ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2013年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
脳は再生するか?
血まみれで担ぎ込まれた若い女性の鼻からは、白い豆腐のようなものが垂れていた。
“さわるな!”
と鋭い声が響いた。
精悍な面貌の若い長身の男がERの入り口から歩み寄ってきた。
脳外科のチーフレジデントのスキルプである。

ここオルバニー大学病院の救急室は、テレビ映画ERさながらの修羅場で、ひっきりなしに救急車がサイレンを鳴らしながら、患者を搬送してくる。
まず患者に対応するのはインターンの役目で、また腕の振いどころでもあり、獲物(失礼)を待ち構えて三名のインターンが常時待機している。
その晩は僕もその一人だった。

深夜以降は自動車事故の患者が多い。殆どが飲酒運転の衝突事故で、一度に複数の患者が運び込まれる。まさに野戦病院だ。
この時の患者は、重症の頭部外傷を負っていた。頭蓋底も骨折し、豆腐様のものは、鼻腔内に押し出された脳ミソだった。
応急処置と救急検査ののち、ただちに緊急の開頭術が始められた。
脳の挫滅はひどかった。前頭葉の相当部分が取り除かれた。
彼女が生還できるとはだれも思わなかった。

だが、若い女性の回復力は目覚ましかった。ひと月後、無事退院することができたのである。
もちろん事故当時の記憶はなく、相当な後遺症があるはずなのに、いたって元気に、しかも朗らかに病院を後にした。
前頭葉の一部欠損で、不安や抑制がとれてしまったにちがいない、とスキルプは言った。
精神病患者に対し、一部では前頭葉の切開術という乱暴な試みも行われていた時代である。

僕はあらためて、人間の体の適応能力に目を見張った。
脳細胞の場合はこれまでは、加齢とともに急速に減少するだけで、いったん失われたものが、修復されたり、再生することはあり得ないとされていたが、最近ではそれは誤りであることがわかってきた。
ただ、彼女の場合は「再生」ではなく、残りのネットワークが欠損に対応して働きを肩代わり、つまり「代償」するようになったのだと思う。
b0084241_21265180.jpg

もうお分かりでしょう、僕の言いたいことは。
この年になると、毎日相当数の脳細胞が去っていくが、残された細胞がまだいくらも新たなネットワークを作って、ロスを補うことも可能だし、また今までにない回路の創造すら可能なはず、ということである。
また、いまだ仮眠をとっている細胞を呼び覚ますことも試みたほうが良い。
そして今度は、山中教授のおかげで、脳細胞の再生医療さえ視野に入ってきた。
日本男子の平均寿命を超えても未だに往生際悪く、アンチエイジングなど唱えている医師にとっては大変ありがたいことである。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-30 21:26 | 医療全般 | Comments(0)
初秋の軽井沢はリストランテ・スコルピオーネで
“生きる為に食べるのではなく、食べる為に生きているのだ”と豪語してる男が、2ヶ月、腰椎骨折でベッド上安静を強いられるとどうなるか?
腰痛で寝返りは打てなくとも食欲には支障がないので、四六時中食べる事だけを考え続ける。
そのため看護師さん達からは「四つ足の生えた胃袋」とお褒めの言葉を頂いた。
そして絶えず脳裏を去来したのは、軽井沢のイタリアン、「スコルピオーネ」であった。
b0084241_21444337.jpg

20年も前の事だろうか、知り合いに連れて行かれたのが馴れ初めである。
最近急に人気の出てきたバーニャカウダを食べさせる店は、当時はそこしかなかった。それも、今流行の小さなカップに申し訳程度入ったしみったれたソースではなく、バーナーにどっかり置かれた鍋の中でぐつぐつと泡立つソースに、新鮮な野菜をどっぷり浸して楽しむ趣向である。
其のスコルピオーネを、今日、事故後初めて訪れた。
全ては健在であった、前菜も、パスタも、デザートも、そして店の方々も。
変わったのは、前庭の木陰にテラス席に設けたことである。
もうすでに秋色に染まり始めた落葉松林の一郭に佇むプチヴィラ風のリストランテのテラスで、久々の本格イタリアンを堪能した。

僕が年に一度は軽井沢を訪れるのは、このスコルピオーネがお目当てであった。ミシュランの三ツ星は、其のレストランの為に其の街を訪れたくなるのが判断基準だという.ならばコルピオーネは立派に「三ツ星」に値すると言えよう。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-29 21:45 | 食生活 | Comments(0)
ト調のメヌエット
実は今まで隠していたが、あることがきっかけで旧制高校に入った年、一年間ピアノを習ったことがある。
近くの従妹の家のピアノを借りて、ひと夏でバイエルをあげてしまい、“あら、こういうピアノの練習もあるのね”と叔母に呆れられたものである。
叔父には、“ピアノは叩けば音が出るからいいよ、バイオリンならそうはいかんがね”と厳しいお言葉をいただいた。
一つ下の従姉妹はスラリとした理知的な美少女で、議論では僕はいつも言い負かされていた。
b0084241_20425415.jpg

そしてチェルニーに進んで、最初にいただいた曲が「ト調のメヌエット」だった。
その年で学制が変わり旧制高校は廃止になり、新制大学の入試を受ける羽目になり練習は中断したが、無事東大に合格し、またピアノを再開しようと意気込んで従姉妹の家を訪ねたのがその年の夏だった。
ところが玄関に出てきた叔母が“今日は悪いけど帰って頂戴”と泣きながら言う。
数日前、従姉妹が湘南海岸で入水自殺したという。
その前から、“自分も東大に行きたい”と云いつのるので、前日に“東大なんか女の子のいくところじゃありません”とさとしたら、パット家を出ていってしまったそうな。
暫くはピアノを弾かせてもらうのもためらわれ、その後僕は医学部に進み、「ト調のメヌエット」を最初で最後に、ピアノ練習から遠ざかってしまった。
もう半世紀以上も前の話である。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-28 20:43 | コーヒーブレーク | Comments(0)
真のゆとり教育
”ゆとり教育”が問題になっているようだが、子供たちも育ってしまい、現場を直接体験する機会がないので、どうしてこれが問題となったのかよくわからない。
言えることは今の時代、子育ては本当に大変だろうと推察される。
テレビ、携帯、パソコンゲームが氾濫し、ヘッドフォンで頭に枠をはめられ、さらには大痲まで簡単に手に入る時代である。
しかも政治、官僚は腐敗し、子供たちはロールモデルを失い、未来に失望し、ただ白けるだけである。
“ゆとり教育”とは、この粗悪な環境の中で野放図な時間を与えることではなく、生徒の自発性を尊重し育成することではなかろうか。
だが、これは教える側に人間性の幅と忍耐を要求する。
b0084241_19215598.jpg

僕らの中学時代は恵まれていたといまさらながら思う。すべてが不足していたからだ。
なによりも上記のハイテクの誘惑は何もなかった。
代わりに中学一年生のときから、何か自分の特技を持たねば相手にされなかった。
学問でも、スポーツでもよい。それぞれが才能を競い合った。
僕たちは学校の授業は必要最低限のものと理解していた。

あるものは「原子物理学」に凝り、広島にキノコ雲が発生、軍部が新型爆弾とうろたえている時、あれはウランの原子爆弾の筈だと、我々に教えてくれた。
「プラトン哲学」に凝っている者もいた。
課外の輪読会と称し国語の教師の手助けで、「源氏物語」の原文に取り組んだグループもある。
「高等数学」の専門家もいたが、ピアノを良くし、長じては前衛音楽の作曲家となった。
中学時代、僕の専門は「生物学」、特に遺伝学だった。校舎の屋上でスウィートピーを栽培し、メンデルの実験のまねごとを行った。
ある時は、“先生の授業はつまらないから、一時間譲ってほしい”と教師に頼み、カエルの解剖を同級生にデモしたこともある。
我ながらずうずうしかったと思うが、それを許す度量が教師にもあった。

スノッブと言えばスノッブだが、男の子の背伸びは女の子のお洒落のようなものと思ってほしい。
こうして「基礎知識」の習得に加え、「自分の世界」を涵養させることが真の“ゆとり教育”ではないかと思う。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-27 19:21 | コーヒーブレーク | Comments(2)
男のお洒落
昨日からショックで落ち込んでいる。
洋服を買わされたのである。配偶者のではない、僕のである。
懐に大きな穴が開けられた感じである。
彼女の着るものなら決して惜しくはないが、配偶者はなかなか自分のものは買おうとはしない。多少資金を渡しても、子供たちのプレゼントに消えてしまう。母親の性(さが)というべきか。

昭和一桁の男性として、僕自身は着る物に関心がない。当時は大学生でも制服一着で4~6年間通せた時代である。
いまでも朝起きると、配偶者がまくら元に揃えてくれたのを、そのまま上から下着、ズボン、シャツ、上着と着こんで出かけていく。
それで十分と思っている。
ところが数日前、デパートの外商の方からから電話が来た。
年に何度かあるお得意様を狙った展示即売会のお誘いである。
今回は秋物の紳士服を取り揃えているという。

“さあ、見に行きましょう。”と配偶者は意気込む。
手持ちの洋服はみな傷んできて、この秋の「アンチエイジングネットワークの公開シンポジューム」に何を着せるか困っていたところだという。
僕にはどこが傷んでいるのかわからない。
“男は中身で勝負”といっても、
“その中身も傷んできたから”と相手もさるものである。
“見るだけだよ”と念を押して出かけたが、店について配偶者の勧める一着を試着すると意外に着心地がいい。
“よくお似合いですよ・・・お若く見える。”セールスの女性はプロだけあって、タイミングよく、背中を押す。
b0084241_20143628.jpg

思えば僕が理事長のNPOアンチエイジング・ネットワークの憲章第一条は、「いくつになっても男と女」である。
これは決して「失楽園」を奨励するのではなく、年をとるほどにお洒落心が大切ということ、と説いている理事長である。
それだけではない。先日も日野原先生にも「年をとったら男もお洒落」と言われたばかりではないか、と諦めてクレディット・カードにサインをした次第である。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-26 20:14 | コーヒーブレーク | Comments(0)
学習院セミナーへのお誘い
来週から学習院の生涯教育セミナー「身近なアンチエイジング」秋期講座開講。
百花繚乱のアンチエイジングの世界。
其の中で基本的な考え方は何か。
何がマットーで何がイカガワシイか?
ご自分のライフスタイルに取り入れるべきは何か?
そしてアンチエイジング、何のため??
等々。
独断と偏見も交え、本音のところで話し合いが出来ればと考えている。
b0084241_20124538.jpg

9月30日(月):サプリメントの選び方と点滴療法
10月28日(月):ホルモン補充療法を中心に
11月25日(月):髪の悩みに答える
12月16日(月):高齢者のQOLとは?

未だ多少の席の余裕がありますので、ご興味のある方は学習院生涯教育センターへどうぞ。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-25 20:12 | アンチエイジング | Comments(0)
褒める事の難しさ
“なあ、ノビ、コーヒーでもおごろうか。”
アーロンに誘われるまま、僕は病院のコーヒーショップのカウンターに腰をかけた。
一週間前にフルブライト留学生としてアメリカに到着し、前日からオルバニー大学病院でのインターンが始まったばかりの時のことである。
留学生だろうがなんだろうが、アメリカ人と同じように勤務に就かされ、前の晩は徹夜の当直でふらふらだった。
先行きは不安でいっぱいである。
b0084241_21181443.jpg

アーロンはチーフレジデントで僕の教育係を買って出てくれた。ノブユキでは長すぎるといって、ノビという呼び名まで早速つけてくれた。
“これは何だかわかるかい?”と彼はコーヒーを啜りながら聞いてくる。
何だったか忘れたが、医学部の一年生でも知っているような簡単な事柄だった。
“それは、こうこう・・・”と怪訝そうに答えると、
“すごいぞ、ノビ。この大学に百人ほどインターが入ったが、これにすぐ答えられるのはお前ぐらいだ。自信を持っていいぞ。”
極東から来た哀れな留学生を懸命に励ましてくれていることはよくわかった。とてもありがたかった。
人を褒めることの大事さを身にしみて感じた。

だが、その後、僕自身は人を褒めることを忘れていたようである、自分では気がつかなかったが。
こっちが評価していることぐらい分かっているだろう、と思いがちだったのかもしれない。
だが、まずい時は注意はしなければならない。
結局は知らないうちに、小言は言うが褒めることを忘れてしまうようになったのだろう。

それを知ったのはつい最近。
何かの席でかつての弟子が昔のエピソードを披露しながら、当然のことのように“・・・その時初めてボスに褒められました。ボスが褒めてくれたのはその時だけですが・・・”
と言われ、愕然とした。
その男はレジデント時代、僕が一番買っていた奴だったからである。
人を褒めることは大切である。だが、凡人はつい怠りがちだ。心すべきである。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-24 21:18 | 医療全般 | Comments(1)
患者から学ぶ
最近何故か、半世紀前の留学生活のことがあれこれ思いだされてくる。
たった8年間のアメリカ生活である。もうそれからその6、7倍の年月がたっているのに、それよりもはるかに長く感ぜられるのは、年をとると時の進みが加速されるからか、それともその8年が一番充実した時期だったからだろうか。
アメリカに残された唯一の奴隷制度と言われた過酷な研修期間だったが、新鮮な刺激に満ちた毎日であった。
いろいろな患者との出会いもあった。
中でも一番印象に残ったのは、僕が両足を切断した、ターナー氏である。
b0084241_21204243.jpg

元空軍パイロットのターナー氏は、動脈硬化による両下腿の壊疽で、両足とも膝の上で切断を余儀なくされた。
手術はチーフレジデントの僕が執刀し、70歳の高齢にもかかわらず、幸い回復は順調だった。
さすが元空軍将校だけあって、筋骨はがっちりしていた。

当然ながら義肢が必要となる。本人もそれを切望した。
このような場合アメリカの病院では、外科のほかに整形外科、リハビリ、看護部など関連各科が集まり、方針を討議する。義肢は整形、リハビリの分野である。
このようなカンファランスでは、各人が闊達に自分の意見を言う。
整形外科の部長はもう定年間近のせいか退嬰的で、何についても消極的であり、この時も高齢を理由に、両足の義肢はかえって危険を伴うと反対した。
その時である。もっと若い外科部長から雷が落ちた。
“本人がそれだけ自立する意欲があるのに、それを助けようとしないのは、あんたはそれでも医者か!”
このような場では、相手のメンツよりも患者のための正論が優先する。
年かさの整形外科部長は顔をしかめて、リハビリの担当者に対応を命じた。

立派に完成した義肢を装着し、リハビリ訓練も完了したところで、ターナー氏はバーモントの自宅に無事戻った。

数カ月して、我々夫婦はターナー氏に招待を受け、バーモントの山間の自宅を訪問した。
両下肢に義肢を付けたターナー氏は、時には車いすを使い、時には松葉杖を操りながら、家じゅうを自由に動き回る。
食後、我々を見送りがてら外に出た氏は、愛車を見せてくれた。
フォルクスワーゲンを改造して、足を使わず両手だけで操作できるようになっている。
一人で器用に飛び乗って、エンジンをスタートさせ、我々を街道筋まで誘導してくれた。
医者が病気を治すのではない、我々にできるのは患者本人の治癒能力をさまたげず、その生きる力を後押しすることだけだと、深く感じさせられた一日だった。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-23 23:59 | Comments(0)
ブラジャーと乳房再建。
ブラジャーの機能は外すことにある、と思っていたのはとんだ心得違いだった。
①重みを支える
②形を整える
③外力を防ぐ
④揺らぎを押さえる
など、など重要な機能があるというのが、先日の「日本乳房オンコプラスティックサージャリー」のランチョンセミナーでの教訓だった。
(でも外力とはなんだろう?)
b0084241_21175081.jpg

「乳房再建後の下着の有用性」と言うタイトルのセミナーで、ワコールが阪大、岡山大と続けてきた共同研究の成果の発表である。
ワコール研究所の日本女性4万人についての40年に渡る調査データは、世界にも類のないものであり、「乳房オンコプラスティックサージャリー」の発展の為の強力な助っ人である。
健康な女性にも形を保つ為にブラジャーが役立つなら、手術で再建した乳房には、ジャストフィットのブラジャーは必須と言えるからだ。
ちなみに岡山大学病院にはワコールの協力で、乳房再建後の患者さんの為の下着の相談室が設けられているそうだ。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-22 21:17 | 美容外科 | Comments(1)
商品としての美女
塩谷塾第四回を無事終えた。
テーマは「商品としての美女」
何か天を恐れぬ不埒なタイトルとフェミニストからは言われそうだが、狙いは「女性性」の真摯な追求にある。
b0084241_2162295.jpg

僕の方からの話しは、
①商品とは:人、物、ノウハウそしてアイディアから最近は金融商品までと幅が広い。
②美女の歴史:神話のビーナスから、王侯貴族の女性、映画スター、タレントへとの変遷.一言で言えば美のアイコンは[女神]から[隣のお姉さん]へと降下。
③商品としての美女:様々な様相、立ち位置があり、これが難問で荷が重すぎました。
④ミスコンの意義:美女のスペックの一つとして。
と続き、最後は
b0084241_217520.jpg

⑤メンバーの一人、ワコール研究所の金沢さんから研究所のデータを元に、「日本女性の体型の変化」と「ブラジャーの正しい選択と使用法」についてお話し頂いた。
唯一の男性メンバーとしては、掛け値なしに興味津々の2時間であった。
[PR]
by n_shioya | 2013-09-21 21:08 | 美について | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム