ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
「女の見た終末ソ連」
松浦夫妻と知り合えたことは、前回のパリ訪問の最大の収穫だったとは以前に触れたが、その松浦夫人からいただいたご著書「女の見た終末ソ連」を読み終えたところである。
b0084241_235358.jpg

松浦氏は日本テレビの報道畑を歩まれ、最後の七年をパリ支局長として勤め上げて定年を迎える。そして定年後は半年は東京、半年はパリという優雅な生活を送られている。
その間、モスコー駐在の時には、ソビエト崩壊に遭遇という、特派員としてはまたとない幸運に恵まれる。
其の時の経験をご夫人が、主婦の目線で綴られたのがこの「岩波同時代ライブラリー」である。

70年続いた共産国家の崩壊の有様が、一般市民の生き様を通じて生々しく描かれている。
圧巻は後半の八月革命の下りである。
ゴルバチョフの失脚とエルチンの台頭。あの戦車に飛び乗り反乱軍を押さえ込んだエルチンの勇姿は、未だに僕の目に鮮やかである。
幸いクーデターは失敗に終わり,反乱は3日で終結した。
これは下手をすれば民主勢力の敗退と、共産党とKGBの恐怖独裁政治に逆戻りもあり得た大事件だったのだ。
それを食い止めたのは、エルチンのパーフォーマンスもあるが、自由に目覚めた一般市民の命をかけた反抗にあったと著者は述べている。

この大事件も我々にとっては、少なくも僕の受け止め方は、他国の一争乱にすぎなかったことを今改めて反省している。
自国のことしか目が行かない島国根性かも知れない。
だがそれだけでなく、ちょうど今、我が国では全国民が政治の荒廃を嘆き、原発と来るべき大震災の恐怖におののいているように、それぞれの国の国民が、何時も其の国固有の大問題で手一杯ということもあるだろう。
どの国も問題を抱えていること、だが自国の問題は他国にとっては関心が持てないということを改めて認めた上で、ちょっと上から世界の国々を俯瞰し、 どの国の問題も同じレベルに並べる、言わば「複眼視」が持てないものかと考える。
其の国の問題を理解するには、其の国の市民の立場に自分の身をおくことが最も有効ではないだろうか。
其の意味で「主婦の目線」がいかに問題の本質と其の普遍性を焙り出すのに有効か、改めて考えさせられた。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-30 22:34 | コーヒーブレーク | Comments(2)
南蛮美術
神戸大学の田原教授の退官記念パーティに参加したついでに、神戸市立博物館で開催中の「南蛮美術の光と陰」をのぞいてきた。
b0084241_2229293.jpg

池長孟という篤志家のすばらしいコレクションが中心である。
そのコレクションの歴史的意義はさておいて、28聖人の殉教の図絵や、踏み絵の実物を初めて目にし、僕は複雑な気持ちになった。

かつては信仰を守ることが命がけな時代があった。
そして今、信仰の自由が当たり前になって、かえって人は信仰を失いつつある。
弾圧を受ければ信仰はかえって強いものになる、という一面もあるだろう。
また、ザビエルが言っているように、物質的に貧しければ人はより精神的なよりどころを求めるようになる。
物質的な繁栄に酔いしれた現代人が神からはなれていくのも当然かも知れない。
さらに言えば現代人はそろそろ「唯物論」という迷信から解放される必要があるのではないか。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-29 22:30 | コーヒーブレーク | Comments(2)
定年は必要か?
このところ、祝賀会や記念パーティが続く。
今日は神戸大学の田原教授の退官記念パーティ。
教授のお人柄を反映し、豪華だが和やかな会であった。
b0084241_22143599.jpg

こういう時、誰もが迷うのは、どう挨拶すべきかである。
具体的には、おめでとうか、ご苦労様か、いや本当はまだ現職に未練があるなら御愁傷様か、など、当人の気持ちは様々でありうるからだ。
ま、来賓の挨拶を聞いていると、その辺は曖昧に、当人の功績をたたえ、これからの活躍も期待するような表現が大勢を占めるようだ。
皮肉な奴だと、そいつがいなくなってみんな喜んでるから、祝辞でいいんだというが、これは僕の場合には当てはまったかも知れない。

だが、医者の場合は教職にあっても定年は曖昧である。その後、関連の市中病院の院長など、70代まで歴任することが多いからだ。ま、これも一種の天下りの渡り鳥と言われてもしょうがないが。
まして開業医の場合は一種の自由業なので、定年は存在しない。
この辺が一般のサラリーマンと違うので、アンチエイジングで定年後の生き方を論ずるときに、十束ひとからげに出来ない難しさがある。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-28 22:15 | アンチエイジング | Comments(2)
出版記念会
b0084241_22352795.jpg

”川上先生、「心のアンチエイジング」御出版おめでとうございます。

先生は僕にとって同僚で恩師。
20数年を北里で御一緒に過ごし、最後の数年はメスを捨てて、僕は先生に弟子入りをしたことを思い出します。

素晴らしい御本ですね。
頭をがんと殴られた感じ。
失礼ながらこれまで僕は先生を只の「塩基配列の塊」ととらえていた。
どうして、どうして・・・ここに展開されているのは、ご自身の豊かな心の世界。

路傍の花に生命の不思議を見いだし、
一転、宇宙のビッグバンから生命の誕生。
そして分子生物学の超ミクロ世界へ。
そして「体のアンチエイジング」へと行き着く。
そこからさらに「心のアンチエイジングの高み」へと誘う。
そして最後は「神とは何か」の問いかけで終わります。
あえて言えば、デジタルからアナログへの見事な回帰。
ジャック・モノーの「偶然と必然」を思わせるものがあります。
これほど深い「アンチエイジングの考察」をみたことがありません、僕自身の著書も含め。

僕はその対局の、言わば上っ面の「見た目のアンチエイジング」に血道をあげています。
でもそのどちらも大切。
これからまた、昔のようにご一緒に手を携えて、残り少ない人生を歩みましょう。

最後に、自分の宣伝を少し。
明日の夜、「世界で一番受けたい授業」に登場します。
話題は「体のたるみ」
ご笑覧のほどを。”

というのが、今夕、川上先生の出版記念会で僕が差し上げた祝辞である。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-27 22:24 | アンチエイジング | Comments(4)
新人教育
今日は新入社員の研修の一環として、「アンチエイジングのレクチャー」を行った。
総勢19名。皆実に生きがいい。
反応もてきぱきとし、レクチャーをしても楽しかった。
これからの成長が楽しみである。
b0084241_23274713.jpg

[PR]
by n_shioya | 2012-04-26 23:10 | アンチエイジング | Comments(2)
「心のアンチエイジング」
分子生物学の大家、川上名誉教授が本を出された。
題して「心のアンチエイジング」
教授は北里大学で20数年をともにした同僚であり、僕の恩師でもある。というのは実は僕は定年間際に弟子入りし、学生と一緒に分子生物学の実習をさせていただいたからである。
b0084241_21194689.jpg

さすが分子生物学の大家である。
生命の不可思議から説き起こし、ご自分の経験、感慨を交えながらアンチエイジングを解き明かし、最後は宗教観まで展開される。

あまりにも即物的な「体のアンチエイジング」にのめり込んでいる今の抗加齢医師たちに対して、時宜を得た頂門の一針と言えよう。

序文で教授は喝破される、
「体の老化は止めづらい。しかし心の老いは止められるのだから。」
[PR]
by n_shioya | 2012-04-25 21:20 | アンチエイジング | Comments(2)
ゴルフこそアンチエイジング?
「陳清波」といえば、僕のようなゴルフと縁なき衆生でもお名前を存じている名ゴルファーである。
その陳清波さんと、ゴルフダイジェストの企画で、対談をさせていただいた。
そのお話をいただいたとき,”僕はゴルフは出来ないのですが“とご辞退したが、”いえ、ゴルファーが「お若ですねといわせる」為には・・・という視点でお話くだされば”と、僕の近著のタイトルを引用した編集孃に乗せられてしまったのである。

お会いしてみると、僕と同い年というのに、遥かにお若く見える。しかも運動と無縁にきた僕と違い、いかにも精悍である。
しかもお話を聞くと、そのライフスタイルは、僕が「お若いですねといわせよう」で提唱しているアンチエイジングなライフスタイルそのものである。

考えてみれば、ゴルファーは青空のもと、芝のカーペットの上をのびのびと歩き回り、全身の筋肉も使い、しかもプロとなれば、スコアの為に食事も配慮し、生活も節制にこれ努める。
ゴルフを軸とした生活はアンチエイジングにならざるを得ない。

アンチエイジングの医師としては“何もいうことはないですな“と申し上げると、”どうです、先生も始められたら”と迫られて、たじたじとなった。
“80歳? 今からでも決して遅くないですよ“ととどめを刺された。
「今からでも遅くはない」は、僕のアンチエイジングのモットーの大切な一つだからである。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-24 22:45 | アンチエイジング | Comments(2)
学習院セミナー
マックエアと格闘しながらブログを綴っている。
今日は学習院のアンチエイジング・セミナー。今年の第一回目。
滑り出しは上々。フォトをご覧ください。
ここまで操作するだけで、くたくたになりました。

b0084241_21564481.jpg

[PR]
by n_shioya | 2012-04-23 21:57 | アンチエイジング | Comments(2)
ピザ
僕が医学部を出たときには、日本にはまだ形成外科が存在していなかったことは以前書いた通り。
8年後に帰国したときは既に日本形成外科学会が設立され、2、3の大学で形成外科が診療班として活躍をスタートさせていた。

同じように、僕の留守中に日本で初めて導入されたものとして、ピザを忘れてはならない。
今の、イタリアン・ブームを思うと嘘みたいだが、昭和39年に帰国したときは、飯倉のニコラスが日本初のピザ屋として評判になっていた。
当時本格的なイタリアンは材木町のアントニオぐらいだったと思う。
その後リストランテとしてキアンティが誕生し、一つの文化現象となり、ピザも石焼釜や宅配も人気を呼ぶようになった。
そして今食べようとしているのは、麻布の国際文化会館の作品で、僕の見立てでは東京で一押しのピザである。
b0084241_1991466.jpg

[PR]
by n_shioya | 2012-04-22 21:13 | 食生活 | Comments(5)
マックに逆戻り
マックエアを衝動買いしてしまった。
それも昨日のことである。
これにはちょっと悲しい事情があるが今は触れたくない。
まだ操作に慣れるのに必死だが、具合は上々。

実は僕は、日本最初のマックを持っている。
あの頃はNECの98が主流だったが、電通でマックのPR担当をさせられた友人にそそのかされて、初めてのパソコンにマックを選んでしまったのだ。
あの頃のマックは、今と比べると新幹線と人力車ほどの差があり、日本語の対応も不十分で、パソコンそのものからしばらく離れてしまったが、ここ10数年はウィンドウのお世話になってきた。

それが、去年暮れから使い始めたiPadとの相性がよいということで、銀座のクリニックの隣のアップルストアに足を踏み入れたのが運の尽きだった。

なるほど、初代のマックに比べると雲泥の差である。
使うのが楽しくなる。
しかも値段は10万ちょっと。
ちなみに僕の初代マックは200万円で、数年の月賦で買った覚えがある。
今は骨董品の価値が出てきたというが、元は取れないだろう。
[PR]
by n_shioya | 2012-04-21 22:10 | コーヒーブレーク | Comments(1)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム