ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
情報の氾濫と操作
最近まで我が家にはテレビがなかった。
なにも確たる信念のもとにテレビを排除してきたわけではなく、ただ買わなかっただけである。
子供たちは、ひどい家に生まれた不運をかこっていたのかもしれぬが、五人の兄弟でよく遊びよく喧嘩をし、それなりに育ってくれた。

長じて彼らに言われたのは“テレビがないことを隠して、友達と話を合わすのが如何につらかったか”ということである。
気の毒なことをしたかもしれない。
だが、何よりよかったのは、ほかの子供に比べ、本をよく読んでくれたことである。
それは彼らも感謝しているようだ。
また、結果的に家族同士の会話も豊かだったのではないかと思う。

数年前、子供たちも巣立ったからという配偶者の希望でテレビを入れることにした。
なるほど面白いし、便利なものである。
ニュース番組、医学番組だけでなく、配偶者は大河ドラマなどに人波にはまっている。
そして政治家がウソをついている時、口先だけの時はそのまま顔に出てしまうのが恐ろしい。
反面、活字媒体以上に情報操作が可能なようで、危険を感じさせる。
個々の映像は真実であっても、その切り貼りでいかようにでも印象を変えることができるからである。

このような情報操作も困るが、今起こりつつある新しい問題はネット上の無秩序な情報氾濫ではなかろうか。
たとえば医学情報にしても、チェック機関なしに個人的な生情報が行きかっている。

などあれこれ考えているうちに、自分でも何が言いたかったのか分からなくなった。
そしてリンドバーグ夫人の名著「海からの贈り物」の一節を思い出した。
〝浜辺での生活で第一に覚えることは、不必要なものを捨てるということである。”
やっとこれで振り出しに戻れたので、明日は「海からの贈り物」を読み返してみることとする。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-31 20:18 | コーヒーブレーク | Comments(6)
ケータイ文化?
ケータイの浸透速度は恐ろしいほどである。
歩きながらも、電車の中でも、食事の席でも皆片手に携帯を握って、画面とにらめっこしながら、一本指でパチパチ打っている。

あのはしたない真似だけは死ぬまでやらないつもりだった。
しかもパソコンのキーボードならともかく、あのテンキ―だけで漢字変換までやるのは、気の短いものにとっては考えただけでイライラする。

それが、今年携帯を変えてから、便利さには負けてついに携帯メールを始めるようになってしまった。
一、二文字入力するだけで、適当な単語さらにはフレーズまで画面に現れからである。
これなら僕でもできると、パチパチとメールを打ち始めた。

進歩したものと始めは感心した。だが、同時にぞっとなった。
文章を考える代わりに、画面に現れた単語やフレーズを適当にい繋ぎ合わせて、事を済ますようになったからである。
なるほど、これがケータイ文学の誕生の所以か、と改めて愕然とした。

かつてパソコンでインターネットを始めた時、ネットと言うヴァーチャルな世界の方を、リアルな世界よりリアルに感じている人種の出現に驚かされたことがある。
また、ネットによりすべての情報が簡単に検索でき、また様々なコンテンツ、音楽でも動画でも、容易にダウンロードできるようになった。
そのパソコンを今、ケータイが取って替わろうとしている。それも中学生レベルで。

彼らの成長とともに、人類の文化は堕落とは言わないまでも、どう変貌するのだろう。
少なくも脳の回路に異変が生ずることは間違いない。
そして人と人との直接のコミューニケーションは、ぎくしゃくしたものになっていくだろう。
いやもうその予兆は十分にあるようだ。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-30 15:00 | コーヒーブレーク | Comments(6)
モーツァルトの夕べ
きょうはN饗の定期演奏。
アンドレ・プレヴィンの指揮で、プラハ、39番そしてト短調とオール・モーツァルトプログラム
モーツァルトの曲はすべて、美しさと背中合わせに死の影を感ずると誰かが言っていたが、同時に最高の癒しの音楽でもある、特に今宵は。

僕には横浜市大から北里大学時代を含め、25年ほど一緒に仕事をしてきた助教授がいた。
偏執狂的な自己中が多い形成外科医の中で、(もちろん僕もその筆頭であるが)異色の形成外科医だった。つまり珍しいほどバランスがとれて、まっとうな男だということだ。
彼は講師の時代に、過労も原因で腎不全となり、完全透析に入る。
その時主治医に、5年は保証しますが、と言われたのが心に残っている。
つまり透析の初期の時代で、まだ長期のフォローがなく、5年以上は保証できないということの裏返しだ。

彼を助教授に昇格させようとした時、学部長からは強い反対を受けた。透析患者に助教授のような激務は務まらないというのである。
だが、僕には彼が絶対必要だと、強硬に主張し認めてもらった。
彼はその任を立派に果たしてくれたが、ある時“助教授を5年やると気が狂うと世間では言いますよ”と、彼に笑顔でからかわれたのを思い出す。

また、誠に男らしくがまん強く、一切不満をもらすことがなく、“透析患者は自殺する人が多いそうですよ”などと自分で漏らすユーモアのセンスも失うことがなかった。

だが、やがて透析の合併症、骨粗しょう症で悩むことになる。腰椎も次いで頸椎もぐしゃぐしゃになり、手術による固定が必要になった。繰り返す手術についに関東ではもう、手をつける勇気のある医者がいなくなった。
そこで彼は自分で京都に勇気ある医師を探し出し、何度も京都の病院に入院して、手術を繰り返し受けてきた。

もうこれ以上は無理、という事態になって、家族は彼を古巣の北里大学に移したのが数か月前。
その後容体は徐々に悪化し、今朝6時、ついに彼の闘病生活に終止符がうたれたとの知らせがあった。
透析を続けること30年余。
本当によく頑張ったね、伊藤正嗣君。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-29 23:07 | コーヒーブレーク | Comments(5)
がんの告白
医師として患者にがんを告げるのはつらいことだが、親しい人の口から“自分は癌だ”と告げられるのはそれ以上につらいものがある。

一人は医療機器関係の会社の元社長で、まだ、60歳ほどだった。
ある日、わざわざクリニックを訪ねてこられ、肺がんで余命半年と宣告を受けたといわれた。
淡々と、他人事のように言われたのがなお堪えたものである。
そして半年ほどでこの世を去った。
彼はヘビースモーカーだった。

今一人は僕より一つ下の男で、一週間ほど前に電話があり、“膵臓がんが発見された”という。
膵臓がんは初期症状があまりないため、発見された時は手遅れのことが多い。
しかも手術そのものが大手術で、生存率は芳しくない。
彼はしかも心臓のステント術も受けている。
とりあえずは化学療法を試したら、と言われたという
あと半年と宣告れたが、まだやり残したこと、最低限整理したいこともあるので、余命のQOLを最善に保つためにはどうしたらよいだろうか、という相談だった。
彼もチェーン・スモーカーだった。

だからタバコはやめるべきだったなど、野暮なこと言うつもりはない。
同じような立場になった時、僕は自分の病気をあれだけ客観視できるかと考えさせられたのである。
そして増えつつある癌に対し、医師としての無力さを痛感させられた。

これまでも次々に癌で友を失いながら、“抗加齢、アンチエイジング”と叫んでいる自分が愚かしくさえ思えてくるのは、致し方ないだろう。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-28 22:43 | 医療全般 | Comments(9)
山に行き損ねて・・・
日曜日の行事も無事終え、今週の前半は山で過ごすはずだったが、昨日の暴風雨でキャンセルして横浜にとどまったら、今日は久しぶりの秋晴れ。

すっかり頭にきて、休むはずだった銀座のクリニックに顔を出す。
そこはうまくしたもので、あとからあとから用事が飛び込み、その合間に日曜日のシンポジュームの報告を聞いたり、来年の企画まで話が飛んだり、なんやかんやで家に今戻ったところ。
もう12時近い。

我ながらご苦労様でした。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-27 23:32 | コーヒーブレーク | Comments(2)
美女とシャンパン
数日前、ある雑誌のライターの方から電話取材を受けた。
ワインに関するシリーズを始めるので、シャンパンについて伺いたいということである。

なんで僕に?
親父の遺伝で、酒にはめっぽう弱い。
ワイン一杯でひっくり返ってしまう方である。
親父はそれこそ奈良漬で酔っぱらう方で、僕も前は一滴も飲めなかったが、アメリカ留学中にわずかながら楽しめるようにはなった。
世話になったアメリカ人の弁護士にしてやられたのである。

まだ一人者だった僕は、毎晩のように彼の家に御馳走にあづかりに行った。
食前にオレンジジュースが出される。
彼はそれにそっとウォッカを少しずつ気付かれぬよう垂らしていったのだ。
そして僕が気付いた時は、もう立派にスクリュー・ドライバーを一杯はたしなむ男になっていた。
そして当然ワインの一杯ぐらいも。

だが僕は味覚音痴である。
寿司にソースをつけて、最後まで気づかず食べ終わったこともある。
ワインも色盲でないから赤と白の区別ぐらいはつくが、 “先生のお好みのシャンパンは?”と聞かれても、答えられるはずはないでしょう。
とっさに“そりゃ、ブーブ・クリコですな。”と答えが飛び出した。
味ではない、あのオレンジ色のラベルがきれいなのと、名前の響きが好ましいだけである。

そもそも僕にとってシャンペンは銘柄でなく、一緒に飲む女性のほうが重要である。
そう言いながらはたと気がついた。
女性は勧められるシャンパンによって、相手の男性を評価するのでは、ということだ。
これを機会に僕も勉強して、その時々の美女にふさわしいシャンペンを選べるようになれればよいのだが。

幸いシャンペンの嫌いな女性はいない。
不純な動機にはもってこいの武器のはずだが、下戸の僕である。
相手方がその気?になる前に眠気を催してしまうので、いまだにその域に達したことがない。
ま、その分、信頼度は維持されているのかもしれないが。

といったような愚にもつかぬお答をしたが、どんな記事に仕上がるのか楽しみである。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-26 23:25 | コーヒーブレーク | Comments(9)
アンチエイジングセミナー2009
よみうりホールでのアンチエイジング公開シンポジュームを無事終えて帰宅したところ。
事務局の頑張りが功を奏し、雨天にもかかわらず予想以上の参加者だった。

b0084241_17224721.jpg
b0084241_1722595.jpg
浜中聡子先生の「ずっと豊かなきれいな髪でいるために」
宝田京子先生の「歯科医師の顔トレーニング講座」
高橋ミカ先生の「キレイになるための意識改革講座」
どれも好評だなった。

司会の大下容子さんは今年で三年目、手慣れた進行で会場の雰囲気を盛り上げてくださった。

b0084241_17235247.jpgあとは例年通り、プレスクラブで関係者の懇親会
これで今夜はぐっすりと眠れます。
[PR]
by n_shioya | 2009-10-25 22:53 | アンチエイジング | Comments(7)
見た目のアンチエイジング
明日はいよいよ、アンチエイジングセミナー2009である。
今朝から雨模様で、このままだと明日の集まり具合が心配になる。
文字通り“運は天に任せて”、開会のご挨拶で何を言うべきか、一日中悩んでいた。
結局は以下のように思っているママをぶつけることとした。

『なぜ今「見た目のアンチエイジング」か?
今日は皆さんとこの問題を考えてみたいと思います。

ここにNPOアンチエイジングネットワークで行ったアンケート調査の結果があります。
ご自身のアンチエイジングに関する悩みは主に何ですか?
という問いに対し、数の多い順で

①顔の老化
②体型の変化
③髪の老化

と続きます。
男女に差はありますが、この三つが七割を占めています。
そこで今日はその三点に焦点を当て、それぞれの専門家にお話しいただきます。

いまだに「アンチエイジング」というと、なにか胡散臭いと考えられている方も多いようです。
それが、「見た目」となると、“一体それなんじゃ、医者にもあるまじき、”などとの非難も受けました。
これまで私は形成外科医として病気により損なわれた容貌、体型の復元に関わり、更には正常だがさらに美しくという要望にこたえる美容外科も、その延長線上において努力してきました。

ここですぐに出る議論は、“人は形より心じゃ、”という主張です。
本当でしょうか?
この彫刻をご覧ください。

b0084241_1651631.jpg皆さまよく御承知のミケランジェロのピエタです。
バチカンでご覧になった方も多いでしょう。
でも、よく見ると何かおかしいと思いませんか?
非常に写実的な優れた作品です。
だが、キリストは30歳で布教を始め、三年後、磔にあったとされています。
だからこれは33歳の像ですね。

その母マリアは?
どう見ても二十歳の乙女としか見えません。
いくら処女懐胎と言ってもこれはないでしょう。

わたしがそう言うと、“だから医者は無粋だ、これは造形の要諦ではないか?”とすぐ言われます。
私に言わせるとそれが問題なのです。
“形より心”と説き続ける精神の王国バチカンでさえ、尊崇の的であるマリアは容貌も美しくなければならない、そして女性の美は若さで象徴される。
これが我々、老いて死んでいく者の本音なのではないでしょうか。
その悩みに安全に効果的に対処して、女性のコンプレックスの解決の一助と出来るなら、それも許されていいのではないでしょうか。

実のところ私自身は、そう自分に言い聞かせながら、この分野に取り組んできました。
だが、まだ本当に納得していないことも確かです。
また、そうなると“美しく老いる”ということは矛盾ではないか、という疑問も頭をもたげてきます。

b0084241_16535243.jpgこれは皆さんご存知の方ですね。
僕の悩みは、もしマザーが来られて、しわ伸ばしの手術をと言われたらどうだろうということでした。
“そんなことはあり得ない”そう言われることでしょう。ぼくもそう思います。だが、そう思うこと自体、僕自身、“形より心”と言う価値判断を抱えていることの証でもあります。
ならばやはり“美しく老いる”と言うことも可能はずだと。

結論を言いましょう。
本来、「心と体」は一つであるべきものです。なにも対立させて考えることはありません。
各々が自分の現在の価値観に元づき、どちらを優先させても片方も付いてくるものではないでしょうか。
ですから今日、これからお三方の話を聞かれ、まず、形から入って「見た目」の若返りをはかり、その結果心も若返って、その内面からの輝きが、更に皆さまの「見た目の美しさ」を支えるようになれば、このセミナーの意義も十分果たせたことになるでしょう。

どうぞご期待ください。』

如何でしょうか?
[PR]
by n_shioya | 2009-10-24 22:48 | アンチエイジング | Comments(5)
日本の医者はどこに消えた?
日本から医者は姿を消してしまったのだろうか。

今日友人から再三電話があった。
最初は朝。どうも体の具合が悪くて新型インフルエンザのようだと言う。
この2週間、子供たちが順繰りに新型にやられており、症状が全く同じなので、まだ熱はないが、心配だという。
とりあえず近くの公立病院に行くように促した。

2時間後電話があって、熱もないのになぜきた、と追い返されたという。担当の若い医師は顔も見ず、もちろん喉を見たり、聴診器で胸を聞いたりなどせず、コンピューターの画面とにらめっこをしているだけだったそうだ。38度以上にならなければ、診察はできないという。

午後になってまた電話だ。やはり発熱して8度5分になったがどうしよう、と泣き声である。
本来新型の時は、まず保健所にというルールはあるので、そのことを言ったら、子供たちの時には保健所からまわされた私立病院で、もっとひどい扱いを受けたので行きたくないという。
ならもう一度、やっと熱が出ましたと元の公立病院に行ってみたら、と言うしかなかった。

そして最後の電話で、公立病院に言って看護師さんに、朝の医師だけは見てほしくないと泣きついて、やっと別の医師にまともな診察を受けることができたと報告があった。

確かに新型インフルエンザに関しては、行政の対応が混乱を招いているが、問題はもっと根本的なところにあるようだ。
目の前に患者がいたら、行政がどう決めようと、患者が何できてようと、まず患者の訴えに耳を貸し、医師としては当たり前の診察をすること。この常識が失われている。いや、まともに聴診器を使うことすら習っていない医師が増えている。
患者はコンピューターの画面にしか存在しない。
採血は看護師がやり、検査は高価な検査機器が行い、医師はただパソコンに送られてくるデータを見るだけである。その判断までソフトが自動的に行ってくれる。
患者の診察など、石器時代の効率の悪い行為は医療とは考えたくないようだ。

本物の医者”はどこに行ってしまった?
[PR]
by n_shioya | 2009-10-23 23:41 | 医療全般 | Comments(8)
美女とメゾセラピー
今日も美女軍団との楽しい一日。と言ってもレッキトシタ研修会である。
フランスからメゾセラピーの大家、プチ先生をお招きし、メゾセラピーの最新情報と、その実演を拝見した。
メゾセラピーと言うと、脂肪融解法のようにわが国では誤解されているが、これはあくまで、薬剤を皮下表層に注入する手技を言うので、目的に応じて種々の薬剤が使われる。

その目的は
①小じわを目立たなくすることによる皮膚の若返り。
②毛髪の再生
③そして勿論、脂肪の融解除去
④また、メカニズムは明らかでないが、老眼の治療
等々多岐にわたる。

使う薬剤は少量であり、これは僕の印象だが、なにか皮膚の表層に針で云うツボのようなものがあって、そこが刺激されることで遠隔の組織や、全身変更影響をもたらすのでは、という感を持った。
これからもっともっと、追及されてよい分野のように思えた。
b0084241_9521632.jpg

b0084241_9524029.jpg

b0084241_106567.jpg

夜は関係者一同で、プチ先生がご自分のの本拠地ボルドーから抱えてきてくださった、ボルドーでも入手しがたい特別なワインの数々を持ち込んで、四谷三丁目の、トラトリア・ラヴィータで今日もまたイタリアンを堪能した。
b0084241_953412.jpg

b0084241_9532182.jpg

[PR]
by n_shioya | 2009-10-22 23:22 | アンチエイジング | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム