ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
高齢者の生き甲斐とは?
b0084241_20554531.jpg

先日シニアレジデンスでアンチエイジングのお話をしたときのこと。
何時ものように、
“アンチエイジングで心身とも若返ったとしましょう。だが、それはなんと為?”と問いを発した。
“それはQOL、人生の質を高めるため”
という答えを引き出してから、これも何時ものように,ではQOLとは何でしょうと対話は続く。
“それは生きがいでしょう。”
“ではその生きがいとは?”
そこで僕の持論である、“生きがいとは人に必要とされている感じ、例えそれが錯覚であっても。”を父の例を引いて展開した。

“僕の父は85歳まで世田谷で内科医を開業していました。
引退後は熱海のケアホテルに居を移し、好きなだけ三島スプリングスに通う、ゴルフ三昧の生活が始まりました。しばらくはルンルンでした。ところが半年ほどすると、なぜか落ち込んでしまったのです。

“ナア、信幸。俺はこれまで60年近く病む人のためだけに尽くしてきた。それがどうだ、今はゴルフは好きなだけやれるが、何も世のため人のために役立ってない。この俺に生きてる意味があるだろうか”というのが親父の嘆きでした。

ちょうどその頃、マンション内で住人同士のトラブルがあり、最長老ということで調停役に引っ張り出され、何とか内輪もめが収まりました。それから居住者の会の議長に押され、
“まあ聞いてくれ、信幸。この俺でもまだ役に立つのだ”と見違えるように元気になりました。

それから自分の考案した呼吸法を著書として出版し、それが評判になってゴルフダイジェストの連載が始まり、更には講演旅行で日本を駆け巡る生活が始まったのです。

だから皆さん、どんな小さなことでいい、たとえそれが自分の錯覚でもかまわない、人は人に必要とされている感じが必要なのです。それが生きがいの源でしょう。”
と何時ものように締めくくった。

“私は異論があります。”と一人の男性が発言した。
“私はこれまで充分働いてきた。やっとここを安住の地とし、静かに余生を楽しみたいと思ってる。それじゃいけないということですか。”

僕こう答えた。
“価値観というのは人さまざまです。そして高齢者ほどその幅は広がります。
今申したQOLも生きがいの考えかたも、価値観の一つとお考え頂きたい。その価値観を生かすためにはこのような手立てがある、つまりアンチエイジングといっても多様な価値観に対する選択肢の一つというわけです。”
と答えながら自分でも、何か物足りなさを感じていた。
まして質問された方が納得されたかどうか、今反省している。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-31 20:55 | アンチエイジング | Comments(0)
僕の憧れの車
FB仲間は女性でもポルシェ、ロータス果てはフェラーリなどなど、カーキチが多いのは頼もしい。
その書き込みを眺めていると、これまでの車とのかかわりが思い出され、実際に生活を共にした愛車の数々、憧れの名車、レンタカーでの欧米の旅などが、陳腐な言い方だが、走馬灯のように脳裏を去来した。

免許証を手にしたのが18歳だからもう60年以上ハンドルを手にしていることになる。
以来これまでまで無事故無違反を誇ってきた、勿論白バイのメーターが間違って?いたり、パトカーに緊急往診?の邪魔をされたことは幾度かあったが。

最初の出会いはルノーである。日野自動車がいわゆるノックダウン方式で組み立てたルノーの誇る4CVである。
敗北したドイツのポルシェが、戦勝国のフランスの命で設計させられたため、意図的にその後ドイツで作り始めたポルシェの手抜き版だといわれただけあって、故障続きだった。
だが、戦後初めて日本人が手に出来た半国産車なので、人気は上々だった。
親父が運転手月で往診に使っていたが、夜間と週末の往診は僕が受け持つという条件で、あいている時は使わせてもらった。
その後、これもノックダウンのいすずのヒルマンに変わったが、やがて僕はアメリカに留学して、かの地で自分の車を持つことになる。

100ドルで買ったプリムスのクーペだった。
その後、少しましなプリムス、そして当時アメリカで人気の出始めたフォルクスワーゲンに乗り換える。
このワーゲンで配偶者と男の子二人の4人家族が、2ヶ月かけてアメリカ大陸を横断することになる。

帰国してからは、ワーゲンそれも亀の子からステーションワゴン更に8人乗りのバスまで、そしてボルボに変えて故障続きで大失敗し、しばらくトヨタのステーションワゴン、ランクル、ソアラーと乗り換えて、ようやくベンツにたどり着いた。
その間、年間走行距離は約3,4万キロ。
ベンツになってからは6,7年毎、約20万キロで乗り換えてきた。

「一番気に入った車は?」
ベンツのカブリオレ。これは30万キロのって息子に譲った。
b0084241_2054024.jpg

「一番欲しかった車は?」
MG。それもTFといって流線型のMGAになる最後のモデルで、それまでのTD(フォト)では垂直だったラディエーターグリルが一寸斜めに傾いたのがなんともいえず蠱惑的だった。
最もイギリスらしいスポーツカーだった。ということは乗り心地はすこぶるラフで10分も乗ればケツが痛くなる。これをスパルタンと称してやせ我慢して乗るのがイギリス人だった。

最近読んだ化粧品開発の裏話の新書にこう書いてあったのを思い出す。
“女性が化粧品を手にした時の「高揚感」ともいえる心のときめき。これの分からない男性には化粧品を語る資格はない。”と。
でも、我々も同じような心のときめきを車に対しては感じますので、あなた方の言われる「高揚感」という奴も充分類推は出来ますよ。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-30 20:54 | コーヒーブレーク | Comments(0)
「学習院の秋講座」のお薦め
学習院の秋講座の募集が始まりました。
僕の担当は「身近なアンチエイジング」月一回、計4回です。
b0084241_20451390.jpg

一般論だけでなく、何かお役に立つヒントが得られるようにと腐心しております。

①9月30日   サプリメントの選び方と点滴療法
②10月28日  ホルモン補充療法を中心に
③11月25日  髪の悩みに答える
④12月16日  高齢者のQOLとは?

お申し込みは、
学習院生涯学習センター 03−5992−1040
            shogaigakushu@gakushuin.ac.jp

まで。
みなさんぜひどうぞ!
[PR]
by n_shioya | 2013-07-29 20:45 | アンチエイジング | Comments(0)
乳房再建に朗報
豊胸術用のシリコンバッグに厚労省の認可が下りた。
適用はは乳がん術後の乳房再建のみで、美容目的は除外されているが一歩前進である.
b0084241_2121917.jpg

話は20数年前に遡る。
シリコンバッグによる豊胸術を受けた患者が、異物反応で胸は無残に変形し、挙句に膠原病になったとテレビで変形した胸をさらけ出して、悲惨な状態を訴えた。
これが全米のメディアの取材合戦を引き起こし、日本の形成外科学界まで巻き添えにする騒ぎとなり、やがてFDAがバッグの使用許可を取り消し、シリコンバッグのメーカーは自社製品が使用されたすべての患者に賠償を余儀なくされ、遂に破産してしまった。
あとでこの患者はもともと膠原病があって、すべては悪徳弁護士と、テレビ局の仕組んだやらせ、それに乗ったFDA長官の点数稼ぎ?だったことが分かる。
以来、シリコンバッグはわが国でも禁止に近い状態がつづいてきた・・・

と、豊胸術にまつわる話しを書き続ければ一冊の本に成る程ネタはあるが、40年前、乳房再建が形成外科の進歩で可能になった時、一般の外科医の反応は冷ややかだった。それだけでなく、再建を希望する患者が“せっかくがんを治してやったのに、そんな余計なことをするな”と主治医である外科医に怒られることもしばしばあったのを思うと、今昔の感がある。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-28 21:01 | 美容外科 | Comments(0)
海賊と呼ばれた男
昨年腰椎骨折で入院中に、孫の一人が見舞いがてら渡してくれたのが百田尚樹の「永遠のゼロ」だった。
何を今更「零戦」と思ったが、意外に当時の雰囲気が鮮やかに描き出され、又所々に泣き所も仕掛けられ、作者の力量に感嘆させられたものである。
b0084241_18382780.jpg

同じ作者が今度は「海賊と呼ばれた男」を出版し評判になっている。
モデルは「石油王出光」。
1ページ目から虜になり、すぐ孫に電話した。
“おい、海賊讀んだか?未だなら讀み終えたら貸すぞ”
“イヤァーお爺ちゃん、今讀んでるところなんだ、終わったら貸そうと思ってた。”

そして讀み終えた今日、孫からメールが来た。
“…僕は当時を生きてない人だから、あの話しやら時代背景ってのは分からないんだけど、企業体質とか国民の生活レベルまで事細かく、でも分かり易く組み込んでたね。
これ讀んで思ったのは、そこら辺りの自己啓発書なんかより余っ程ためになる自己啓発書であり・・・(中略)
社会人になって、上司に怒られたり、企画の承認もらったり、決済とったりするのに、上の人達ってどんなこと考えてるのか、ってのを考えさせてくれるきっかけとなる本でもあった。
そしてかつ、物語としても、多分自分が讀んできたノンフィクション系小説の中ではトップだな、と。
又2年後に読み返したくなるであろう一冊ですな、こりゃ”

と言う訳で、未だの方は是非ご一読を!
[PR]
by n_shioya | 2013-07-27 18:38 | コーヒーブレーク | Comments(0)
傷跡は消せるか?
サイトで創傷治癒のカウンセリングを受けていると、最も多いのが傷跡の相談である。
そして最も答えにくいのもこの傷跡の説明である。
b0084241_2221340.jpg

“この私の傷跡消すことが出来ますか?”
と聞かれても正直のところ、私を見てみないことにはなんともいえない。そこで一般論を述べることになる。だが質問者が知りたいのは、一般論ではなく、この自分のキズがどうなのかという具体的な答えである。これにはメールのカウンセリングには限界がある。

又、傷跡を消すということの表現に、我々医師と患者のギャップがある。
人の体は皮膚を含めて、傷は瘢痕組織というコラーゲンを主体とした組織で修復され、離断した皮膚はつながり、欠損した部分は充填される。

このコラーゲンは皮膚の構成要素でもあるが、瘢痕組織ではその構築が違うために、皮膚として再生してくれず、あくまで瘢痕組織として存続し、もし消えてしまうと傷は開いてしまう。
これが医学的に言う傷跡であり、我々は“傷跡を消すことは出来ない”と言う。
しかし患者にとって傷跡とは、見てわかるかどうかつまり目立つかどうかが問題で、それが瘢痕組織であろうとなかろうと、どうでもいいことである。
そこで我々はまず傷の治りと瘢痕組織の説明をして、その傷がどのくらい目立たなくなるかを判断する。そして今よりも目立たなく出来るようなら、修正手術を試してみてもいいでしょうとお話しする。

試みてというにはわけがある。
まず、どこまで改善できるかは技術はもちろんだが、その患者の体質、キズの箇所、大きさ、方向などいろいろな要素が絡むからである。
しかも最も難しいのは、どの程度なら患者が満足できるかである。
こちらはある程度仕上がりを予測できても、それを手術前に見せることは不可能である。
又、患者は希望するイメージを持っているが、それを示すことは出来ない。
そこで十分な話し合いが、傷跡の修正の前に必要となる。

この“相互理解”の努力が創傷治癒の分野では、インフォームドコンセントの最も重要な部分となる。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-26 22:02 | キズのケア | Comments(0)
コッツウォルズ
イギリスの魅力はなんといっても田園風景にある。そして各地に点在するカントリーハウス。
その代表が「コッツウォルド」だ。
そのシンボルとも言える旅籠屋がリゴンアームズである。
b0084241_2215923.jpg

勿論イギリスの自然と言えば、「湖水地方」も忘れてはならない。
それらの殆どは「ナショナルトラスト」と言う組織で守られているのはご承知の通り。

豊かな自然を享受するには
①まずそれを見つけること
②そしてみつけた自然に溶け込んで育て
③それをあらゆる努力でその自然を愛護する
という三つのステップが必要だと彼らは言う。
こうして彼らイギリス人は自然をはぐくんできて、その努力の一環が今ある自然保護団体の「ナショナルトラスト」を生んだといえる。

創傷治癒研究のかかわりで、幸い僕は過去に7,8回はイギリスを訪れている。
イギリスの魅力は奥が深い。
もっと、もっと行きたい、できれば長期ステイをしたいと思う最右翼の国である。どうしてそういう気持ちにさせるのか、自然の愛で方が我々日本人にも通ずるものがあるからかもしれない。

[PR]
by n_shioya | 2013-07-25 22:02 | コーヒーブレーク | Comments(2)
僕のアンチエイジング
“先生、今度の本は楽しい本にしましょうや。アンチエイジングといってもあれも駄目これもいけないというのではなく、これも結構、あれも試したいといった感じで、読む人が元気の出るような。”
と編集氏がおっしゃる。
それには僕も依存はない。
b0084241_1017955.jpg

大体僕自身命令されたり、規則に縛られるのは嫌いである。
ライフスタイルにしても、大好物がカツカレー、チョコレートにも眼がない、そして運動はまるっきり苦手。
こんな男にアンチエイジングを説く資格があるかと、編集打ち合わせのたびに自己懐疑に陥る。
“でも先生、楽しくなきゃ続かないですよ”
確かに。
楽しく生きること自体がアンチエイジングに最も効果的なはずだし、いわゆるQOLにも通ずるはず。

しかし改めて本にするとなると、何を薦めればよいのだろう。
不摂生を奨励することはないし、人に会うのが面倒くさければ引篭っていろというのも本意ではない。

“先生が俺はこうやってると書かけばいいんですよ、難しく考えずに”
なるほど。
まずすべてはほどほどに、嫌いなことは無理にはせず、義理を欠くのも年の功と開き直り、野次馬精神は旺盛に、興味のあることはまず試してみる。

まず食事について言えば、種類は制限しない。肉でもチョコレートでもOK。そもそも食うのが好きで、嫌いなものはないし。しかし量は腹八分とは行かなくても、九分ぐらいには抑える。
検査値はまあまあというのは、コレステロールや血糖値も上限すれすれかチョッとオーバー気味だが気にしない。
運動は朝の散歩を1時間ほど楽しむ。
幸いに僕は人に会うのが好きである。患者でも仕事仲間でも、ただの遊びでも。
特に「女の子」が隣にいればそれだけで幸せである。
したがって「女の子」との食事は至福のときである、先方は迷惑かもしれぬが。

“この世に「女の子」がいる限り”
つまるところこれが「僕のアンチエイジング」ということになる。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-24 23:16 | アンチエイジング | Comments(0)
先生のお好きな女性のタイプは?
学習院のアンチエイジング講座の前期を無事終えた。
昨日は「メタボ対策と体型」と言う課題だったが、今期の最後なので、” 統合医学としてのアンチエイジングの役割”や“矛盾に満ちた人間の行動”について日頃感ずるところを述べさして頂いた。
後者は、「人間の愚かさの生理学的基盤」として、40年来暖めてきた課題であるが、来年は何らかの形で取り組みたいと思っている。
b0084241_20365039.jpg

ところで、質疑応答の最後になってある女性参加者から
“先生のお好きな女性のタイプは?”
という、奇襲攻撃を受けた。
一瞬詰まり、
“僕が好きなのは「女の子」ですよ。”
“?”
“僕の「女の子」の定義は・・・”
とココロならずも本音を吐露させられてしまった。

“もっと言えば歳は関係ない。でも「夢がたくさんで、ちょっとお馬鹿さん」”
“?”
“皆さん、少女の頃は色々な夢をお持ちだったでしょう。それが大人になってどれだけかなえられたか、気になるところです。だが夢は何時までも保ち続けて欲しい。でもそれが出来るのは、ちょっとお馬鹿さん。”
と言うこと。
ゲーテもミニヨンに言わせてるでしょう、
“ただ憧れを知る者のみ・・・”
あ、でもこれは一寸違ったシチュエーションでしたね。
[PR]
by n_shioya | 2013-07-23 20:37 | アンチエイジング | Comments(2)
「不老不死」の愚かさ
アンチエイジングに関わっていると、何を見ても「不老不死」の是非にに頭が行ってしまう。

b0084241_2049499.jpg例えばこの白菜。
輪切りにして台所にほっておいたら、切り口から4つ5つ芽が出て花が咲きそうになっている。
一瞬頭をよぎったのは、三島由紀夫である。
これには説明が必要だろう。

不死が可能になった場合、それが選択肢の一つか宿命かで話は大分違ってくるが、逃れられぬものとなった場合、いろいろな不都合が生ずる。
例えば女性は永遠に子供を生み続け、嫁、姑の確執は未来永劫鼠算的に増殖していく。
又、殺人も不可能になれば、反面死刑の執行も成り立たず、刑務所は終身刑の犯罪者で溢れてしまう。

自害も不可能になれば、腹を掻っ切って固体が真っ二つになったとき、どちらが再生して生き延びるのか、いずれかの断面で細胞が脱分化して、つまり今流行の胎生幹細胞の固まりになって失われた半分を再生するだろう。
そしてプラナリアのように両方が再生して二つの固体ができるかも知れぬ。その場合は切断前の固体は死亡して、新たに二つの命が生まれたと考えるのか。
動物と違い人間には“意識”、個性と言っても良いが、がある。同一の“意識”が二つ存在するとはどういうことか。

お分かりでしょう。僕は半切された白菜の断面を見て、割腹した三島の下半身から、にょきにょきと4つも5つもの三島と其の自意識が生えてくる有様を想像してしまったのである。そしてそれぞれに同一の、“意識”の存在を考えたとき、クローン人間以上に不可解な問題をはらむ。

こうして「不老不死」を考え始めると、どうも頭がおかしくなりそうだ。
そしてその対極にあるあの西行の辞世が無性にいとおしくなる。
“ねがわくば花の下にて春死なん、その如月のもちづきのころ。”
[PR]
by n_shioya | 2013-07-22 20:49 | アンチエイジング | Comments(1)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム