ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2012年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
腰の骨の近況
事故にあってからもうひと月半がたった。
未だ,ベッド上安静だが,家内での歩行練習も許され,元気を取り戻している。
おかげさまで経過は順調である。が,一応日常生活に復帰できるのは後未だひと月半、つまり骨折の治癒には三ヶ月かかると,主治医には言われた。
色々と患者としての勉強もさせてもらったが、腰椎の骨折についても改めて学ぶことが多々あった。

ベッド上の安静を強いられまず分かったことは,四つ足歩行から直立歩行に進化した人間にとって,24時間の水平生活は不自然であり,堪え難いものがあるという冷酷な事実だ。

又,知識としては知っていたが,腰椎というのは人体の中で最もストレスのかかる部分だと言うことである。胸郭と骨盤と言うがっしりした構造物を,たかが数個の積み木のような椎骨で支えているからである。
主治医の話しでは,日本人の8割の人が腰痛で悩んでいると言う。僕のように今まで腰痛を経験したことのないのはむしろ珍しいそうだ。

又,普通、骨折と言うと四肢の骨が大半で,これは木の棒が折れたようなもので,繋がってくれれば元通りになる。だが椎骨は,積み木と言ったが実際は缶詰のようなもので、それの圧迫骨折はつぶれた缶詰をイメージしてくださると好い。元に戻すことは至難の業で,つぶれた状態で固める以外にない。そして其の傍らを脊髄の神経が走っている。
しかも更なる圧迫変形を防ぐ為には固定が必要だが,四肢と違いギブス固定も困難である。そこで当分はコルセットを嵌めて,ということになる。

これはおそらく全ての骨折に共通だと思うが,骨が固まり始めるのに一か月,ほぼ固まるのに二か月,完全に固まるのに三か月というのが大体の目安のようだ。
という訳で,これから徐々にリハビリを進め,レントゲン、MRIで経過を見ながら,順調にいけば一月半ばには仕事に復帰が可能になりそうだ。

“余の辞書には「待つ」と「我慢」は無い”とかねて豪語していた僕だが、其の罰か、今回は本当に修行になりました。
おっと、未だ過去形で言うのは早いですね。

[PR]
by n_shioya | 2012-11-30 21:27 | 医療全般 | Comments(2)
イギリスの名城カナーフォン
もう10年ほど前に亡くなったが,井上宗和と言う城郭研究家が居られた。
その「ヨーロッパ古城物語」を讀んで憧れた城の一つが,イギリスのかナーフォン城である。
イングランド王エドワード1世がウエェールズ統治の為に13世紀の終わりから14世紀にかけて築いた名城である。この海に突き出てそびえる中世の古城は,当然ながら世界遺産に指定されている。
ここを訪れるには,チェスターを拠点にするのが好い。
b0084241_20482191.jpg

チェスターはヨークと同じくローマ人が西暦70年代に構築した古都である。
街の周りをぐるりと取り囲む城壁は,2000年前に建てられたもので,其の上を歩いて街を周遊することが出来る。
泊まりはグロヴナー・ホテルがお薦めだ。街の中心部にあり,レストランは確かミシュランの星も取っていた筈。

郊外のディーサイドという街には,創傷被服材の世界的メーカー、コンバテックの研究所がある。湿潤療法のハイドロコロイド材を世に広めた会社である。
と,わざわざお断りするのは,僕がチェスターを訪れたのは,ただの物見遊山ではなく,立派に仕事の為と言いたかったからだ。
だが,つらつら考えると、やはり主は「カナーフォン城」で、学問は従というのが本音のようだ。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-29 20:49 | コーヒーブレーク | Comments(2)
トスカーナとワイン
海外を旅しての喜びの一つは,現地に溶け込んで活躍されてる方々との出会いである。
其の中には,それを基盤に更に日本への貢献に励まれている方もある。
其の貴重な日本人の一人が,トスカーナで農園を営んで居られる宮川さんだ。

僕が宮川さんとお会いしたのは10年ほど前だったろうか。
ボローニャの学会の後,共通の知人の紹介で,トスカーナの地中海沿いの村、スヴェレットの農場にお訪ねしたときである。

宮川さんは若い頃、バイクでヨーロッパ旅行の途中、イタリアの新車展示会のマスコットガールだったマリーザと出会い、結婚し,やがてカーデザイナーのジュージアロと一緒に,トリノでイタル・デザインを経営するまでになったと言う。

農場の運営はマリーザの仕事のようである。小柄でかわいらしいマリーザは,中身はイタリア風の肝っ玉お母さんで,ご自分の子育てだけでなく,日本の引き蘢りや登校拒否児童を一定期間預かって、トスカーナの原野に放って,子供らしさを取り戻させる試みをされていると言う。
又,近くの山にお城を所有され、おそらく昔の領主の館だろうが,そこに日本人の学生を泊めて、イタリア観光の拠点として役立たせている。

我々夫婦がお世話になったときは,丁度芸大の建築の助教授が学生を引き連れて其のお城に滞在していた。
「イタリア建築」の勉強だそうだ。
我々も一日,見学ツアーに参加させていただいた。
トスカーナの街は皆小さな山の上にある。そして其の街々は、モンテプルチャーノ,モンタルチーノ等、皆日本でも馴染み深いワイナリーでもある。昼間からワインの試飲で千鳥足になりながら、古い石畳の路地を踏みしめて,イタリア建築の見所の説明を受けることは,まことに楽しい経験だった。
“私はトスカーナが大好きです。よく、トスカーナの空を鳥のように飛んでる夢を見ます。”とその助教授が言われたのを思い出し、僕も今宵は「レム睡眠」の時、トスカーナの空を飛び周りたいものと念じている。

[PR]
by n_shioya | 2012-11-28 22:20 | コーヒーブレーク | Comments(4)
やはりシャネルはスパイだった!
やはりシャネルはナチのスパイだった。
「誰も知らなかったココ・シャネル」で、著者ハル・ヴォーンは執拗な検証を試みている。
著者自身もCIA のエージェントであり,登場人物もヒットラー、チャーチルなど第二次世界大戦の立役者がそろっている。
20世紀前半の欧米史をなぞるようで実にスリリングである。

だが僕は肝心のシャネルNo5を嗅いだこともないし、シャネルのファッションがいかなるものかも知らない。
ただ本を読んで感嘆するのは、
①彼女はそもそも愛国心とは無縁の存在で,ただあるのは”シャネル王国“へのロイヤルティだけだ。
②又、見事なくらいの“ソシアル・クライマーである”
③そして其の手段としての男遍歴。又どうして男どもはそう簡単に籠絡されてしまったのか?
④時代の申し子なのか,たぐいまれな才女なのか。
⑤彼女は本当に幸せだったのか?
様々な疑問もわいてくる。

そう,シャネルはスパイだった。
それがどうした。
前の大戦で僕は子供ながらに,大人たちの迎合、裏切り,変節をいやというほど見せつけられた。あの時代を生き延びたものは皆,多かれ少なかれ脛に傷を残している。誰にシャネルを糾弾する資格があるのだろうか?
など言うあたり,僕もシャネルの術に嵌まってしまったのかも知れない。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-27 22:26 | コーヒーブレーク | Comments(2)
ヨーロッパなら何処?
アメリカはサンフランシスコで決まりとして,ヨーロッパは住む国としては何処が良いだろう。

この年で永住するとなると,まず
①病気になったら?
②言葉の問題は?
③物価は?
など現実的な慮りが先に来るのは情けない。

医療や経費の問題は住んでみないと分からないので,言葉の問題から言えば、
やはり一番無難なのはイギリスかな。
コッツウォルズの田舎屋でも借りて,気ままに島国をドライヴして廻る。そして時折,ドーバー海峡を渡るかユーロスターでトンネルをくぐり,ヨーロッパを経巡る。

でなければスイス。
今までの経験で,何処でも英語は通ずるようだ。物価は決して安くはないが,アルプスの絶景が補って余りある。そしてチーズフォンデュが毎日食える。
ただ,旅行者には優しいが,よそ者には必ずしもという人も居る。丁度京都のような感じらしい。

ドイツも悪くない。昔取った杵柄で半年も居れば言葉はなんとかなるだろう。ソーセージが美味しいし。
何より,かつて枢軸国としてともに戦い,負けた誼みがある。我々世代だと未だに“今度やる時はイタ公抜きで”など言われることがあるくらい。

だが其のイタリアが又魅力的だ。そして住むなら文句なしにトスカーナ。ワインも食い物も文句なし。あれだけ能天気なら,言葉なんか通じなくて元思ってしまう。

でも,本当に住んでみたいのはフランス。其の文化に浸ってみたい。だがそうなるとどうしても言葉の壁が。
自由に動けるようになるまで、フランス語の勉強でも始めましょうか・・・
[PR]
by n_shioya | 2012-11-26 21:12 | コーヒーブレーク | Comments(2)
ココ・シャネルはナチのスパイ?
“何を着て寝るか?”と聞かれたマリリン・モンローが”シャネルの5番よ。“と答えたというのはよく知られた話しだが、wear には着ると香水をつけるという意味もあるという議論はさておいて、僕は未だシャネルの5番がどんな香りかは知らない。

去年,其の伝記が出たときに買いそびれてしまったが、夕方,見舞いにきてくださったT孃から渡されたのが,其の「誰も知らなかったココ・シャネル」であった。

僕は其のことも,又それが噂になっていたことも知らなかったが、ココ・シャネルは「ナチのスパイ」だったという話しのようだ。最近其の証拠書類が発見されたと言う。
だが伝記は、生い立ちから始まって,シャネルの五番の開発、そして華麗なる男遍歴と、まだとば口だが,実に面白い。
ブログとフェースブックはこれで失礼して,讀み続けることにいたします。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-25 21:45 | コーヒーブレーク | Comments(2)
アメリカに住むならば・・・
アメリカに住むとしたら何処が良いだろうか?
留学当時は,ワイオミングで開業し,ロッキー山脈周辺を飛行機で往診するのが夢だった。イエローストーン、グランドティートンと言った国立公園の自然が素晴らしいのと,あの周辺の隣り合った五つの州に未だ形成外科医が当時は一人も居なかったからである。

今ひとつの候補はマンハッタンの北の郊外ウェスチェスターに居を構え,マンハッタンのクリニックに通う生活である。マンハッタンは楽しいが,あの喧噪の街に住む気はしなかった。
ウェスチェスターはマンハッタンの通勤圏内で、ホワイトプレーンズとか、スカースデルとか高級住宅地があった。ちなみに当時,日本人の商社マンは,支店長ならスカースデル、次長ならホワイトプレーンズと言った不文律があったようだ。企業の方達は外地の勤務先まで,日本の序列を持ち込むとはしんどいことだと思ったものである。

b0084241_21352511.jpgだが,一番理想的と思えたのは,サンフランシスコである。サンフランシスコなら,そこに住めるだけで満足というアメリカ人は多い。
そう,フランク・シナトラの“I left my heart in San Fransico(想い出のサンフランシスコ)”の世界である。
それも住むなら,ゴールデンゲートブリッジを渡って対岸のサウサリトがいい。一寸したリゾート感覚で,海沿いにはスピネーカー、オンディーヌと言った素敵なシーフードレストランがある。又,反対の山側の中腹にはアルタミラというリゾートホテルがあり,そこのテラスで湾を眺めながらの朝食が魅力的だ。お薦めはチーズやいろいろな具の入ったボリュームたっぷりのオムレツである。

など、など、足止めを食らって近くの「港の見える丘公園」からの眺めも許されない今、瞼の裏には,住みたかった、又住む筈だった外つ国の街並みが去来する。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-24 21:36 | コーヒーブレーク | Comments(6)
佐藤忠良
b0084241_2041727.jpg身体が自由になったらまず行きたいところが又一つ増えた。
仙台である。お目当ては佐藤忠良記念館。
昨日、自伝「つぶれた帽子」を讀み終えて,いたく感じ入ったからだ。

長男が芸大の彫刻科でお世話になったので,「佐藤忠良」や「船越保武」などには親しみを持ってはいたが,「帽子の女」や「ダミアン」を知っている程度で、それほど長男の大先輩で、クラスメートであるお二人の作品に詳しい訳ではなかった。
それが以前の高島屋、そして2年前世田谷美術館で開催された「佐藤忠良展」を観て魅了され,何時かは仙台にと思ってはいた。

彫刻家の道は厳しい。
それを飄々としかもユーモラスに自伝では振り返っておられる。だがよく讀むと、ストイックなまでにひたすら「土を捏ねる」に専念された生き方が清々しく伝わってくる。

晩年、パリで個展をというオファーが来る。
其のイキサツについての記載があった。
“そんな大それた事はと,即刻お断りした。
ところが、それから三ヶ月くらいして、企画したパリにながくおられる南条さんがアトリエに来て,是非ともと言う。どうして私にそれほど固執するのかと聞くと,「今あなたの展覧会をすることは,パリの美術界にとって大変意義がある」という。”
こうして1981年、無事ロダン美術館で個展が開催された。

ここに出てくる「南条さん」が実は,都立一中、今は日比谷高校の同級生で、我々クラスメートは皆,パリに行くたびにお世話になっている。
其の南条君が先頃来日し,来週東京でクラスメートが集まることになったが、この身体では参加できないのが,この際誠に残念である。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-23 20:41 | 美について | Comments(5)
「人間この未知なるもの」
b0084241_20445399.jpgこの機会に又アレクシス・カレルの「人間この未知なるもの」を読み返してみた。
名著である。
彼の洞察力には感嘆させられる。一世紀も前に,今我々が直面している西洋医学の問題点を的確に捉え,其の処方箋まで提示している。それだけでなく,文明社会の矛盾点を根本から掘り起こしている。

彼は19世紀から20世紀にかけて活躍したフランス生まれのカトリック医師である。其の主な研究生活はアメリカに渡ってから,ロックフェラー研究所で展開した.そして「血管縫合と臓器移植に関する研究」で1912年にノーベル賞を受賞している。
我々に最も馴染みの深いのは,臓器培養法の確立である。
この手法が、山中教授がノーベル賞を受賞して,今話題になっている再生医療の先駆けと言える。

今ひとつの著書「ルールドへの旅」も忘れてはならない。
医学生の頃、彼はルールドまで汽車で旅をする。
其の頃彼は信仰の危機にあった。
同じ列車には,明らかに結核性腹膜炎と思われる臨終間近かな患者が乗っていた。
彼は思う,もしこの患者が快癒したら「奇跡」である。
そしてルールドで其の「奇跡」を目の当たりにして,彼は信仰を取り戻す。

「人間この未知なるもの」で彼が最も強調しているのは次の事だ。
今の医学は,科学という迷信に毒されている。
科学は普遍性、再現性を前提とし,全てに数値化を試みるが,これは医学には当てはまらない。科学だけにこだわると,病気は抽象的な概念となってしまう。だが,病人は個別の,具体的な存在である。それを忘れてはいけない。
又精神と肉体は一体のもので,二元論的な考えはデカルトに始まった誤りと言える。
今叫ばれている統合医学の更に上を行く考えではなかろうか。

舌足らずの解説で申し訳ないが、今少しこちらの頭を整理して,この議論は続けたい。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-22 20:45 | 医療全般 | Comments(4)
イギリス人は幽霊がお好き
今日はイギリスの古都ヨークの「お化けツアー」にお連れしましょう。

b0084241_21363011.jpg“草木も眠る丑三つ時”、ではなく“グリニッチタイムの7時半”になると,街の広場の大木の周りに,ゾロゾロと観光客が集まってくる。
そこへ現れるのが,黒のマントに黒のとんがり帽子の魔法使いの男。グッとせり出した鉤鼻であたりを睥睨しながら、
“さあ,イラハイ、イラハイ”と群衆を手招きする。
そして各人から5ポンドづつ巻き上げ、皆を従えて古い屋敷の並ぶ裏通りの石畳を歩き始める。

古色蒼然とした英国の館はどれも幽霊が住み着いても不思議はない風情がある。
“それ,其の先の左側の二軒目の○○公の館。そこで不貞を働いた夫人は夫に刺し殺され・・・“と言い終わらぬうちに,二階から悲鳴が聞こえ,神振り乱した寝間着姿の女性が、血だらけの胸を押さえてテラスに身を乗り出す。
ギャーと悲鳴を上げるツァー客の後ろから,今度は,蝦蟇ともネズミともつかぬ妖怪が襲ってくる。

キャーとかヒーとか騒ぎながら進むと其の先の左の屋敷からは,緑色の顔をしたお化けが飛び出し“俺に毒を盛ったのはお前たちかぁ”と行く手を阻む。“あれは兄弟に毒殺され○○卿ですぞ”と魔法使いは脅かす。
ギャー,キャー,ヒーの行列は,一時間ほどで,ヨークの名物小路シャンブルスにたどり着いて,「ゴースト・ツァー」は解散となる。

“どうです,寒いからお茶でも”
今日のホストのスミスアンドネフューの開発部長クリス・ロバーツは誘う。
入ったのは,シャンブルスの老舗のティーハウス、ベティスだった。
“どうも我々イギリス民族は芝居がかった事が好きで。”とにやにやしている。
“そりゃ,シェークスピアを生んだお国柄ですから”とベティス特製の紅茶を味わいながら,僕は答えた。
[PR]
by n_shioya | 2012-11-21 21:36 | コーヒーブレーク | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム