ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ファッションの技法
“そんなものはありません”
ファッション界の女王、森英恵女史はきっぱりとおっしゃった。

数十年前のこと、長崎大学の難波教授と東海大学の長田教授と三人で日本初の「美容外科」の教科書を作ろうという話しになった。
あやしげな「美容整形」が跋扈する中で、形成外科医によるまっとうな教科書を世に送ろうと、張り切って企画に取りかかった。

僕の考えはこうだった。「美容外科手術」は最後の手段と考えるべきである。その前に「メーキャップ」、「髪型」、「エステ」など安全に行える手術以外の方法を総動員して、ここだけは手術でないと解決にならないと絞り込んだところで、最小限の「侵襲的な処置」、すなわち手術を行うべきであると。

そのためにはこの教科書は、幅広く上記の分野や、心理カウンセリングも含んだものにすべきだった。
その中には当然「服飾」も含まれていたので、当時日本のファッション界のリーダーであった森英恵女史に、服飾に関する一章の執筆をお願いしたのである。

“先生ね、ファッションには法則性などありません。気まぐれ。だからテキストなど無理です”というのがお答だった。
ちょうどそのころアートの世界で“キッチュ”が横行し、ファッション界も、ボロ着からチンドン屋のような組み合わせ、要は何でもありの世界になってきたのを、正統派のデザイナーとして苦々しく感じられたのかもしれない。

b0084241_10483633.jpgだが今度、山田登世子教授の「ファッションの技法」(講談社現代新書)を読んで、なぜファッションが一見気まぐれで、予測がつかないのか多少飲み込めたような気がする。

中身は
1 女は誘惑する
2 隠すことと見せること
3 『現在』にときめきたい
4 ファッションは終わりのない遊戯
という挑発的な4章からなっている。

まず、「ノーと言いイエスということ、身をゆだねることと拒絶することにおいて、女性は名人なのである」という、哲学者ジンメルの言葉(大賛成である)を引用して、ファッションも、服を着た体は、自分を見せながら同時に隠しているし、イエスとノーを同時にあらわしていると分析する。

また女性は、たがいに『現在』という時を共有したい、つまり遅れをとりたくないのだ。その一方で正反対の、つまり、他人と「ちがっていたい」という矛盾した欲望も持っている。

しかもその『現在形』をとる流行(モード)は、常に新しいものを追いかける。それは必ずしも絶対的な、歴史的な新しさでなく、目新しさ、新奇性である。
別の哲学者バルトはこう言っているという。
「モードは進歩しない。ただ変化するだけだ。」
つまりモードの運動は「変化のための変化」なのだそうだ。

うーむ、森英恵女史が吐き捨てるように言われた、“気まぐれ”とはこういうことなのか。
その“気まぐれ”も法則の中に組み込めば、ファッションの理論も成り立つようだし、矛盾だらけで、一見不可解な女性の行動も、何となくわかってくるような気がする。

支離滅裂な説明で申し訳ないが、山田教授のご著書では、ファッションにまつわるその他もろもろの論旨が理路整然と展開されるので、“不可解なもの、汝の名は女!”とお悩やみの方々は是非ご一読を。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-31 23:05 | コーヒーブレーク | Comments(6)
昭和天皇の侍医
今日は珍客が訪れた。
医学部のクラスメートの伊東貞三君である。
昭和30年卒のクラス会は年一回あるが、お互いにサボることが多く、顔を合わすのは久しぶりである。
聞けばこのクリニックから遠くない日産の診療所に、毎金曜日出ていたという。

賓客をお連れしていることにしている向かいのザクロで昼飯を食べながら、クラスメートの消息を交換し、学生時代に戻ったような感じになった。
彼とは他の仲間達とひと夏佐渡で遊んだことがある。

b0084241_10503436.jpg僕は外科、彼は内科に進んだが、その後宮内庁の侍医団の一人となり、昭和天皇の最期を看取った一人で、其の体験を昨年彼が出版した著書「回想の昭和」で綴っている。今月の月刊文春で佐野真一氏が取り上げているので、読まれた方も居られると思う。
ちなみに昭和天皇の手術を行ったのも、クラスメートの森岡君だった。

我々昭和一桁は極度の食料難で、粗製濫造の体のはずだが、皆意外にしぶとく頑張っている。これもカロリー・リストリクションの効果かも知れぬとは、前にも書いたことがる。
さすがに大学教授だった奴は皆首になって、名誉教授という称号だけをぶら下げているが、市中病院では、名誉院長だの、名誉顧問などを歴任して、余人をもって代え難しと称して、居座っているのが多い。
かく言う己も其の一人であるが。

今国会で槍玉に挙がっている役人の“渡り”とどう違うか疑問視される方のために弁解すると、まず、我々は霞が関の詐欺集団と違って、税金をくすねているわけではない。
また、べらぼうな退職金を二重三重に巻き上げることもない。
してこれが大事だが、我々は本当に必要とされる職責を果たしている。
本当ですかね?
[PR]
by n_shioya | 2009-01-30 23:22 | コーヒーブレーク | Comments(2)
オバマ新政権時代の日米関係
b0084241_9461859.jpg岩波新書の「デモクラシーの帝国」を読んで以来、僕は藤原帰一教授のファンである。
彼と例の北鮮のミスターXで名をはせた元外務省の田中均氏、そしてオバマの選挙参謀で活躍したオア氏(通称スキップ)の三人が、“オバマ新政権時代の日米関係”をテーマに討論するとなれば、国際政治音痴の僕でも、外人記者クラブ(通称プレスクラブ)まで足を運ぼうという気になる。

プレスクラブの記者会見は、先に質問状を出させる日本の記者会見と違い、アドリブの質問で、よってたかって演者をいじめるので、楽しめる。かつては田中角栄もここで沈没させられた。

今回はそんな意地悪い質問の必要もないテーマでもあり、さすがベテランの演者たちは明快に問題点に提示し、大変勉強になった。

日米関係、経済不況、防衛問題と論点は多岐にわたったが、それぞれの演者が強調した点は・・・
藤原教授:オバマの評価は日本では、一般人と政治家でだいぶギャップがある。
一般人はオバマ礼賛だが、政治家は日本との関係が軽視されるのではと心配している。

スキップ:日本は最も重要なパートナーであり、中国との経済交流は別問題で、それによって影響は受けることはない。

田中均氏:これからは日米中の三国間の協力が大事になる。日本も、個別の問題だけにこだわらず、全体像を把握した上で判断し行動すべきである。

以上を含め、多彩な論議が2時間近くにわたって繰り広げられた。
それにしても藤原帰一クン、黒のタートルネック恰好よかった。
b0084241_9464724.jpg

[PR]
by n_shioya | 2009-01-29 23:09 | コーヒーブレーク | Comments(9)
ハイテク・トイレットの悩み
“ワタシ、ミナサンニコクハクシナケレバナライコトガアリマス”
とたどたどしい日本語で、若い宣教師さんは話し始めた。
医学部の学生のころ、バイブルクラスに通っていた時のことである。
説教のあとのほっと一息つくお茶の時間であった。
そのころのバイブルクラスは、女子学生に出会え、ドーナッツにありつける桃源郷だった。
まだ戦後まもなくで、食糧事情は悲惨で、衛生状態も悪く、温水のの蛇口がある家などなかった。
トイレはもちろん汲み取り式である。

日本についてまず面くらったのは、トイレの異形の便器であったという。
どっちを向いてどう用を足すのか、途方に暮れた彼は、思い切って、鍵をかけ忘れた隣の便所の戸をバット開いた。
慌てて前を隠す男の全貌をみて、“ナルホド、シャガメバイイノダトワカリマシタ。”
みな爆笑したことは言うまでもない。

だが、最近のトイレ、あまりハイテクになって僕でも戸惑うことがしばしばある。
ウォッシュレットはすでに普及し、痔の予防や再発防止に役立っていると思うが、新しいものは、蓋や便座の開閉、さらには流水まで目立たないところにはめ込まれたボタンの操作になっているからだ。
外人の観光客が、いかに適応しているか知りたいところである。

ハイテク機能もさることながら、最近は何事でもデザイン優先で当惑する。
地図がいい例だ。見た目にはモンドリアンの抽象画みたいで洒落ているが、肝心の目的地がどこにあるか、どれが大通りでどれが袋小路かさっぱりわからない。

便所でいえばこんなのもある。
b0084241_943762.jpgじつはこれ、僕のお気に入りのクレープの店だが、壁面がべったり蔵書棚のデザインで、入り口の男女の別のサインもひどくわかりづらい。
始めに間違えて女性用に入ってしまってから、その後も時折間違えてしまうのは、こちらの出歯カメ根性でなく、欠陥デザインのせいだと、中の方には謝ることにしている。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-28 21:45 | コーヒーブレーク | Comments(4)
趣味とQOL
アンチエイジングのゴールはQOLあると我々は気軽にいう。

だが、そのQOLを支えるものは何か、と改めて考えると答えはさまざまである。
昔は「後期高齢者」などという無礼な日本語は存在せず、「御隠居様」と奉ったもである。
御隠居様」は長火鉢の傍にどっかと構えてキセルをくゆらし、GDPにはおよそ寄与しない、盆栽や骨董を愛でる横町のご意見番だった。

これもQOLの一つの姿であろう。
だが、“隠居仕事”という言葉の持つニュアンスのように、何か社会からおきざりにされた道楽事といった、多少の侮蔑の念が含まれていないでもない。

実は義弟から、写真のグループ展をやっているのでと誘われた時は、奴もやはり「御隠居様の道楽」にはまったのかぐらいに考えていた。
それがなんと会場は今が旬のミッドタウン。その一角の富士フィルムの展示サロンである。
義弟の作品は三点だったが、見事なものであった。
三陸海岸の荒々しい岸壁の、潮風を感じさせる風景が二点。
いま一つは、出雲大社?の巨大なしめ縄を下から見上げた、オブジェ風な作品。
b0084241_935927.jpg

b0084241_97336.jpg

東工大出の根っからの技術屋の義弟に、これほどのセンスがあったとは、と改めて見直した。(失礼)
聞けば、このグループは東工大同窓の写真好きの同好会で、永年、プロの写真家の指導を受けてきたという。
いい趣味である。
これがどれほど定年後の彼のQOLに寄与していることだろうと、おせっかいながらホットした。

QOLといってもとらえ方はいろいろある。
いわく生きがい、いわく人に必要とされること、そしてまた、ひそかに続けてきた趣味や習いごと。
要は当人が“充足感”を感じることが大事であり、百人いれば百通りのQOLの形があって当たり前、と何となく納得もし安心もしたのである。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-27 22:53 | QOL | Comments(9)
美女はシャンパンがお好き
今でこそレーザーと言えば子どもでも知っているし、医療分野でも欠かせない兵器となっているが、20年ほど前は、レーザー?それ何。殺人光線のこと。といった感じだった。
それがいまレーザーは、我々美容外科医にとっては、あざ、しみ、しわの治療には不可欠なものになった。
又、眼科領域での眼底出血の治療、近視のレーシックによる矯正など、医学のすべての分野で大活躍である。
これを日本に普及させた立役者がJ-mecという会社で、森下社長の先見性は素晴らしいものがあった。
ちなみに“アンチエイジング医学”を始めて日本に導入したのも、森下社長であるといっても過言ではない。

去年、日本抗加齢医学会の分科会として「見た目のアンチエイジング」という学会を始めたことは既に報告したとおりだが、今年もまた、五月に開催を予定している。
その中の目玉のひとつ、「ランチョン・セミナー」のプログラムについて、今日は会長の職権乱用でセミナー開催側のJ-mec社の担当の美女とシャンパンでランチを楽しんだ。
ランチョン・セミナーとは、ランチタイムを企業に提供し、学会本体のプログラムとは別に行われる企業主体のセミナーの言いである。

どうせ学会参加者は昼飯はどこかで食わねばならぬので、弁当につられて出席率はいいし、企業としてはプレゼンスをアピールするチャンスにもなり、お互いにメリットがあるということで、最近の学会にはランチョン・セミナーが目白押しになることもある。
そういう時はセミナーの内容よりも、“弁当の中身”でセミナーを選ぶ僕のような不心得者もいないではないが。

だが昼からシャンパンとはいささか不謹慎では、と言われそうだが、僕は車で通勤しているので、夜はアルコールは禁止である。昼飲む分には法律順守で、はるかに安全というのが僕の言い分だ。
大体アメリカなど医者は別として、ビジネスマンの昼の会食はマティーニが付き物だった。何杯までは税務署が必要経費として認める、認めないの議論さえあったほどである。
b0084241_9124273.jpg

それはともかく、「美女はシャンパンがお好き」というのは洋の東西を問わないのは御覧の通り。

ちなみに「見た目のアンチエイジング」研究会は、会員以外の一般の方も当日参加は大歓迎なので、詳細は追ってお知らせします。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-26 22:20 | アンチエイジング | Comments(8)
ガレット・デ・ロアの続き
昨日は時間がなかったのでご紹介出来なかったが、「ガレット・デ・ロア」のことは、ブログ仲間の芙蓉さんが詳細に説明されているので是非お読みくださるよう。

ちょっと無断で引用すると
『「ガレット・デ・ロワ」は、
王冠がのったパイにアーモンドクリームが入ったフランスのパイ菓子のことですが、
何といいましても、パイ特有のこの焼き目の美しさと さくさく感はたまりません!
バター風味で、クリームもまろやか♪。
何でも、フランスでは、
クリスマスあたりからケーキ屋さんやパン屋さんにこのガレット・デ・ロワが並び始め、
家族や同僚・友人達が集まって楽しく切り分けて食べながら、
キリスト公現の1月6日の「エピファニー(Epiphanie)」の日を祝うのだとか。…(後略)
「芙蓉のひとりごと 21-01-09」』

昨日のガレットも芙蓉さんが書かれた通りの出来栄えで、家族会もおかげさまで大いに盛り上がった。

ところで長男の嫁さんはフランス女性である。
“オレはもうあまりミサにもいかないし、カミさんも熱心なカトリックとは言えないけど、このお菓子はやはり正月には欠かせないようだね。
まあ、フランスはカトリックの国だけど、日本人の仏教みたいなものさ。”
ふむ、そうすると日本は神仏混合だから、ガレットは鏡餅みたいなものか。

ここで一転してしかつめらしい話になるが、いつも気になっていることがある。
西洋ではクリスマスを盛大に祝い、雪をかぶったモミの木とお飾りはその象徴である。だが、よく考えると、ベツレヘムは中近東でどちらかというと砂漠地帯に近い。まして、年の暮れだからと言って雪が降るとは考えにくい。

“ま、そんな野暮なことを言いなさんな。楽しきゃいいじゃないですか。一つの文化ですよ。”と言われそうである。
確かにドイツのメルヘン街道のローテンブルグには有名なクリスマスショップがあって、日本にも進出していますよね。
だからもう、クリスマスといってもお祭りだし、現代では宗教が衰退して文化の部分だけが残っていると言える。

だがそこで気になるのは、もしキリストが日本に生れたら、キリスト教はどんな文化の衣をまとったかという疑念である。
このあたりは、遠藤周作氏井上洋治神父も頭を悩ませたところのようで、僕などにすぐ答えが見つかるはずがない。

ただ、アンチエイジングに関わって、「老後の生活の質」をただし始めると、どうしても生きがい死生観、そして最後には宗教の問題にぶち当たってしまう。
この辺でもっとまじめに神様と向き合わなければと思う。

というわけで、あのアーモンドクリームのサクサクしたパイが、そのきっかけを作ってくれればそれもまた良しとしましょう。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-25 22:10 | QOL | Comments(9)
ガレット・デ・ロア
三日前に飛んできたばかりの長男が,あすニューヨークに戻るというので、皆で麻布十番のフレンチに集まった。
b0084241_8102611.jpg

b0084241_895671.jpgプチ・トノー」という、知る人ぞ知る、気軽なビストロである。
皆、飲みかつ食らい、最後の締めはまだ間に合ったフランスの正月のお菓子、「ガレット・デ・ロア」だった。
中に隠されたお宝は不思議に?孫娘にあたって、プリンセスとして王冠をかぶり、ご満悦だった。

長男が戻るニューヨークは今零下10度。
今度皆で会えるのはいつだろう。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-24 23:41 | コーヒーブレーク | Comments(4)
羊の歌
b0084241_1474683.jpg加藤周一の「羊の歌」を読み返している。
40年前の発売当時によんだときは、なぜかあまり印象に残らなかったが、いま読むと実に面白いというか味がある。
僕より一回り上のひつじ年の男の自伝的回想である。
それだけ僕も年をとったということだろうか。

全く覚えていなかったが、12年のずれは別として、あまりにも類似点が多いので驚かされた。
まず、生まれた場所が同じ渋谷の美竹町である。
どちらの親父も医者で医院を経営していた。
中学は都立一中(彼の場合は府立一中)、高校は旧制一高、そして大学は東大の医学部である。
だが医学部に行っても医者になる気になれなかったことも似ているが、彼は文学の道に進み、僕は妥協したことが大きな違いである。

ちょうど、伊集院の「美の旅人」の時のように、毎日少しずつ、ちょうど極上のチョコレートを味合うように、一行、一行丁寧に楽しんでいる。
斜め読みが習慣になってしまった僕には珍しい。
ちょうど今、高校生活のところまで来たところである。
幼少時の出来事を克明に覚えているばかりでなく、その当時の気持を子供の視点で記している点は、中勘助の「銀の匙」を思い出させる。

筆者のあとがきを引用させていただく。

「軍国主義がほろび、日本国に言論の自由が回復されから、私は文筆を業として今日に及んだ。その間二十年、私の作文の私事にわたることは、ほとんどなかった。今俄かに半生を省みて思い出をつづる気になったのは、必ずしも懐旧の情がやみ難かったからではない。私の一身のいくらか現代日本人の平均に近いことに思い到ったからである。
中肉中背、富まず、貧ならず。言語と知識は、半ば和風に半ば洋風をつき混ぜ、宗教は神仏のいずれも信ぜず、天下の政事については、自ら青雲の志を抱かず、道徳的価値については相対主義をとる。人種的偏見はほとんどない。芸術は大いにこれを楽しむが、自ら画筆に親しみ、奏楽に興ずるには到らない。―――こういう日本人が成り立ったのは、どういう条件のもとにおいてであったか、私は例を私自身にとって、そのことを語ろうとした。(後略)」

及ばずながら、僕も同じ気持ちでこのブログを綴っている。

著者は去年他界された。享年89.(合掌)
[PR]
by n_shioya | 2009-01-23 23:02 | コーヒーブレーク | Comments(2)
新生アメリカのスタート
オバマガ勝った。そして新政権が発足した。
民主主義の勝利である。“チェンジ”がスタートした。

思えば長い道のりだった。
未曾有の経済危機と、テロ対策を抱え、新政権の先行きを危ぶむ声もあるが、いまは素直に、そして無条件に喜びに浸りたい。

昨夜、仕事でニューヨークから飛んできた長男は、空港で買ったというタイムやライ
フの特集号を抱えていた。もちろんオバマ一色である。
半世紀前、その長男が生まれたころのアメリカを思うと、隔世の感がある。
そのころのアメリカは、識者であっても黒人を平等に扱うのは、太陽を西から上らせ
るような、愚かしい理想論と思いこんでいた。憲法と現実の乖離は当然とされてい
た。

ちょうどケネディが台頭した頃だった。
若いセネターだが、いずれは大統領になるだろうとみな期待していた。やがて政治の
階段を一気に駆け上り、大統領の就任演説の名セリフで全世界を魅了した。そして
に倒れた。

オバマの旋風ははるかにスピーディであった。
その演説も迫力があった。レトリックの勝利である。
自分の発言に命をかけなければ、人を魅了することはできない。
そしてアメリカ国民は、“よし、あいつにやらせてみよう!”と団結した。

政治の世界が足の引っ張り合いであることはどこの国でも同じである。
オバマは「民意」を味方に、それを巧みに振り切った。
わが国でも、「改革」を目指す政治家が台頭しつつある。
“よし、やらせてみようじゃないか。”と若いエネルギーが結集することを切望す
る。
そしてそのエネルギーを盛り立てるのが、僕のような後期高齢者の務めであり、最大
アンチエイジングと信ずる。
[PR]
by n_shioya | 2009-01-22 15:47 | コーヒーブレーク | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム