ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2014年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
大森先生はムンテラの名人でもあった。
昨日故大森清一先生のことを書いて以来、故人の懐かしい思い出があとからあとから蘇ってきた。
ともかく型破りな人物で、逸話には事欠かない。
又、ムンテラの名人でもあった。
ムンテラとは、和製ドイツ語、ムント(口)テラピー(治療)の略で、患者に対する説明を意味する。
b0084241_19154969.jpg

警察病院が大森先生の牙城だった。米国留学から帰国後、何度か大森先生を訪ね、診察を見学させていただいたものである。
形成外科では、火傷、交通事故、痣など顔の悩みの患者が多い。
ある日、外傷で顔がつぶれた若い女性が診察室に入ってきた。
座った患者を前にして、大森先生は何も聞かず、ややあって“君、今までつらかったろうな。”と語りかけた。
想いがこみ上げた患者は、激しく嗚咽しながら“ええ、“とだけ答え、大森先生の診察を受け、治療の説明に聞き入った。
手術予約しての帰り際、“先生に手術していただければ、私、死んでも本望です。”
と涙を拭きながら診察室を後にした。

回診中はいつも医局員は怒鳴られどおしで、大学から実習で回ってくる医学生は、青ざめておろおろと戻ってくるのが常だった。
怒られ役のトップは東京女子医大の名誉教授平山先生だった。
ある日、超ド級の雷が落ちた後で、大森先生は僕を自室に呼んでこう言われた。
“塩谷君、俺がなぜ患者の前で助手を怒鳴りつけるかわかるかい?
ああすれば、もし手術が失敗した時は、患者は助手のミスと思うからさ。”
と独特の笑みを浮かべ、こともなげに言われた。
いと辛きものは宮仕え、と思い知らされた一こまである。

前述の患者については手術場での大森流の後日談があるが、又別の機会に・・・
[PR]
by n_shioya | 2014-07-29 19:16 | 医療全般 | Comments(4)
形成外科の生みの親、大森清一先生
日本の形成外科の創始者が警察病院院長だった故大森清一先生であることに異論はあるまい。
形成外科のドン、杏林大学の波利井教授を始め、多数の形成外科医を育てられた。
当然ながら大森先生は人心を収攬する術にもたけていた。
弟子たちといっても皆、もう一人前の医者である。そう言いなりに動くものではない。
“塩谷君、あいつらをコントロールするコツを知ってるか?”
“いえ?”
“まず、弱みを握ることだ。金の問題だろうが、女だろうが、患者とのトラブルだろうが、何か問題は抱えているものだ。そこに助け船を出して弱みを握って首根っこを押さえつける。これがコツだ。俺はそうして君臨してきた。”
“その女だが、君、決して素人には手を出すなよ。金で解決できる奴だけ相手にしろ。
ま、なんかトラぶったら俺にすぐ知らせろ。面倒にならぬうちにけりをつけてやるから。”
“へぇ”とだけ答えるしかなかった。
不幸にして僕にはそれだけの余力も、甲斐性もなかったのでこの領域で先生のお世話になることもなかったし、首根っこを押さえられずに済んだ。
b0084241_233311100.jpg

先生ご自身はそのころ60台だったはずだが、まだまだお盛んなようだった。出入りの業者さんから言われたことがある。
“朝鮮ニンジンだの、ヨヒンビンだの年中お届けさせられるんですよ、お若いですね。” まだバイアグラ以前の話しである。
そのせいかどうか、ついに心筋梗塞で倒れられた。バイパスだの、カテーテルだののなかった時代である。皆に隠してニトログリセリンを飲み続けていたらしいことも分かった。
それが奇跡的に回復され、又仕事に復帰された。
もっと休まれてと気遣う我々に対し、“君たちな、心筋梗塞は治った後は瘢痕で固まって、鉄筋コンクリートのように頑丈になるんだ。”といって、それまで以上に活躍された、10数年後に芦の湖の遊覧船上で再発作を起こされるまでは。
実はその時は僕が会長として日本美容外科学会を箱根で開催し、船上で懇親会を行ったのである。
11月ですでに寒いときだった。
すぐに応急処置を施し、地元の病院を経て警察病院の集中看護室に移送した。
だが年を越して間もなくお亡くなりになった。
ひたすらお詫びを続ける僕に、御夫人は反対に慰めてくださった。
“武士が戦場で死んだのですから、本人も本望ですよ。”と。

いずれ僕も余裕ができたら、「大森清一一代記」でも書かせていただきたいし、又十分にその材料は持ち合わせているつもりだ。
[PR]
by n_shioya | 2014-07-28 23:33 | 医療全般 | Comments(2)
インパクトファクターという妖怪
「インパクトファクターという妖怪」

今、インパクトファクターという妖怪が学問の世界を横行している。
そもそもはインパクトファクター、通称IFは、それぞれの学術雑誌について、掲載論文がどの程度他誌に引用されているかを数値化したものである。
インパクトファクターが高い雑誌は、それだけその分野では格が上とされ,その雑誌に掲載されればそれなりの評価を得ることとなる。
だがこれはあくまで同じ分野の中での比較であり、違う分野の雑誌のIFを比較することはナンセンスであるはずだが、現在はその絶対値が一人歩きして、研究者の評価に繋がってしまうのが問題である。
僕の専門の形成外科の場合、最も評価の高いのはPRSという雑誌だがインパクトファクターは3.5程度である。
それに比べ、もっと基礎的な、例えば免疫の雑誌などIFが50など珍しくない。単純に数字だけ比べれば、免疫の方が一桁も上である。だからといって免疫雑誌の論文一つがPRSの論文より10倍も価値があると考える馬鹿は居ない。
だが、実際には例えば教授選の場面では、候補者の論文のインパクトファクターの総計で先ず比較されるのが常套手段である。これはIFが最も数値化し易い評価基準と言う事に過ぎない。ことに外科系の教授の場合、手術の腕前とは全く無関係なファクターであることが問題だ。
とは言っても医学部教授の場合、問われる資質は
①教育
②診療
③研究
であり、学問の府に於いて研究業績をないがしろにすることは許されない。ただ、業績至上主義が問題であり、IFの安易な導入がそれを助長していると言いたいだけである。
b0084241_18144272.jpg

ちなみに最近世間を騒がしているネーチャーのIFは36という高得点である。従って基礎研究者にとって、ネーチャーに一本載るか載らないかは死活問題であり、今回の小保方騒動の要因にもなったと言えばお分かり頂けるだろうか。
[PR]
by n_shioya | 2014-07-27 18:14 | 医療全般 | Comments(0)
浴衣でアンチエイジング
恒例の浴衣の美女軍団。
パレスホテルのグランドキッチンのテラスで夕日をバックに、飲みかつ食らい、かつ語り、楽しい宵を過ごした。
お堀に面したテラスは眺めが抜群で気分はいいが、ガラス戸越しの冷房の効いた室内がいささか恋しくないことも無い、というのが浴衣に身を固めた美女達の感慨でもあった。
ちなみに皆さんアンチエイジング関連のお仕事で活躍のバリバリのキャリアウーマンである。
b0084241_22541090.jpg

[PR]
by n_shioya | 2014-07-26 22:54 | コーヒーブレーク | Comments(0)
正心調息法と不肖の息子
親に着いて話すのは、何かむずがゆく感ずるものだ。
だが生前でもあまり会話の成り立たなかった息子でも、6年もたつと改めて思い起こすことの数々もあり、もっと話し合っておけばと悔まれる。
親父は晩年は自分の考案した呼吸法の普及にのめり込んでいた。
名付けて「正心調息法」という。
書物も現し、日本中講演もして回り、結構信奉者もいたようだが、息子は全く関心を示さなかった。
だが、いまだに、“お父上の呼吸法を実行しています”とか、“正心調息法のお陰で命拾いしました。”とか言われて、面食らうことがある。
b0084241_2114117.jpg

先週もある雑誌社から取材の依頼があり、“お父上の呼吸法に着いて一言”と頼まれた。
“あんなこと、馬鹿馬鹿しくてやってられませんわ”と率直に申し上げた。
要は腹式呼吸だと思うが、親父の教え通りだと、寝る前に20分は行う必要があるからで、怠け者の僕には向いていない。
だがよく考えると、「腹式呼吸」自体は決して悪いものではない。また、親父の呼吸法は、それに「瞑想」と「イメージ・トレーニング」が組み合わさっている。考えれば合理的である。
決してアンチエイジングにもとるものではないが、だがあれをマニュアル通り続けるのは至難の業だ。
“僕には無理ですが、信じて実行されている方が多いなら、父も草葉の陰で喜んで知るでしょう。”と雑誌社の方には申し上げながらも、“予言者は故郷では認められない”といったキリストの言葉を思い出して、不肖の息子は何か複雑な気持ちだった。“
[PR]
by n_shioya | 2014-07-25 21:14 | アンチエイジング | Comments(0)
便秘の神様
人間の身体は二つの正反対の働きがバランスを取って維持して面が多々ある。
その最も良い例が「自律神経」で言える。
「交感神経」がアクセルの働きとすれば,「副交感神経」がブレーキ役を務め、バランスの取れた活動が可能になる。
若い時はこの振幅が大きくても復元力が働くが、老化とともに復元力は衰え、狭い振幅でもバランスを崩し易い。そして広い意味での自律神経の失調は老いとともに起こり易いのは其の為である
順天堂大学の小林教授は自律神経の大家である。そして奥様共々、大腸の神経細胞の権威でもある。「便秘の神様」と僕が崇める所以である。
今日はご夫妻をアメリカンクラブにお招きして、自律神経そして食と運動についてお話を伺った。
b0084241_2038301.jpg

[PR]
by n_shioya | 2014-07-24 20:38 | アンチエイジング | Comments(0)
夏バテにはざるそば
夏バテには「ざるそば」が一番である。
勿論鰻も定番だが、毎日というわけにはいかない。
横浜で我々が贔屓にしているのは、関内の利休庵と西口の九つ井である。構えは大分違うがどちらも決して裏切られることは無い。
九つ井は炉端焼きもあるので、外人にも人気がある。
利休庵は勿論そばオンリーだが、入口の戸が自動でなく暖簾をくぐり手でガラガラと開けるのが嬉しい。
そして今宵も利休庵でザルを啜ってきた。
b0084241_20211381.jpg

[PR]
by n_shioya | 2014-07-23 20:21 | 食生活 | Comments(0)
ユングと老いの価値
成人期以後の人間の成長・発達を研究し、「老いの価値」を初めて認めた心理学者は、ドイツの精神分析学の先駆者ユングのようだ。それまでのフロイド学派は、老いを悲劇的結末としてとらえる研究にしか関心がなかったという。
ユングは四十歳を「人生の正午」と呼び、四十歳以降を「人生の午後」ととらえた。
そして人生には二つの目的があり、人生の午後には、人生の午前とは全く違う目的がある、と指摘した。そして「午前中の法則を午後まで持ち込もうとする人間は、心の傷でそのつけを支払わなければならない」と喝破した。
むしろ、仕事、結婚、家庭、子供などにすべてのエネルギーを奪われる成人期には、個性化の道を歩むことは不可能であり、内面生活の充実にたっぷり時間をかけられる老年期になって、始めて個性化の権利を手にすることができると説く。
b0084241_2138580.jpg

名著「生き甲斐について」で知られるあの神谷美恵女史も、「安らかな老年を迎えて長寿を全うする人々はこのコペルニクス的転換を知らず知らずのうちに成し遂げているように思われる」。と言っている。
だが、それは「心がけと同時に体質、健康、社会的・経済的・家庭的条件などがうまくそろって初めて可能なことでもあろう」。とも彼女は付け加えている。
うーむ、確かにそうだが、条件は厳しいですな・・・
[PR]
by n_shioya | 2014-07-22 21:38 | アンチエイジング | Comments(0)
エビデンス・ベイスド・メディシンとは一体何か?
今の医学界のはやり言葉、EBM,エビデンス ベイスト メディシンと言うのに僕はいささかの違和感を持っている。
訳せば、”科学的実証に基づいた医学”と言うことになるが、それでは今までの医学は何だったんだと聞き返したくなる。
又、このEBMも人によって受け止め方はいろいろで、抽象的なとらえ方から、ある一定のルールに基づいたデータの分析法にこだわる人もいる。
元来はイギリスの医者が言い始めたことらしいが、不勉強でその辺はまだ調べていない。
b0084241_19484189.jpg

困るのはアンチエイジング・メディシンや代替医療の領域では、サプリがいい例だが、元来疾患を対象にしていないと、その効果も客観的に、ことに数値化するのが難しいことが多々ある。
また個々の患者に合わせた治療を心がけると、その患者個人の改善度が問題で、数を集めて平均化することは趣旨と矛盾する。
つまりEBMでは病気が全て統計学的処理されて、個々の病人は何処かへ消えてしまうのが恐ろしい。

そこでエビデンス ベイストに対し、ナラティブ ベイスト メディシンを唱える人もある。実証科学の生命線である「再現性」にこだわるな、という意味にもなるが、それでは非科学的だと批判される。
いずれにせよ、アンチエイジング・メディシンの分野では、それに合ったエビデンスの取り方を工夫していかねばならぬが、まだそれが解決されていないのがこの領域での混乱の原因の一つと言える。
[PR]
by n_shioya | 2014-07-21 19:48 | 医療全般 | Comments(0)
美人のケツを嘗めろ〜吉川流アンチエイジング〜
b0084241_1273722.jpg
京都府立医大の吉川学長は、そのユニークな言動で知られている。
そのお招きに与った老舗料亭「美濃吉」の粟田口本店の別邸の庭園は、雨上がりの竹薮の緑が爽やかである。
b0084241_1284521.jpg

挨拶に来た女将が席を立つと、吉川さんが言われた。
“塩谷さん,な。アンチエイジングには美人のケツを嘗めるのが一番や”
“?”
つまりこう言うことのようだ。
腸内の環境が良いと善玉細菌が増殖する。善玉細菌は健康の助っ人である。健康な人は肌がキレイである。つまり、美人の糞は善玉細菌に満ち満ちている。それを嘗めれた人は腸内細菌が善玉に入れ替わり、長生きできるという訳だ。
先生が嘗める場所が一寸ずれてるのでは、と言いたかったが、学長のような碩学には失礼かと思い、控えておいた。
だがどういう訳か、その後で出てきた「鮎の押し寿司」のあの独特な何か?に似た香りも、今宵はとりわけ美味であった。
[PR]
by n_shioya | 2014-07-21 12:08 | アンチエイジング | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム