ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
サンデル教授の「ハーバード白熱教室」
先日、ハーバードのサンデル教授の「白熱教室」をNHKの教育テレビで見て、衝撃を受けた。
内容もだが、学生たちとのディベイトの運びのテクニックの素晴らしさである。
政治哲学がサンデル教授の専門で、メインテーマは『正義について』である。
著書も最近のベストセラーで、又この春、テレビでも紹介されているから馴染みのある方も多いことと思う。
b0084241_21404296.jpg

学生の講義から離れて長いが、あのような白熱した授業が行えれたらどんなに楽しかったろうし、又学生の刺激にもなったかもしれない。
今でも、いろいろな形での講演や、カルチャースクールを担当してをり、何時も両方通行の討論を醸しだしたいと思っても、昔の癖でこちらがしゃべりたいことを喋りまくる一方通行になってしまう。

勿論彼の講義も、一見自由闊達な白熱した議論ではあるが、結局は単純化された彼の持論に旨くはめられてしまう感がないでもないが。

ただ学ぶべきことは、
①討議すべきターゲットは明確にすること
②しかし導入にあたっては、一見無関係な卑近な問題を取り上げること。
③問いかけはできるだけシンプルに、イエス・ノーで手を挙げさせる。
④そして手を挙げたそれぞれの立場のものに、その理由を説明させる。
⑤その説明をさらに追及して、矛盾点や問題点を浮き彫りにしながら、学生と共にターゲットと取り組む。
⑥結論は必ずしも重要ではないし、出せない場合もある。むしろ価値の多様性を認識させるのも一つの重要な目的と考えているようだ。

これをアンチエイジングのレクチャーに持ち込むと、ターゲットは幾らでもある。
①アンチエイジングとは何か?
②何も目的とするか?
③どんな手段が適当か?
④自分なら何を実行する?

だが、これをカルチャースクールで試すには、こちら側の相当の準備と、柔軟な対応が求められる。又、ある程度の参加者の意識レベルも。
さもないと支離滅裂な議論になるか、唯皆押し黙ってしまうであろう。
どちらかというと、新米「白熱教師」には後者が恐ろしい。
丁度落語家の悪夢が、“落ち“で誰からも笑いが出ないような。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-30 21:41 | コーヒーブレーク | Comments(4)
目のレーザー治療
どうも目の具合がはかばかしくないので、再度眼科を訪れ、断層写真をとってもらった。
すると案の定、浮腫で黄斑部が浮き上がっている。どうも前回の時と同じあたりから液が漏れだしているようだという。
“レーザーを打ってみましょう”という主治医の一言で、漏れているあたりに数ヶ所、レーザーが打たれた。
今日の夕方のことである。
治療の為散瞳(点眼薬で瞳を開くこと)したので、まだ瞳が開きっぱなしで、見辛いことおびただしい。
というわけで今日はこれで失礼します。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-29 21:49 | 医療全般 | Comments(4)
葉酸で血管を若返らそう!
昔留学時代、アメリカの医者の間では「患者に遅れと取らないためには、レディス・ホーム・ジャーナルを欠かさず読む必要がある」と冗談交じりに言われたものである。
それほどアメリカのマスコミの間では、医学ニュースは尊重されていたし、患者も良くそれをフォアローしていた。
又、医師もマスコミの重要性を心得え、よく言えば協力、悪く言えば利用していた。

昔、日本の医療界では、マスコミに出ると品格を落とすと思う向きもあったが(その為教授選に不利になるとか)、最近では医師側も最新情報をマスコミに提供する義務と必要性は十分認めるようになったし、更にはそれが行き過ぎて開業の先生の間では記事広告という形態も生まれ、またマスコミも視聴率を上げる有効手段として、医療情報を様々な形の番組で提供するようになった。
中にはコマーシャルまがいのいかがわしいものあるが、大方は真面目な番組で、医師でも専門外の進歩は、テレビ番組で初めて知ることも多い。

今日もたけしの番組で、これは僕の専門外とはいえぬアンチエイジングの領域の話だが、血管老化を防ぐ重要な栄養素としての葉酸が取り上げられ、食生活を具体的に見直すいい機会になった。
葉酸は動脈硬化その他諸々の障害を引き起こすホモシステインという物質を退治してくれるビタミンの一種である。
緑野菜、キノコ、枝豆、焼のりなど様々な食品に含まれているが、調理法によっては失われたり、破壊されてしまう。
これを大量に安い素材で、損失を防ぎ、しかもおいしく食べる調理法の実演もあった。

なるほどと感心して配偶者に告げると、“何よ、今頃。毎日私が実践していることなのに、今まではとんと無関心だったじゃない?”と逆襲された。
やはり、もはや日本でも、医者はレディス・ホームジャーナルならぬ、テレビの医学番組を欠かさず見ておかないと、配偶者にそして患者にも遅れを取ることを知らされた。

ただし、テレビの場合には、効果を誇張したり、単純化する気味はあるのでご注意を。
一つはその方がインパクトが強く、アピールしやすい、つまり視聴率アップにつながるからなのと、出演する医師の方も、自分の専門を強調するあまり、それですべて解決するような印象を与えることもあるので、多少の割引が必要なこともある。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-28 23:15 | 全身療法 | Comments(2)
エステティックの未来は?
今日はまことに忙しい一日だった。

まずリツビでエンダモロジ―の体験。これで9回目かな?

そして目白へ飛んで、学習院の秋の市民講座アンチエイジングの第一回。
テーマは「皮膚の若返り」。
医学部の同級生の奥方が参加してくださったのは感激。学習院の卒業生だそうな。
b0084241_23241358.jpg

夕方は本拠のNPOの事務局で事務処理を。

夜はリツビのお招きで、ソシエの社長とうかい亭の豆腐屋で会食。
今、日本のエステは危機的な状況にあるという。
もはや業界の方々が危機感を持って大同団結しなければ、未来はないというのが、数年前、業界団体と縁を切ったときの僕の感想だったが、その後事情はさらに悪化したようである。
何ができるかわからないが、お役にたてることがあればなんでもいたしましょうと言ってお別れした。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-27 23:24 | エステティック | Comments(4)
ベルゲンとフィヨルドの旅
何故かこのところベルゲンが懐かしい。

このノルウェーの世界遺産にもなった港町は、二度訪れている。
初回はストックホルムからの日帰りの旅。
ブリュッゲンの波止場を散策し、グリークの山荘を訪れただけのあわただしい旅だった。
2回目は、金沢医大の塚田教授夫妻をお連れして、ゆっくりと2泊することができた。

コペンハーゲンの学会を終えて、せっかくだしどこかもっとスカンディナビアをお見せしたいと、あれこれ思い悩んだ。
当然ストックホルム、オスロー、ヘルシンキなどが頭に浮かんだだが、ここはやはりフィヨルドをと思い、ベルゲンを選んだ。
幸いベルゲンを起点とした“ノルウェー・イン・ア・ナットシェル”というツアーがある。
二泊三日の滞在の中日をそれに充てることにした。

早朝、ベルゲン発の急行に乗りこむと、列車は針葉樹に囲まれた湖のわきをひた走る。
ミルダールでローカル線に乗り換え、フラム谷の急勾配を下りて、ソグネ・フィヨルドにたどり着く。そこから遊覧船でフィヨルドの景観を楽しみながらクルーズを続けると、グドヴァンゲンの波止場に到着する。そこで大型バスに乗り換え、つづら折りの急坂を上り、山頂の村ヴォスで列車を捕まえ、ベルゲンに戻る。
ナットシェルとはよく言ったもので、一日でノルウェーの自然とフィヨルドが堪能できる。

フィヨルド巡りの時、同じ列車に乗り合わせた日本人夫婦とお近づきになった。御主人は理研にお勤めの科学ジャーナリストで、ご夫人はゲド戦記の翻訳で知られる児童文学者清水真砂子さん(旧姓)だった。
翌日、グリークの山荘を訪れると、又そこで御夫妻にお会いした。縁は異なもので、以来御夫妻とは交流が続いている。

針葉樹に囲まれた北欧の湖。
想い出すだに吸い込まれそうな魔力を感じる。“山の精気”のなせる業だろうか?
[PR]
by n_shioya | 2010-09-26 21:34 | コーヒーブレーク | Comments(2)
加齢で失われていくもの
実は一週間ほど前から、右目の調子が又ちょっと悪くなった。
猛暑の影響かと思ったが、山に行っても回復しない。
七月末に黄斑部の病変は大分改善して、あとは経過観察を続けてきたところである。又、再発かと文字通り目の前が真っ暗になった。
そして今日、山から下りて、主治医の診察を受けた。

心配していた黄斑部は異常ないが、その右上に点状出血の跡があるという。そのための浮腫が黄斑部にも影響をしているのではなかろうか、という診断だった。
出血はごく僅かでまた進行もしてないので、とりあえずは経過を見ることになった。

僕が今抱えている問題は、根本原因は動脈硬化にある。
ちなみにそれとパラレルの問題として高血圧が存在するが、幸い僕は血圧はかろうじて正常範囲内である。
さて硬化した動脈はその下を通る静脈を圧迫し、その下流の静脈の流域に浮腫を生じ、又多少の浸出液の流出もしくは出血が起こり、網膜を浮き上がらせるのがことの発端で、前回はその浸出液が黄斑部も持ち上げ、中心部の視力障害をきたしたのである。幸い、液は吸収されて、黄斑部の網膜もまた元通り密着したが、今後、ダメージを受けた黄斑部の細胞がどこまで回復してくれるかといったところへ、この再出血だった。

それでも日常生活にはさしたる支障はなく、勿論運転も全く問題ないが、前回同様、読書に難儀している。黄斑部を使はずに字を読むことはできないからである。
仕方がない、読書の代わりに、最近読んだ本を反芻し、あとは瞑想にふけることとした。
何について?
勿論、“加齢と旨く付き合う術”について。
考えてみると、これこそ日頃僕が説いているアンチエイジングの本質に繋がる要諦である。

まずAcceptance:
これから何が起こっても、慌てず、うろたえず、年をとれば機能を含め少しずつ、失っていくものと諦める。これは敗北主義ではなく、現状を素直に認めることである。
次にMaintenance:
これこそアンチエイジング・メディシンの実践である。
最後にHope:
何時までも、パンドラの箱から最後に現れた人類の救い、“希望”を失わないこと。

これからも皆様と一緒に、悩み悲しみ、そして喜び楽しみながら、無理のない自然体で頑張っていきましょう。
最後にこれこそ蛇足というものですが、人間の体が如何にうまく作られているか、その働きを失ってみて初めて分かるものです。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-25 23:03 | アンチエイジング | Comments(3)
「森の生活」
せっかく猛暑から脱出して山にきたが、秋雨前線の通過で山は大荒れ。そこここに落雷もあったようだ。
普段だと山に来て天気に恵まれないとがっかりするものだが、今回は多少受け止め方が違う。
大げさにいえば、ここに居を移す可能性を探る実験を兼ねた滞在だからである。
その為にはいろいろな条件下で、当方がどう反応するか、どんな対処が必要か探る必要を感じていたので、例え長雨でもそれはそれで一つの貴重な体験となる。

自然の好きな人なら、一度はソローのウォルデン(森の生活)を読んだことがあるだろう。そして一部の方はその影響を引きずって都会の毎日を過ごしているに違いない。そのまたごく僅かの者が、実際に森に生活の場を移してしまう。
そういう方が、この八ヶ岳の麓には幾組もおられる。
現生からの引退ではなく、ほとんどが物書きか、工房を持って工芸品など作って販売し、趣味と実益を兼ねた生活を営んでおられる。

僕も引退する気はさらさらない。今の仕事を続けさらに発展させることが、インターネットと定期的な下山で可能かどうかシミュレートを始めているといった方が正しいであろう。
ちなみにソローはいかに文明から隔絶して生活できるかの実験として、始めから期限付きでボストン郊外に「森の生活」の場を構築した。その記録が「ウォルデン」という古典になったと聞いている。

問題は冬である。ウォルデンよりはるかに苛酷である。
零下30度。2月は雪で埋もれる。
今でも厳しく感じるのだから、年を重ねて耐えられるかどうか。
また、病気になったときのことも心配ではある。幸い、佐久病院には知り合いが多いので、いざとなればここから一時間。必要ならヘリポートもあるという。

要介護になったら?
佐久病院の系列に特養や老健施設もあるが、認知症になったら適当なところで裏山に捨ててくれればありがたい。
そしてすでに一度書いたことだが、そばの石には墓碑銘として、スティーブンソンのレクイエムを刻んで欲しい,その終わりの三行を。

・・・・・
Here he lies where he longed to be,
Home is the sailor, home from sea,
And the hunter home from the hill.

R. L. Stevenson
[PR]
by n_shioya | 2010-09-24 13:42 | コーヒーブレーク | Comments(4)
家事の価値
「フェイス・バリュー」を読み終えて、まだ読みかけだったナオミ・ウルフの「美しさという呪縛」に戻っている。

この本については先日7月17日に『セックス』の章を紹介したが、今読んでいるのは『仕事』の章である。
本論は女性の社会進出に伴う困難さであるが、その序論の“これまでの女性の労働”についての議論は目からうろこの思いがあった。
結論からいえば、主婦の労働は夫である男性の仕事と同等かそれ以上の重労働で、しかも無償が当たり前とされてきた。
信頼できる調査機関の計算では、主婦の労働はどう少なく見積もっても、夫の収入の4割には当たるという。

最近では男も家事の分担すべきといわれるようになったが、アメリカでも夫が家事を手伝うのはせいぜいが一、二時間で、他の国々の状況は推して知るべしとのことだ。
生まれてこのかた、もちろん結婚してからも、家事などは洗濯、料理を含め一切した事がないと自負して男はただ恥じ入るばかりである、幸いまだ例外的な存在ではなさそうなのでちょっとホッとしてはいるが。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-23 21:59 | コーヒーブレーク | Comments(1)
「美の政治学」
“美しきものは永久の歓び”(エンディミオン)などと、詩人キーツが能天気に歌い上げている陰で、どれほどの容姿に恵まれぬ女性が苦しんできたことか。
「見た目より心」といった建前をよそに、女性の美はそれを持つ者も持たぬ者も、又それを享受する男性も含めて、振り回してやまない「特性」である。
政治学というより力学といった方が著者らの主張に近いのではなどと、ラコフとシェールの労作「フェイスヴァリュー・美の政治学」を読み終えて、感慨にふけっている。
b0084241_21414449.jpg

女性の美について、これほどあらゆる角度から、自身の心理も分析しながら、真っ向から取り上げた著書があったろうか。
僕自身「美容外科の真実」を書くにあたって、“美”と格闘したのを思い出す。
女性の美とは、主観か客観か、人はなぜ美を求めるか、そもそも美とは何ぞや?等々。
そのあまりにも奥深さに、唯問題提起に終わってしまった。

だがこの本を読むことで、さらに問題を奥深く追及する。
女性は幼いころから美醜の問題に苦しめられる。
しかも容貌は生来のもので、自分の努力で変貌はできない。
そして美貌すら、加齢という宿命、つまり年の衰えには勝てない。
それに引き換え男性の評価の基準は能力であり、これは努力で改善の余地がある。

このような矛盾をはらんだ“美”を軸に、女性同士そして女性と男性の、丁々発止の政治が生まれるというのが、著者らの分析である。

今僕が抱えている、美の基準とは?容貌のメッセージ性、そして美しく老いるとは?といった問題点に、女性の立場からいろいろと示唆を与えてくれそうな労作である。
ただ、残念なのは翻訳があまりこなれておらず、原文を想像しながら論旨を推測しなければならない個所が散見した。
[PR]
by n_shioya | 2010-09-22 21:42 | 美について | Comments(4)
デンタルケア
数日前から歯が痛んでいる。
左上の大臼歯、厳密には7番である。
今朝、我慢が出来ず、かかりつけの、横浜西口にある神奈川歯科大学病院で応急の処置を受けた。
とりあえずはまだ何とか持たせそうである。
たかが歯一本でも、痛みや摂食の不自由さ、そして全身への影響は侮れない。
アンチエイジングの世界では、デンタルケアの役目は3割を占める、とその重要性を強調している。

8020という運動がある。80歳で自分の歯を20は維持しましょうという、デンタルケアの運動である。
今僕は25本なので、その点ではまあまあというとこだが、元来が丈夫そうなので、もっと早くからケアしていれば・・・、といつも主治医の鈴木先生は残念そうだ。

皆さんも歯周病の予防にはお気を付けください、多臓器の病気を併発するいわば全身病というべき状態ですから。!
[PR]
by n_shioya | 2010-09-21 23:17 | アンチエイジング | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム