ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2013年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
今年を振り返って
今年一年有り難うございました。
皆様の暖かい「コメント」ほんとうに感謝しております。
一つ一つにご返事を差し上げられなくて、心苦しく想っております。
お陰さまで風邪もほぼ快復し、腰の経過も順調で気持ちよく新しい年を迎えることができそうです。
さて今年の記念すべきことは?
"家族至上主義”の僕としては、
3月にはニューヨークの長男家族が、そして7月に同じくニューヨークの次女が孫どもを引き連れて日本にやってきたことです。
その度に、東京、横浜の子供達が孫達と一緒に集いました。
b0084241_18134964.jpg

b0084241_18141027.jpg

来年も宜しくお願いします。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-31 18:14 | コーヒーブレーク | Comments(0)
梟は知恵の象徴
学会開催や退官記念などで記念品をいただくことが多いが、それぞれ当人の思いやこだわりが察せられて楽しいものである。
とりわけ気に入って愛用させていただいているものに、フクロウを彫った朱肉入れがある。
京大の一色名誉教授から頂いたもので、「フクロウ」好きのお嬢さんが御自分でデザインされたそうだ。
b0084241_183825.jpg

西洋では古来、フクロウは叡智のシンボルとされている。
知恵の女神ミネルバの使いがフクロウだったという神話に由来している。
毛玉のような顔の中心にまん丸に輝く双の眼が、古代人にも賢さを感じさせたのであろうか。
僕自身、学会長や退官教授のお祝いにはラリックやバカラのガラス器を選ぶことが多いが、なかでもよく贈らせていただくのは、フクロウをデザインしたラリックのタンブラーである。
デザインもいいし、握り具合もしっくりとする。贈られ方もそう思ってくだされば好いが、
b0084241_1838837.jpg

ところで加齢とともにすべての機能は衰えるが、経験の集積である叡智だけは年とともにいや増してよいはず、というのが僕の持論である。
ならば「アンチエイジング」のシンボルにもフクロウは最適ではなかろうか。
今日届いた学会関係の書類に朱印を押しながらふと思った。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-30 18:39 | コーヒーブレーク | Comments(0)
何故病気はあるのか
アメリカに留学して最初に出会ったのがディバイン夫妻だったのは幸いだった。
留学先のオルバーはニューヨークの首都だが、アイルランド移民の街としてもしられている。
アメリカではカトリックと言えばアイリッシュやイタリアン、どちらかと言えば下層階級の移民の宗教と見なされて居た。日本での聖心、雙葉と言った特殊な階級のイメージとは正反対である。
学生時代から神道、仏教そしてキリスト教と経巡って、どれもしっくり来なかったのが、ディバイン氏と言う素晴らしい信仰の持ち主に巡り会い、オフの日は毎回宗教論争を挑むことになった。相手は弁護士でしかもかつては神父を志した男である。ああ言えばこう、こう言えばああと常に答えは準備されている。
草柳大蔵はその王国論で、バチカンを「詭弁の王国」と呼んでいたのを想いだす。
するとあるとき、日本人の書いたカトリック入門書を渡され、創世記から読み始めた。
b0084241_16304993.jpg

当時僕はインターンとして、いや一人の医師としてある一つの悩みというか疑問を抱えていた。
医学を学ぶものは誰でも感ずることだが、人体は実に精巧にできている.その発生から個体維持、種族維持のメカニズムそして外敵、疾病に対する防御機構。
全てが“ほぼ”完璧である。
だが問題はこの“ほぼ”にある。
完璧に見える人体から、何か一本梁が抜かれている感がする。それが病気の原因であり,ひいては死に至る・・・
神様がここ迄完璧な人間を作っておいて、何故一本、手抜きをされたのか?
そこでハタと思い当たった.これが聖書の言う「原罪」のツケなのだと。

医師と病気との闘いはモグラ叩きの感がある。
薬で一つの病気を治せば別の副作用が問題となる。また、抗生物質で細菌を押さえても、すぐ耐性菌ができる。
これは疾病に限らない。何か人類の抱える不幸の総量は変えることができないと言う無力感。人類が贖罪をしない限り救いはないのだろうか。
次から次へと変貌する、個々の疾患に対して医師は無力かもしれない。だが、患者の苦痛を除こうとする努力が贖罪となり、不幸の総量をごく僅かでも軽減するのでは・・・
そうでも思わない限り医者はやって行けない。

アダムとイブが蛇にそそのかされて口にしたリンゴの意味合いについては色々な解釈があるかもしれないが、人間が善悪を知り、自分たちで判断するようになったこととされているようだ。
そして本能と呼ばれる動物性をかかえながら、肥大した大脳による高次な価値判断とのギャップに悩まされる。

など、訳の分からぬ自問自答を繰り返しているうちに、いつの間にか洗礼を受ける破目になってしまった。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-29 16:30 | 医療全般 | Comments(0)
風邪に特効薬なし
風邪を引いた、というと“え、先生でも”
と言われることがある。
そりゃ医者でも引くさ,人間だもの。
だが,自分の病気も治せないで医者の資格があるか,と言う非難のニュアンスもないではないようだ。医者の不養生と言う言葉もあるくらいだから。
b0084241_16331514.jpg

だが,繰り返し言うように,風邪に効く薬はない。
では、あのなんとか錠とかは?
それは皆、風邪の症状、例えば熱、咳、鼻水などを押さえるだけで、風邪を治す訳ではないのだ、と言ってもあまり納得してもらえない。
インフルエンザのタミフルとか、帯状疱疹のバルトレックスのように特定の抗ビールス薬は別として、風邪のビールスに効く抗生剤は未だ開発されていない。

だが最近は風邪の振る舞いも昔と違ってきたようだ。
パッと熱が出てスッと下がる代わりに、じわじわと来てピークを過ぎてもだらだらと長引く。
ビールスが変化したのか、こちらの体の方が変わってきたのか。いずれにせよ潔くないことおびただしい。
と言う訳で、ピークは過ぎたのに未だ、まだ冴えない状態が続いています。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-28 16:31 | 医療全般 | Comments(0)
人生の秋
“秋という言葉は我々日本人には何か「物悲しさ」を伴うが、ヨーロッパの人は違います.特にドイツ人にとっては実りの秋,「豊かさ」の象徴なのです。”とドイツ語の時間に言われたのは、ビルマの竪琴の作者でもある竹山道雄先生だった。
いまアンチエイジングの課題として高齢者のQOL,生活の質を考えるとき,何時も想いだすのはこの言葉である。
「人生の秋」,それは「凋落のとき」ではなく、「収穫のとき」でなければならない。
では何を収穫するのか?
b0084241_1703640.jpg

心理学者のユングは40歳を「人生の正午」と呼び,40歳以降を「人生の午後」ととらえた。そして,「人生の午後」になって,やっと「個性化(よりその人らしくなる)」の発達過程が始まりとかんがえた。
彼の考えでは人間には二つの目的がある。
第一の目的は“自然的目的”であり,子孫を生み,これを養い育てるのがそれで,これに更に金を儲けたり社会的地位を得たりすると言う仕事が加わる。
この目的が達成されて始まる第二の段階が“文化目的”の段階だ。これが「人生の午後」の目的である。
そして彼は「人生の正午」での価値観の切り替えを薦める。
午前の「自然的目的」と言ういわば動物の本能的な、生きるための生活からいわば解放されて、人間として成長するのが彼の言う「文化目的」の生活、つまり「人生の秋の収穫」と言えるようだ。

おっしゃることはよくわかります,ユング先生。でもその切り替えが以外に難しいんですな,凡人には。
しかも昨今は,「人生の午後」での生存権すら脅かされてきています。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-27 17:00 | アンチエイジング | Comments(0)
ちびた鉛筆
僕の母親は「奈良の女高師」出の誇り高き女性だった。
「お茶の水」もプライドでは負けない存在だが、「奈良」は八世紀の古都としてそこに学んだ者に、新参者の首都には比べものにならぬ根強い誇りを与えたようである。

その勝気な母にとって、競争心の全く欠如した息子は、まことにふがいない存在であったろう。
彼女のしつけは厳しかった。
“一番でなければビリと変わりない”
ならビリでもいいじゃないか、と手を抜くと、敵はからめ手から攻めてくる。
“駄目だと思って始めから投げちゃいけない。全力を尽くせ。そうすればたとえ結果が悪くても,やれるだけやったと諦めがつく。
そうでないと、やれば本当は出来たなどと、卑怯な逃げ口上を吐くようになる。”
ごもっともだがこれでは逃げ場がない。

b0084241_18401993.jpgそのような厳しい躾の中で、一つだけ素直に受け入れたものがある。
あるとき、ちびた鉛筆を捨てようとした。
“まだ、使えます!”と雷が落ちた。
まだ、日本があの狂気の侵略戦争を始める前で、物資が不足していたわけではなかった。
其の2センチほどの鉛筆の片方に、母は紙を巻いて指で挟めるようにして、自分で字を書いて見せた。
そして僕はその鉛筆を芯のほとんど最後まで使い切った。
物を大事にすることは、自分の心を大事にすることになると悟ったのはそれからしばらく経ってからである。

その、「物を大切にする心」を失ったのは、アメリカでの効率一辺倒の「使い捨ての文化」の影響もあったことは前に記した。そして紙をホッチキスで止めても、紙の痛みを感じなくなった事も。

そして今、時折鉛筆を使うたびに、母の厳しかった教えの数々が新しい衣をまとって、鮮やかによみがえってくる。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-26 18:40 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ドクターズコスメとは?
そもそもドクターズコスメとは何ぞや、というご質問をいただいた。
結論から言おう。
なにもはっきりした定義があるわけではない。
ただ巷間に出回っているものは三つに大別できると思う。
b0084241_17483151.jpg

①まず、医師が一人一人の患者に処方し、その処方箋に基づいて薬局で調合するもの。これが本来のドクターズコスメであろう。だがこれは市販は出来ない。
②次に医師が開発を指導して成分を配合し、化粧品として販売されるもの。
③最後に残るのは、医師の名前だけちょうだいして、何々先生の化粧品として宣伝するもの。これは全くドクターズコスメと呼ぶに値しない。
じっさいにドクターズコスメとして市場に出回っているものの大半は、二番目のものである。

僕は化粧品の専門家でないし、また男なので自分で使ったこともないので、あまり具体的な話はできないが、この半世紀で化粧品は以下のような変遷を遂げた。
まず、僕が学生の頃、皮膚科の教授は“肌にいい化粧品はない、ただ俺たちはみな化粧品会社とつながっているので、表向きそのようなことは言えないが。”とおっしゃっていた。50年前までの話である。
その後、肌トラブルを防ぐべく化粧品会社も努力し、肌に害のない化粧品へと進化した。
その後、バイオと再生医療の発達で、積極的に肌の改善を図る試みが始まり、ケミカルピールのためのフルーツ酸入りのもの、美白効果を狙ったもの、さらには細胞活性を図るなど、機能的と言える化粧品が現れるようになった。このきっかけになったのがドクターズコスメと言えないことはない。

だが、化粧品の成分はほとんどがどれも似たようなものである。
その残されたわずかの成分に工夫を凝らし、差別化を図っているのが現状と言えよう。
その僅かの部分で値段が一ケタも違ってくるが、それだけの効果の違いもあるかどうかは、使用される皆様方のほうがお分かりのはずで、素人の僕には何とも言えない。
だが、あるビューティライターの言を借りれば「女性が化粧品の選ぶときのあの高揚感は男性には絶対わからない世界」とのことである。
ならばドクターのイメージも、値段やブランド同様使用者の満足感に寄与する化粧品の重要な要素と言えるのかもしれない。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-25 17:49 | スキンケア | Comments(0)
占星術の不思議
“これ貴方にぴったりよ。”
配偶者が指し示したのは星占いの射手座の項だった。
「射手座の男は自制心に乏しく子供がボロボロ出来る」とある。
もうすでに五人目の子が誕生していたから、40年ほど前のことだろう。
以来配偶者は星占いの信奉者である。
b0084241_1838934.gif

そして最近は石井ゆかりの星座シリーズに嵌まっていて、その「射手座」編を手渡された。
なかなかいいことが書いてある。
たとえば、
「射手座の人が人生において最も価値を置くのが、『挑戦し成功させること』です。心を燃え立たせるようなことにチャレンジし、その目標に到達することが何より大切なことです。
この目標は、遊びでも、仕事でも、およそ何にでも当てはめることができます。何か心を刺激するものを見つけると、射手座の人はそれに向かって走るのです。
いろいろなテーマがこの『目標』に据えられる為ため、多趣味なったり、多芸多才になったりしやすいようです。『以前、夢中になって身につけたこと』が多いため、意外な時に意外な才能を発揮することも少なくありません」
こうありたいとは思うが、この射手座は決してこんな格好よくはない。だがこうして適当に自尊心をくすぐることが、この手の性格判断の書物を売るコツであろう。

「悪くないね」と配偶者に言うと、
“ついでに魚座の勉強もして。”と同じ著者のシリーズの「魚座」編を渡された。言うまでもなく配偶者の星座である。
いろいろ尤もらしいことが書かれているが、その中に、

魚座の人について「あなたがどんなに自分をほっぽり出して誰かのために頑張ってしまうか、誰もわからないのです。
貴方は何でも人に惜しみなく与えてしまいます。
貴方にとって『あたえる』ことはいつも一方通行です。」
というくだりがあった。
ああ、ここを読ませたかったのだな、と妙に納得したものである。

ちなみに射手座と魚座の相性については、
「射手座は冒険好きで、旅の好きな星座ですが、魚座も『未知の世界』は大好物で、両者ともに海外旅行が大好きな星座でもあります。ですからこの二人が『旅の仲間』の様なパートナーシップを組めれば、少々危なっかいしいものの、およそどこまでもいける組み合わせになると思います。」
と書かれていた。
その通りです、石井先生。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-24 18:38 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ついに風邪を引きました
一週間ほど前から喉が一寸おかしかったのが、一昨日から立派な風邪になって仕事も休んでしまった。
連休が台無しになったのは仕方が無いとして,その先が危ぶまれる。
そう頻繁にかかるわけではないが、僕の場合一旦かかると長引からだ。
そもそも風邪に効く薬がないというのは医者の常識である。
熱を下げたり、咳を軽くしたりの薬はあるが、皆症状を抑える対症療法で、風邪を治すわけではない。
抗生物質は?
ヴィールスに効くものはない、といわれる。じゃ、インフルエンザのタミフルは何なの?
b0084241_1874830.jpg

大体風邪も治せない医学なんて、何の役に立つんだ!
治りが遅いと八つ当たりしたくなる。
そもそもまともに風邪の研究をやってる医者にお目にかかったことがない。
暖かくして、よく休めば数日で治ってしまうということもあるが、ほっておかれる一番の理由は、風邪の研究をやっても教授にはなれないからだろう、と毒づきたくなる。何百万人に一人とかの奇病の研究なら、一例でも論文になり、評価される。でもこれは症例に希少価値があるので、研究に希少価値があるわけではないのに。

普段、健康法など他人事のように馬鹿にしている癖に、一旦寝込むと神妙に今度こそは真面目に体質改善を、などかたく決意するのだが。
そして過去に、いろいろな予防法を試してはみた。大量ビタミンC療法。体温を高めに保つ。うがい。ハーブ療法。葛根湯。そしてコーチゾルまで引き始めに試したこともある。
どれも似たり寄ったりである。

なにかのバチがあたったのかとまで考える。
これは思い当たることが多すぎて、どの罪を詫びたらよいのかわからないほどだ。
ともかくもっとアンチエイジングに励むことだ、だれかが耳元でささやく。

でもこれでいったん治れば、そんな決意はすっかり忘れ、また能天気に飛び回るのは目に見えているのだが。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-22 18:08 | 医療全般 | Comments(4)
スパ文化
寒さが続くと温泉が恋しくなる。
アメリカ留学の八年間、一度も日本食が恋しくなったり、更に言えば日本に帰りたいとは一瞬たりとも思ったことのない僕だったが、一つだけ懐かしく思い出すものがあった。
それが「温泉」である。

僕にとっての「温泉」は、山間の、出来れば渓流のほとりにたたずむ鄙びた日本の宿。
湯煙りと共に夕餉の香りも漂ってくる、まあ、手っ取り早いところでは、箱根の早川沿いの、木賀、底倉、宮の下そして強羅といったイメージであった。
勿論、駿河湾の雄大な落日を楽しめる、伊豆の西海岸の宿の露天風呂も悪くはない。
日本の温泉文化は世界に冠たるものである。

今若い女の子の間では“温泉ブーム”だそうだが、所謂温泉街はオジン臭いのでとお呼びでないという。
日本の温泉文化はそれなりに尊重するとして、今の若い人が求めているのは、新しいスパ文化ではなかろうか、例えばヨーロッパ風の。
b0084241_21464258.jpg

と考えて、以前、日本にもヨーロッパ風のスパ文化を起こしたいと思い、ドイツ、フランス、イタリアなどのスパを廻ったことがある。
スパの老舗バーデン・バーデンでは、市長に招かれて市庁舎まで出向いた。長身でブロンドの魅力的な女市長だった。
彼女の意見は明快であった。
スパには三つの要件があるという。
まず、劇場。その時僕たちは、幸いなことにキリアンの三つの舞踊団の合同公演を見ることが出来た。
そしてカジノ。立派な造りである。昔ドストエフスキーがスッテンテンになって追い出されたという。
更には競馬場。残念ながらその時にはレースが行われていなかった。
つまり、スパでの保養は長期ステイを前提としているわけだ。

というわけで日本にヨーロッパ風のスパ文化を導入するのは至難の業といえる。
だが、まだ未練は残っている、アンチエイジングの為にも。
[PR]
by n_shioya | 2013-12-21 21:46 | コーヒーブレーク | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム