著書に違和感を感じなくなったのもそのせいだろうか。

最近良く感ずるのは、その年になってみないとわからないことがいくらでもあるし、これからも出うるだろうと言うことだ。それにどう対処していけばよいか?
今一番自覚しているのは、中野氏とは別の意味で、年を取れば“不自由度”が増すということだ。
これはもっぱらこちらの肉体的条件による。つまり加齢とともに体力は衰え、復元力も弱くなり、行動が不自由になる。

お恥ずかしい話だが、つい最近までは、加齢と言っても数字の増加だけで、己の頭の働きが鈍り、行動力も制限を受けると言うことを、改めて意識したことがなかった。
これを支えるのがアンチエイジングのはずだが。

アンチエイジングの目的はQOLの維持にある、とは常々説いているところである。
そのQOLをどう捉えるか、これこそ価値観の多様性の権化で、ここしばらくの課題になりそうだ。

最後に一言:中野孝次氏は墓場まで旧制五高釣鐘マントを引きずっていった感がある。
[PR]
by n_shioya | 2008-06-22 21:18 | アンチエイジング | Comments(3)
いつまでも若々しく生きるために
b0084241_105459.jpg75歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏を迎えて、日本抗加齢医学会白沢会長のもと、市民講座「何時までも若々しく生きるために」が開催された。

場所は水道橋のシビックホール。

三浦氏にはむかし長男がスキースクールのスノードルフィンでお世話になったことがあり、まんざら面識がないわけではないが、久しぶりにお会いしその若さに驚き、また講演をお聞きして、その体力と気力にただただ感服させられた。

そのあと白沢会長の工夫を凝らしたアンチエイジングの食生活のお話と、フィットネスのカリスマ、中尾さんの筋肉の使い方のデモンストレーションと続き、“いつまでも若々しく生きる”のも楽じゃねえなと、アンチエイジングな生き方の強烈な一面に打ちのめされた一日だった。
b0084241_106496.jpg

[PR]
by n_shioya | 2008-06-21 23:27 | アンチエイジング | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム