ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
見た目のアンチエイジング
久しぶりに教科書を作成することになり、医学書出版社の文光堂で関係者が集まって編集会議を行った。
二年前に立ち上げた「見た目のアンチエイジング研究会」が順調に発展し、その記録も兼ねて本に仕上げようという話になったのだ。

内容は研究会同様、皮膚容貌そして体型を三本の柱とし、その加齢による変化のデータを提示し、改善のための手法の取捨選択と組み合わせを、全身療法を含め、20人ほどの専門家によって網羅しようという、画期的な試みである。
夏前に執筆依頼をスタートし、年内に原稿を整理し、来春には出版にこぎつけたいと出版社の編集担当の方も張り切っておられる。
執筆者の選択に当たっては、まずその分野の専門家でなければならないが、それ以上に大事なののは、締切までに原稿を仕上げてくだあるかどうかということである。
その点僕は失格で、短い序文だけをお引き受けすることとした。。

実は文光堂とは永いお付き合いである。
45年前、留学を終えて東大に戻ったとき、形成外科の手術書(これをアトラスと言う)の依頼を受けた。
めくら蛇におじずというか、教科書づくりの難しさも知らずに、出版社から紹介された、そのころ数の少なかったメディカル・イラストレーターの方に、片っ端から手術のスケッチをしていただいて作業を進めた。
だが、その中に手術に追われるようになり、また、完ぺき主義がたたってというと聞こえはいいが、なかなか編集作業まで手が回らず、幻のアトラスとまで言われるようになった。
そのを現実にしてくれたのが、近畿大学の教授になった上石君と、今は岐阜で開業されている市田君である。
取り掛かってから20年はたってしまったろうか。

幸いそのご縁で文光堂からはその後、市田君がご自分で手術書を相次いで上梓し、最近では湘南鎌倉病院の山下君が皮膚のアンチエイジングの教科書を出されて評判になっている。

今度は僕も締め切り期日を守り、皆さんにご迷惑をかけることなく、又文光堂にも御恩返しをしたいと思っている。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-31 22:23 | アンチエイジング | Comments(2)
フラワー・エッセンス
『アンチエイジング医学では、代替医療が重要な手法の一つになっています。ヨガ、アロマテラピー、フィトテラピーなどもその中に含まれますが、フラワー・エッセンスと言う分野があることは知りませんでしたので、いささか的外れかもしれませんが、“”について日頃私の感じていることをお話しさせていただきます。
花は我々の生活に最も身近な存在で、目を楽しませ、安らぎを与え、ときには癒しにもなるありがたい存在です。

丁度今桜の花がほころびかけていますが、この時期、僕はいつも西行の辞世を思い起こします。
“願わくば花の下にて春死なん。その如月の望月のころ。”
でも一寸、これはアンチエイジング向きではないですね。

これまで芸術の世界でも、いろいろな場面で花は登場してきました。
まず、絵画では「ゴッホの向日葵」があげられますね、ただこれが癒しにつながるかどうか、むしろ不安を掻き立てるかもしれませんが。
僕が花の絵で好きなのは、「オディロン・ルドン」です。特にクリーブランド美術館の「少女と花」の絵は素晴らしい。花も幻想的なら、少女も花の精のような感じに描かれています。
映画では、そう、「旅情」のキャサリーン・ヘップバーンとロッサノ・ブラツィのつかの間の恋。そのフィナーレを「くちなしの花」が締めくくります。
小説では、ヘッセのメルヘンの「あやめ」にはイリスと言う名の少女が登場しますが、「あやめの花」そのものが主人公と言えるでしょう。
とても美しい短編なので、まだの方は是非お読みください。
音楽ではどなたも御存じの、ゲーテの「野薔薇」。
だが僕はここでは同じシューベルトの作曲の「美しき水車小屋の娘」を挙げたい。これは主人公の悲劇と、さまざまな花の姿がパラレルに展開していきます。
そして最後に、クリスティーナ・ロゼッティの「花の教え」のコッピーを差し上げますので、あとでゆっくりお読みください。』

といった内容で、僕は今日のフラワー・エッセンスのミニセミナーに集まった皆さんをお迎えした。
b0084241_021540.jpg
さて、その「フラワー・エッセンス」とは?
リンク先のページをよくご覧ください。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-30 22:07 | アンチエイジング | Comments(2)
シャネル&ストラヴィンスキー
まだ観てもいない映画に就いて云々するのはいささかはばかられるが、それにはわけがある。

b0084241_22192354.jpg我々には、よく海外旅行をご一緒する親しい御夫婦が金沢においでになる。
南米から始まって、北米、ヨーロッパ各地。何時も僕がツアコン兼ドライバーを務めさせていただいた。
独断と偏見に満ちた案内役なので、さぞご不満や御迷惑なこともあったろうが、名所は逃さず、しかも通好みのルートや、隠れ家的な宿も取り混ぜたので、通常のパッケージとは違った旅をお楽しみいただけたのでは、と自負もしている。

何回目かの旅行でベニスにご一緒したとき、ベネチアン・グラスの店で、御夫人は特大の赤のワイングラスを買われた。
“あの、キャサリン・ヘップバーンとロッサノ・ブラッツィの旅情のを思い出して・・・”とはにかみ顔で言われたのが印象的だった。
そう、旅情ではあの深紅のゴブレットが物語のかなめになっていた。

そして来週は金沢での学会に出席し、久々にそのご夫妻にお会いするので、何か手土産をと横浜そごうの輸入食器売り場を覗き、真っ先に目に入ったのがラリックの新製品、ファセットというシリーズのワイングラスだった。

b0084241_22193728.jpg宣伝文を引用すると
『今回「ラリック」は、ココ・シャネル(Coco Chanel)と作曲家イーゴル・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky)との恋模様を描いた作品『シャネル&ストラヴィンスキー』に、ワイングラスや香水瓶、オブジェなど様々な製品を提供。その芸術性の高い美術品でラグジュアリーな世界を演出した。発売されるワイングラス「ファセット」は、直線を強調するフォームやカッティングがモダンな装い。映画のワンシーンでは、限りなく透明なクリスタルと赤ワインの深いレッドのコントラストによりモードな空間を創り出した。』
とある。

そう、これだ。僕は迷わずにこれを金沢のご夫妻の為に選んだ、映画の中のどういう場面で使われているのか、いささか気にはなるところではあったが。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-29 22:02 | コーヒーブレーク | Comments(2)
ヨーロッパ・ドライヴガイド
僕の学生時代の蔵書は留学中におふくろによってすべて処分されて、今手元にあるのはアメリカに携えていった数冊である。
幸いその中に、古いオックスフォードのイギリス詩華集と共に僕が留学中も繰り返し読んだ「お宝の一冊」が入っていた。
今日、書斎を整理していたら、そのお宝が埃まみれで本の山から現れた。

b0084241_22421773.jpgAuto Guide to Europe’(ーロッパドライブ案内)」で、著者はパスティーンと言うアメリカ人、1950年の出版である。今はもう手に入らないだろう。
丸善の輸入書コーナーでこれを見つけた時の興奮は今でも忘れられない。
内容は古すぎてもう役には立たないが、そのころはまだヨーロッパのドライブガイドはこれしかなかった。

しかも海外旅行はままならぬ時代だった。
留学前も留学中も、帰国後も、飽きずにページをめくっては、ヨーロッパ各地のドライブコースを頭の中で辿っていた。
改めて手にすると、ほとんどのページが赤や黒のアンダーラインや描き込みで埋まっている。
赤は何時かは必ず行くつもりのところだったようだ、

滞米中も、帰国してからも、しばらくはヨーロッパには行く余裕はなかった。
始めて欧州でハンドルを握ったのは30年ほど前だから、この「ドライブガイド」を入手してから25年ほど経っており、ドイツのアウトバーンに続いてヨーロッパ全土に高速道路網が張り巡らされ、ミシュラン・ガイドとマップの全盛時代が始まっていた。

その後、欧州での学会出張のたびにドライヴを楽しんできたので、一体赤のアンダーラインがどの程度制覇できたか、今チェックしてみたが、ほぼ半分といったところである。
これから赤の残りの部分を完全に走破し、更にプラスαとなると、まだまだアンチエイジングに励む必要がありそうだ。
いやそれが僕にとってアンチエイジングの目標でもあり、手段でもあるとも言えるだろう。

息子たちよ、何とか親父から免許証を取り上げようと企んでいるようだが、まだまだこれだけは手放しませんぞ。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-28 22:16 | コーヒーブレーク | Comments(2)
都市型原始人
富良野塾の記録「谷は眠っていた」を読み終えた。
b0084241_07221.jpg2週間前、これをもとにした芝居を観た時に買い求め、その日から読み始めて今日やっと読み終えたのである。
通常なら半日で読み終える嵩の本だ。
だが、芝居以上にインパクトが強烈で、2,3ページ読んでは休み、又2,3ページ読むというありさまだった。

富良野塾の立ち上げの血みどろの闘いも、芝居ではやはりエンターテイメントとしてのオブラートがかかる。
本の方も塾長倉本聡の語りとそれを支える塾生の日記だが、演技以上にその場の光景が生々しく迫ってくるので荷が重く、休み休みでないと彼らの軌跡をたどることができなかった。

自然回帰」の重要性はよくわかるが、改めて塾長にお伺いしてみたいのは、
①それが演劇修業に特に必要だと考えられた理由は?
②他の分野でも同じように役に立つ人間修業なのか?
③それにしてもこれほどの過酷な設定が不可欠なのもか?

実は僕も一時期医者として、どこまで文明の利器を捨てることができるが、真剣に考えたことがある。青木晃先生の言う「都市型原始人」の具現である。
高度の先端技術と、原始的な勘と言うか本能との共存の可能性ともいえる。
その一つとして僕はあるときから、病院内でエレベーター、エスカレーターを使わず、地下から9階まで毎日何回も階段を上がりおりすることにし、退官まで20年ほどそれを続けた。

非能率と言われるかもしれない。
だが、そのきっかけは、毎日の診療生活の中で、寸秒を争って患者に駆けつけなければならない事態がどれほどあるか、改めて考えたことに始まる。
そのようなことは、脳外科などは別だが、少なくも僕の専門では年に数回あるかないかだと気がついた。
ならばゴルフなど、ストレスに満ちた無駄な運動で日曜日をつぶすより、毎日階段を上り下りしたほうが、一挙両得ではないかと気がついたのである。

文明の利器はあくまで道具である。必要な時に使いこなせればよい。道具の奴隷になることはない。まして、そのために人間に本来備わっている五感が機能不全に陥るとしたら、ハイテクの導入にもより慎重になるべきであろう。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-27 23:24 | コーヒーブレーク | Comments(2)
とんかつ すずき
b0084241_2345694.jpgシロガネ―ゼだのプラチナ通りなどと、最近では北里研究所病院のある白金のあたりは、セレブの住むハイソの街になったようだが、高速目黒線の架橋下には、昔懐かしいとんかつ屋やラーメン屋などがひしめいている。
とんかつ すずき」もその一つだ。

昔、週一回の北研の客員部長の職を真面目に果たしていたころは、ほとんど毎週昼は「とんかつ定食」を摂っていたものだ。
1000円でロースかつに味噌汁がつき、キャベツは食べ放題、ま、これはほとんどのとんかつ屋のしきたりと言えるが。又お新香がうまい。
5,6席のカウンター席に10人ほどの座敷席。
昼飯時は行列ができる。
揚げ物はおよそアンチエイジングでないというが、こういう人気の店は年中油は新しくしているから、体に悪いはずはないと勝手な理屈をつけて通っていた。
また、食事の時に水をがぶ飲みするのは僕の習慣である。
やがて黙って座れば、コップの水が湯のみと共に出てくるようになった。

以前、何かの原因で凶作でキャベツが払底、値段が高騰し、大方のとんかつ屋がキャベツのお代りをストップした時も、値段も上げずにキャベツの食べ放題を守った。心意気の店である。

このところ北研病院からのお呼びが減ってトンカツ屋から足が遠のいていたが、今日「チャーミング・スクエア白金」に打ち合わせがあったので、昼、久しぶりに入って見た。
相変わらずの賑わいだが、やっとカウンターの隅に腰をかけると、頼む前にさっとコップの水が運ばれてきたのはうれしかった。
b0084241_2353640.jpg

ロースの揚げ具合も、みそ汁も、新香も、キャベツのお変りも昔と変わりない。
ただ、むかしは食べ終わるのに10分とかからなかったのが、今日は30分かかってしまった。30回咀嚼のせいである。
だが、味わいも昔の三倍はあったと言える。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-26 22:07 | 食生活 | Comments(8)
アンチエイジング漬
今日の午後ははNPOの事務局と今後のアンチエイジングネットワークの事業展開について話し合った。
夜はまた、アンチエイジングがらみの会合があり、ようやく今、明日前に帰宅したところ。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-25 23:43 | アンチエイジング | Comments(4)
終の棲家
今日は僕が話をする番になった。
b0084241_23058100.jpg

同じゼクスの「チャーミング・スクエア」だが、今日の集まりの場所は「チャーミング・スクエア本郷」で、東大農学部に隣接している。

本郷は医学部の4年間通った場所である。懐かしいはずだが、近隣の代わり様にびっくりしてしまった。
卒業してすぐ渡米し、帰国してからは東大病院に来ることはあっても、あまり近辺をうろつくことがなかったからである。
そう、医学部の頃はスランプで、それも入学してから卒業までの長期スランプで、学校に来てもキャンパスの外をうろついていることが多かった。
入学後まもなく赤門前にルオーというコーヒーショップができて、昼はカレーも食べさせてくれ、そこで過ごす時間が最も長かったように思う。そのルオーはまだ残っているようだ。

ところで僕の講演だが、昨日の大内女史のお話のインパクトが強く、話をしながらも、参加者の皆さんに対するアンチエイジングの心得より、すぐ自分の老後のことに頭が言ってしまい、いささか脈絡を欠くトークになってしまった。
誰でも出来ることなら自分の家で最後まで生活し、ある日コロリと逝ければと願うに違いない。
だが現在、先進国での平均寿命が80歳前後だが、最後の5年間は要介護と言うのも、これまた先進国の平均であることは、僕自身、アンチエイジングのレクチャーで何時も口にしていることだ。
その時どうするか?

一年前に次男に問い詰められたことがある。
そうなったらどうして欲しいか、つまり施設に入るかどうか、覚悟のほどを今から意思表示をして欲しい、それも書面で。
その時はまだあまりピンとこなかった、少なくも自分の問題としては。

b0084241_2311632.jpgあまり先のことを心配しても始まらないかもしれない。だがこの先、何が起こるか分からない。その時の選択肢に関して、もうそろそろ検討を始めてもよさそうだ。
なにもネガティブにだけ考えてるわけではない。ただ、確実に自由度は失われていくわけだから、自律を保ちながら余生を楽しむ術、なんじゃない僕が常日頃人に説いている「高齢者のQOL」の維持を、自分の問題として取り組むことに尽きるのではないだろうか。

ここにきてその選択肢の一つとして、例えばチャーミング・スクエアのような居住空間も「終の棲家」として意識するようになり、この言行不一致の男がいささかうろたえているというのが本音である。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-24 22:40 | 介護 | Comments(4)
大内順子女史
この仕事に関わっていると、というのは“女性を若く美しく保つ医学”だが、楽しみの一つに「美のカリスマ」と言われる方々とお近づきになれることである。
彼女らは皆揃って知的で美しい。そしてそれぞれが深い人生哲学をお持ちだ。

かつての女性運動の闘士ベティ・フリーダンが述懐したような“仕事をする女性のディレンマは、男勝りの働きをしながら女性性を保つことだ”という悩みは、この分野のカリスマたちにとっては無縁と思えるほど、皆さん自然体で生き生きと活躍されている。

始めにお会いしたのは「美の伝道師」斎藤薫女史、その間に何人もの方があって、ごく最近では「造顔マッサージ」の田中宥久子女史、そして今日は「ファッション界のカリスマ」大内順子女史にお初でお目にかかった。

b0084241_23205613.jpgゼクスの高級老人ホーム、チャーミング・スクエア白金でのお話を伺うチャンスに恵まれたのである。

何故ファンション界と関わるようになったか、最近のファッションの動向などのお話も面白かったが、御自身、背の君とともにチャーミング・スクエアの一つにご入居されており、その御経験談が“明日はわが身”にとっては大変参考になった。

特に印象に残ったのは“こういうところに入るのは、よぼよぼになってからではもったいない。若いうちに入るものですよ。そうすれば、新しい環境にも無理なく順応し、また、適当な距離感を置きながら新しい交友関係を気づくこともできる。”と言うお言葉だった。

確かに。
僕もチャーミング・スクエアで入居者の方々にお話をさせていただくたびに、“ああ、早く僕もこうして話す側でなく、聞いてくださっている皆さんのお仲間に入れていただければ。”と願うのだが、残念ながらまだ、預金通帳の零の数が、あまりにもお粗末なのが泣きである。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-23 22:06 | アンチエイジング | Comments(3)
30回咀嚼の効果
三日坊主の僕には珍しく、「30回咀嚼」はもう一月も続いている。
その効験はあらたかで、ライフスタイルも改善されてきた。

よく噛むようになって、食材の味が楽しめるようになったことは前に述べたが、改めて気がついたのは今までは食塊が生(キ)のままと言うのは、かみ砕かれずに胃袋に直行していたことだ。言うまでもなく胃袋には歯がない。よくこれまで胃液と収縮運動だけで、かみ砕いてくれてきたと思う。
永年の胃の苦労にただただ頭が下がる思いだ。

これが毎日の生活にも反映してきたと言ったら笑われるだろうか。
よく人には、アンチエイジングの生活は毎日を大切にすることだと言ってきたが、僕はいつも先を急ぎすぎたようだ。単純に言えばせっかちである。
それが、今を楽しむゆとりが生まれたのも、30回咀嚼の御利益のような気がする。
もうこの先は死ぬだけだから、何もあくせく先を心配せず、今の瞬間を充実させようじゃないか、と思えるようになったのである。

何か昔に戻ったような気がする。
そう、学生時代はもっとゆったりしていたのを思い出す。
アメリカ留学の後遺症だ、この全力疾走の癖は。
殊にニューヨークの生活がよくない。
赤信号で止まるのはおのぼりさんと馬鹿にし、自分たちはラッシュ、ラッシュ、ラッシュ
これがニューヨーカーの悪い癖だと、ほかのアメリカ人から揶揄されるほどだ。
どういうペースか、カリカチュアライズされてはいるが、「プラダを着た悪魔」を思い出して欲しい。

30回咀嚼のお陰で僕もあの悪魔から解放された。
白澤大先生、ありがとうございます。
[PR]
by n_shioya | 2010-03-22 22:11 | 食生活 | Comments(12)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム