ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
黒田清輝
明治の初め、洋画を日本にもたらしたのは黒田清輝ということは誰でも知っている。
その黒田が師事したのがフランス官学派のラファエル・コランであるが、何故、ラファエル・コランに師事したのか、もし当時台頭していた印象派の画家に弟子入りしていたら、日本の洋画界はどうなっていたか、かねてから気になるところであった。
b0084241_2325669.jpg

改めて年表を繰ってみると、
モネが印象を描いたのが1873年。
そして翌1874年に,アカデミズムのサロンに対抗して開かれた印象派展に出展される。
ところが、ラファエル・コランがサロンに入選し、デビューしたのが、くしくも1873年となっている。
b0084241_2333121.jpg

黒田清輝が法律を勉強のためパリに渡ったのが1884年。画家に転向することを決意してラファエル・コランに入門したのが1886年である。
そして帰国したのが1893年のこと。その後のことはよく御承知の通り。
b0084241_234752.jpg

当時の日本の絵画事情と又法学という所期の留学目的を考えると、黒田が官学にとらわれた気持ちもわからないではない。
だが、転向してまで絵画を志した人間が、当時反逆的とはされていても印象派の流れを意識しなかったとは考えにくい。

以前、ラファエル・コランの作品に接し、彼をリーダーとした所謂“外光派”の、アカデミズムと印象派の折衷のような作風に失望して以来、何故、黒田が好き好んで?と引っかかっていたのである。

印象派はこうして世界を征服した」を読了したので、次は日本の洋画史を紐解くことにする。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-31 23:05 | 美について | Comments(2)
エジプトの内乱
エジプトで暴動が続いている。
他国の事情ほど分かりにくいものはない。
“よっぽど悪いことをしてきたんでしょ、あのムバラクが。“と配偶者はあっさりと断罪する。
まだがさしくそれは民衆の声の代弁にもなっている。
これまで一見観光立国で安定していたように見えたが、やはり独裁者の弾圧に耐えてきたのが、チュニジアでの民衆の反乱に刺激されたのだろうか。

アメリカにとってエジプトは、イスラエルとパレスチナの緩衝役でもあり、アラブ諸国のまとめ役でもあったようだから、後押しをしたいが、民主化運動に反対もできず、悩ましいところではないだろうか。
だがこれをきっかけに、アフリカさらには中近東のジェオポリティックスも激変するのでは、と素人ながら行く先を案じている。

絶対的な権力は絶対的に腐敗する”とは誰かの言だから、配偶者の見方も正鵠を得ているかもしれない。
独裁者は蓄財に走り、身内に利権を分け与え、民衆の口封じに躍起となる。
いつの時代でも、どこでも見られるパターンだが。
そして民衆蜂起の直接の原因は食糧不足であり、失業である。

それにしても日本の民衆はおとなしい。
国家ぐるみの年金詐欺にあっても、どん底景気が続き、就職も超氷河期でも、又、首相が国益を損なう発言や政争を続けても、若者たちさえ怒る姿すら見せない。
にもかかわらず、鉄道での痛ましい人身事故は日常茶飯事になっている。
あの安保闘争の時の、又、昭和40年代の学園紛争の時の勢いはどこに行ってしまったのか。“草食系”というのは怒ることすら忘れた種族なのか。

ま、とりあえずは、チュニジア発の紛争がどう展開するか、様子を観ることとしよう。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-30 22:10 | コーヒーブレーク | Comments(4)
美のリセプター
先週東急文化村のジヴェルニー展で買ってきた「印象派はこうして世界を征服した」を夢中で読んでいる。
著者はフィリップ・フックという画商で、クリスティーズやサザビーのディレクターを歴任している。
b0084241_237143.jpg

ただの美術評論ではなく、印象派の絵が最初は嘲笑の的にされながら、いかにコレクターにもてはやされるようになったか、そしてその間にたって画商がどんな役目を果たしたか、又今でも絵画市場はどんなメカニズムで動いているか、現場のプロとして様々なエピソードを交えながら、印象派の勃興と現在も続く人気を興味深く綴っている。

昔父の友人の画商に言われたことがある。
“坊ちゃん、ね、絵というものは自分で買い集めてみなければわからんものですよ。”
例え何万でも、また何百万でも出しても手に入れたいと思い、実際に無理をしてでも自分のものとすることで初めて、観る目も養われるということらしい。
それに、本当は絵にしても、展覧会場でせかせかと見て回るのと、自分の部屋に飾って日夜ゆっくり眺めるのとでは、味わい方が全く違うだろうことも分かる。だがそのようにして名画を鑑賞できるのはごく一部の人に限られるだろう。
この本にはそのごく一部の人と、印象派時代に生まれた仲介役としての画商との、虚々実々のやりとりも描かれている。

所で絵画の価値はどう決まるのだろう。
すべて、ものの市場価値は単純には需要と供給、つまり買い手と売り手のバランスできまる。だが絵の場合、画商、コレクターそしてただの鑑賞者、それぞれにとって価値の基準は微妙に異なるのではなかろうか。

画商にとっては売れること、たとえそれが長期投資であっても。
そのためにはコレクターの好みを先取りせねばならぬ。画商の鑑識眼はその辺にあるようだ。
では、コレクターを含めた鑑賞者の判断基準は?
端的に言えば、その絵に魅力を感じるかどうかであろう。
魅力を感じさせるもの、それがである、という美の定義も可能だ。

其の美意識はどこからくる?
僕はここで自分の土俵に引っ張り込みたい。
それは細胞生物学である。
細胞が活性化するためには、リガンドという刺激物質が必要である。成長因子、ホルモンなどがその代表的なものだ。だが、そのリガンドが効果を発揮するには、細胞に受け皿が必要である。これが細胞膜に存在するリセプター(受容体)と呼ばれるものだ。
リセプターがなければいくらホルモンがあっても、細胞は反応しない。反対にリセプターが豊富なら、少量のリガンドでも細胞は活性化する。
又、リセプターは細胞にもともとあるものもあるが、リガンドに接することで細胞膜により多く発現するものでもある。

僕の言いたいことはこうだ。
“美”は、そのもの自体は定義できないとされている。
“心地よく感ずるもの”、という属性で定義するしかないと、美学者は言う。つまり、“魅力”を感じさせるものということになる。
つまり美は細胞生物学でのリガンドにあたり、リセプターが美意識といえる。
そして美意識もリセプター同様、美に接することで豊かになっていくのではなかろうか。

というわけで、これから僅かずつでも、美のリセプターを育てたい願っている。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-29 23:09 | 美について | Comments(6)
格付け会社の出鱈目
呆れてものが言えなかった。
菅総理のアホさ加減である。

アメリカの格付け会社スタンダード&プアーズが、日本国債の格付けをワンランク下げたというニュースを受けての、記者に対する返答である。
“今初めて耳にした。
俺はそんなことは疎いから待ってくれ。”
と言ったという。

僕の言い分は、
① まず、そのニュースはその前に分かっていた。
② 格下げになったのは菅内閣の財政が原因ではないか。
③ そもそもアメリカの格付け会社はいい加減なもので、バブルとその崩壊を引き起こした張本人の一人で、信憑性はとっくに失われていたはず。

だから日本の総理ならば、
“何、格付け会社だと?
あんなイカサマの言うことなど無視しろ。ウォール街の禿鷹どもが俺たちを食い物にしようとするのをお前らは許すのか。”
と、禿鷹とマスコミにパンチを食らわすのに良いチャンスだったのに。

やはり菅総理も、ここ歴代の総理同様、無能で無責任ですな。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-28 21:34 | コーヒーブレーク | Comments(4)
「モネとジヴェルニーの画家たち」
ジヴェルニーを訪ねたのはちょうど三年前のことだった。
パリで国際創傷治療学会が開催された折、一日会場から抜け出して、アメリカからの観光客に交じって、バスツァーに参加したのである。
b0084241_22363478.jpg

僕にとって、いや大方の日本人にとって、モネほど親しみやすい画家はいないのではなかろうか。
其のモネが晩年を過ごし、干し草の連作や、雪景色を描き続けた村を、そして何よりも、モネーがこよなく愛した日本風の庭園をこの目で確かめたかったのだ。
そこには描かれたとおりの、イル・ド・フランスの長閑な田園風景が展開していた。
そして今は美術館となっているモネの館には、愛蔵の浮世絵が壁いっぱいに飾られている。そしておなじみの睡蓮の池とそれを跨ぐ太鼓橋。
今日、澁谷の東急文化村で開催中の「モネとジヴェルニーの画家たち」を鑑賞しながら、当時を懐かしみ、ああ、あの時無理して行っておいてよかった、と配偶者と頷きあったのである。

この展覧会で初めて知ったのだが、当時、モネを慕う芸術家たちが、その7割はアメリカ人ということだが、ジヴェルニーに集まり、コロニーをつくり、ジヴェルニー派と呼ばれるようになったということである。
b0084241_2238590.jpg

ジヴェルニーの自然は美しい。
だが、モネの描くジヴェルニーはさらに美しい。
其の違いが絵画の魅力といえるが、そもそも絵画とは何だろう?
技法なのか、画家の目なのか?
僕は答えが出せないでいる。
というか素人の僕は、この問題をどうとらえたらいいのか、唯もどかしく戸惑うだけである。
唯言えることは、印象派の絵は心に安らぎを与えてくれると言うことだ。
丁度音楽で言えばバロックのように。
それで十分としよう。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-27 22:38 | 美について | Comments(2)
痔は治る!
“塩谷さん、なぁ、どうせすぐ再発しますよ。ハッ、ハッハ”と永年悩んできた痔の手術に成功して喜んでいた僕に高笑いを浴びせたのは、北里大学病院長の菊池さんだった。

痔とのお付き合いは中学生のころからだから、それまでに三十年ほどにたっていた。
いわゆるいぼ痔が、切れ痔となって出血を繰り返し、北里大学に赴任した頃は、傷みも激しく、教授回診の最中に便所に駆け込んで、座薬を挿入することもしばしばだった。だがそれでも手術はまっぴらと、我慢し続けた。
その頃はまだ日本の痔の手術はホワイトヘッド法という野蛮な術式で、後にしばしば狭窄が起こったからである。
だがあるとき、肛門周囲が赤く腫れてどろりと膿がでた。肛門周囲膿瘍である。
その後には、肛門周囲の皮膚に穴が残り、直腸と繋がってしまった。痔ろうである。

もう我慢はこれまで、と観念した。痔ろうはほっておくと、刺激のためか稀ではあるが癌化すると言われているからだ。
外科の同僚に相談すると、“痔はなぁお前、専門の病院に行けよ、俺らよりずっと上手いから。”と横浜の松島病院を紹介してくれた。
横浜駅と桜木町の間の高島町にある6階建の大腸肛門科の専門病院である。
入院患者は皆、その部位の悩みを抱えている。同病相哀れむ気やすさもあり、お互いに自分の病状を自慢し合う。
一番幅を利かせるのは、癌などで人工肛門を付けた奴であり、痔ろう程度では肩身の狭い思いで、部屋の隅っこに縮こまっていなければならなかった。

幸い手術後の経過は順調で、菊池さんの期待に反し、30年以上たった今も再発の兆候はなく、かって痔主であったこともすっかり忘れていた。
それが今、テレビの「ためしてガッテン」で痔の番組を観ながら昔を思い出し、あの時思い切って手術を受けて本当によかった、と改めて当時の主治医に感謝している。ちなみに今の院長の松島君は北里大学出身で、僕の教え子というわけだ。

番組でも強調していたが、今は痔の治療も格段に進歩し、まず、予防、そして薬、さらには注射療法、それでも駄目なら初めて手術、それも安全に効果が期待できるという。
ですから痔主の皆さん、苦しければ我慢せず、また恥ずかしがらずに専門医にご相談ください。きっと楽になりますよ。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-26 21:54 | 医療全般 | Comments(2)
「アメリカと共に沈みゆく自由世界」を読み終えて。
先日ご紹介したカレル・ヴァン・ウォルフレンの「アメリカと共に沈みゆく自由世界」をやっと読み終えた。
目から鱗とはこのことだろうか。いや、漠然と感じていた不安、特に20世紀後半からのアメリカに対する不信感が、鮮やかに解き明かされたと言うべきか。
全体を論評するには、あと一、ニ度は読み返さねばならないので、とりあえず序章の一節を引用する。
これが著者の言わんとすることの要旨ともいえるので。

“1991年に旧ソ連が消滅する前、世界には「自由世界」と呼ばれる一角があった。そしてアメリカはまぎれもなくそのリーダーであった。冷戦が終結した当時は、「自由世界」の国々の政治、経済的な環境は有望に思われた。だが現実には悪い方向へ、そしてさらなる状況の悪化へと、突き進んでいった。この先、これらの諸国がたどるであろう道筋を見通すとき、それが一層悲劇的な局面へと向かっていくさまが私の眼に映る。世界がかくも不幸な状況に陥った背後には、さまざまな原因があるわけだが、その中で一つはっきりしていることがある。それこそが変容しつつあるアメリカに他ならない。二〇世紀後半,アメリカはみずから率先して比較的平和で安定した世界秩序を築いた。ところがいまこの国は、戦争を行い、国際金融秩序を破壊しつつある。つまりアメリカは、この地球上に混乱をもたらす存在へと変容を遂げたのである。”

この変容したアメリカを正道に引き戻す、つまり“チェンジ!”と声高らかにワシントン入りしたオバマは、無残にもその無能ぶりを露呈したとウォルフレンは断罪している。
確かに、変節か、抵抗勢力に屈したのか、そもそもその器でなかったか、いずれにせよ、オバマ率いるアメリカが、ヨーロッパそして日本を含む自由世界を、破滅へと導いているという著者の論旨は、まことに説得力がある。

これまでアメリカは良くも悪くも、偉大な実験国家であった。
それが今、フランケンシュタインのごとく変貌して、世界を脅かしているといっても誇張ではないようだ。
[PR]
by n_shioya | 2011-01-25 21:44 | コーヒーブレーク | Comments(2)
真田軍団
真田軍団”、といっても幸村ではない。
東大の老年看護学の真田弘美先生の教室である。
総勢30名近くの精鋭がそろっている。
今日はそこでアンチエイジングの講義をさせていただいた。
さすが真田軍団。鋭い質問の矢が飛び交う。
サンデル教授の白熱教室を思わせる、丁々発止の3時間だった。
若い人たちを相手に議論をかわすのは実に楽しい。僕にとってはこの上ないアンチエイジングの半日だった。
b0084241_23294119.jpg

[PR]
by n_shioya | 2011-01-24 23:30 | アンチエイジング | Comments(2)
佐藤忠良展
今日もまた静謐のひとときが与えられた。

砧公園の一角に、葉の落ちた欅の大樹に囲まれて立っている白亜の城は世田谷美術館である。
いまそこでは佐藤忠良展が開催されている。
佐藤忠良はあの広いつばの帽子の女性像で馴染み深いが、ダミアンの像で知られるカトリックの作家船越保武と芸大は同期で、どちらも僕の好きな彫刻家だ。
b0084241_22483620.jpg

100点近い彫像やデッサンが展示され、じっくり佐藤忠良の世界に浸ることが出来た。
ロダンをとすれば佐藤はというべきか。
およそいわゆる彫りの深さと縁遠い市井の日本人の顔をモデルに、あれほどの美しさを造り出せるとは。美の基準とは?と改めて考えさせられた。
そして対象となる女性や子供、いやすべての人間を見る作者の目の優しさをジーンと感じさせられた。

彼は作品について、又自身についてなかなか含蓄のあることを言っている。
たとえば、
“アトリエの初期の作品を見ては「おれにもこんな純粋な時代があったんだなあ」と思うのだから、気がついたらそういう気持ちで作ればいいのに、それができない。素朴に写生をと思っても、卑しさが身についてしまったのだろうか、指先が拍手を求めて、ついおしゃべりをして格好をつけたがるのである。”
どうです、にくいこと言うじゃないですか?
[PR]
by n_shioya | 2011-01-23 22:49 | 美について | Comments(4)
万年筆
丸善で万年筆を買ってきた。
4階の万年筆売り場には、モンブラン、ウォーターマンなど輸入の高級品がずらり並んでいたが、ここはやはりパイロットでいかなきゃ。
様々な意匠や、造り、そしてペン先、インクの出具合など、格段の進歩を遂げている。
戦後、万年筆からボールペン、そして今では主流はパソコンのキーボードと思っていたが、どうしてどうして、万年筆は健在だ。

だが、40年慣れ親しんだものにこだわると、なかなかこれというのが見つからない。
取っ換え引き換え試し書きをした末、最もオーソドックスな型で色は青の、中字書きのものを選んだ。
早く僕の書癖になじんで、末永く御奉公いただきたい。
初代が25年、二代目は40年となると、この三代目は御主人より長命であって欲しい。
b0084241_223420100.jpg

[PR]
by n_shioya | 2011-01-22 22:34 | コーヒーブレーク | Comments(6)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム