ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
「言葉でたたかう技術」
加藤恭子さんがまた、また本を出された。
言葉でたたかう技術」である。
副題の「日本的美質と雄弁力』の方がもっと内容に沿っているかもしれない。
彼女は僕より二歳上、アメリカに二度、フランスに数年と留学、外国滞在の経験も豊富である。
b0084241_22434025.jpg

言挙げをしないことは、日本の中では美徳かもしれぬが、これから国際社会で渡り合っていくには、弱点でもある。
今後は、和を尊ぶ美質を残しながら、世界にその美質を言挙げしていくべきだ。
というのが、長年の外国生活と、上智大学のスタッフとしての豊かな経験から生まれた、加藤さんの結論であり、この御本の趣旨でもあると思う。

同時期に、似たような経過をたどった者として、御著書で述べられていることは、全く同感である。
同じことでも彼我の受け止め方に180度の違いがありうる、パーセプションギャップ
それを埋めるためには、率直で忍耐強い意見のぶつけ合いが必要だが、我々はそれを得意とはしない。
だが、これからは場合によっては日本的な思考や立場を、西洋的なロジックで説明するという、いささか矛盾をはらんだ努力が必要とされるのではないか。

ハンチントンも名著「文明の衝突」の中で、世界を八つの文明圏に分けているが、日本だけは一国だけで文明圏を形成しているとしている。
その立場で日本がこれからいかに世界に貢献できるか、加藤さんは終章で具体的な提案をされている。それは御著書の中では、あるシンクタンクの活動として展開されており、夢物語と謙遜されているが、これほどバランスのとれた、日本の取るべき具体案はこれまでに耳にしたことはない。

終わりの言葉を引用させていただく。
「島国ゆえに、他を知らず、理解できないことも多いのだが、逆に、まさに島国ゆえに、世界が見えると言うこともあるのだ。
(中略)
真に日本的なやり方が、世界のあちこちで立ちはだかる諸問題の解決の糸口になる可能性はないだろうか。
(後略)」
おっしゃるとおりです、加藤さん。
新しい年を迎え、僕も希望を持ってこの課題と取り組んでいくつもりです。

では皆さん、よいお年を!
[PR]
by n_shioya | 2010-12-31 22:47 | コーヒーブレーク | Comments(2)
「アメリカとともに沈みゆく自由世界」
だいぶ前の話だが、スペインを旅している時、左の上の奥歯の歯茎がプッと腫れたことがある。
気になって右の人差し指の先でぐっとおさえると、プチっと言って平らになった。
これで一件落着と思ったら、大間違いで、これが歯周病の始まりだった。
いったんは収まったように見えたが、帰国してから歯茎全体が腫れて、出血するようになった。
溜まった膿を外に排泄する代わりに、中で拡散させてしまったのである。
そしてその治療は今も続いている。

9・11の時、まず頭に浮かんだのはこの時のことだった。
あの阿呆者のブッシュが“リヴェンジ(報復)!”という言葉で、テロに宣戦布告したからである。
報復は報復を呼ぶ。
しかも、テロは叩きつぶそうとすれば、一層広がるだけである、丁度歯肉の中ののように。
何よりも、テロの温床をつくりだしたのは、アメリカ自身という自覚が欠如していた。その強欲な市場経済。グローバリゼーションというまやかしでまかり通っているが。
そしてアイゼンハワーが警鐘を鳴らした産軍複合体の肥大化により、アメリカという国家自体が「死の商人」へと変貌した現実。
オバマの“チェンジ!”はレトリックにすぎなかったのか?

翻ってわが国は、リーダー不在で漂流を続けている。
政治屋は政争に走り、官僚は“省あって国家なく、局あって省無く、課あって局なし”の村の掟を順守し、保身に励んでいる。
日本には、政治的な責任所在の中枢としての政府が存在していない。
又、日本は国際政治の舞台では不在でいることができた。
それは“45年以降、本来国家がなすべき仕事を、基本的にはアメリカに肩代わりして”もらっていたから、とはヴァン・ウォルフレンが近著「アメリカと共に沈みゆく自由世界」で強調しているところだが。
b0084241_22375859.jpg

だが今、行く手に立ちはだかる中国、ロシヤそして北朝鮮といった難問。国境線という聞き慣れない言葉に、平和憲法ボケした国民は戸惑っている。
このままでいいのか、日本。といかな能天気の僕でも、新しい年を目前に暗澹とした気持になる。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-30 22:38 | コーヒーブレーク | Comments(4)
今年の十大ニュース私家版
マスコミにならって、僕個人の今年の十大ニュースを拾ってみた。

①福田陽一郎の逝去。僕の一歳下の従兄弟で、ユニークな演出家だった。
②三笠書房からアンチエイジングの啓もう書を出版。ホテル西洋銀座で出版記念会。
③神戸で市民講座の開催。NPO法人創傷治癒センターとして初の試み。
④三越のカルチャースクールを開催。三越として初めてのアンチエイジングの講座。
⑤ニューヨークの次女が、下の子供を二人連れて来日。
⑥同じ次女が帰米後4人目の子供を出産。これで我が家は孫10人。
⑦正月に伊勢の榊原温泉に逗留。後でその旅館の二男が北里の卒業生と分かり、秋のアンチエイジングのセミナーで温泉学の講演をしていただいた。
⑧二度の眼底出血。ただ今回復中。
⑨その為、国際学会を二度キャンセル。為に初めて海外旅行ゼロの年となる。
⑩ブログ満六年!一日も欠かさずここまで来ました。自分を褒めてやりたい。

ブログを読み返せば、もっと重大な出来事が漏れているかもしれないが、とりあえずはこんなところですかな。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-29 22:37 | コーヒーブレーク | Comments(10)
「クレアモントホテル」
「ロンドンの街角にある小さなホテル。そこで始まった年老いた未亡人と若者との心の交流」といわれても、それがなんで見ごたえのある映画になろうかと懐疑的だったが、是非と言う配偶者の切なる願いで、今日は「クレアモントホテル」を観るため岩波ホールまで出向いた。
b0084241_21395534.jpg

そして?
予想をはるかに上回る素晴らしい映画だった。今年最後の締めくくりにふさわしい作品だった。
何よりも演技が楽しめる。
これだけの舞台俳優の厚い層は、やはりイギリスにしか望めないのではなかろうか。

そしてイギリス独特のユーモアとペーソス
これはディッケンス以来の英国の伝統と言える。
昔旧制高校の教師が、竹山道夫さんだったか、“英国文学は大人の文学ですよ。ドイツは青年の文学だが。”と言った時の大人老人というニュアンスを感じたのを思い出す。フランスはなんだったか?姦通の文学ではなかったと思うが。

そして映画は女主人公サラを通じて、人生の最終幕の生きざまを温かく示していた。
それは作中でも朗読されるワーヅワースの「水仙」を基調とするものであった。

“心うつろに、或いは物思いに沈みて、
われ長椅子に横たわるとき、
独り居(ひとりい)の喜びなる胸の内に、
水仙の花、しばしば、ひらめく。
わが心は喜びに満ちあふれ、
水仙とともに踊る。”(田部重治訳)

だが配偶者にとって最も印象深かったのは、
女主人公のセリフ、
「誰かの娘でも妻でも母でもなく、残りの人生は“私”として生きたい」
であったと言われ、ふつつか者の夫はひたすらキョウクするだけだった。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-28 21:51 | コーヒーブレーク | Comments(4)
仕事納め
年の瀬。
晴天が続くが、寒さは厳しい。
だが、北日本と裏日本は大雪で道路が寸断されている。
そして今日は仕事納め
大晦日まで残されたのはもう4日。その間に、この一年、何ほどのことを達成したか、ゆっくり振り返ってみるとしよう。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-27 23:16 | コーヒーブレーク | Comments(2)
射手座と魚座
“これ貴方にぴったりよ。”
配偶者が指し示したのは星占いの射手座の項だった。
「射手座の男は自制心に乏しく子供がボロボロ出来る」とある。
もうすでに五人目の子が誕生していたから、30年ほど前のことだろう。
以来配偶者は星占いの信奉者である。
b0084241_21523175.jpg

そして昨日、クリスマスプレゼントだと言って石井ゆかりの星座シリーズの「射手座」を手渡された。
なかなかいいことが書いてある。
たとえば、
「射手座の人が人生において最も価値を置くのが、『挑戦し成功させること』です。心を燃え立たせるようなことにチャレンジし、その目標に到達することが何より大切なことです。
この目標は、遊びでも、仕事でも、およそ何にでも当てはめることができます。何か心を刺激するものを見つけると、射手座の人はそれに向かって走るのです。
いろいろなテーマがこの『目標』に据えられる為ため、多趣味なったり、多芸多才になったりしやすいようです。『以前、夢中になって身につけたこと』が多いため、意外な時に意外な才能を発揮することも少なくありません」
こうありたいとは思うが、この射手座は決してこんな格好よくはない。だがこうして適当に自尊心をくすぐることが、この手の性格判断の書物を売るコツであろう。

「悪くないね」と配偶者に言うと、
“ついでに魚座の勉強もして。”と同じ著者のシリーズの魚座編を渡された。言うまでもなく配偶者の星座である。
いろいろ尤もらしいことが書かれているが、その中に、

魚座の人について「あなたがどんなに自分をほっぽり出して誰かのために頑張ってしまうか、誰もわからないのです。
貴方は何でも人に惜しみなく与えてしまいます。
貴方にとって『あたえる』ことはいつも一方通行です。」

というくだりがあった。
ああ、ここを読ませたかったのだな、と妙に納得したものである。

ちなみに射手座と魚座の相性については、
「射手座は冒険好きで、旅の好きな星座ですが、魚座も『未知の世界』は大好物で、両者ともに海外旅行が大好きな星座でもあります。ですからこの二人が『旅の仲間』の様なパートナーシップを組めれば、少々危なっかいしいものの、およそどこまでもいける組み合わせになると思います。」
と書かれていた。
その通りです、石井先生。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-26 21:53 | コーヒーブレーク | Comments(2)
クリスマス・ディナー
クリスマスは家族の集う日である。
我が家は半分がニューヨークなので、残り半分の日本残留組がアメリカンクラブに集結した。それでも孫子で10名ほどになる。
今横浜の家に戻り、あらためて家族の温もりを味わっている。

全員が集まれば20余名。ダイヤモンド婚の時になるだろうか。
それはまだ7年先。
我々二人の心臓が鼓動していて、そう、しかも脳が機能していての話だが。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-25 23:45 | コーヒーブレーク | Comments(5)
女性が気になる悩みのポイント
永年美容医療にかかわってきて、何時ももどかしく感ずるのは、容姿に関わる女性の悩みを、本当のところ実感できないことである。
たとえば三大大敵のしわ、シミ、たるみにしても、しわの一本や二本がどうした、という本音が顔に出てしまい、患者はもっと自分自身の問題として悩みを受け止め、一緒に解決に励んでくれる女医さんの方へ流れてしまったのでは、と反省している。
又昨今の痩身願望も、ルーベンスのふくよかな三美神を見慣れている身には、異常としか思えない。
などぬかしたら、リツビの三美神が、“先生、ちょっとは女の気持ちも理解して”と、2時間かけて洗脳してくださった。
リツビはエンダモロジ―という、痩身の器械の輸入元で、エステサロンを主にすでに3000台ほどが出回っており、女性の人気を呼んでいる。
b0084241_218159.jpg
その女性の気持ちとは、彼女らの言葉をそのまま拝借すると、

女性が気になる悩みのポイント

「もちろんデブでは、美を語る上でお話にならないことはご承知のとおりです。
私たち美意識ある女性は、そのようなことは基礎としてあたり前のこと。
それ以外の泣ける悩みを持っているのです。

其の一:ぶよぶよしてくるボディライン(皮のたるみが原因)ブルドックのような体。
     骨の上のすぐ上が皮膚、無駄のないすっきりした体が実に美しい。  
     うっすらぽよぽよしたものがつき始める。                                               
     皮下脂肪と呼ばれる脂肪だ。それがゆるみぼよんと下にさがる。
     うっすら脂肪がどんどん肉厚脂肪へ成長すると、重みでたるみがさらに増す。
     表現するなら、ボンレス!

其のニ:フィットする服を中から押し出すたるみ、外からみたらかなりみにく感じ。
     脂肪だけならぽっちゃりなんてかわいらしくみえるが・・・・
     盛り上がりはいくつにもなり、ミシュランになる。大きなサイズの服でかくす私。

其の三:見て見ぬふりするとたるみはとどまることをしらず、範囲を広げてくる。
     二の腕・背中・背中のブラ上・ブラ下・お腹・胃の上・下・お尻・ひざ・太もも
     さらには体全身がたるみを起こす。

其の四:歳をとると皮膚は弾力がなくなり、うるおい感も失い、若い時ははじけるような
     ハリ・ツヤ美しい肌がある。若い時はシワ一つなくキメの細かな肌がまぶしい。

其の五:歳を取ると目は小さくなり、瞼・目の下・ほうれい線・頬・顎した・フェイスラ
     インはすべてとろけたチーズのようだ。たとえるなら、ブルドック、シーサー。

年齢を重ね、下垂した体を若くピチピチした体にするため、膨大な費用と時間をかけて
納得のいくまで戦い続ける。若い時と同じような皮膚にしたそばから老いる、という現状を認識されていない人が多い。
老化を止めることは誰にもできない。私たちがしていることは老化のスピードを遅めているにすぎない。また、たるみも場所によって異なる。
人それぞれ悩みの場所や度合いは違うが気になるのは誰も同じ、あきらめるか、否か。
これは環境が大きく影響していると思われる。

まだまだあるが・・・・」

だそうです。如何でしょうか?
この直接簡明な女心の吐露に、僕は“目から鱗”の思いでした。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-24 21:20 | アンチエイジング | Comments(2)
人造美女の死
今朝の新聞は“中国でアゴの美容手術の失敗でモデルが死亡した。”と報じていた。
死亡した患者は「人造美女」と書かれていた。
反ブルジョアを掲げている中国で、美容整形とはいささか滑稽な勘があるが、本音のところでは女性の願望に変わりないことは、銀座のデパートで化粧品売り場に群がっている中国女性達を見れば明らかである。

実は中国でも、ずっと以前から美容手術は人気があって、僕の友人は北京で300床程の美容専門の病院を経営していた。
充分に儲かっていた筈だが、外貨は制限があるのでと、訪日の際はすべて費用はこちら持ちで、こちらから訪問する時も、熱烈歓迎は有難いが、自弁で行かねばならなかった。
尖閣問題でも明らかなように、強引に自分の都合を押しとおすしたたかさは、今に始まったことではない。中国には世の中のルールは通用しないことは政治家も肝に銘ずべきである。

所で「人造美女」の死因だが、手術もその後の状況も分からないままの推測だが、
アゴの手術でまず考えられるのは、骨切りをした後の出血で気道が詰った可能性がある。
また、骨がずれないよう、顎間固定と言って、上下の歯を固定することがあるが、麻酔の覚醒後に嘔吐して、口が開かないため、吐き出せずに窒息することもある。

この事故の後、4割ほど手術のキャンセルが出て、いまだに影響が続いていると報道されていた。
もちろんこのような事故は、専門医なら予防可能で、又、発生しても対処できるものであるが、厳密には、どんな手術でも危険が零ということはあり得ないという意味で、気軽に美容手術を考える向きには、よい警鐘となったかもしれない。

所でお隣の韓国では「美容外科」花盛りである。
人に隠れて受けたい日本人と逆に、韓国では整形手術はステータスであり、人に隠さないばかりか、友達や家族と連れ立って公然と手術を受けることも多いという。

立場上、僕は美容手術そのものを否定するわけではないが、日本を含め世界的に、「人造美女」の最近の急増には、いささかの戸惑いを覚えている。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-23 22:45 | 医療全般 | Comments(2)
ロックフェラーセンター
冬が来るとニューヨークが恋しくなる。
12月に入れば雪が降り出し、クリスマスごろにはあたり一面の銀世界。文字通りホワイトクリスマスだ。
緯度が高いせいか、ニューヨークの雪は本当の粉雪(パウダースノー)で、幾ら積っても、一陣の風でサーッと舞い上がる。それが、もみの木を飾るイルミネーションにキラキラと映し出され、夢幻の世界を演出する。
b0084241_22113321.jpg

今頃はロックフェラーセンターにはあの大きなクリスマスツリーが光り輝いていることだろう。
その中央広場では、大勢の家族連れがスケートを楽しんでいるに違いない。
最初の冬、尊敬する九大出身の留学生の先輩に案内してもらい、僕も滑ろうとすると、“旨くなきゃみっともないよ”とたしなめられた。
楽しきゃいいじゃないか。三年もアメリカにいてまだ体面にこだわるとは、随分と日本的な男だなぁ、といささかがっかりしたのを思い出す。

レジデント時代は白いものが降り始めると、又雪か、と毒づいたものだが、帰国して初めての冬は、雪がむしょうに恋しくなって、わざわざ雪国まで車をはしらせたものである。
だが留学時は、夜中でも急患があれば、吹雪の中を車で駆けつける日々だったので、雪はひたすら呪わしかった。
貧乏留学生はスノータイヤは高根の花で、ノーマルタイヤでスキッドを繰り返しながら、何度ヒャッとさせられたことか。

帰国後まもなく、八ヶ岳の山麓に山小屋を建て、夏だけでなく、正月にかけて越冬するようになったのも、冬のニューヨークを偲んでのことだった。
そして今は、幸いスタッドレスを履くことができる身分であり、車も4輪駆動のワゴンで、どんな吹雪でも怖くない。
横浜に雪が降らなければ、雪山に行かねばスタッドレスが泣く。
それに、雪のない寒さほど味気ないものはないから。
[PR]
by n_shioya | 2010-12-22 22:14 | コーヒーブレーク | Comments(5)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム