ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
議事堂内でのキックボクシングは止めて欲しい!
昨今の国会論争を見ていると、末期的症状に絶望してしまう。
とても論争と言えるものではない。
論争とは論じ争うことの筈。
国会で展開しているのは、詭弁、へ理屈,強弁の応酬に過ぎず、論理も論旨も見当たらない。
方やイラ菅変じてアキ缶、そして今や断末魔なのに総理のいすにしがみついているくたばりぞこないがいる。
他方では、死に体が死にきれない敵の領袖を、空疎な罵詈雑言で卑しめ続ける。
日本の政治家はまともな日本語がしゃべれないと思っていたが、無意味な応酬となるとこうも能弁になるのか、呆れてしまう。
へ理屈結構、だが政治家ならもう少し、レトリックを勉強して、野次馬の楽しめる論争にして欲しい。

今、日本語で「政治的」と言えば、さげすんだ意味になるのもうなずける。
学問の場であるべき学会でも、「政治的」な行動、「政治的」な輩は横行している。
だが、少なくも学会では、回帰すべき目的がある。それは学問の自由だ。
だが、政治は政治そのものが目的である。
その目的が、「政治的」に腐ってしまうと、もう行き場がない。

国会で、品のないキックボクシングが続いている間にも、日本の負債は増大し、反比例して国際的な地位は沈下していく。
若者がしらけるのも当然だが、もっと幼い子供たちへの悪影響の方が恐ろしい。
幾ら学校で「人の道」を説いても、実社会ではウソと欺瞞の権力争いが展開していては、まともな大人になれるとは思えない。

と考えると、教育の果たす役割は大きい。
だが、そのためには、志ある教師が実力を発揮できるように改めねば。
文科省も、国歌だの国旗だのばかげた規制を強いる前に、現場のモチベーションを高めることを考えたらどうだ。
極論に聞こえるだろうが、根本的な解決は文科省を廃止することだ。
最低限、予算執行の事務局だけ残し、教育内容は理念も含め、それぞれの学校の自由裁量にゆだね、その評価と選択は学生に任せればよい。
国家の権力と個人の権利が折り合わぬ時、国家権力のお先棒を担いで国民を洗脳するのが、文科省の役目だから。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-28 22:24 | コーヒーブレーク | Comments(6)
「本格小説」 水村美苗
10日ほど前から配偶者が夢中で読みふけっている本があった。
盛岡の従兄弟から送られてきた水村美苗の「本格小説」である。
“何がそんなに面白い?”
“ともかく面白いのよ。アメリカだの、軽井沢だの、成城だの馴染みのところが次々に舞台として展開するし・・・。そう、ドゥマゴもでてくるわ。”

速読の悪癖のある僕と違い、本はじっくりと読む方の配偶者にしては珍しく、もう読み終えたと言うので、昨日から僕も読み始めた。
なるほど面白い、と言うか“不思議な”小説である。
読み始めると“巻を措くあたわず”となり、先ほどもう上巻を読み終えたところだ。
b0084241_2238479.jpg

まだ下巻が残っているので結末は解らぬが、どうも「嵐が丘」を意識したもののようである。
だが、“不思議な”と言ったのは、現実離れした話なのに、実にリアルである。
実は昨夜、悪夢にうなされたが、この小説のせいだと気がついた。
何か、悪魔のような男につかまり、その男が手にしているロブスターとシャンペンから、(夢だから支離滅裂ではあるが、夢の中ではそれが生贄の儀式だと僕は知っていたので)自分の運命を悟り、必死で逃げるあたりで目が覚めた。
小説の中で、とあるパーティで、ロブスターを前菜にシャンペンを酌み交わす場面があったのを思い出したのは、目が完全にさめてからであった。

不勉強で僕はこの作者も作品も知らなかったが、ネットで調べると、「続明暗」で評判になった方のようだ。
本格小説」の下巻を読み終えたら、これも是非読んでみたい。
どういうわけか僕は、漱石の中ではあの「明暗」が最も引き込まれる様に読んだ作品だからである。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-27 22:38 | コーヒーブレーク | Comments(5)
官僚と医師の馴れあい?
最近気なる記事を目にした。
肺がんの治療薬イレッサの副作用の被害者の裁判がらみである。
ある種の肺がんには有効だと導入されたが、三か月ほどで肺線維症と言う合併症で死亡例が出始めた。
そして被害者の方々が、製薬会社と国を訴え、裁判所は和解勧告を出した。
だが、国と製薬会社は和解を拒否し、裁判に持ち込んだ。
その結果、裁判所は製薬会社の責任は認めたが、国に責任はないとした。
其の細かい経緯は確認せねばならぬが、引っかかるのは数日前の日経新聞の報道である。

係争中に、厚労省は日本医学会会頭に覚書を渡し、会頭はそれに沿った声明を出したという。
もし本当なら、そのこと自体がやらせと言うか、国家権力の情報操作と言える。
永年霞が関とお付き合いした経験から、これは十分ありうるというか、官僚の常とう手段である。
自分たちに都合のよい御用学者を集め諮問機関をつくり、都合のよい結論を出させ、学識経験者の答申として政策に盛り込んでしまう。

しばしば、会議の前にシナリオは準備され、議事次第として渡されるものが、すでに議事録同然のことも多い。
自分たちに都合の悪い結論が出ると、その部分だけ、正式議事録から抜き取られた経験もある。
又あるときは、予定と正反対の結論が出たため、“申し訳ないが,この会はナカッタことにしていただきたい”と言われ、唖然としたこともある。

政府主導の諮問会議で、中途で委員が辞職することがままあるが、こういう裏の操作が原因のことも多いのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-26 22:33 | 医療崩壊 | Comments(2)
ニンニク卵黄
“一寸、これ試してみて頂戴、体にいいはずだから。だまされたと思って。”
と配偶者から「にんにく卵黄」のパックを渡されたのが3週間ほど前である。
一週間ほど飲み続けると、何となく体の調子がいい。
何となくと言うのが、サプリに付き纏うあいまいな表現だが、強いて言えば夕方の疲労感が薄らぎ、何となく、又何となくで申しわけないが、元気が残っている感じで、思いなしか頭の働きも悪くない。
b0084241_21401340.jpg

“よさそうだから続けよう”と報告すると、それならと通販で申し込んでくれたのが今日また届いた。
健康家族」という会社で北九州にあるそうだ。

にんにくに含まれるアリシンという成分のアンチエイジング効果はすでに認められているようだし、卵黄は、昔受験前に“これ飲んで、いい成績をとっておいで”と、祖母から試験のたびに飲まされた覚えがあり、ニンニク8卵黄2の組み合わせは、イメージ的には万点である。

元来僕は医者にあるまじく、薬は嫌いな方で、サプリの類もビタミンを含め全く飲んでいないから、この「元気力」はパックに書かれた効能書き通り、にんにく卵黄の御利益と言えるだろう。
毎朝三粒、当分続けてみるつもりだ。

“でも、君々、この頃仕事をさぼっているようだから、元気なのはそのせいじゃない?”
という意地悪な質問には、
“僕の怠け癖は生来のもので、ここ一、二週間と言うわけではありませんので。”とだけお答えしておく。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-25 21:38 | サプリメント | Comments(6)
無礼なマスコミ
ニュージーランドの大震災の報道を、同じ地震大国の住民として、はらはらしながら見守っている。
救急医の間では、72時間が一つの限界点とされている。
それ以上たつと、生存率が激減するからだ。
今もうすでに60時間経過している。
ただ、運が良ければ、と言うのは被害者のトラップされた状況だが、一週間生き延びた例がないでもない。
まだ決して希望を捨てずにと、救助隊の必死の救出作業が続いている。

だが、このような時、しばしばマスコミの無神経なインタービューには腹が立つことがある。
今回も、娘の安否を気遣う父親にマイクを向けて、今のお気持ちは?とぬかした馬鹿が居た。

これに限らず、テレビのインタービュアーは無神経な奴が多い。
何時もアホかと思うのは、優勝したスポーツ選手にも、同じような質問をする奴だ。
嬉しい、に決まっているじゃないか。がっかりでしたとでも言わせたいのか。
もっと時と場合をわきまえて、控えるときは控え、つっこむ時は容赦なく切り込め。

ま、視聴率とスポンサーを意識すると、現状になってしまうのもわからぬではないが。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-24 21:58 | コーヒーブレーク | Comments(3)
患者の知りたいこと?
先日取材を受けたクロワッサン・プレミアムの四月号が送られてきた。
早速宮永女史との対談記事を拝見すると、さすが餅は餅屋、二人で勝手に盛り上がったとりとめもないおしゃべりが、立派な対談になっている。
テーマは「アンチエイジングと美術解剖学の視点から考察する女性の美しさ」といういかめしい題ではあるが。
b0084241_21551948.jpg

そして同じ号に「プレミアム世代の老けジワ攻略法」という16ページの特集も組まれ、老けジワの原因、予防、対策などあらゆる角度から老けジワを攻めている。
しかも本屋をのぞいてみると、数十種類もある女性誌のほとんどが、何らかの形でしわシミ弛みを取り上げている。そしてこれは今月に限らず、毎号このところ女性誌の傾向のようだ。

女性の最大の関心事なことはわかるが、こう反復取り上げられるといささか気がかりなことがある。
つまり、こういう記事がどれほど読まれているか、又どれほど役に立っているかということだ。
読まれていることは間違いないだろう、それでなければ売上につながらないから。
だが、読者の本当に聞きたいこと、知りたいことにこたえているのだろうか、取材を受ける側としては、是非知りたいところだ。

昔僕は若い医師によくこう言ったものだ。
“自分の言いたいことではなく、相手の聞きたいことを話せ”と。
だが、これがなかなか難しい。どうしても自分の思い入れが先行してしまうからだ。

そこで美容医療について、「ここが知りたい、それも本当のところ」を、僕なりに列挙すると
①どこまで良くなるか?
②痛くはないか?
③リスクはないのか?
④恢復にどのくらいかかるか?
⑤効果は長持ちするのか?
⑥経費はどのくらいかかるか?
⑦誰のところに行けばいいのか?
如何でしょう?
この中で⑦が一番答えにくいが、患者としては一番知りたいところではなかろうか。
なぜなら、いい医師に巡り合えば、それで①から⑥までは、すべて的確な答えがもらえることになるので。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-23 21:57 | アンチエイジング | Comments(6)
3Mの研究センター訪問
皆さん、3Mと言う会社はご存知ですか?
今、皆さんも愛用している筈の「ポストイット」のメーカーですよ。

3Mは医療分野でも、傷口をふさぐステリ・ストリップとか、被覆材のテガダーム、手術器機など幅広い分野で、我々も恩恵を受けているが、実はヘルスケア部門は全体の一割で、残りの九割は生活必需品で、例えば台所用品、パソコン、携帯、そして自動車の部品など、我々の生活に幅広く浸透していることを、今日初めて知った。

相模原の北里大学から北へ30分。横浜線の橋本駅から遠くないところに、3Mの研究センターがある。
今日はバイリンガルの美女、シャロンの案内で、其の中のカストマー・テクニカル・センターを見学した。
b0084241_21321595.jpg

3Mは元来は“糊屋”だと言う。
つまり接着剤と高分子膜の専門企業である。この二つのかかわる分野なら、どこでも3Mの出番のようだ。
その3M、100年の歴史と、現在の製品群、そして未来への展望を三時間に亘ってお聞きし、何か再生医療やアンチエイジングの分野で、この高い技術力を発揮してもらえないかと、横浜への帰路、保土ヶ谷バイパスの渋滞で足止めを食らいながら、考え続けていた。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-22 21:32 | キズのケア | Comments(4)
アイパッド
皆さんアイパッドはお使いですか?
僕は今毎日、迷い、悩んでいます。

そもそも僕は器械が嫌いである。
パソコンも、携帯も、およそ文明の利器で好きなものはない。
使ってる奴らを見ると、まるで機械の奴隷である。
など言いながら、こうして毎日ブログを打っているのだから世話はない。

つまり、その、イー・メイルやパワーポイントを使えないと、もはや仕事にならないから、泣く泣く液晶画面とにらめっこをしてるのだ。決して楽しんでるわけではない。
だが、そのきらいな理由の一つが、操作が面倒なことである。
何故、パソコンは操作が面倒なのか?答えは簡単である。器械の好きな奴、つまり操作を楽しむ変質者が、英語ではナードと呼ぶ人種だが、考案したものだからだ。
だが、その変質者も最近は常人の気持ちがわかるようになった。そして常人でも、考えることなく唯画面を触ればよいようにと、アイパッドが生まれたように聞いている。

だが、その評価はまちまちだ。
まだ、まだと言う者もいれば、クラウドのお陰で、アイパッドアイフォンのペアですべてが片付くと言う者もいる。
そこでこの道の権威である、一番年少の孫に聞いてみると、
“無駄だよ、それ。やめときな。”と一蹴された。
僕にはその機能の千分の一も使いこなせない、と言いたいらしい。
“本当は、その金があれば自分が欲しいということよ。”と娘である母親が慰めてくれた。
そして今日、カメラ付きのアイパッドがその中出るから、それを見てからにしてはと言う人が現れた。
ま、とりあえずは毎日迷い続けることにする。

人は努力する限り迷うものだ」と言ったのは、ゲーテでしたっけ。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-21 22:24 | コーヒーブレーク | Comments(12)
「男は女のどこを見るべきか」
男と女の間には、グランド・キャニオンにも匹敵する、埋めがたい断層があると言うのが、限られた経験からの僕の信念である。
その原因がなへんにあるか、岩月賢司氏の「男は女のどこを見るべきか」を読んで多少明らかになった。
つまりは、おなじ人類なので、発想も価値観も同じに違いないという思い込み自体が間違っているようだ。
逆に其の生来的なギャップが明らかになると、それは一割に過ぎず、その他九割の部分はやはり同じ人間、という安心感も生まれてくるから面白い。
b0084241_20574699.jpg

はじめに岩月氏はいう、
「(前略)
さて男性にとって女性は常に不可解な存在です。神秘的存在でもあります。その理由は単純です。男性は女性が理解できないからです。理解できない分、不思議に見えるのです。
しかし、女性は男性のことを神秘的だとは思っていません。又、男性を不可解な存在だとも思っていません。なぜなら、女性は、男性をかなり理解できるからです。女性が理解できないのは、男性の強い性衝動くらいなものです。男性は女性の心(行動の意思決定のしかたなど)を見抜けなくても、女性はけっこう男性の心を見抜いているのです。だから、夫の浮気はバレても妻の浮気はなかなかバレないのです。
(中略)
誰も書かなかった女性の秘密を明らかにすることで、男性が、女性のどこを見て、どう理解すればいいのかをお話ししていきたいと思います。・・・」

そして、岩月氏が展開する男女のギャップ理論は、言われてみると納得できる部分が多々ある。
それをここで種明かしするよりも、やはり御著書を読んでいただいた方がよいでしょう。
ちくま新書で、唯の680円ですから。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-20 20:57 | コーヒーブレーク | Comments(4)
「幸せの雨傘」
フランスならではの、洒落たコメディーだった。
映画「幸せの雨傘」である。
新聞評の一つ「最高のキャストで贈る、最高に馬鹿げた、最高に楽しませてくれる逸品!!」に偽りはない。
b0084241_22273053.jpg

“ポティッシュ”(原題)とは飾り物の壺。雨傘工場の経営者の妻であるスザンヌ・ピュジョルの呼称である。
ところが亭主関白の夫ロベールが病に倒れ、スザンヌが工場を運営することになる。
そしてスザンヌは見事にキャリア・ウーマンに変身していく。
夫が最後に感嘆するように、壺はからではなく、丁度壺から水があふれるように、画面いっぱいにパワーを溢れさせて。

その間に鏤められたスザンヌ(カトリーヌ・ドヌ―ヴ)と演ずる、昔のつかの間の恋の相手であった市長ババン(ジェラール・ドパルデュー)との息の合った掛け合い。
特にナイトクラブでのダンスシーンの映像が素晴らしかった。

シェルブールの雨傘」では繊細なお人形のようだったカトリーヌ・ドヌ―ヴだったが、ここにきて、「八人の女たち」、「クリスマス・ストーリー」などなど、大女優としてのオーラを放つようになった。
これも“美しく老いる”ことの一つだろうか。
[PR]
by n_shioya | 2011-02-19 22:30 | コーヒーブレーク | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム